スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念&阪急杯2015の予想


・中山記念 


◎ イスラボニータ

〇 ステファノス

▲ ロゴタイプ

△ ナカヤマナイト

△ ヌーヴォレコルト

△ マイネルフロスト



このレースは順当と予想。休み明けとはいえ、能力の違いでイスラボニータを本命とします。やはりジャパンカップは距離が長かったと思います。配合的にも中距離が合いそうな血統。負けられないレースとなりそうです。


相手にはGⅠ馬よりもステファノスの能力に期待したいと思います。セントライト記念でもイスラボニータと僅差の競馬をしています。皐月賞でも好走しているように中山でもやれそうです。


ロゴタイプは誰でも分かる中山巧者です。父が2勝したレースですし、この馬も普通に走れば好勝負でしょう。ナカヤマナイトはリピーターが来るレースなので期待したいです。また明日道悪になってもこなせると思います。



・阪急杯


◎ ダイワマッジョーレ

〇 サドンストーム

▲ コパノリチャード

△ エールブリーズ

△ オリービン

△ リヴェレンテ

△ レッドオーヴァル

△ ダノンシャーク


昨年はダイワメジャー産駒のコパノリチャードが勝ちました。ダイワメジャーは芝1400メートルに強い種牡馬です。今年もダイワメジャー産駒でダイワマッジョーレを本命としました。


かつては芝1400メートルを中心に活躍した馬でした。昨年は不振だったのですが、年末の阪神カップで久々に好走しました。斤量も56キロですし、久々の勝利もあると思います。


サドンストームはスワンステークスでも好走していて、それ以来重賞でも結果を出しています。内枠を生かす競馬と、非サンデー系の配合が1400メートルでは活躍するので注意したいと思います。


コパノリチャードは昨年の勝ち馬ですから、58キロを苦にしなければ普通に走ると思います。エールブリーズは1400メートルでも実績がありますし、フジキセキ産駒も芝1400メートルに強いです。ディープ産駒は評価を下げてみました。

関連記事
スポンサーサイト

アーリントンカップ2015の予想


◎ ネオルミエール

〇 ナヴィオン

▲ エイムハイ

△ アルマワイオリ

△ ナイトフォックス

△ ナリタスターワン

△ ヤングマンパワー


我々にできることは競馬を応援することです。今年のアーリントンカップの本命はネオルミエールにしました。いちょうステークス、朝日杯共に後方からの競馬で届きませんでした。ただ能力は高いと思うので普通に走れば勝負になると思います。母はオークス馬の良血ですから、重賞を勝ってもおかしくないと思います。


ナヴィオンも後方から競馬をする馬です。ただし阪神で勝ち鞍もありますし、ハーツクライ産駒ですからコース適性は問題ないと思います。エイムハイはこのコース得意のディープインパクト産駒。小回りの中山からパフォーマンスを上げる可能性はあると思います。


アルマワイオリは間隔が空きましたが、朝日杯2着馬ですから能力はあります。ナイトフォックスは内枠を引いたには良いと思いますし、サクラバクシンオー産駒ですから開幕週の馬場は合うでしょう。

関連記事

中山記念の血統分析


先週のダイヤモンドステークスはトニービンの血を持っている馬が強いと予想で書きましたが、本命のアドマイヤフライトは惨敗で、大外枠で評価を少し下げたハーツクライ産駒のフェイムゲームが勝ちました。トニービンの血は今年も有効だったのですが・・・。


そして今週取り上げる中山記念もトニービンの血を持っている馬の活躍が目立ちます。ミラクルアドマイヤ産駒のカンパニーが連覇したり、昨年はハーツクライ産駒のジャスタウェイが勝利しました。


人気になりそうなイスラボニータは母父が東京コースに強いコジーンで、トニービンと同じグレイソヴリンの系統です。フジキセキ産駒としては初めてのクラシックホースとなった馬です。


しかしジャパンカップは淀みのないペースで厳しいレースになり敗れました。やはりフジキセキ×コジーンの配合からすると古馬GⅠの2400メートルは長かった印象です。右回りは皐月賞を勝ったのみですが、前走より距離短縮ですし能力を発揮できそうな舞台です。


ロゴタイプは昨年の3着馬です。このレースは以前はリピーターが良く来るレースでした。父のローエングリンも二度中山記念を勝っています。中山金杯でコース相性の良さを出していました。その金杯を勝ったラブリーデイは京都記念も勝利。コース実績からも当然有力候補でしょう。


ヌーヴォレコルトは連覇を狙うハーツクライ産駒。母は短距離で走った馬ですから加齢と共に短い距離にシフトする可能性があります。初の中山コースへの適性と牡馬とのレースはやってみなければわからないところがあると思います。ただハーツクライ産駒ですから注意が必要でしょう。


