スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目黒記念2015の予想


◎ ステラウインド

〇 レコンダイト

▲ ムスカテール

△ メイショウカドマツ

△ ファタモルガーナ

△ ダービーフィズ

△ マイネルメダリスト

△ トウシンモンステラ

関連記事
スポンサーサイト

日本ダービー2015の予想


◎ リアルスティール

〇 サトノラーゼン

▲ ミュゼエイリアン

△ ドゥラメンテ

△ レーヴミストラル

△ サトノクラウン

△ ミュゼスルタン


本命はリアルスティールにしました。ディープインパクト×ストームキャットはキズナと同じ配合です。さらに東京コースにつよいキングマンボも牝系にいて、ヌレイエフも母系に入っています。近親のタペストリーはヨークシャーオークスの勝ち馬です。


東京コースは共同通信杯を勝っていて、血統的にも東京芝2400メートルの適性は高いと思います。道悪もこなせる範囲内だと思いますし、期待したいと思います。


サトノラーゼンもディープ産駒で、京都新聞杯はそれなりに評価してよい内容だったと思います。レース数が多いのは気になりますが、ダービーでは有利な枠を引いたので好走の可能性は低くないと思います。


ミュゼエイリアンはジャパンカップを勝ったスクリーンヒーローが父で、エルコンドルパサー母父です。また叔母にエリンコートがいるので東京芝2400メートルの適性はありそうです。またメンバーが揃った共同通信杯の4着も評価したいです。


ドゥラメンテはエアグルーヴの一族で東京への適性は高いと思います。ただ共同通信杯では折り合いを欠いたシーンがあるようにエアグルーヴの一族は気性の悪さを見せる場面もあり、折り合いさえ付けば今回も勝ち負けでしょう。


青葉賞を勝ったレーヴミストラルはダービーでは2着が最高のキングカメハメハ産駒ですが、コース適性は問題ないと思うので馬券になってもおかしくはないでしょう。サトノクラウンはやはり距離適性が問われるレースだと厳しいと思います。ミュゼスルタンは3着に来る可能性はありそうです。

関連記事

日本ダービー2015出走予定馬分析③


・タガノエスプレッソ

牝系にはトゥザヴィクトリーやサイレントディールがいる血統で、父ブラックタイドは昨年のマイネルフロストの3着が最高。後は能力次第。


・スピリッツミノル

父のディープスカイは08年の勝ち馬です。母父ラムタラで距離は問題ないでしょう。今回も先行しそうで、どこまで逃げねばれるかでしょう。


・ミュゼスルタン

母は京都牝馬特別を勝ったマルカコマチで、牝系にはユートピアやインターフラッグがいます。距離延長がカギですが、展開次第では上位に食い込む能力がもしかしたらあるかもしれません。


・ダノンメジャー

母父はノーザンダンサー系です。母父アザムールはキングジョージを勝つなどしているので距離は問題なさそうですが、近4走で馬券になっていないのはどうか。


・コスモナインボール

父のハイアーゲームは04年にキングカメハメハの3着に来ました。しかし母父カリズマティックではダービーは結構厳しい気が。先行してどこまで


・ケツァルテナンゴ マイネルサクセサー

ケツァルテナンゴは牝系にイングランディーレやトゥナンテがいる血統。マイネルサクセサーは牝系にシェイクハンドダイワバンディットがいます。ただ血統以前に成績が振るっていません。


とりあえず抽選対象の2頭まで書きました。後は前日あたりに予想を書きたいと思います。

関連記事

日本ダービー2015出走予定馬の分析②


・レーヴミストラル


青葉賞は兄アプレザンレーヴとの兄弟制覇。姉に阪神JFを勝ったレーヴディソールがいて、クズを出さない一族です。青葉賞勝ち馬はダービーでは2着が最高です。中3週で再び東京芝2400メートルを走るのは厳しいですが、血統的にはコース適性は十分にありそうです。



・タンタアレグリア


父ゼンノロブロイは03年のダービー2着馬です。母父はミスプロ系で、この馬自身は東京コースへの適性はあるでしょう。しかしまずアプレザンレーヴを逆転するまではどうか。



