スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロードSと根岸Sの回顧


・シルクロードS

スタートでサドンストームが後方から、アイラブリリが逃げましたが前半の600メートルは34秒9というゆったりとしたペースで進みました。直線では一旦ダッシャーゴーゴーが抜け出しましたが、馬群の内からドリームバレンチノが伸びて来てハナ差でドリームバレンチノが勝ちました。

ドリームバレンチノとダッシャーゴーゴーの実力馬2頭で決着しました。ドリームバレンチノは好位の内で足を貯めロスが少ない競馬で勝ちました。スプリンターズS3着馬で今年の高松宮記念はカレンチャンが引退し、ロードカナロアもローテーションが未定という情報もあるので、高松宮記念では当然有力馬となるでしょう。

ダッシャーゴーゴーは大外枠と斤量差の関係で敗れたと思いますが、さすが実力のあるところを見せました。メイショウデイムは人気の無かった近3走ですべて馬券に絡んだことになります。アイラブリリは淀短距離S勝ち馬は厳しいジンクスもあり惨敗。サドンストームはスタートもよくなく消化不良のような競馬になりました。


・根岸S

ガンジスとセイクリムズンが好位に付けそれをエーシンウェズンが見ながら進んでいきました。タイセイレジェンドが抜け出す所を内からセイクリムズン、楽な手ごたえからガンジスが追い出し、ガンジスが押し切ろうとするところにメイショウマシュウが伸びて来て最後はハナ差メイショウマシュウが差しきりました。

メイショウマシュウは神無月S以外がすべて馬券に絡んだことになります。アドマイヤマックスの産駒ですが母父はミスプロ系のスキャンです。これだけ強い競馬をするとフェブラリーSよりダート1400メートルがベストのような気もしますが、堅実に走る能力は評価したいです。

ガンジスは勝ちパターンの競馬をしましたが敗れました。この馬は武蔵野Sでも2着しているのでマイルがまったくダメということはないでしょう。セイクリムズンは人気を落としていましたが昨年は交流重賞を勝ちまくった馬ですからやはり自力があります。

エーシンウェズンは悪くない位置取りだったのですが5着まででした。現状はこれくらいの実力なのでしょう。フェブラリーSはニホンピロアワーズ、ローマンレジェンドあたりが出走してこないみたいなのでかなりの混戦になりそうです。出走メンバーによっては根岸S組にも注意しなくてはいけないでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。