ステファノスは祖母がダート重賞を勝ったゴールドティアラになります。さらに母父がクロフネですから母系は馬力がありそうな配合です。皐月賞で5着したように能力は高そうな馬です。


マイネルフロストはディープインパクトの兄のブラックタイド産駒です。4着だったAJC杯では最速タイの上がりを使い、母父グラスワンダーですから中山コースへの適性は悪くないと思います。

関連記事

小倉大賞典2015の予想


◎ レッドレイヴン

〇 ラングレー

▲ ダコール

△ アロマティコ

△ カレンブラックヒル

△ ヒットザターゲット

△ キャトルフィーユ

△ ウインマーレライ


ダート血統が強く、ミスプロ系の馬も何頭か馬券になっているレースです。本命は父がミスプロ系のレッドレイヴンにしました。グラスワンダーの甥でダービーにも出走した馬なので重賞を勝つ力はあると思います。


ラングレーも高い評価にしました。リアルスティールの兄で血統の勢いもあります。ダコールは一昨年の2着馬で、力を出せば好走できると思います。

関連記事

フェブラリーステークス2015の予想


◎ ワイドバッハ

〇 ベストウォーリア

▲ コパノリッキー

△ キョウワダッフィー

△ インカンテーション

△ カゼノコ

△ ローマンレジェンド

△ サンビスタ


本命はワイドバッハにしました。武蔵野ステークスの勝ち馬ですからコースは合うと思います。前走の根岸ステークスでジョッキーはマイルの方が合うとコメントしました。配合的にもマイル前後が良い馬だと思うので期待したい。枠も良いかと思います。


ベストウォーリアもこのコースで重賞勝ちがあります。昨年は中1週の競馬が影響したと思いますし、マイルの距離は合うと思います。コパノリッキーは能力を出せば普通に勝ち負けでしょう。ハイペースになると外枠の差し馬の台頭があるかもしれません。


キョウワダッフィーは正直厳しいと思いますが、母父がこのレースと相性のよいロベルト系ですから馬券圏内を期待したいと思います。インカンテーションはダートに強いシニスターミニスター産駒で、左回りで結果を出しているので東京マイルもこなせるかもしれません。


カゼノコはダートのマイル戦の流れに対応できるかは疑問ですが、父はこのレースを勝ったアグネスデジタル。ローマンレジェンドは間隔が空いても走る馬。サンビスタはチャンピオンズカップでも好走したので押さえです。

関連記事

ダイヤモンドステークス2015の予想


◎ アドマイヤフライト

〇 ステラウインド

▲ ファタモルガーナ

△ フェイムゲーム

△ タニノエポレット

△ ラブイズブーシェ


このレースはハーツクライ産駒か母父トニービンといった馬が毎年馬券になっているレースです。本命は母父トニービンのアドマイヤフライトにしました。寒い時期に強いマンハッタンカフェ産駒で、この馬自身も日経新春杯を叩いた効果に期待です。


ステラウインドは万葉ステークスは好騎乗が勝因だと思いますが、父は東京長距離重賞に強いゼンノロブロイ産駒です。また母父も東京コースが得意のヌレイエフの系統です。ファタモルガーナはステイヤーズステークス2着馬です。


フェイムゲームは昨年の勝ち馬ですが、今回は大外枠を引きました。好走しているのは内枠で、2桁馬番ではほとんどが惨敗しているので、この馬にとっては外枠は厳しそうです。

関連記事

今年の牡馬クラシックに関して

今日は今年の3歳牡馬戦線について書きたいと思います。有力候補の血統などのコメントを簡単に書きたいと思います。


・ダノンプラチナ

2歳牡馬のトップレーティング。ディープインパクトにアンブライドルドの系統の配合で、同馬主のダノンバラードと近い配合です。3連勝がすべて広いコースでの競馬で小回り適性はどうか。ディープ産駒不振の皐月賞は少し割引かも。


・シャイニングレイ

叔父に08年のクラシックに出走したブラックシェルがいる血統。ディープ産駒不振の皐月賞と同コースのホープフルステークスを勝った。今季初戦は弥生賞のようで、その競馬次第では皐月賞の主役候補も


・サトノクラウン

兄は欧州で重賞を勝っているようです。父Marjuはマルセリーナの母父でもある。父の産駒は日本ではサンプル数は少ないのですが、この時期ならある程度距離はこなせそうです。この馬も今季初戦の競馬が試金石。


・ベルーフ

ハービンジャーの初年度産駒。叔父にステイゴールドがいる良血。唯一の敗戦はルージュバックに負けた百日草特別で能力は高そう。ステイゴールドに似て気性のキツイ面が良いほうに出ればいいのですが。


・グァンチャーレ

スクリーンヒーロー産駒初の重賞勝ち馬で、母系は比較的に地味。東スポ杯では脚を余したものの、シンザン記念には相手にも恵まれて勝利。この馬も弥生賞でどういう競馬をするか。