・サトノラーゼン


母父はロベルト系で、エリザベス女王杯を勝ったスノーフェアリーの父でもあります。未勝利戦でレーヴミストラルを負かしています。父はディープインパクト。京都新聞杯の内容も悪くなく、上位を狙えそうな馬です。



・ポルトドートウィユ


祖母はエアグルーヴで、叔母にアドマイヤグルーヴ、叔父にルーラーシップがいます。ドゥラメンテは従兄弟。ディープ×フレンチデピュティ系は活躍馬が多く、血統背景は問題ないですが能力的にどうか。



・アダムスブリッジ


兄にラジオNIKKEI杯2歳ステークスを勝ったアダムスピークがいます。ゼンノロブロイ産駒は東京長距離重賞に強いですが、3戦のキャリアと臨戦過程が気になります。



・ベルラップ


ハーツクライ産駒は昨年ワンアンドオンリーが勝ち、この馬の近親には安田記念を勝ったハートレイクがいますが、弥生賞9着、皐月賞14着では厳しいか。

関連記事

日本ダービー2015出走予定馬の分析①

photo0059_lwa.png



今週はいよいよ日本ダービーが行われます。競馬ファンでもそれ以外の人も注目するレースだと思うので何か書きたいと思います。


日本ダービーは血統の傾向としては顕著な傾向はないのですが、ディープインパクトやハーツクライなど現役時代に東京の芝2400メートルで実績を残している馬、または産駒が成績を残している馬が強いレースだと思います。



・ドゥラメンテ

曾祖母がオークス馬、祖母がオークス、天皇賞秋を制覇、母のアドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯を連覇。さらに叔父にルーラーシップがいます。父キングカメハメハもダービー制覇。血統は隙がないので折り合いが付けば2冠の可能性も十分にありそうです。


・リアルスティール

父ディープインパクトは産駒がダービー2勝で、さらにキズナと同じディープ×ストームキャットのニックス配合。さらに牝系にヨークシャーオークスを勝ったタペストリーがいる。東京芝2400メートルへの適性はドゥラメンテには負けないでしょう。


・キタサンブラック

父はディープインパクトの全兄のブラックタイド。母父は最優秀スプリンターのサクラバクシンオーです。皐月賞は健闘の3着もやはり母父サクラバクシンオーが気になる。ブラックタイドもクラシック勝つスケールに疑問。


・サトノクラウン

姉に英国2歳牝馬芝1200メートルのGⅠチェヴァリーパークステークスの勝ち馬がいます。父マルジュはマルセリーナ、グランデッツア兄弟の母父でもあります。距離延長は歓迎ではないでしょうが、皐月賞は不利を受けたことは考慮に。


・ミュゼエイリアン

父は今年重賞を3勝しているスクリーンヒーローで、叔母にオークスを制したエリンコートがいます。距離は問題なさそうで、好メンバーの共同通信杯で4着なので上位に食い込むこともありそう。


・コメート

牝系にシーキングザパールやシーキングザダイヤがいる血統で、母父はアフリートなので母系は馬力がありそうです。ただ距離、能力的にも少し厳しいかもしれません。





関連記事

オークス2015の予想


◎ ココロノアイ

〇 クイーンズリング

▲ ミッキークイーン

△ レッツゴードンキ

△ コンテッサトゥーレ

△ ルージュバック

△ クルミナル

△ シングウィズジョイ



ココロノアイは曾祖母に2冠馬マックスビューティ、祖母がオークス3着のマックスジョリーです。その血統を評価しました。母父ダンチヒ系もオークスで馬券になっていますし、当日落ち着いていれば距離も大丈夫でしょう。


祖母マックスジョリーが唯一残したビィーティソングの仔がオークスを勝つシーンもあるかもしれません。


クイーンズリングも先日書いたのですが、母父は欧州で成功を収めているアナバーです。オークスだったら距離は問題ないかと思います。今回も期待しています。


ミッキークイーンは母父がヌレイエフの系統です。これは昨年のヌーヴォレコルトも母父はヌレイエフ系で、東京コースに相性の良い血統です。忘れな草賞組ですが、オークスへの適性はありそうです。


