スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオNIKKEI賞2015の血統分析


春のGⅠレースも終わり、これから本格的な夏競馬に入ってくると思いますが、今週は毎年難解なイメージがあるラジオNIKKEI賞です。このレースは11年に中山で行われ、人気馬が上位に来ましたが、福島開催では10年以降6番人気以下の馬が絡んできます。


血統の特徴としては父サンデー系は過去5年では中山開催を含めても必ず勝利しているレースです。また一昨年までは母父ノーザンダンサー系の馬が良く馬券になっていたのですが、昨年はサンデー系×ミスプロ系の配合の馬が上位独占でした。


難しいですが、馬力がある血統が良いのではないかと思います。ここ2年は母父シンボリクリスエス、フサイチペガサスの馬が勝利しているのでダート血統の馬がもしかしたら良いレースになるかもしれません。


ダービーを回避したアンビシャスはディープにエルコンドルパサーの配合です。牝系にはフェアリーステークス2着のニシノアカツキがいる血統です。血統に関しては問題ないかと思います。状態面やハンデ差などが鍵とはなりそうです。


2戦2勝のレアリスタはリアルインパクトの弟です。こちらは父はステイゴールドですが、未勝利戦は2000メートルで勝利。トキオリアリティーの仔ですから距離は1800までが良いかと思います。これも母方はダート血統で傾向には合いそう。


アッシュゴールドはドリームジャーニーやオルフェーヴルの弟になります。血統が良いですからここで激走する可能性はありそうですが、実際は走ってみないと。ロジチャリスは母父がロックオブジブラルタル。ダート血統ではないですが、少し前に相性の良かった母父ノーザンダンサー系です。


ミュゼゴーストはバゴ×リアルシャダイで、フラワーカップを勝ったオウケンサクラと同じ配合です。もしかしたら意識があったかもしれません。姉にマーメイドステークス3着のトウカイアース、在来牝系で夏は走りそうです。

関連記事
スポンサーサイト

宝塚記念2015の予想


◎ カレンミロティック

〇 トーセンスターダム

▲ ゴールドシップ

△ ワンアンドオンリー

△ ラキシス

△ ラブリーデイ

△ デニムアンドルビー

△ ヌーヴォレコルト


本命はカレンミロティック。昨年の2着馬でコース適性は問題ないでしょう。母方にダート血統が入っている馬が人気よりも走る傾向にあり、馬券的にも妙味があります。


トーセンスターダムは母父がエンドスイープですが、05年優勝のスイープトウショウと07年優勝のアドマイヤムーンを輩出しています。ディープ産駒もここ2年では馬券になっているのでこれも妙味がありそうです。


ゴールドシップは力を出せば勝ち負けどころか、勝つ可能性は高いと思います。しかしJRAのGⅠを3連覇した馬がいないことや、走ってみなければわからない面がある馬が人気では本命は打てないということです。


ワンアンドオンリーも阪神コースへの実績があるので上位争いをしてもおかしくはないと思います。距離も中距離くらいが良いと思います。ラキシスも芝2200メートルで実績があり、大阪杯勝ちからここでも勝負できそうです。


ラブリーデイは使い込まれていますが、小回りの中距離適性は高いと思います。デニムアンドルビーも能力は高いです。ヌーヴォレコルトの巻き返しも。トーホウジャッカルは菊花賞以来のレースなのは大きなマイナスです。

関連記事

洋芝に強い血統の一例


先週から函館競馬が開幕しました。函館、札幌は洋芝で行われる事が予想する上では重要なポイントになってきそうです。なので洋芝は特に血統が重要になってくると思います。


血統で予想する人は洋芝に強い血統などは知っていると思いますが、血統に興味が無い人にも参考になるように今回は洋芝で狙いたい血統などを書きたいと思います。


欧州血統が強い


洋芝で行われるので馬力が必要になってきます。もちろん洋芝ですから欧州血統の馬は相性の良い血統と言えます。例えばサドラーズウェルズ系やリファール系、ニジンスキー系やトニービン系の馬が好走しやすい馬場だと思います。


実際に函館記念を3連覇したエリモハリアーは父がニジンスキー系のジェネラスです。ジェネラスは現役時代にイギリスとアイルランドのダービーを制した馬です。


またスプリント戦では函館スプリントステークス、キーンランドカップと連勝したワンカラットはファルブラヴ産駒です。ファルブラヴはサドラーズウェルズと兄弟のフェアリーキングの系統です。ファルブラヴは他に函館記念を制したトランスワープ、母父では札幌記念を勝ったハープスターを輩出しました。


