スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜花賞の回顧 混戦でもやはりディープインパクト

昨日の雨もあって当日の馬場状態に注目だったのですが、レッドデイヴィスが内を突いて勝ったのを除くとやはり外の差し馬有利の馬場だったと思います。混戦といわれていたレースなのでこういった差が結果に反映されたのだと思います。

勝ったアユサンは中段からの競馬で最後は外目に持ち出して勝利しました。いい騎乗であったと思いますし、1勝馬ですが外枠と初遠征だった阪神JF以外は堅実に走ってきた馬です。馬体減も問題なかったです。

2着のレッドオーヴァルも力を出しました。後方からの競馬から外に持ち出して伸びてきました。時計の掛かる馬場も良かったでしょう。1着2着はディープインパクト産駒にデムーロ兄弟。そしてディープ産駒は初年度から3年連続勝利となりました。阪神マイルに強いディープ産駒は来年以降の桜花賞でも注目です。

プリンセスジャックは後方から5,6頭目の競馬から最後は外目に出しての競馬でした。マイルの重賞で活躍したサイドワインダーの妹ですからマイルで差す競馬が合っていたのでしょう。

クロフネサプライズは個人的には苦しい競馬でした。テンションが高めで少し行きたがる感じで進んでいきました。先行馬にも苦しいレースでしたが、力はあるところを見せました。4着でも評価すべき走りです。トーセンソレイユは出遅れが影響したと思います。

オークスに向けてはアユサンは母系がストームキャットですから距離が伸びてよいとは思いませんが、アパパネのようなマイラー血統も来ているのは頭に入れておきたいです。あとはこれ以上馬体が減ると不安です。レッドオーヴァルはストロングリターンの下ですが、こちらは父がディープなので兄よりかは距離が伸びてもこなせそうです。

クロフネサプライズは父の産駒がGⅠでは短い距離で結果を出しているのが微妙です。距離が伸びて明らかによいという馬は桜花賞組ではあまり居ないと思います。フローラステークス組も結果次第ではチャンスが出て来そうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。