レッツゴードンキはこれまで3着以内を外していません。今回も展開的にも有利に働く可能性はあると思います。かつてはアパパネやジェンティルドンナも母系がマイラー血統ながら勝ちました。


その他の馬ではルージュバックは相変わらずマスコミの過剰報道がされていますが、桜花賞は初めての多頭数競馬が響いたと思います。能力を出せば上位に来そうですが、出し切れないと惨敗もありそうです。血統的には母系が中距離なのでそこは評価を少し下げました。

関連記事

平安ステークス2015の予想


◎ クリノスターオー

〇 ナムラビクター

▲ マイネルクロップ

△ アジアエクスプレス

△ イッシンドウタイ

△ ローマンレジェンド

△ インカンテーション


このレースは1900メートルの距離になってからまだ2回しか施行されていません。傾向がないので難しい予想ですが、クリノスターオーは昨年このレースを勝っています。


1900メートルは特殊な距離だと思うのでそこで実績を残していると言うことでクリノスターオーが本命。クリノスターオーとセットで来やすいナムラビクターと、クロフネ産駒で始めてJRAのダート重賞勝ちとなったマイネルクロップが相手候補。

関連記事

オークス2015有力馬の血統分析②


・クルミナル

ディープインパクト産駒はジェンティルドンナが勝つなどこのレースでも馬券になっています。母系はアルゼンチン血統でリファールの4×4のクロスが入っています。南米血統は直線の長いコースに適性はあると言われています。


・クイーンズリング

ルージュバックと同じマンハッタンカフェ産駒です。母父アナバーはダンチヒ系で、産駒にBCカップ3連覇したゴルディコヴァ、母父として凱旋門賞連覇のトレヴがいます。同世代同士の対戦ですし、距離は長すぎることはなさそうです。


・ココロノアイ

3代母に桜花賞、オークスの2冠を制したマックスビューティがいます。また祖母のマックスジョリーは桜花賞、オークスでベガの3着でした。そのマックスジョリーが唯一残した産駒が母のビューティソングです。母系にリアルシャダイが入っているので距離は不安ないとみたいです。


・キャットコイン

姉にファンタジーステークスを勝ったタガノエリザベートがいて、祖母がローミンレイチェルなので叔父に04年の年度代表馬のゼンノロブロイがいます。後方からの競馬で負けた桜花賞からの巻き返しもありそうな血統をしています。


とりあえず前日と合わせて8頭ほど書いてみました。日本ダービーも有力馬を含めて何頭か調べて書いていくつもりです。

関連記事

オークス2015の有力馬の血統分析など


nuovorecord140525nu.png



今週はオークスについて書きたいと思います。このレースの血統の傾向ですが、母父ノーザンダンサー系の馬が6年連続で連対しています。特にノーザンダンサー系でも面白い傾向があります。


それは欧州のスタミナ血統よりもスピードがあるノーザンダンサー系が来ていることです。昨年の勝ち馬のヌーヴォレコルトの母父はスピニングワールドですが、BCマイルなどマイルGⅠを5勝した馬です。


アパパネやジェンティルドンナも母系はマイラーということで当時は不安視する声もあったかと思います。今回も母父ノーザンダンサー系の馬が何頭かエントリーしているので注目してみると良いと思います。



・レッツゴードンキ

牝系にはエリザベス女王杯で大穴をあけたクィーンスプマンテがいるようです。この馬も先行策で穴を開けたと思います。キングカメハメハなどのキングマンボ系は東京GⅠには強いです。アパパネなどのこともあるので、距離も結局こなせる可能性もありそうです。


・ルージュバック

母のジンジャーパンチが何といってもアメリカの名牝で、中距離のGⅠを5勝しています。ダートなので馬力はあるでしょう。母父はノーザンダンサー系ですが、もう少しスピードがほしいところ。ただ桜花賞は初めて経験することが多かったのは考慮したいです。


・シングウィズジョイ

ルージュバックと同じマンハッタンカフェ産駒で、母のシングライクバード、祖母のシングライクトークは重賞好走歴があります。ムッシュシェクルもこの牝系です。フローラステークスのレベルは別として、配合的には2400メートルはこなせてもおかしくはないです。