ですので父か母父の系統が欧州血統の馬は注目と言うことになります。


ダンチヒ系も強い


その他ではダンチヒ系が洋芝では好走しやすいと思います。京都でも相性の良いように平坦コースに元々は強い血統です。デインヒルやチーフベアハート、ロックオブジブラルタルなどの馬が代表でしょう。


少し前ですが、函館記念、札幌記念を勝利したファインモーションはデインヒル産駒。また同じく札幌記念と函館記念を制したエアエミネムのデインヒル産駒です。


人気薄で函館記念を2度2着したマヤノライジンは母父ダンチヒです。高齢で走るマヤノトップガン産駒らしく長く活躍しました。またヴィクトリアマイルを制したストレイトガールは下級条件ですが函館で5勝しています。母母父にデインヒルを持っている馬です。


他にも洋芝に強い血統はあると思うのですが、一応有名な所を今回は上げてみました。

関連記事

宝塚記念2015のガイドと傾向

2014-1.jpg



今週は宝塚記念が行われます。その宝塚記念の傾向から書きたいと思いますが、ステイゴールド産駒が3連勝中で、過去6年で5勝しています。今回の登録馬ではゴールドシップとオーシャンブルーが該当します。


それから過去3年では母系がダート血統の馬が人気より走る傾向にあるように思えます。昨年は母父エーピーインディのカレンミロティックが9番人気で2着。13年は母父ミスプロ系のダノンバラードが5番人気で2着。12年は母父ストームキャットのショウナンマイティが6番人気で3着でした。



ここから有力馬の紹介。ゴールドシップは宝塚記念3連覇を目指します。言わずと知れたステイゴールド×メジロマックイーンの配合です。グランプリレースへの適性は問題なく、あとはこれまで達成した馬がいないJRA同一GⅠ3連覇をどう見るかでしょう。


大阪杯でキズナを破ったラキシスはエプソムカップで2着したサトノアラジンの姉になります。ディープインパクト×ストームキャットのニックス配合で、適性は中距離くらいにあると思います。母父ストームキャットですから馬力が必要な馬場でも対応できそうです。


ワンアンドオンリーは昨年のダービー馬ですが、ドバイシーマクラシックで久々に好走しました。母父タイキシャトルも元々は現役時代に有馬記念を使う噂もあったくらいですから意外と距離は持つかもしれません。中距離くらいまでならこなせると思います。


ヌーヴォレコルトは母父がヌレイエフ系ですから東京コースがベストだと思いますが、父ハーツクライは自身も産駒も2着の経験があります。トーホウジャッカルは血統的には中距離に対応できそうですが、血統以前に状態面や臨戦過程がポイントでしょう。


カレンミロティックは昨年の2着馬ですからコース適性は問題ないでしょう。トーセンスターダムはコーナー2つの直線の長いコースに主に実績がありますが、内回りをこなせる可能性はありそうです。

関連記事

ユニコーンステークス&函館スプリントS2015の予想

・ユニコーンステークス


◎ ラインルーフ

〇 アキトクレッセント

▲ ゴールデンバローズ

△ タップザット

△ ノンコノユメ

△ ノボバカラ

△ アルタイル

△ イーデンホール


このレースはヴァイスリージェント系が強いレースなので本命はフレンチデピュティ産駒のラインルーフから。ダートに路線を変えてから結果を出しています。前走の京都のオープンで2着と好走しています。内枠も生かして競馬が出来ればよい勝負になりそうです。


相手は母父がフレンチデピュティのアキトクレッセントで、この馬はオープンの昇竜ステークスを勝っています。前走の青竜ステークスでも3着しています。この馬も上位に来る能力はありそうです。


ゴールデンバローズは遠征明けですが、状態面さえ良ければ普通に勝つ可能性は高いと思います。UAEダービー3着はかなりの能力があると思います。タップザットもドバイ以来のレースですが、この馬も能力は高そうです。



・函館スプリントステークス


◎ ティーハーフ

〇 ローブティサージュ

▲ コパノリチャード

△ アンバルブライベン

△ セイコーライコウ

△ サトノデプロマット

△ タガノアルザル



連勝中のティーハーフは母父が洋芝得意のダンチヒ系です。父はミスプロ系のストーミングホームで、ダート血統も馬券に絡むレースです。開幕週の馬場で差しが決まるかですが期待したいです。


ローブティサージュは昨年のキーンランドカップの勝ち馬で、洋芝適性は高そうです。これも高評価。コパノリチャードは実績では断然。洋芝もこなせるような母系だと思いますし、力を出せば勝つ可能性は高そうです。

