スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズステークスの過去の血統傾向


無題ss3


過去中山で行われた5レースの馬券対象馬の血統を載せました。


ミスプロ系、クロフネ産駒、母父キンググローリアスなどのダート血統が近年は馬券になっている気がします。


不振なのは父サンデー系とサクラバクシンオー産駒。父サンデー系の勝利は03年のデュランダルまで遡ります。またバクシンオー産駒はスプリンターズステークスでは09年のカノヤザクラの3着が最高です(0-0-1-21)

関連記事
スポンサーサイト

オールカマー2015の予想


◎ レッドレイヴン

〇 ヌーヴォレコルト

▲ ミトラ

△ ロゴタイプ

△ サトノノブレス

△ マイネルフロスト

△ マイネルミラノ

△ マリアライト


本命はレッドレイヴンにしました。叔父にグラスワンダーがいる血統が大きいです。グラスワンダーの甥ということで中山適性は高いと思います。非根幹距離にも強いと思います。


対抗のヌーヴォレコルトですが、ハーツクライ産駒ですが、血統内にトニービンの血を持つ馬が強いレースです。中山記念を実際に勝っているようにここでも勝負になりそうです。


3番手のミトラは今年のアメリカジョッキークラブCで2着したように今回のコースへの適性はあると思います。ロゴタイプは中山適性は高いですが、今回は外回りのコースになります。それでも怖い馬ではないかと思います。

関連記事

神戸新聞杯2015の予想


◎ バイガエシ

〇 アルバートドック

▲ レッドソロモン

△ リアルスティール

△ リアファル

△ トーセンバジル

△ マッサビエル

△ ティルナノーグ


春の実績馬が強いレースですが、皐月賞2着のリアルスティールは骨折明けのレースであるというのは常識的には良い材料ではないです。今年のメンバーならクラシックを使わなかった馬からバイガエシを本命で。


ジャングルポケット産駒ですが、トニービンの血を持っている馬が馬券になるレースです。オープンではプリンシパルステークス6着の成績がありますが、4ヶ月ぶりのレースでマイナス12キロ、位置取りも後ろ過ぎたと思いますし参考外だと思います。近親にエアシャカールの一族で重賞でもと思います。


〇アルバートドックは500万条件でこのコースでの勝利があります。白百合ステークスを勝った実績もあり、重賞でも好走しています。当然有力。レッドソロモンも若葉ステークス勝ちはあるので評価します。


リアルスティールは骨折明けなので重い印は打たず。リアファルはダートを中心に走っていたのですが、前走は芝2000メートルの準オープンを勝ちました。この時は重馬場ですが、この時期に準オープンを勝つ馬は期待値が高いと思います。


買い目

ワイド ⑪-②⑥⑦

三連複 ⑪-②⑥⑦-②⑤⑥⑦⑨⑬⑮

関連記事

神戸新聞杯2015の血統傾向と有力馬


無題ksh


今週は阪神競馬場で菊花賞トライアルの神戸新聞杯が行われます。まずは過去5年の血統傾向ですが、ここ4年は父サンデー系の馬が強く、13年の勝ち馬のネピファネイアも母父スペシャルウィークですからサンデーの血は必須と言ってよいレースです。


あとはトニービンの血を持つ馬が4年連続で馬券になっています。ハーツクライ産駒や母父トニービンの馬が馬券になっていますね。その他血統以外では春のクラシックで連対した馬が強いレースです。


注目のリアルスティールは皐月賞で2着していますし、今年のメンバーなら実績最上位だと思います。ただ骨折明けのレースだと言うのはこのレースを走っていた過去の春の実績馬とは違うというところです。


トニービンの血を持つ馬は小倉の500万を勝ったサラトガスピリットとジャングルポケット産駒のバイガエシです。バイガエシは前走1000万条件で2着ですが、面白い存在になるかもしれません。


アルバートドックは阪神芝2400メートルで勝ちがあり、5月にはオープンの白百合ステークスを勝ちました。これも有力ではないかと思います。レッドソロモンは一族にダンスインザダークがいるので菊花賞でも気になる馬かもしれません。キロハナは能力は高そうですが、怪我明けでどこまでやれるかでしょう。