・リアルスティール

ディープ×ストームキャットのニックス配合で、兄にラングレー、近親にヨークシャーオークスを勝ったタペストリーがいます。共同通信杯は最内枠も生かしての勝利。ドゥラメンテを負かしたので評価は高めでも良いと思います。


今年のクラシックは牡馬牝馬揃って粒ぞろいだと思います。現時点では抜けている馬がなく、特に牡馬はトライアルの競馬を観ないとある程度の序列は出来ないと思います。

関連記事

フェブラリーステークスの血統分析


フェブラリーステークスについて書こうと思うのですが、このレースはロベルト系が強いレースです。サクセスブロッケンやエスポワーシチーなどの馬が馬券になっています。今回の登録馬では母父ブライアンズタイムのキョウワダッフィーしか該当馬がいません。


有力馬のついてもコメントを書きますが、エアハリファは回避が発表されたようです。


人気になりそうなコパノリッキーは父がゴールドアリュールです。その産駒は昨年のコパノの優勝を含む3年連続で馬券になっています。


牝系には重賞勝ち馬のサンライズペガサスがいて、ゴールドアリュール産駒も東京ダート1600メートルは問題ないと思います。あとはペース次第ということになるでしょう。


ワイドバッハは配合的には芝よりもダートという血統です。武蔵野ステークスを勝ったので適性は問題ないと思います。前走でジョッキーがマイルの方が合うと言ったように血統的にもマイルは当然守備範囲でしょう。


ベストウォーリアはアメリカ産馬で、父はエーピーインディの系統です。南部杯やユニコーンステークスを勝ったように1600メートルは合うと思います。昨年は中1週での参戦だったことを考慮しなければいけないでしょう。


インカンテーションはダートで活躍しているシニスターミニスター産駒です。マイルの距離はこなしてもおかしくはないと思います。カゼノコは02年の勝ち馬のアグネスデジタルの産駒です。父の産駒はマイルは問題ないですが、この馬はダートのマイルは初めてです。


ローマンレジェンドはミラクルレジェンドの弟です。マイルでも広いコースなら対応できるかもしれません。あと間隔を空けても走る馬です。サンビスタは母がフェアリーステークスの勝ち馬です。牡馬相手ですが、マイルはこなしてもおかしくは無いです。

関連記事

共同通信杯&京都記念2015の予想


◎ アヴニールマルシェ

〇 ダノンメジャー

▲ リアルスティール

△ ドゥラメンテ

△ ソールインパクト

△ ティルナノーグ

△ アンビシャス


ドゥラメンテが人気になりそうですが、中1週のローテーションがどうかと思い、評価は少し下げました。ここは重賞での好走歴があるアヴニーマルシェを本命にしました。東京芝1800メートルの実績がありますし、能力的にもここでは上位だと思います。


ダノンメジャーのホープフルステークスは展開などが向かなかったと思います。あらためて期待したいと思います。ダイワメジャー産駒もこのコースが得意です。リアルスティールは新馬勝ちしたばかりですが、ラングレーの弟で血統的にも魅力があります。



・京都記念


◎ ラブリーデイ

〇 ハープスター

▲ ハギノハイブリッド

△ キズナ

△ トウシンモンステラ


2強に割って入れる馬としたらラブリーデイかハギノハイブリッドだと思うのですが、本命はラブリーデイにしました。中山金杯はレコードでの勝利で、時計的にも価値のあるレースだったと思います。京都芝2200メートルも悪くないと思います。


ハープスターは普通に強いと思います。状態さえ悪くなければ好勝負でしょう。頭数が少なく、ペースも遅くなりそうなのも向くと思います。ハギノハイブリッドは京都新聞杯勝ちがあるので、もう一回見直したいと思います。


キズナはやはり骨折明けのレースなのが気になります。普通に休養していたわけではないですからね。ダービー馬ですが、ここは様子見でしょう

関連記事

クイーンカップ2015の予想


◎ アンドリエッテ

〇 キャットコイン

▲ ロカ

△ シングウィズジョイ

△ ミッキークイーン

△ ブルックデイル

△ カービングパス


先週の東京新聞杯がディープインパクト産駒が勝ったということで、今週もディープ産駒。アンドリエッテを本命にしました。母系は馬力があるとおもうので、今の芝にも対応できると思います。


他にも有力馬が多くいるので難解なレースだと思います。

関連記事

京都記念の血統分析


今週は京都記念について書いていきたいと思います。京都記念は今年は2頭の馬に人気が集中しようですが、このレースは母系が欧州血統の馬が良く来ています。昨年勝ったデスペラードは母父トニービンで、ブエナビスタは母父カーリアンです。


