スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回阪神大賞典の予想


◎ ゴールドシップ

〇 ベールドインパクト

▲ デスペラード

△ トウカイトリック


このレースはゴールドシップ1強と言われていますが、確かのそのようなレースになる確立が高そうです。小頭数でゴールドシップが負けることは考えづらいメンバーなので馬券を買わず観戦するレースということになりそうです。

ゴールドシップは今更いうことはないでしょう。ステイゴールド×メジロマックイーンの配合で菊花賞も勝っているので長距離でも大丈夫。死角を探すならエンジンの掛かりが遅いこと、3,4コーナーで先行馬がペースを上げ突き放す競馬をした場合にすぐに反応できるかどうかであると思いますが、ある程度仕上がっていれば負けるシーンは想像しづらいです。

ベールドインパクトは菊花賞で見せ場を作った競馬をしたので能力はあります。1800メートルのディセンバーステークスを勝っているので本来はもう少し短いところがいいかもしれませんが、ペースが早くならない限りは最後までスタミナは持ちそうです。

デスペラードは万葉S勝ちでは内しか伸びない馬場を外から差し切りを決めて勝ちました。ステイヤーズステークスはGⅡとはいえメンバーが弱かったので今回は強敵相手でどこまでやれるか。ゴールドシップをマークする競馬になりそうですが差し切りまでは厳しそう。

トウカイトリックはステイヤーズステークスを勝利しました。メンバーが弱かったとはいえそこでは実績がちがうような競馬で勝ちました。阪神大賞典は8回目の出走でかつて勝ったことがあるレースで適性もあるので今回も軽視はしないようにしました。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。