スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸ステークス2015の予想


◎ ワイドバッハ

〇 キョウワダッフィー

▲ エアハリファ

△ グレープブランデー

△ ゴールスキー

△ レーザーバレット

△ サトノプリンシパル

△ シルクフォーチュン


本命はワイドバッハにしました。このコースで昨秋にオープンを勝ているようにコース適性はあると思います。さらに武蔵野ステークスを勝っているように能力もあると思いますし、配合的にもダート1400メートルは得意だと思います。


キョウワダッフィーは冬のダートで走りそうなキンカメ×ブライアンズタイムの配合です。前走から斤量が2キロ減るのは良いと思います。エアハリファは武蔵野ステークスで2着でしたが強い競馬でした。普通に乗れば勝ち負けでしょう。


その他ではこのレースと相性の良い父サンデー系のグレープブランデーとゴールスキーなどが押さえ、ロゴタイプは叔父にダート重賞を勝っているアンドゥオールがいるのですが、ローエングリーン産駒がダートでまだ1勝しかしてなく、しかも最内枠ですから様子を見たいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

シルクロードステークス2015の予想


◎ エイシンブルズアイ

〇 ワキノブレイブ

▲ アンバルブライベン

△ ルナフォンターナ

△ ベルカント

△ セイコーライコウ

△ へニーハウンド


エイシンブルズアイは外国産馬で、父はダート志向であるので、このレースと相性が良い血統だと思います。今回のコースにも実績がありますし有力だと思います。


ワキノブレイブは京洛ステークスを勝っている馬で、内枠なのも良いと思います。この馬もダート志向が強い馬だと思います。アンバルブライベンは京阪杯勝ちしていますし力をつけている馬だと思います。

関連記事

根岸ステークスの血統分析


今回は根岸ステークスについて話したいと思います。まずはダート重賞の割には父サンデー系の馬が4年連続で勝っていることです。2年連続で父サンデー系が上位独占なので注目の系統はサンデー系でしょう。


ロゴタイプですが、母系にセクレタリアトに血が入っていて、叔父にダート重賞を2勝しているアンドゥオールがいます。ただローエングリン産駒はこれまででダートでは1勝しかしてないみたいなので中心にはできないでしょう。


ワイドバッハはこの条件でオープンを勝っています。配合的にも1400メートルから1600メートルは良く、前走のチャンピオンズカップよりも今回は適しているかもしれません。


エアハリファは父がストームキャットの系統でプライベートアカウントのクロスが発生しています。東京コースでも実績があり、1400メートル戦にも対応できると思います。


キョウワダッフィーは東京ダート1400メートルではまずまずの成績を残しているキングカメハメハ産駒です。関東圏での競馬で勝ちはありませんが上位候補でも良いと思います。


父サンデー系では昨年勝っているゴールスキーは年齢が気になりますが適性は問題なし。昨年1番人気で負けたブライトラインは状態さえ良ければ巻き返すかもしれません。


最後にシルクロードステークスについて少し書くのですが、このレースはダート血統が強いレースだと思います。またミスプロの血も良いと思います。

関連記事

AJCCと東海ステークス2015の予想


・AJCC


◎ フェイムゲーム

〇 エアソミュール

▲ ゴールドシップ

△ フラガラッハ

△ クリールカイザー

△ マイネルディーン


火曜日にも書いたのですが、このレースはトニービンの血を持つ馬が強いレースです。本命はハーツクライ産駒のフェイムゲームにしました。有馬記念を除外された影響がもしかしたらあるかと思いますが、昨年の3着馬です。


兄のバランスオブゲームも中山で重賞を勝ちました。この馬も京成杯を勝っているように適性は悪くないと思います。


エアソミュールは気性の問題がありますが、このレースを勝ったことがあるエアシェイディや皐月賞馬のエアシャカールの一族ですから中山適性はあると思います。ゴールドシップは状態さえ良ければ普通に勝ち負けでしょう。


