スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞春の回顧


今日の京都の芝は昨年同様に速いタイムの決着がやはり出ていました。その速いタイムが出る芝の状態も影響があったでしょう。レースは序盤はペースが流れ、中盤で少しラップが緩みました。しかし13秒を切るラップで推移して、坂の下りで有力馬が前へと差を詰めてきました。

芝が良い状態なのと、近年の天皇賞は4コーナーで前に位置している馬が強いので早めに先頭に立ったフェノーメノとその直後に居たトーセンラー、さらにレッドカドーが上位に来るレースとなりました。

フェノーメノは母系がスピード寄りの血統で2000メートルがベストの馬だと思いましたが、そういう中距離で実績のある馬が来るレースとなっているということでしょう。昨年2着のトーセンジョーダンも秋天でレコード勝ちした馬ですからスピードもやはり必要となってしまいました。それでも中距離だとさらにパフォーマンスがよいでしょう。

2着のトーセンラーも京都コースでは走ります。理想的な競馬だったと思いますが勝ち馬が強かったです。レッドカドーは父がスプリンターですが重たくない血統であったことが良かったのでしょう。各国で走っている経験も良かったと思います。

アドマイヤラクティも最後差を詰めての4着は力を出していると思いますが、ゴールドシップは直線で伸びを欠きました。上位の馬たちよりスピードに欠けることもあったかもしれませんが、菊花賞のような競馬では同世代には通用しても、春天では簡単にはいかなかったことでしょう。

ただゴールドシップは今回の負けで評価が下げるのは早いと思います。順調に宝塚記念に出走すればグランプリに強い血統ですし巻き返す可能性は高いです。

天皇賞に関してはもうスタミナしかない馬には厳しいレースになりました。スピードも兼ね備えている馬でないと厳しいということを来年の予想でも参考にしなくてはいけないのですがそれが的中に繋がるかはわかりません・・・。
関連記事

コメント

荒れましたね

ゴールドシップは、パドックでいつもよりもおとなしすぎるって、ラジオNIKKEIの解説の人が言ってました。負けるなら、このおとなしさのせいかもって。この馬はちゃかついてたほうがいいのかな。
私も次は巻き返してくれると思います。
天皇賞春の回顧のこの記事、
来年のために、
Evrnoteの競馬メモにクリップさせてください(._.) φ メモメモ

Re: 荒れましたね

おはようございます。グリーンチャンネルの解説の人もパドックでの様子を語っていました。無事に宝塚行って欲しいですね。
非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。