スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神JFのレース傾向と有力馬血統診断


阪神JFはコース改修後はクラシックなど後にも活躍する馬を多く出していますが、東京芝2400メートルのGⅠで好走する馬が以前は多くいました。それだけタフなコースに変わったのでしょう。

血統の傾向はサンデー系、ミスプロ系、ノーザンダンサー系の3系統が良く来ていますが、母系がノーザンダンサー系の馬の活躍が目立ちます。4年前はヴァイスリージェントの血を持つ馬が上位独占でした。そして配合的にも距離が持ちそうな馬が良いと思います。

ハープスターは母は未出走でしたが、祖母がベガですから叔父にアドマイヤベガなどがいます。優秀な牝系にディープを配合しているのでクラシック級かもしれませんが、キャリア2戦で休み明け、後ろからいく脚質なのが不安です。

ホウライアキコはヨハネスブルグ産駒で、父はストームキャットの系統です。なので仕上がりは早そうです。母系もサンデー×ウッドマンでスピードがありそうな配合で、仕上がりの早さで距離はこなしそうです。

レーヴデトワールは姉にこのレースを勝ったレーヴディソールと2着のレーヴダムールがいるので血統的にはこのレースに向いている配合と言えます。マーブルカテドラルは母が2歳時から活躍したヘルスウォールで仕上がりも早そうでコース適性も問題なさそうです。

レッドディヴェールはオークスもこなせそうな配合をしていてスタミナと馬力がありそうで、函館での反動がなければと言う所でしょう。クリスマスはバゴ×ステゴの配合で距離は持ちそうですが、前走はいきなりの距離延長が響いたのでしょう。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。