妙味がありそうなのはフラガラッハで、母父トニービンです。昨年のレースでも僅差の競馬をしていますから、馬券に絡めば面白いと思います。



・東海ステークス


◎ コパノリッキー

〇 インカンテーション

▲ ランウェイワルツ

△ ナムラビクター

△ ニホンピロアワーズ

△ マイネルクロップ

△ ソロル



東海ステークスについても一言書きたいと思いますが、スタートさえ出ればコパノリッキーで仕方ないのかなと思います。中京コースも左回りも問題ないと思います。インカンテーションはこのコースと相性の良いシニスターミニスター産駒で、このメンバーなら巻き返しがあると思います。

関連記事

京都牝馬ステークス2015の予想


◎ ウリウリ

〇 アロマティコ

▲ キャトルフィーユ

△ パワースポット

△ ケイアイエレガント

△ レーヴデトワール

△ ダンスアミーガ


京都のマイル重賞ということでディープ産駒。キャトルフィーユよりも斤量が軽いウリウリが本命。昨年のこのレースの勝ち馬なので適性は問題なし。アロマティコは乗り替わりが良いほうに出るかも。キンカメ産駒もこのコースは悪くない。


キャトルフィーユも普通に走れば力関係から上位候補。穴は京都コース得意のスズカマンボ産駒のパワースポット。

関連記事

AJCCの血統の傾向と有力馬の解説

今週はアメリカジョッキークラブカップについて書きたいと思います。このレースですが、トニービンの血を持つ馬が毎年馬券になっています。


10年 トウショウシロッコ 父アドマイヤベガ 3着

11年 トーセンジョーダン 父ジャングルポケット 1着

12年 ルーラーシップ 母父トニービン 1着

13年 アドマイヤラクティ 父トニービン 3着

14年 ヴェルデグリーン 父ジャングルポケット 1着

     フェイムゲーム 父ハーツクライ 3着


過去5年では毎年トニービンの血を持つ馬が馬券になっています。


有力馬ではゴールドシップが注目されると思います。血統はニックス配合で今さら言うことはないですが、これだけの馬がAJCCに出走となるとスペシャルウイーク以来ではないでしょうか。

そのスペシャルウイークは調教の動きが良くないことが話題にもなりましたが、結局は完勝しました。ゴールドシップは舞台設定は問題ないと思うので、後は状態次第でしょう。


トニービンの血を持つ馬では昨年3着のフェイムゲームはコース適性はあると思います。半兄に中山で重賞を勝ったバランスオブゲームがいるので中山適性は問題ないと思います。自身も京成杯を勝っています。有馬記念には出走できませんでしたが、状態に問題が無ければ勝ち負けでしょう。


ジャングルポケット産駒のエアソミュールもトニービンの血を持っていることから有力候補だと思います。叔父のエアシャカールは皐月賞を勝ち、近親のエアシェイディはこのレースを勝ちました。気性の問題は今回もあると思いますが、中山適性はあると見たほうが良いでしょう。


その他ではクリールカイザーは母系が在来牝系に近い馬です。こういう在来牝系の馬は寒い時期にも走るようです。このコースでも勝ち鞍があるので問題ないでしょう。ディサイファも配合を見る限り2200メートルは何とか持つと思います。


その他でトニービンの血を持つ馬では、フラガラッハは昨年僅差の5着でした。今年も上位争いが出来るかもしれません。マイネルディーンは父がダンスインザダークで冬の芝には疑問がありますがどこまでやれるか。

関連記事

京成杯&日経新春杯2015の予想

・京成杯


◎ タケルラムセス

〇 ソールインパクト

▲ ベルーフ

△ クラージュシチー

△ コスモナインボール

△ ナスノセイカン

△ クルーガー

△ ブラックバゴ

タケルラムセスは中1週の競馬になりますが、同条件の寒竹賞を勝ちました。中山金杯がラブリーデイが勝ったように、キンカメ産駒が中山芝2000メートルでは良いのかと思います。叔母にヒシアマゾンがいる血統で重賞でもやれる可能性は十分にあります。


ソールインパクトも重賞で好走を続けています。その実績からもここでも勝負になると思います。ベルーフは気性の問題を言われていますが、ステイゴールドの一族が影響していると思います。その問題がありますが、血統は良いと思います。


