スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京新聞杯ときさらぎ賞の血統傾向


東京新聞杯は3年前まで開幕週の土曜日に開催され、きさらぎ賞も3週目に開催されたのですが、一昨年から開催時期が少し変わりました。JRAは番組を弄りすぎる感じがします。まあ今回は少しズレただけなので過去5年の傾向から見ていきたいと思います。

・東京新聞杯

サンデー系やタニノギムレット産駒、タイキシャトル産駒がよく馬券に絡んでいる印象があります。サンデーやロベルトはヘイルトゥリーズンの血を持っています。へイルトゥリーズン系の馬がいいのではないでしょうか。

母父もリアルシャダイやRed ransom,サンデーサイレンスもいます。なので母系も見てもへイルトゥリーズンの血を持っているといいでしょう。他では母系がノーザンダンサー系も何頭か来ているのでこの血統にも注意した方が良さそうです。

・きさらぎ賞

このレースは父サンデー系が強いと言って良いでしょう。過去5年で馬券に絡んだ15頭の内、10頭が父サンデー系です。開催時期が変わった近2年でも一昨年の2着のリキサンマックス以外はすべてサンデー系です。

父サンデー系でも母系が欧州のスタミナ血統ならよいのですが、リーチザクラウンのようなダート血統やヒストリカルのような母父ノーザンテーストも来ているのでとにかく父サンデー系がいいのでしょう。

血統以外ではこのレースで走った馬はダービーでも好走することがあります。このレース負けたメイショウサムソンやオルフェーヴルなどはダービーを実際勝っています。近10年のうち、きさらぎ賞組がダービーで馬券に絡んだのは8回もあります。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。