スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田記念の回顧

ロードカナロア強かったですね~。前半のペースは近年のレースと同じようなタイムでした。馬場が良いとは言え先行馬にはキツイ流れで中段から後方にいた馬が上位に来ました。

ロードカナロアはミスプロ系×ノーザンダンサー系でこのレースに相性が良かった配合です。それが今年また復活した感じです。スピード任せに飛ばしていく馬ではないのでマイルにも対応できたのでしょう。あとは能力がかなり高いということで勝ちました。

ショウナンマイティも良く走っていると思います。結局母父ストームキャットの馬がワンツーでした。ダノンシャークは人気があまりなかったのですが能力がある馬だと思っていました。ペースも向いていたと思うのとディープ産駒はやはりマークした方がよいでしょう。

本命にしていたカレンブラックヒルは先行馬には厳しい流れだったのと、状態は昨年ほどにもなっていない可能性があります。ダークシャドウはもう少し脚を貯めていれば違っていたかもしれません。グランプリボスは首を上げる仕草もあったので折り合いが影響したのでしょう。

近年の安田記念は高速馬場でのレースにもなっていてペースもあまりゆるくなりませんね。来年の馬場状態は分かりませんが差し馬が有利なレースになりつつあるかもしれないです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。