スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念の回顧。ステイゴールドのワンツー

今年の有馬記念は前半の1000メートルが60秒台で通過。1コーナーから

2コーナーあたりでペースが緩み、残り800当たりからペースが段々早くな

りました。先行勢は失速し、中段以降に構えていた馬が上位を占めました。


勝ったゴールドシップは当然能力が抜けていたということもありますが、中山

のコースも向いていました。残り800の手前から徐々にロングスパートを掛

けていく競馬が出来たのが勝因でしょう。


反応が鈍い点はこれからも気になるので、東京の瞬発力勝負になるとかなり厳

しいと思いますが、来年も当然主役を張れる馬。小回りならジェンティルドン

ナよりも強いでしょう。


同じステイゴールド産駒のオーシャンブルーが2着でしたが、やはり中山250

0メートルのステイゴールド産駒は強いです。8レースのグッドラックハンデで

もステイゴールド産駒のマイネルメダリストが勝ちました。


オーシャンブルーは有馬でもよく来ている欧州血統が母方に入っていますから前走

のレースレベルを抜きにすれば拾える馬でした。ステイゴールド産駒はグランプリ

レースに強い種牡馬。この馬も来年走るでしょう。


3着のルーラーシップは秋3走の中で1番のひどい出遅れでした。それに付きます。

エイシンフラッシュは力を出しています。これは実力の差でしょう。スカイディグニ

ティも現状の力を出しています。リボーのクロスを持っているので来年以降のビッグ

レースでも注意が必要。


ダークシャドウはやはり広いコースがよさそうですし、ナカヤマナイトとルルーシュは

外枠が影響したでしょうか。


来年はゴールドシップ、オルフェーヴル、ジェンティルドンナが中長距離路線では主力

となりそうですが、この3頭の戦いでは体調、乗り方、コース適性で勝敗が変わりそう

です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。