スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞とチューリップ賞の回顧


トライアルレースが行われたということで弥生賞とチューリップ賞の回顧をしてみたいと思います。

チューリップ賞ですが、前半の半マイルが48秒というかなり遅いペースでしたから、阪神JFでハイペースを先行して粘ったクロフネサプライズにとっては勝って当然のような競馬だったと思います。

クロフネサプライズは最後の上がりも34.7で上がりました。今日の所は展開の助けもあったと思いますが、本番でも他の陣営も意識するでしょうが、自分のペースで先行できれば怖いと思います。2着のウインプリメーラと3着のアユサンもクロフネサプライズの直後に付けていた馬も好走しました。

人気のレッドオーヴァルとローブティサージュは外枠で後ろからの競馬でした。このペースで外を回ったら届かないのは当然でしょう。今回と逆の展開に本番になれば巻き返す可能性がありそうなので、もう1度見直したい所です。

弥生賞も人気上位馬が敗れた波乱のレースとなりました。前半が61秒6でしたからこのレースもスローペースでした。このレースはカミノタサハラが勝利しました。

カミノタサハラは東京コース向きかと思われましたが、早めに動いて勝利しました。この勝利でカミノタサハラは本番でも有力でしょうが、頭数が増える本番で同じような競馬が出来るかが問題です。ミヤジタイガは中山で500万勝ちがある馬ですし、ネオユニヴァース産駒なので中山の適性があったのでしょう。

コディーノは調教も軽かったようなので本番を意識した仕上げだったのでしょう。本番でも可能性あありそうです。エピファネイアは最初のスタンド前で行きたがる仕草もありました。速い流れの競馬をしたことがないのですが、折り合いを考えるとある程度ペースが流れた方が良いかもしれません。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。