関連記事

セントライト記念2015の予想


◎ ミュゼゴースト

〇 ブライトエンブレム

▲ サトノラーゼン

△ ミュゼエイリアン

△ タンタアレグリア

△ ベルーフ

△ ジュンツバサ

△ ロッカフェスタ


本命はミュゼゴーストにしました。中山は2000メートルですが、山藤賞を勝っています。小回りに実績があり、バゴは小回りの重賞に強いイメージ。母系は在来牝系ですし野芝は得意だと思います。前走は勝ち馬は強かったと思います。母父リアルシャダイから距離延長も問題ないとみます。


ブライトエンブレムも弥生賞で2着し、皐月賞でも4着と健闘しました。ネオユニヴァース産駒なので中山コースは合っていると思います。母ブラックエンブレムは秋華賞だけではなく、フラワーカップ勝ちもあります。皐月賞以来ですが状態さえ良ければここでも走りそうです。


サトノラーゼンは普通に強い馬です。小回りコースは阪神の芝2000メートルで勝っています。母父がインティカブで2200メートルが合っているかもしれません。ミュゼエイリアンは父がグラスワンダーの直仔のスクリーンヒーローです。中山コースは良いのではないかと思います。


買い目

ワイド ⑦-⑫

馬連 ⑦-④⑥⑩⑫

三連複 ⑦⑫-印の各馬へ

関連記事

ローズステークス2015の予想

無題rsk


◎ アンドリエッテ

〇 ディープジュエリー

▲ クイーンズリング

△ ミッキークイーン

△ レッツゴードンキ

△ トーセンビクトリー

△ タッチングスピーチ

△ シングウィズジョイ


過去5年のローズステークスではサンデーの血を持つ馬が強いと言う印象があります。ただ今回のメンバーはサンデーの血を持っている馬ばかりです。またディープインパクト産駒が12年では上位独占だったようにディープ産駒が得意なコースであると思います。


本命のアンドリエッテは桜花賞では本命にした馬です。そんな桜花賞はあんなような競馬だったので位置取り的には厳しかったです。オークスは少し厳しいと思っていましたが5着と健闘しました。


アンドリエッテはディープ産駒。また母父はシルバーデピュティで、ダートの血も決してこのレースでは悪くないです。後方一気の競馬はもしかしたら厳しいかもしれませんが、横山典騎手の手腕にも期待です。


対抗もディープ産駒のディープジュエリーで。3戦3勝ですがオークスは回避しました。こちらは母父がジャイアンツコーズウェイです。初の関西遠征ですが未知の部分も秘めている馬だと思います。


以下、デビューから3連勝の内容が良かったクイーンズリングの巻き返しにも期待。ミッキークイーンは春のクラシックを勝った馬も負けることのあるレースですから4番手の評価。桜花賞馬のレッツゴードンキも同様です。トーセンビクトリーはデニムアンドルビーと同じ一族ですが、人気もしているので抑えの評価。


買い目

ワイド ③-⑫⑯

馬連 ③ー印の各馬へ

関連記事

セントライト記念2015の傾向と現時点有力馬


祝日の月曜日に中山競馬場で菊花賞トライアルのセントライト記念が行われます。昨年は新潟開催だったのですが、過去5回の中山開催での結果をまずは載せました。


srk3.png


傾向としてはステイゴールド産駒が3勝。またサンデーの血を持っている馬が強いレースです。ただ昨年路盤工事した影響で変わる可能性はあります。


有力馬としてはダービー2着のサトノラーゼンは普通に強いでしょう。母父はスノーフェアリーの父でもあるインティカブです。皐月賞4着以来のブライトエンブレムはネオユニヴァース産駒ですから中山芝2200メートルにも対応できそうです。


ベルーフは叔父にステイゴールドがいる血統です。小回りのコースは合っているのではないかと思います。またミュゼエイリアンは父がグラスワンダーの系統で中山コースはこれも合うと思います。またメンバーが揃った共同通信杯で4着した馬です。


