スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館記念の有力馬の血統分析


今年の夏の重賞競走は前年と開催日程の変更で開催時期も変わっていることも多いのですが、函館記念も前年と微妙に時期がずれています。一昨年までは7月の終盤にやっていたのでまた過去の傾向をあまり活用できないのですが。

ただこのレースはマヤノトップガン産駒、ダンチヒ系などのノーザンダンサー系が良いです。トップガン産駒はいないのですが、父か母父がノーザンダンサー系は何頭かいるので洋芝に強い血統と共に注目したほうが良さそうです。

・エアソミュール・・・父ジャングルポケット 母父サンデーサイレンス

叔父に2冠馬エアシャカールがいて叔母にクイーンステークス勝ちのエアデジャヴー、近親に秋華賞馬のエアメサイアとエアシェィディがいます。ジャングルポケット産駒も同配合のトーセンキャプテンが勝っていて洋芝にも対応できる血統です。

・トウケイヘイロー・・・父ゴールドヘイロー 母父ミルジョージ

以前は1400メートルからマイルあたりで走っていた馬ですが、母父がミルジョージですから配合的には中距離向きであると思います。母父ミルジョージだと洋芝でも走れそうで、後は折り合いが課題となるでしょう。

・サトノギャラント・・・父シンボリクリスエス 母父サンデーサイレンス

母は阪神3歳牝馬ステークスを勝ったスティンガーで、叔母にローズステークスを勝ったサイレントハピネスやオーシャンステークスを勝ったアーバニティがいます。父がロベルト系のクリスエスですから函館記念における適性はありそうです。

・トウカイパラダイス・・・父ゴールドアリュール 母父マルゼンスキー

母は未出走で、兄に障害オープンで勝ったトウカイハッスルがいます。洋芝に凄い向いている血統ではないのですが、昨年の巴賞を勝ち、函館記念で1番人気になった馬なので実力があり、距離もこのくらいがよいでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。