スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大賞典、スプリングS、フラワーCの血統の傾向

今週もまずは週末に行われる重賞レースの展望から行います。中京で行われるファルコンステークスは1400メートルになってから2年目なので傾向はないのですが、他の3重賞について血統の傾向を調べました。スプリングステークスとフラワーカップは11年の阪神開催は除く近年の血統の傾向について調べてみました。

阪神大賞典に関しては長距離重賞だけあって長距離血統が来ています。ただ他の長距離レースでも言えるかもしれませんが、スタミナだけに偏った血統では厳しいと思います。重たすぎる血統では慎重に検討した方がよいでしょう

系統では父か母父がノーザンダンサー系が毎年馬券に絡んでいます。サドラーズウェルズやホワイトマズルなどの欧州のスタミナ血統が来ているので、その血統には注目したいです。ただ登録馬を見る限りではステイゴールド×メジロマックイーンのゴールドシップが強そうだと思いますが・・・。

スプリングステークスは様々な血統が来ているレースです。昨年のようにクラシックを意識した血統も来ているのですが、ダート血統も良く来ています。ゲシュタルトやレッドスパーダなどあまり人気が無い馬が好走することもあるので、ダート血統にも注目してみるのもいいでしょう。

フラワーカップも様々な血統が来ています。少し前はノーザンダンサーの血を持っている馬が来ていましたが、ウォーエンブレムなどのダート血統も来てますし、最近はダンスインザダークなどのスタミナ血統も来ています。母父サンデーは昨年馬券対象になりましたがやや不振傾向。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。