ミュゼゴーストもこれまでの実績からとバゴ産駒ですから小回りは良いと思います。キタサンブラックは母父がサクラバクシンオーで、皐月賞は健闘しましたが、本来は2000メートル以上は長い印象です。

関連記事

京王杯AH2015の予想


◎ アルマディヴァン

〇 グランシルク

▲ ダローネガ

△ レッドアリオン

△ アルビアーノ

△ ヤングマンパワー

△ コスモソーンパーク

△ スマートオリオン

△ エキストラエンド


開幕週で最内枠を引いたアルマディヴァンを本命とします。このコースは3月の幕張ステークスを勝ってますし、中京記念と関屋記念で好走しています。父は朝日杯を勝ったメジロベイリーで、母父はメジロライアンです。母父ノーザンダンサー系はこのレースと相性が良いのですが、路盤工事をしたので参考まで。


グランシルクはニュージーランドトロフィーで2着した馬です。ステイゴールド産駒は改修後中山芝1600メートルは良い成績を残しています。2勝はすべて中山マイルです。ダローネガは中京記念で僅差の3着。元々オープンで走っていた馬なので力はあると思います。


買い目

複勝①

三連複①⑥-③⑦⑧⑨⑩⑬⑭

関連記事

セントウルステークス2015の予想


◎ リトルゲルダ

〇 ハクサンムーン

▲ ルチャドルアスール

△ ストレイトガール

△ マテンロウハピネス

△ ウリウリ

△ バーバラ

△ マヤノリュウジン


本命は昨年このレースを勝ったリトルゲルダを本命にしました。昨年勝っているだけにコース適性、野芝への適性は問題ないと思います。ダート血統ですが、こういう血がこのレースでは有効です。6歳なので上積みはないかもしれませんが、本命とします。


ハクサンムーンは2年連続で馬券になっています。血統的には問題はないと思いますし、今年は6歳になりましたが、高松宮記念でも2着としました。スタートが決まれば今年も好走する確立は高いと思います。


ルチャドルアスールは父がミスプロ系のケイムホームで、母系はダンチヒ系ですから平坦コースが良い可能性がありつつも血統的にはこのレースに向いているのではないかと思います。ハクサンムーンとの先行争いになりそうですが面白い馬ではないかと思います。


休み明けは走るストレイトガールは実績的にも有力でしょう。父サンデー系はやや苦戦傾向のレースでしょうが、サマースプリントチャンピオンがかかるウリウリや、3歳馬でも内枠を引いたマテンロウハピネスなどが抑えです。



買い目

馬連 ②-①⑦⑩⑫

三連複 ②⑦-①⑧⑩⑪⑫⑯

関連記事

紫苑ステークス2015の予想


◎ ゴールデンハープ

〇 ホワイトエレガンス

▲ レトロクラシック

△ ノットフォーマル

△ アースライズ

△ リアンドジュエリー

△ テンダリーヴォイス

△ クインズミラーグロ


非常に難しいと言う印象のレースですが、秋華賞へ向けて権利を獲得したい馬が来ている印象があります。◎ゴールデンハープは叔父に高松宮記念3着のソルジャーズソング、〇ホワイトエレガンスは祖母がマイルCSを勝ったシンコウラブリイがいる血統です。


上位3頭はいずれも秋華賞へ出走のためにも2着以内が欲しいでしょう。春の実績馬はやや不振傾向の印象がありますが、ノットフォーマルは開幕週の馬場で先行できるのはかなり有利でしょう。正直わからないレース。金銭に余裕があっても馬券は買いづらいレースです。

関連記事

京成杯AH2015の血統傾向と現時点注目馬

今週から中山開催が始まり、日曜日には京成杯AHが行われます。昨年は新潟開催で09年から13年までの血統傾向を調べてみたのですが、昨年の改修で馬場も路盤を改造したようなので傾向は変わる可能性があるので参考までに。


無題kah


父ミスプロ系、母父エーピーインディやストームキャット系が来ていて、セントウルステークスに続いてダート血統が来ています。高速決着になるケースが多いのでダート血統が活躍するのでしょう。


