スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞2013の予想


◎ サトノノブレス

〇 ダービーフィズ

▲ ヤマイチパートナー

△ ケイアイチョウサン

△ エピファネイア

△ ユールシンギング

△ ラストインパクト

△ バンデ

△ マジェスティハーツ


混戦なメンバーで、当日は雨の予報も出ているので馬場しだいで結果も変わるメンバーであると思います。本命はサトノノブレスにしました。菊花賞はトニービンの血を持っている馬が強いレースで、天皇賞春もトニービンの血を持つ馬が好相性のレースですから京都長距離に相性の良い血統です。

サトノノブレスは母父がトニービンで、牝系はベガやアドマイヤベガを輩出した血統なのも好材料だと思います。重たい血統ではないと思いますしここで本命とします。

本来本命にしようと思ったダービーフィズが対抗です。この馬は父がジャングルポケットで叔父にマンハッタンカフェですから菊花賞向きの血統だと思います。ただ台風による調整の狂いがどこまででるかわかりませんが、マンハッタンカフェが雨の日経賞で負けたので馬場が微妙です。

3番手はヤマイチパートナーにしました。母父リアルシャダイはライスシャワーの父でもあるのですが、最近の菊花賞では時代遅れかもしれません。しかしサムライハート産駒でトニービンの血が入っているのは怖いです。この馬は馬場が渋った方が良いかもしれません。

ケイアイチョウサンの前走はトライアルのような乗り方で負けましたが、最内枠の横山典弘は怖いと思います。母父シンボリクリスエスはかなり微妙ですが京都長距離のステイゴールド産駒はこれからのトレンドになるかもしれません。

エピファネイアはやはり父シンボリクリスエスが足を引っ張る可能性があります。この馬は母のシーザリオの影響が大きくここまで走っていますが、能力はメンバーで抜けていても舞台設定はよくないです。ロベルト系は来ているのですがクラシックに弱いクリスエス産駒であることを頭に入れておかなければいけないでしょう。

ユールシンギングもクリスエス産駒ですが、母系にトニービンやリアルシャダイが入っているので注意します。ラストインパクトは叔父にビワハヤヒデやナリタブライアンがいるのは脅威ですが母父ティンバーカントリーで評価を下げました。

バンデは英国ダービー馬のオーゾライズドの産駒で距離よりも時計がかかった方が好走できそうです。マジェスティハーツはハーツクライ産駒ですが母父はボストンハーバーなのが大幅減点です。

馬券を買うとしたらサトノとダービーフィズの両本命と言う形で印どころへ馬連や、ヤマイチパートナーを絡めた3連複で勝負したいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。