クラージュシチーは東スポ杯は5着に敗れましたが僅差の競馬でしたし、未勝利でぶっちぎった馬で能力はあると思います。ナスノセイカンは未勝利勝ちですが、ハーツクライ産駒はこのコース得意ですから押さえたいと思います。



・日経新春杯


◎ タマモベストプレイ

〇 サトノノブレス

▲ ハギノハイブリッド

△ コウエイオトメ

△ フーラブライド

△ トウシンモンステラ

△ アドマイヤフライト


タマモベストプレイは兄弟が短距離で走っている馬が多いのですが、この馬は芝2600メートルのレースでも勝ち鞍があります。この馬に関しては距離は関係ないのでしょう。京都大賞典でも2着がありますし、枠も内目で先行できる脚質ですから良いと思います。


サトノノブレスは昨年の勝ち馬ですが、斤量は3キロ増えます。しかしここまで戦ってきた相手が違うので連覇するチャンスは十分にあると思います。ハギノハイブリッドは京都新聞杯の勝ち馬ですから京都の適性はあると思います。


コウエイオトメは昨年の4着馬で、斤量はむしろ1キロ減になっています。エリザベス女王杯でも離されていないので人気薄ではこれが面白そうです。そして昨年の3着馬のフーラブライドも良いのではないかと思います。

関連記事

京成杯と日経新春杯の血統分析

京成杯ですが特に顕著な傾向はないと思います。父サンデー系が4連勝中ですが、これといった点がなさそうです。


クラージュシチーですが牝系にはメイショウサムソンやミトラがいる血統です。ハービンジャー産駒は連勝する馬がいないみたいで、東スポ杯は敗れました。血統的にも2000メートルは合っていると思います。


ベルーフもハービンジャー産駒で、母は重賞2勝のレクレドールで、叔父にステイゴールドがいます。血統的にスケールが大きい馬だと思いますし、2000メートルの距離も当然合うと思います。


ブラックバゴは叔母に関東オークスを勝ったマイニングレディがいます。クリスマスと同じ配合で、馬力はありそうです。ソールインパクトは母系はダンチヒ系です。中山2000メートルでも対応できると思います。




日経新春杯は母系がトニービンやサドラーズウェルズなどの欧州系の馬も良く来ているレースです。やはりスタミナがありそうな血統が来ています。


サトノノブレスは昨年の勝ち馬ですから適性は問題ないと思います。牝系にはベガの一族がいます。タマモベストプレイは兄弟は短い距離で活躍していますが、牝系にこのレースを勝ったステイゴールドがいて、京都は得意な血統です。


トウシンモンステラは叔母にベッラレイアがいます。キングカメハメハ産駒もこのレースを勝ってますし、前走はこのコースで勝ちました。ハギノハイブリッドは祖母がサイレントハピネスで、この馬も京都で重賞を勝っているのでコース適性はありそうです。


ラングレーはディープ×ストームキャットのニックス配合で、近親にヨークシャーオークスを勝ったタペストリーがいるので重賞でも一発ありそうな血統です。

関連記事

フェアリーステークス2015の予想


◎ カービングパス

〇 テンダリーボイス

▲ オーミアリス

△ ローデッド

△ コートシャルマン

△ エヴァンジル

△ メイショウメイゲツ


カービングパスはコディーノの妹という良血で、父はハービンジャー。父の産駒は初勝利から連勝できる馬がいないですが、この馬は赤松賞を経験しています。母父サンデーの馬も来ているレースですから期待したいと思います。


赤松賞でカービングパスに先着したテンダリーボイスが相手で、この馬は最内枠を引いたのが大きいと思います。その他では重賞勝ちがあるオーミアリスなどを挙げます。コートシャルマンはハーツクライ産駒は中山芝1600メートルであまり良績がないのがどうでしょう。

関連記事

シンザン記念2015の予想


◎ グァンチャーレ

〇 ナヴィオン

▲ ダッシングブレイズ

△ クイーンズターフ

△ サトノフラム

△ レンイングランド


少頭数ですが、キャリアもまだ浅い馬も多く、決め手に欠くレースだと思うのですが、前走の東スポ杯でダビスタゴールドのような前が詰まるシーンがあったグァンチャーレを本命としました。前が開いていればもっと際どい勝負になったと思います。


