スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズSとセントライト記念を振り返る


ローズSは2冠馬ジェンティルドンナが勝利し、牝馬3冠に向かって

好スタートを切りました。

b6a87eae-s.jpg



レースは10頭立てということもあって、前半1000メートルは

61秒4のスローペースになりました。ジェンティルドンナは2番手

を進み、直線で早めに抜け出して後続を寄せ付けませんでした。


ローズSを見る限り、ジェンティルドンナとヴィルシーナ以下の馬たち

とはやはり実力の差があると思わせる内容でした。


しかし、本番は京都の内回りの2000メートル。ジェンティルドンナ

は勝っているのが全部外回りで、しかも去年のレースは枠によって結果

が左右されました。付け込むとしたらそこでしょう。


セントライト記念は前に行った馬たちが惨敗するようなレース。前半は

極端に速いペースではなかったのですが、フェノーメノが3コーナー手前

から早めに進出する流れで先行馬にはきつかったのか。


早めに先行馬を捕らえて、2着のスカイディグニティの猛追を抑えて勝った

フェノーメノは強い勝ち方だと思います。


フェノーメノは菊花賞へ行くとかなり人気を集める可能性もあると思います

が、天皇賞へ行く可能性もあるとのこと。東京適性や血統を考えると、古馬

相手にもいいパフォーマンスを見せる可能性も十分あります。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。