無題ns16


昨年12月以降の中山芝1600メートルの種牡馬成績です。ステイゴールド、キングカメハメハの産駒が優秀です。


登録頭数が多いのですが、アルビアーノは外国産馬でダート血統。関東オークスは距離が長かったか。先行も開幕週では有利になりそうなのであとは古馬との比較でしょう。ニュージーランドトロフィーを勝ったグランシルクはステイゴールド産駒で相性の良いコースです。


レッドアリオンは昨年の新潟で行われたこのレースを勝利したクラレントの弟です。中京記念を勝ちながら関屋記念は惨敗したスマートオリオンもサマーマイルシリーズ制覇がかかります。


その他ではニューイヤーステークスを勝ったコスモソーンパークはドバイワールドカップを勝ったロージズインメイの産駒。ケイティープライドは母父フレンチデピュティで、過去の傾向からは期待は出来そうでです。

関連記事

セントウルステークス2015の血統傾向と現時点注目馬


今週は日曜日に阪神競馬場でセントウルステークス(GⅡ)が行われます。スプリンターズステークスへの前哨戦になるのですが、今回は過去5年の血統傾向と有力馬について書きたいと思います。



無題ssk




近5年で父サンデー系は馬券になったのは3頭だけ。アドマイヤムーンや母父ストームキャットや母父サンダーガルチなどダートの血が必要なレースではないかと思います。また昨年は馬券になった馬はいないのですが、ノーザンダンサー系もよく来ているレースです。



ヴィクトリアマイルを制したストレイトガールは休み明けは良く走ります。父はサンデー系ですが、母父タイキシャトルで馬力はありそうです。CBC賞を勝ったウリウリは父はディープインパクトですが、母父フレンチデピュティなのは良いかと思います。サマースプリント制覇もかかるレースです。


過去2年連続で馬券になっているハクサンムーンはこのレースへの適性は十分です。普通に先行すれば開幕週の馬場ですし、力を出し切れるのではないかと思います。現時点では最注目候補です。


リトルゲルダは昨年の覇者です。昨年勝って以降は成績が良くないのですが、状態が昨年と同じならば注目したい馬です。脚質がカギですが、父クロフネのアースソニックと、父がミスプロ系のケイムホーム、開幕週の馬場を生かしたいルチャドルアスールなども注目です。

関連記事

小倉2歳ステークス2015の予想


◎ レッドラウダ

〇 コウエイテンマ

▲ シュウジ

△ レッドカーペット

△ サイモンぜーレ

△ オフクヒメ

△ ジュンゲル

△ ファビラスヒーロー


かなり難解なレース。レッドラウダは2戦目で未勝利を勝ち上がりました。ダイワメジャー産駒はエピセアロームで勝っており、馬力のありそうな血統が良さそうなレースです。


コウエイテンマはフェニックス賞を勝ちました。ダートで活躍したカジノドライヴ産駒で引き続き注目。シュウジは兄に北九州記念を勝ったツルマルレオンがいます。初めての1200メートルですが血統は良いと思います。


新馬戦でシュウジの2着だったレッドカーペットや、未勝利戦のタイムが良かったと思うサイモンぜーレなどが抑えです。


買い目

単勝 ④

複勝 ④

関連記事

新潟記念2015の予想

◎ アヴニールマルシェ

〇 スイートサルサ

▲ ミュゼスルタン

△ マジェスティハーツ

△ メドウラーク

△ パッションダンス

△ アルフレード

△ ロンギングダンサー



混戦ムードのレースだと思うのですが、本命はアヴニールマルシェにしました。このレースに強い父サンデー系×ノーザンダンサー系の配合であることが大きく、在来牝系ですから野芝合うと思います。


新潟コースは昨年の2歳ステークスで2着しており、2月の共同通信杯はレベルの高いメンバー構成だったと思います。使い詰めが難しいようなタイプのようで、久々でも何とかなるのではないかと思います。