ハープスターは母父が欧州で活躍し、ジャパンカップを勝ったファルブラヴです。ディープインパクト産駒は一昨年のレースでワンツーでした。キズナを除いたメンバーには負けられないレース。ジャパンカップではスムーズにいかなくて負けました。今回は首位候補でしょう。


キズナもディープインパクト産駒で、こちらは母父ストームキャットのニックス配合です。その母父ストームキャットの馬は、ショウナンマイティの3着が過去にあります。血統よりも状態面がカギでしょう。


ラブリーデイは牝系にはインティライミやワンモアチャッターなどの平坦コースで実績のある馬が多いです。なので京都コースは問題ないでしょう。母系にはトニービンが入っていますし、中山金杯は好タイムのレースで勢いに乗っているかもしれません。


ラブイズブーシェの中山金杯は有馬記念除外の影響が出たと思います。父マンハッタンカフェの産駒はルージュバックのように京都で走ります。ハギノハイブリッドは祖母が重賞2勝のサイレントハピネスで、京都新聞杯勝ちがあるように注意したい馬でしょう。

関連記事

東京新聞杯2015の予想


◎ エキストラエンド

〇 シャイニープリンス

▲ ヴァンセンヌ

△ フルーキー

△ タガノグランパ

△ サトノギャラント

△ リルダヴァル



東京マイルはディープインパクト産駒が苦にしないコースだと思います。エキストラエンドは昨年のこのレースで2着でした。コース適性も問題ないと思いますし、昨年よりもメンバーレベルは落ちると思うので、今年も好勝負することになるでしょう。


シャイニープリンスはこのコースで実績があります。枠も内目を引きましたから、この馬にもチャンスがありそうです。ヴァンセンヌもディープ産駒で、母がフラワーパークの良血ですから、重賞でも好走してもおかしくはありません。

関連記事

きさらぎ賞2015の予想


◎ ポルトドートウィユ

〇 アッシュゴールド

▲ ネオスターダム

△ ルージュバック

△ レガッタ

△ グリュイエール


父サンデー系が強いレースで、ディープインパクト産駒が3勝しています。京都芝1800メートルはディープインパクト産駒は得意なのでその子供のポルトドートウィユが本命です。


母がポルトフィーノで、祖母にエアグルーヴがいる良血です。前走も確実に勝ちましたし、重賞を勝てる血統だと思うので期待したいと思います。


アッシュゴールドもドリームジャーニーやオルフェーヴルの弟ということで重賞を勝てる馬だと思うのですが、朝日杯は最後方からの競馬で厳しかったと思います。今回は頭数も少ないですし、力を出せば好勝負でしょう。


ネオスターダムは昨年の勝ち馬のトーセンスターダムの弟ですから上位争いをしてもおかしくはないと思います。ルージュバックは前走で京成杯を勝ったベルーフを負かしたのですが、久々ですし、今回が試金石でしょう。


レガッタとグリュイエールのディープ産駒も押さえですが、レガッタは能力がありそうですが、キャリアがまだ1戦なのでこの評価。グリュイエールはコース替わりで一変するかもしれません。

関連記事

東京新聞杯の血統分析

今週は東京新聞杯を中心に書いていきたいと思います。このレースは開催時期の移行や昨年は雪順延されました。09年から13年までの傾向を参考にしたいと思います。


このレースは父がロベルト系やヘイロー系などのヘイルトゥリーズンの系統が良く勝っているレースです。当然サンデー系が現在の日本では数が多いと言うのもあります。母系はダンシングブレーヴやジェネラスなど馬力やスタミナがありそうな血統がよさそうです。


フルーキーは父がデインヒルの系統で、南半球で産駒が活躍しています。マイルの距離で走る血統だと思いますし、京都金杯は4着でしたが巻き返す可能性はありそうです。


エキストラエンドは昨年の2着馬で、ローエングリーンの弟になりますが、父がディープインパクトですから東京マイルは合っていると思います。昨年のレースでコース適性は示せていますし、普通に走ればこの馬も好勝負でしょう。


タガノグランパは近親に東スポ杯を勝ったタガノテイオーがいます。クラシックでも好走しましたが、母系にダンチヒがが入っているのでマイルのほうがむしろ良いかもしれません。サトノギャラントは母がスティンガーですから東京コースの適性はありますが、いつも人気になるのがどうでしょう。


シャイニープリンスは東京でも好走歴がありますし、母系が在来牝系ですからこの時期でも走れると思います。ヴァンセンヌはスプリント女王のフラワーパークの仔です。父がディープインパクトで2走前にこのコースで勝っているので、いきなり通用してもおかしくはないです。



それからきさらぎ賞についても書きますと、父サンデー系が7年連続で勝っているレースです。特にディープインパクトの産駒が3勝しているので、ポルトドートウィユやレガッタには条件は向いていると思います。コーナー2つで直線の長いコースはディープ産駒は相性がよいというイメージがあります。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。