・ミッキークイーン

母はフランスGⅡドラール賞を勝った実績があるミュージカルウェイです。母父のゴールドアウェイは欧州でマイル戦線を走っていて、ムーンランドロンシャン賞2着などの実績があります。また東京コースに強いヌレイエフ系です。


その他の馬についてはまた明日以降に書く予定をしています。

関連記事

ヴィクトリアマイル2015の予想


◎ ディアデラマドレ

〇 ショウナンパンドラ

▲ ヌーヴォレコルト

△ スイートサルサ

△ カフェブリリアント

△ レッドリヴェール

△ スマートレイアー

△ ストレイトガール


本命はディアデラマドレにしました。母のディアデラマドレはこのレースで3着の実績があります。キングカメハメハ産駒もアパパネがこのレースを勝っており、ワンターンのマイルは合うと思います。


マイラーズカップはスローペースで最後方からの競馬。明らかに騎手のミスで負けました。今回もスローペースになる可能性はありますが、強力な末脚は大きな武器になると思います。


ショウナンパンドラはマイルへの対応がカギとなると思います。ディープ産駒はヴィルシーナが連覇しており、また母父のヴァイスリージェント系はアパパネやホエールキャプチャが勝利しています。マイルに対応すれば好勝負しそうです。


ヌーヴォレコルトは桜花賞以来のマイル戦です。そこに対応できるかですが、母系はスピードがあると思いますし、ヌレイエフの系統は東京コースに実績があります。普通に走れば馬券圏内でしょう。


スイートサルサは東京マイルに実績があります。昨秋から力をつけている印象で、東京マイルなら上位争いをしてもおかしくはないと思います。カフェブリリアントはブライアンズタイム産駒です。父の産駒は芝の重賞ではどうかと思いつつも、大レースでの爆発力もありそうです。


関連記事

京王杯スプリングカップ2015の予想


◎ ダイワマッジョーレ

〇 ダンスディレクター

▲ ブレイズアトレイル

△ サトノルパン

△ ヴァンセンヌ

△ クラリティシチー

△ ダンスアミーガ


このメンバーならダイワマッジョーレということにします。芝1400メートルで実績があるようにダイワメジャー産駒は芝1400メートルが得意です。

関連記事

ヴィクトリアマイル2015の有力馬血統解説

46c4d29avss.png



今週はヴィクトリアマイルが行われます。まずはこのレースの傾向について書きたいと思ったのですが、血統については特に顕著な傾向はないように思えます。ただヴィルシーナの連覇やホエールキャプチャの連続好走などリピーターは注意が必要でしょう。


・ヌーヴォレコルト

祖母に阪神3歳牝馬ステークス3着のゴッドインチーフがいます。母父はヌレイエフの系統ですが、東京コースには強いです。マイルは問題ないと思いますし、普通に走れば好勝負でしょう。


・ショウナンパンドラ

父ディープインパクトの産駒は過去3年で4頭が馬券になりました。叔父にステイゴールドがいる血統で、近親にドリームパスポートやベルーフがいます。東京マイルへの適性は問題ないと思います。


・ストレイトガール

牝系には桜花賞馬のシャダイカグラやオースミブライト、オースミコスモなどがいます。父フジキセキは08年にエイジアンウインズで勝っています。昨年の3着馬でこのレースへの適性は問題ないと思います。


・カフェブリリアント

半姉に阪神牝馬ステークスを勝ったサウンドオブハートがいます。また近親にシルポートもいます。父がロベルトの系統はウオッカが勝利。ブライアンズタイムの産駒は大レースで強い印象があります。東京マイルも節分ステークスで勝利しています。


・ディアデラマドレ

母は重賞3勝で、このレースで3着の経験があるディアデラノビアです。キンカメ×サンデーは皐月賞を勝ったドゥラメンテなど成功例は多いです。母同様に鋭い脚を使う馬で、前走のマイラーズカップは度外視してよいでしょう。


その他ではスイートサルサは最近力をつけていて、またデュランダル×ダンチヒ系でマイルへの適性で十分にありそうです。レッドリヴェールは配合的にはある程度長い距離は良いのですが、マイラーの意見も出ていて今回が試金石でしょう。

