スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成杯AHとセントウルステークスの傾向と血統分析


京成杯AHは父ミスプロ系の馬が4年連続で馬券に絡んでいます。また母父ノーザンダンサー系の馬が3年連続で馬券になっています。

ダノンシャークは母父がノーザンダンサー系のカーリアンですから傾向には合っています。あとはトリッキーなコースに対応できるか。レオアクティヴは昨年の勝ち馬で問題なし。このレースを連覇したブレイクタイムが叔父にいるので適性は高いでしょう。

インパルスヒーローは叔父にイブキマイカグラがいて、母父サンデーも3年連続で2着に来ていきす。ルナはインパルスヒーローと同配合で、祖母にホクトペンダントと叔母にビーナスラインがいるので母系はスピードがありそうです。

セントウルステークスはサンデー系が苦手なレースですが昨年はダイワメジャー産駒のエピセアロームが勝ちました。しかし基本的には父か母父がノーザンダンサー系の馬が良さそうです。

ロードカナロアについては特に言うことはないですが、非サンデー系の馬ですからこのレースでも極端に評価を下げることは出来ないと思います。ハクサンムーンは母父がサクラバクシンオーで、このレースでも相性が良い方です。

ドリームバレンチノは父がヘイロー系のロージズインメイなのがこのレースの相性的には微妙です。ティーハーフはこのレースで2着した香港馬のラッキーナインで、サンデーの血が入っていないのは良いですが、追い込み脚質があとはどうかでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。