スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリアマイルの回顧


スタート直後にヴィルシーナが先頭に立つ構えをしましたが、アイムユアーズがその後先頭に立ち、マイネイサベルやドナウブルーも先段に付けました。前半の半マイルは46秒3ですのであまり遅くはなりませんでした。マイネイサベルとヴィルシーナが抜け出す所をホエールキャプチャが強襲しましたがヴィルシーナがハナ差しのいで勝利しました。

悲願のGⅠ初制覇を決めたヴィルシーナはマイルへの対応が懸念されていました。しかし桜花賞好走馬が良いレースですし流れもあまり速くなかったのも好走の要因だと思います。最後は先行した分だけホエールキャプチャを退けることができました。

ホエールキャプチャは昨年の勝ち馬ですが、それ以降は2桁着順が続きました。休み明けや適距離のレースがなかったことが要因で、昨年勝ったコースでもあるので今回は好走する条件がそろったとのことでしょう。

マイネイサベルは内枠を生かして好位からレースを進めたのがよかったでしょう。やはり東京コースではパフォーマンスを挙げます。ジョワドヴィーヴルは最後良く伸びて来ているので惜しい4着でしょう。牡馬相手は苦しいかもしれませんが秋のエリザベス女王杯はさらに良いかもしれません。

ドナウブルーもハナズゴールも差のあまり無い所までよく来ていますが馬券対象までは届きませんでした。サウンドオブハートは現状は1400メートルがベストで、東京のマイルは厳しかったのでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。