スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークスの過去の血統の傾向


今週はオークスの血統の傾向について調べてみたのですが、どの血統が特別強いというのはない感じがします。昨年は本来は短距離志向の強いジェンティルドンナが勝ち、母父がミスプロ系のマキャべりアンのヴィルシーナが2着で、母父クロフネのアイスフォーリスが3着となっています。

スピードが強い血統やダート血統、スタミナ血統など様々な血統が近年来ているのですが、その中でも欧州血統が入っている馬は08年を勝ったトールポピーはジャングルポケット産駒で、09年の1着のブエナビスタと2着のレッドディザイアは母父カーリアンです。

10年の同着優勝のサンテミリオンは母父ラストタイクーンで、11年2着のピュアブリーゼはドイツ血統ですから欧州血統を持っている馬は馬券に絡むことが多いので、評価したいのは欧州血統の馬だと思います。

それから今年のアユサンが該当するのですが、スピード色の強い血統は10年のアパパネや12年のジェンティルドンナなどが桜花賞との2冠を達成しています。したがって桜花賞で好走しているような馬はスピード色が強くても注意した方がよいと思います。

当日芝を刈って高速馬場のようになってしまうとマイラーに有利な馬場になるかもしれませんが、スピードとスタミナの両方を持っている馬をまず探して、スピード色の強い血統も押さえる方法を現時点では取ってみたいと思います。

なお平安ステークスは今年から施行時期と距離も変わって参考データは無いのですが、ダート1900メートルの種牡馬成績などを参考にして前日に予想をしたいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

優駿牝馬 オークス 2013 予想オッズと危険な人気馬

オークスの展望です。 今回は予想の大筋を考えるのに最初ちょっと苦戦したのですが、

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。