相手も同じサンデー系×ノーザンダンサー系のスイートサルサを挙げました。新潟コースは一昨年に準オープンを勝った実績があります。ヴィクトリアマイルは展開が厳しかったと思います。母系はローカル得意のダンチヒ系ですし、穴馬としては面白いと思います。


NHKマイルカップで3着に来たミュゼスルタンは新潟2歳ステークスを昨年勝ちました。アヴニールマルシェを評価しているのでこの馬も高い評価。力を出せば勝ち負けが出来そうなマジェスティハーツは野芝が得意のハーツ産駒。連勝中のメドウラークなどが抑えです。


買い目

ワイド ⑮-⑰
馬連 ⑮-印の各馬へ

関連記事

札幌2歳ステークス2015の予想


◎ ラヴアンドポップ

〇 アラバスター

▲ アフターダーク

△ プロフェット

△ クロコスミア

△ リアルキング

△ スパーキングジョイ


土曜日の予想は重賞の札幌2歳ステークスを。この時期の2歳戦は比較が難しいのですが、本命はコスモス賞を勝ったラヴアンドポップにしました。父がアドマイヤムーンなのが決め手で、札幌2歳ステークス、札幌記念を勝ったように洋芝は得意だと思います。2連勝の勢いを買って本命とします。


相手は素質の合いそうな馬を厳選。アラバスターは阪神JFを勝ったレーヴディソールの仔で、この一族はクズを出さない血統だと思うので重賞を勝つ力はあるのではないかと思います。アフターダークはアグネスゴールドが叔父にいます。この血統も評価したいと思います。


その他ではトゥザヴィクトリーの一族の出身であるプロフェットなども注目。買い目はラヴアンドポップからの馬連からになりそうです。

関連記事

札幌2歳ステークスの血統傾向と有力馬


札幌競馬場では土曜日に札幌2歳ステークスが行われます。開催時期が替わったりしているのですが、過去の血統傾向を調べてみました。


無題s2sk


札幌開催が短縮されてから開催時期が替わっているのですが、12年と14年はキングカメハメハ、バトルプラン、母父ウォーエンブレムなどダート色の強い血統が来ているのですが、今回も果たしてダート血統は来るのか?


この時期の2歳戦なので比較は難しいですが、アラバスターは阪神ジュべナイルフィリーズを勝ったレーヴディソールの仔、アフターダークはアグネスゴールドなどの姪などで注目されると思います。


前走のコスモス賞を勝ったラヴアンドポップはアドマイヤムーンの産駒で、父自身が札幌2歳ステークスに勝利しています。今回も期待したい馬と見て注目馬として現時点では見ています。

関連記事

小倉2歳ステークスの血統傾向と有力馬


最終週の小倉競馬場では小倉2歳ステークスが行われます。まずはこのレースの過去5年の馬券になった馬の血統などを見てみたいと思います。


無題k2s3


父サンデー系の馬が馬券になったのは5頭。父は非サンデー系の馬の健闘も目立ちます。またワイルドラッシュやヨハネスブルグなどダート色が強い馬も来ています。パワーがありそうな血統が良いと思います。


新馬と中京2歳ステークスを勝ったシュウジは高松宮記念を連覇したキンシャサノキセキの産駒で、兄に北九州記念を勝ったツルマルレオンがいます。母父はキングマンボですから適性は高いのではないかと思います。


コウエイテンマはアメリカGⅡを勝った経歴のあるカジノドライブの産駒です。母父はミルジョージでダート色が強い血統です。レッドカーペットはNHKマイルカップを勝ったダノンシャンティ産駒で、こちらも母父はフサイチペガサスでダート色が強いです。


オウケンダイヤは勝った当時には話題になりました。父オウケンマジックはタニノギムレットの産駒で、サンデーサイレンスの3×4のクロスがあります。レッドラウダはダイワメジャー産駒で母父はミスプロ系のマキャヴェリアンで適性はあると思います。


現時点では前走オープンを勝ったシュウジとコウエイテンマはここでも注目。他にもダートの血が入っている血統は結構いるので難解なレースとなりそうです。レッドカーペット、レッドラウダにも注目でしょう。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。