関連記事

ユニコーンステークス2015の有力馬ガイド


今週はユニコーンステークスについて書きたいと思います。このレースについては2010年から13年までノーザンダンサー系の馬が良く馬券になっていて、ヴァイスリージェント系は4年連続で馬券になっていました。


昨年はそのノーザンダンサー系は馬券になりませんでした。ここ2年はミスプロ系が馬券になっていますが、今年はもう一度ヴァイスリージェント系、またはこれからトレンドになるかもしれないミスプロ系は注意したいです。



ドバイ帰りのゴールデンバローズはタピットの産駒で、テスタマッタが日本では代表産駒です。テスタマッタがフェブラリーステークスを勝ったようにゴールデンバローズも東京ダート1600メートルは3戦3勝です。


UAEダービーは3歳の春の時点での遠征競馬を考慮すると3着は高く評価してよいと思います。状態さえ整っていれば普通の勝ち負けでしょう。


ノンコノユメはフォーティナイナー系のトワイニングが父で、近親にハーツクライがいる血統です。東京ダート1600メートルは3戦して2勝していて、同コースの青竜ステークスを勝利した馬でコース適性は問題ないでしょう。


アルタイルはその青竜ステークスで2着した馬です。父はカネヒキリで、05年にこのレースを勝っています。この馬も東京ダート1600メートルの適性はありそうです。タップザットもゴールデンバローズと同じタピット産駒で、この馬もドバイ以来のレースです。やはり状態面がポイントになりそうです。


ヴァイスリージェント系ではラインルーフはフレンチデピュティ産駒で、鳳雛ステークスでも2着しています。アキトクレッセントは母父フレンチデピュティで、昇竜ステークスを勝った馬です。

関連記事

エプソムカップ&マーメイドステークス2015の予想


・エプソムカップ


◎ サトノアラジン

〇 ディサイファ

▲ ヒラボクディープ

△ エイシンヒカリ

△ フルーキー

△ アーデント


サトノアラジンは前走で同じ条件を勝っています。ディープインパクト産駒このレースを2勝していて、母父ダート血統、またノーザンダンサー系も強いレースです。このレースの好走タイプに当てはまる馬だと思います。


ディサイファは昨年このレースを勝っているので適性は問題なし。土曜の午前の時点では4番人気ですが、人気のエイシンヒカリよりも評価したいです。ヒラボクディープは前走で復調気配。サトノアラジンと同じ配合でもしかしたら一発も


エイシンヒカリは東京コースというのはどうか。アイルランドトロフィーは初遠征で初コースでああいう競馬になった可能性はありますが、現時点では左回りはどうかと疑ってかかってみたいです。



・マーメイドステークス


◎ レッドセシリア

〇 イリュミナンス

▲ パワースポット

△ ウインプリメーラ

△ マリアライト

△ リラヴァティ

△ アースライズ

△ バウンスシャッセ

△ シャトーブランシュ


毎年2桁人気の馬が馬券に絡む難解なレースなので自信はないですが、レッドセシリアを本命としました。ハーツクライ産駒が阪神芝2000メートルを得意としているというのが決め手です。湘南ステークス2年続けて負けているのは気になりますが、元々は能力が高い馬なので重賞で好走してもおかしくはないと思います。

関連記事

エプソムカップ2015の傾向と有力馬解説


水曜日の更新となってしまいましたが、今週はエプソムカップの傾向について書きたいと思います。このレースですがいくつか傾向があって


・父サンデー系が4年連続で勝利している

・サンデー系×ノーザンダンサー系の配合(または逆)の馬が来ている

・ダート血統もよく来ている



父サンデー系はディープインパクト産駒とダンスインザダーク産駒がそれぞれ2勝しています。サンデー系×ノーザンダンサー系の配合ですが、12年のトーセンレーヴ、13年のクラレントなどが勝利しており、ここ3年連続で2着馬はその配合です。


またダート血統も馬券に絡んでいるのですが、昨年のディサイファは母父はミスプロ系のドバイミレニアム。2回馬券になっているダークシャドウも母父はダート血統で、一昨年2着のジャスタウェイも母父はダート血統です。



