スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸Sの有力馬の血統診断


根岸Sは登録馬が多すぎて今の段階では予想するのは苦労しますが、今日は出走予定馬の中から注目される馬の血統をすこし分析してみたいと思います。


ガンジス・・・父ネオユニヴァース 母父Silver Deputy

ネオユニヴァースはロジユニヴァースやヴィクトワールピサなどの芝での大物馬を出していますが、ダートでオープン級の馬はこの馬が初めてではないでしょうか。サンデー系×Deputy Minister系の馬はカネヒキリと同配合でダート寄りの母系が強く出ていると思われます。距離もマイル前後がよさそう。


タイセイレジェンド・・・父キングカメハメハ 母父メジロマックイーン

母父メジロマックイーンと言えばステイゴールドなのですが、この馬の父はキングカメハメハです。母系にノーザンテーストが入っていますから母系にメジロマックイーンとノーザンテーストが入っていると爆発力が上がるのでしょう。ミスプロ系のキンカメがダート適性を遺伝しているのでしょう。


テスタマッタ・・・父Tapit 母父Concern

父Tapitはエーピーインディの系統で母父はマイナーな系統です。アメリカ血統ですから厳しい流れで台頭してくるような馬です。この馬は血統よりも折り合いが重要でしょう。フェブラリーSを勝った時のような展開が理想です。


エーシンウェズン・・・父Trippi 母父Our Emblem

父はミスプロ系のエンドスウィープの系統で母父はウォーエンブレムの父でもあります。ミスプロの3×4というクロスが入っているのでダートの短い距離に適性があります。JRAのダート重賞では今回のような条件がよさそうで、このコースでオープンを勝っているので適性は十分ありそうです。


ダノンカモンは母系がやや短距離よりなのでマイルか千四がいいと思います。エアウルフは叔父にマンハッタンカフェがいる一族で、父、母父もこのコースには良さそうです。登録馬が多く、除外される有力馬もいると思うのでこのあたりは注意したいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。