スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBC2015の予想


・JBCクラシック


◎ コパノリッキー

〇 クリソライト

▲ ホッコータルマエ

△ サウンドトゥルー

△ ハッピースプリント


ケガ明けの日本テレビ杯を叩かれたコパノリッキーを本命。昨年の覇者で、ホッコータルマエは休み明け。月曜の雨で馬場状態は気になりますが、水分を含んだ馬場でも苦にはしないでしょう。


クリソライトも日本テレビ杯を叩かれての参戦となります。ジャパンダートダービー勝ちや帝王賞でも2着しているように大井2000メートルへの適性はあると思います。地方では堅実に走ることの多い馬なので今回も勝負できそうです。


ホッコータルマエは休み明けでは3戦して勝利がないです。今回は叩かれた馬を上位にしましたが、これまでの実績からもいきなり勝ってもおかしくはないでしょう。




・JBCスプリント


◎ ダノンレジェンド

〇 コーリンベリー

▲ ノーザンリバー

△ ベストウォーリア

△ ドリームバレンチノ

△ レーザーバレット


大井ダート1200メートルの重賞を2勝しているダノンレジェンドを本命。カペラステークスを勝利して以来4勝を挙げています。このレースを勝ったことのあるサウスヴィグラス産駒のコーリンベリーが対抗も、レーザーバレットまで上位は拮抗しているとの見解。



・JBCレディスクラシック


◎ サンビスタ

〇 アムールブリエ

▲ ホワイトフーガ

△ トロワボヌール

△ カチューシャ


前哨戦も制したサンビスタが連覇する可能性は高いと見ています。重賞では他馬よりも重い斤量で走らされたのが、今回は斤量55キロとなるのでさらに有利。アムールブリエ、ホワイトフーガ、トロワボヌールの3頭の力差は拮抗していて難しそうです。

関連記事

アルゼンチン共和国杯2015の血統傾向


日曜日に東京競馬場では第53回アルゼンチン共和国杯が行われます。


無題akh


・グレイソヴリンの血が有効的

・父か母父がロベルト系なのも相性が良い


かつてはスクリーンヒーローやトーセンジョーダンなど、母系にノーザンテーストの血を持つ馬が相性がよかったのですが、変わって、トニービンなどのグレイソヴリン系やロベルト系が馬券になっています。ノーザンテーストの血を持つ馬も引き続き良いとは思います。


グレイソヴリン系かトニービンの血を持つ馬は

アルバート
サトノノブレス
ニンジャ
フラガラッハ
レーヴミストラル
レコンダイト


父か母父がロベルト系の馬は

ゴールドアクター
サクラレグナム
スーパームーン
ニューダイナスティ
ニンジャ
プランスペスカ
マイネルジェイド
メイショウカドマツ
ロンギングダンサー


登録馬も25頭いて、短距離馬も含まれているのですが、このレースでの現時点の注目馬は、前走オープンで好走している馬が少ないということでゴールドアクターが人気になるかもしれませんが注目しています。


昨年は菊花賞で3着した実力馬で、7月に1000万条件を再び勝ち、前走は準オープンでも勝利しました。08年の勝ち馬のスクリーンヒーロー産駒で、父はオクトーバーステークス2着からこのレースを勝ちました。過去5年でも4歳馬が4勝しているので勝ち負けできるのではないかと思います。


その他では母父トニービンのサトノノブレス。この馬は一昨年の菊花賞で2着した馬です。坂を2回登るコースなのでスタミナが必要とされています。これまでの実績から有力視できるのと、昨年の3着馬のスーパームーンはロベルト系のブライアンズタイム産駒ですからこれも警戒したいです。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。