京都外回りが合いそうなハーツクライ産駒のナヴィオンは折り合いがつけばこれも好勝負でしょう。ダッシングブレイズも前走は直線でスムーズに行きませんでした。


クイーンズターフはフリオーソの下ですが父は京都マイル得意のディープインパクトです。新馬勝ちで過信は出来ませんが、母系は馬力もあるので勝ち負けする可能性はあります。

関連記事

シンザン記念とフェアリーステークスの血統分析


・シンザン記念


父サンデー系が過去5年で4勝していて、父サンデー系は頭数もそうですが馬券になっている馬も多いです。母父はノーザンダンサー系などいろいろな血統が来ています。またこの開催は京都金杯のように内枠が良いと思います。


ナヴィオンはハーツクライ×ラストタイクーンの血統で距離も問題ないと思いますし、これは悪くない血統だと思います。グァンチャーレは父はサンデー系ではないスクリーンヒーローですが、母父ディアブロはダート血統で、こういうダート血統も来る事があります。


ダッシングブレイズは外国産馬で、父はサドラーズウェルズ系で母系はマイナー血統です。父の産駒は日本では走ったことないので何とも言えませんが、馬力はありそうで条件は悪くないと思います。


クイーンズターフはダートの新馬を勝ち、叔父にフリオーソがいますが、父がディープインパクトですから芝でもやれるかもしれないです。サトノフラムは叔父にタイキシャトルがいる血統で、マンハッタンカフェ産駒で京都も良いと思いますし、血統は良いです。


・フェアリーステークス


このレースはこれといった傾向はないのですが、母父サンデー系は良く馬券になっているレースだと思います。


コートシャルマンはストロングリターンやレッドオーヴァルの下です。早い時期に活躍している馬もいますし、前走から巻き返してもおかしくはないと思います。カービングパスはコディーノの妹です。ハービンジャー産駒は2勝目を挙げるのに苦労する傾向があるみたいですが、血統は評価できます。


テンダリーヴォイスは祖母にブロードアピールがいます。デニムアンドルビーと同配合でこれも血統は評価できます。トーセンラークはダート血統と言ってよく、馬力がありそうですが、他の良血馬よりかは少し劣ると思います。

関連記事

中山金杯2015と京都金杯2015の予想


・中山金杯


◎ クランモンタナ

〇 ラブリーデイ

▲ デウスウルト

△ ロゴタイプ

△ マイネルミラノ

△ ナカヤマナイト

△ ラブイズブーシェ

△ メイショウナルト


前年の有馬記念とリンクすることもある中山金杯と言うことで、本命はディープインパクト産駒のクランモンタナにしました。

ここ2走は振るいませんが、新潟記念で2着した馬で重賞でもやれると思います。兄に皐月賞馬のキャプテントゥーレですから中山適性があってもおかしくはないと思います。ハンデも55キロは良いと思います。


相手は有馬で2着したトゥザワールドの父でもあるキングカメハメハ産駒のラブリーデイとデウスウルトです。共に母父はサンデー系ですし、ラブリーデイは重賞でも好走している馬で、デウスウルトもチャレンジカップで2着した馬です。


その他では中山実績があるロゴタイプや、近走好成績を残しているマイネルミラノの他、重賞実績馬を押さえます。




・京都金杯


◎ エキストラエンド

〇 ウインフルブルーム

▲ フルーキー

△ グランデッツア

△ シェルビー

△ アズマシャトル

△ マイネルメリエンダ



昨年の京都マイルの重賞はディープインパクト産駒が多く勝ちました。京都金杯もディープ産駒が勝ちましたが、その前年の覇者であるエキストラエンドを本命にしました。近年は内枠が有利な開催になっているので、ジョッキーが普通に乗れば上位争いでしょう。


内枠有利ではウインフルブルームも枠は良いですし、馬場も味方に出来そうです。皐月賞3着馬ですからここでも上位争いでしょう。フルーキーは父がダンチヒ系で京都適性はあると思います。これも普通に乗れば上位候補でしょう。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。