関連記事

新潟大賞典2015の予想


◎ ハギノハイブリッド

〇 デウスウルト

▲ ヒットザターゲット

△ ラングレー

△ ダコール

△ パッションダンス

△ アズマシャトル

△ クランモンタナ


このレースはトニービンの血が活躍するレースです。なので母父トニービンのハギノハイブリッドが本命。またロベルト系の馬もよく馬券になっているレースです。

関連記事

NHKマイルカップ2015の予想


◎ アヴニールマルシェ

〇 クラリティスカイ

▲ グランシルク

△ ミュゼスルタン

△ アルマワイヨリ

△ グァンチャーレ

△ ヤマカツエース

△ アルビアーノ


本命はアヴニールマルシェにしました。ディープインパクト産駒は東京マイルGⅠで実績を出しています。母父フレンチデピュティはこのレースで相性の良い血統です。祖母がキョウエイマーチの良血ですから、勝ちきれないレースが続きますが、大仕事をする力はありそうです。


・フレンチデピュティ産駒

01年 1着クロフネ 2着 グラスエイコウオー
07年 1着ピンクカメオ

・クロフネ産駒

08年 2着ブラックシェル
13年 2着インパルスヒーロー

・母父フレンチデピュティ

13年 1着マイネルホウオウ


対抗もクラリティスカイで、こちらはクロフネ産駒です。いちょうステークス勝ちでコース適性はあると思います。近親に第1回勝ち馬のタイキフォーチュンがいる血統でこの馬も高い評価をしています。


グランシルクはトライアルで出遅れが影響しました。良い脚を使ったので東京に向く可能性はあると思います。ミュゼスルタンも母父フレンチデピュティで祖母マルカコマチも末脚を生かす競馬をしました。キンカメ産駒ですから東京コースは合うと思います。


関連記事

京都新聞杯2015の予想

◎ スピリッツミノル

〇 ダノンリバティ

▲ ポルトドートウィユ

△ サトノラーゼン

△ アルバートドック

△ トーセンバジル

△ スワーヴジョージ

△ シュヴァルグラン


このレースは父サンデー系がよく馬券になっています。出走頭数が多いのもあるかと思いますが、中心は父サンデー系から。本命はスピリッツミノルにしました。


この馬は父はダービー馬のディープスカイですが、アグネスタキオンの産駒です。タキオンは高速馬場に強いですから今の馬場にも合うと思います。また先行出来る強みも高評価の対象となりました。


ダノンリバティはスカーレット一族ですが、毎日杯は勝ちに近い内容でした。キンカメ産駒で京都外回りは合うはずです。ポルトドートウィユは若葉ステークスの内容は物足りなく感じますが、エアグルーヴの一族でディープ産駒ですから一発あるかもしれません。


サトノラーゼンはディープ産駒ということで評価。アルバートドックもディープ産駒で、毎日杯は僅差の競馬でした。ディープ産駒は過去3年で2勝しています。

関連記事

NHKマイルカップ2015の有力馬の血統ガイド


PN2014051101001491_-_-_CI0003nhk.png



今週から東京競馬場で5週連続のGⅠレースが行われます。まずはNHKマイルカップが行われるので、有力馬の血統について少し書きたいと思います。


このレースの血統の傾向ですが


・父サンデー系が過去7年で6勝しています。昨年はディープ産駒、一昨年はスズカフェニックス産駒です。


・ヴァイスリージェント系などのダート血統が人気よりも走って馬券になることもあります。一昨年優勝のスズカフェニックスは10番人気で1着、昨年はヨハネスブルグ産駒のタガノブルグが17番人気で2着でした。


頭を狙うなら父サンデー系重視、馬券的に妙味ある馬を狙うならダート血統ということになるかもしれません。



・グランシルク

ステイゴールド産駒ですが、このレースでは馬券になっていない。そもそも出走数が少ないでしょう。叔父には共同通信杯を勝ち、このレースでは人気で敗れたブレイクランアウトがいます。母母父はこのレースで実績のあるフレンチデピュティです。