この条件に合いそうな有力馬は共にディープインパクト×ストームキャッのト配合のエイシンヒカリとサトノアラジンです。


エイシンヒカリはアイルランドトロフィーで仰天の競馬をして勝ちました。この時は初めての左回りと遠征が影響したかどうかはわかりませんが能力は高いと思います。


サトノアラジンは姉に昨年のエリザベス女王杯を勝ったラキシスがいます。前走で同じ東京芝1800メートルを勝ってますしここでも有力でしょう。


フルーキーはダート血統ではないですが、こちらはノーザンダンサー系×サンデーです。ここでも上位候補となる馬でしょう。ディサイファは昨年の勝ち馬ですからコース適性はまったく問題ないです。連覇の可能性も当然ありそうです。


ダノンジェラートですが、こちらはサンデー系×ノーザンダンサー系で、昨年ダービーに出走したワールドインパクトは弟になります。母父はヌレイエフ系ですから東京コースは合っていると思います。

関連記事

安田記念2015の予想


◎ モーリス

〇 ヴァンセンヌ

▲ リアルインパクト

△ フィエロ

△ カレンブラックヒル

△ サンライズメジャー

△ レッドアリオン

△ ダノンシャーク


本命はモーリスにしました。決めてはやはりロベルト系が強いレースと言うことで本命にしました。モーリスとサトノギャラントが該当するのでモーリスにしました。ダービー卿チャレンジトロフィーは好タイムで勝ったので今年のメンバーなら勝ち負けする可能性は高いと見ます。


ヴァンセンヌはフラワーパークの仔で、この馬自身も東京新聞杯を勝っていますが、母父ニホンピロウイナーは旧コースですが安田記念を勝っていて、産駒のヤマニンゼファーは連覇しています。東京マイルへの適性は高いと思います。


リアルインパクトは4年前の勝ち馬ですから適性は問題ないと思います。オーストラリアで勝ったので急激な衰えはないと思います。遠征明けでも状態が良ければ勝負になりそうです。


フィエロは重賞を勝ってないですが、マイルチャンピオンシップで2着しているので力を出せば勝負になりそうです。マイラーズカップは負けて当然な競馬でした。その他ではカレンブラックヒルはマイルで馬場が悪くなければ上位に来そうです。

関連記事

鳴尾記念2015の予想


◎ エアソミュール

〇 グランデッツア

▲ レッドデイヴィス

△ ラブリーデイ

△ アズマシャトル

△ クランモンタナ


過去3年の傾向でこれといった傾向がないのですが、まあ昨年勝っているしエアソミュール本命で。大阪杯からのローテーションも良いと思います。グランデッツアも若い時に小回りで実績があるので良いのではないかと思います。


レッドデイヴィスは京都記念で4着に来ているので、スローペースだったとはいえ復調の気配があるかもしれません。ラブリーデイは今年は消耗戦だった天皇賞からの参戦を考慮したいと思います。

関連記事

安田記念2015の有力馬分析 狙いはロベルト系か?


日本ダービーも終わり、2歳戦がスタートします。ダービーで本命にしたリアルスティールはレース中に骨折してたそうです。ちなみにPOGで指名したポルトドートウィユが出走しましたが、またPOGのことも今後書ければと思います。


安田記念の話に移しますが、このレースはロベルト系が強いレースではないかと思います。


08年はタニノギムレット産駒のウオッカが優勝し、3着は母父クリスエスのエイシンドーバー。ウオッカは翌年も優勝です。10年はタニノギムレット産駒のスマイルジャックが3着で翌年も3着。11年で2着したストロングリターンは12年に優勝しました。


ここ2年は13年にピークを過ぎたスマイルジャックが出走したのみだと思います。08年から12年まで5年連続で馬券になっているので今年はもう一回注目が必要でしょう。 今年はモーリスとサトノギャラントが該当します。


そのロベルトの血を持つモーリスはスクリーンヒーローの産駒です。祖母はアルゼンチン共和国杯を勝ったメジロモントレー、牝系にはメジロドーベルがいます。安田記念の傾向からは重視しなくてはいけない馬だと思います。


フィエロは叔父にロックオブジブラルタルがいる良血で、急坂でもない東京コースでもいい競馬が出来そうです。ヴァンセンヌは96年の最優秀スプリンターのフラワーパークの仔です。どちらもディープ産駒で東京マイルは悪くないと思います。


ダノンシャークとミッキーアイルも同じディープ産駒です。ダノンシャークは母系がスタミナがあり、馬力もあるので東京マイルは問題ないと思います。ミッキーアイルはフィエロと似た配合ですが、短距離にシフトしている可能性もあります。


リアルインパクトは4年前の勝ち馬でコース適性は問題ないでしょう。またレッドアリオンも今回出走する兄のクラレントが東京コースに実績があるので、弟もコース適性は悪くないと思います。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。