・アヴニールマルシェ

祖母は桜花賞など重賞を5勝したキョウエイマーチです。叔父に皐月賞2着などの実績があるトライアンフマーチ、姉は桜花賞にも出走したサンブルエミューズです。この馬も母父にフレンチデピュティの血が入っています。


・アルビアーノ

父のハーランズホリデーはストームキャットの系統で、フロリダダービーを含めGⅠを3勝しています。配合的にはアメリカのダート血統と言った印象です。ただダートの血が強すぎる印象もあります。


・アルマワイヨリ

父は有馬記念を勝利したマツリダゴッホ。祖母は阪神3歳牝馬ステークスを勝利したスエヒロジョウオーで、叔父に重賞を2勝したスエヒロコマンダーがいます。母系はピルサドスキー×トウショウペガサスの渋い血統です。


・クラリティスカイ

父クロフネは01年の勝ち馬です。祖母はクリスタルカップを勝ったタイキダイヤで、半兄に重賞2着2回のクラリティシチーがいます。いちょうステークスを勝った舞台でコース相性は問題ないと思います。


・ミュゼスルタン

父は04年の勝ち馬のキングカメハメハで、祖母は京都牝馬特別を勝ったマルカコマチがいます。牝系にはダートで活躍したユートピアやローカル重賞で活躍したアロハドリームがいます。コース適性も問題ないでしょう。

関連記事

天皇賞春2015の予想


◎ フェイムゲーム

〇 アドマイヤデウス

▲ クリールカイザー

△ サウンズオブアース

△ キズナ

△ ウインバリアシオン

△ ホッコーブレーヴ

△ カレンミロティック

△ ゴールドシップ



本命はフェイムゲームにしました。昨年は6着に敗れていますが、父はハーツクライで、京都長距離GⅠはトニービンの血が入っている馬がよく馬券になっています。12年優勝のビートブラックや昨年はウインバリアシオンなどが馬券になっています。


ダイヤモンドステークス組はこのレース不振ですが、スタミナは十分にあります。とにかく4コーナーでは先行集団に取り付いてほしいです。


相手はアドマイヤデウスで、こちらはアドマイヤドンの産駒です。これもトニービンの血を持っています。祖母のアドマイヤラピスや叔父のアドマイヤフジなど京都で実績のある母系ですから大外枠ですがいい勝負をすると思います。


穴候補はクリールカイザーで、母父サッカーボーイはヒシミラクルの父でもありますし、ナリタトップロードは菊花賞を勝ちました。京都長距離では気をつけたい馬です。サウンズオブアースは菊花賞2着ですから印をつけなくてはいけない馬でしょう。


キズナは京都新聞杯を勝っているので高速馬場は合うでしょう。そういう馬場なので距離はこなしそうです。あとは4コーナーでのポジションでしょう。ウインバリアシオンは昨年の2着馬ですから抑えます。


ホッコーブレーヴは昨年の3着馬ですからこれも抑え、カレンミロティックは母系はスタミナではなく馬力のある血統ですが、ハーツクライ産駒なので抑え。ゴールドシップはメンタル面も大きくパフォーマンスに関わる馬でもあると思います。

関連記事

青葉賞2015の予想


◎ タンタアレグリア

〇 レーヴミストラル

▲ ヴェラヴァルスター

△ レッドライジェル

△ ティルナノーグ

△ ブラックバゴ

△ カカドゥ


本命はタンタアレグリアにしました。父のゼンノロブロイもこのレースを勝ったことがあります。また東京の長距離重賞ではゼンノロブロイ産駒は強いです。この馬自身もゆりかもめ賞で好走しているのでコースは悪くないと思います。


相手はレーヴミストラルですが、前走で2400メートル戦を勝っています。また兄にこのレースを勝ったアプレザンレーヴがいる良血ですからコース適性はあると思います。なにしろレーヴドスカーの一族です。


ヴェラヴァルスターはゆりかもめ賞で本命のタンタアレグリアを負かして勝利しています。ハーツクライ産駒は東京芝2400メートルではそれなりに良い成績ですから今回も有力候補でしょう。


レッドライジェル、ティルナノーグはディープインパクト産駒で、ディープ産駒も東京芝2400メートルは良い成績です。ブラックバゴ、カカドゥまでが抑えです。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。