スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーンランドカップ2014の予想

◎ スマートオリオン

〇 ローブティサージュ

▲ フクノドリーム

△ サクラゴスペル

△ スノードラゴン

△ マジンプロスパー

△ レッドオーヴァル

関連記事
スポンサーサイト

新潟2歳ステークス2014の予想


◎ ナヴィオン

〇 アヴニールマルシェ

▲ ミュゼスルタン

△ ヒルノマレット

△ ゴッドバローズ

△ ワキノヒビキ

△ ブリクスト


この時期の2歳重賞は血統とこれまでの成績、レースの傾向で印を付けています。新潟2歳ステークスはノーザンダンサー系が強く、ディープインパクトやハーツクライの仔は新潟芝1600メートルは得意です。


ナヴィオンは野芝に強いハーツクライ産駒で、母父はノーザンダンサー系のラストタイクーンです。さらに新馬勝ちは今回と同じコースでした。前走のような脚を使えればチャンスはありそうです。


アヴニールマルシェはこのコースに強いディープ産駒です。キョウエイマーチがいる母系で新馬は東京の芝1800メートルで勝利し、新潟のマイルにも対応できると思います。勝つチャンスは十分にありそうです。


ミュゼスルタンはキングカメハメハ産駒で、この種牡馬も新潟マイルのような広いコースは良いと思います。さらに新馬も新潟マイルでしたしこの馬もチャンスがありそうです。ヒルノマレットもキンカメ産駒でコースに対応できそうで、叔父にナムラコクオーがいる血統も魅力だと思います。


ゴッドバローズはステイゴールド産駒で、母系が仕上がりは早そうな血統です。今回走ってもおかしくはないと思います。ワキノヒビキ、ブリクストもマイルまでなら対応できると思います。

関連記事

新潟2歳ステークスの傾向と有力馬解説


今週は新潟2歳ステークスを中心に書いていきたいと思います。このレースは顕著な傾向はないのですが、父か母父ノーザンダンサー系の馬が良く馬券になっています。野芝開催ですが、ファルブラヴやホワイトマズルなどの欧州系も来ています。


この新潟芝1600メートルは直線が長いこともあってディープインパクト産駒も結構活躍していて、ハーツクライ産駒も直線の長いコースや野芝が得意です。netkeba.komの予想オッズで上位に支持されている馬たちを解説していきたいと思います。


アヴニールマルシェはディープ産駒で、祖母がキョウエイマーチ、姉にサンブルエミューズがいます。母父はノーザンダンサー系のフレンチデピュティです。在来牝系で野芝も問題なさそうで、ディープ産駒からも新潟芝1600メートルでも良いパフォーマンスが期待できます。

ナヴィオンは野芝得意のハーツクライ産駒で、こちらも母父ノーザンダンサー系の在来牝系です。母のユキノスイートピーは新馬勝ちし、阪神JFに進んだ馬ですから仕上がりは早そうです。新馬勝ちしたコースで引き続き期待できそうです。


ミュゼスルタンもこのコースで新馬勝ちしました。祖母は京都牝馬特別を勝ったマルカコマチで引き続きの新潟1600メートルは良いと思います。ダリア賞を勝ったワキノヒビキは母父はサクラバクシンオーですが、マイルまでは何とかこなしそうです。


コスモピーコックは母系が欧州血統で、父はマキャベリアンの系統です。距離はもう少し長いほうが良いかもしれません。ヒルノマレットは叔父にナムラコクオーがいます。在来牝系なので野芝は問題なさそうです。


キーンランドカップについても書きますと、札幌開催では父サンデー系がかなりの不振です。父か母父がノーザンダンサー系の馬が良く来ているレースです。

関連記事

北九州記念2014の予想


◎ ルナフォンターナ

〇 リトルゲルダ

▲ エピセアローム

△ ベルカント

△ ニンジャ

△ アイラブリり

△ スギノエンデバー

関連記事

札幌記念2014の予想


◎ エアソミュール

〇 ゴールドシップ

▲ トウケイヘイロー

△ ラブイズブーシェ

△ ロゴタイプ

△ アドマイヤフライト

△ スーパームーン

△ ハープスター


本命はエアソミュールにしました。トニービンの血を持っている馬も相性の良いレースで、昨年は函館でも勝ち鞍がある馬でした。鳴尾記念で重賞を勝った馬ですからここでも良い勝負が出来るかもしれません。


ゴールドシップは2歳時に札幌で実績があります。コース適性は問題ないのであとは気性面の問題がどうか。トウケイヘイローは昨年の勝ち馬で、コーナー4つのコースは良いです。この馬は休み明けで状態面がどうかでしょう。


ラブイズブーシェ、ロゴタイプも洋芝への適性はあると思います。ラブイズブーシェはサマー2000のチャンピオンがかかり、ロゴタイプも小回りが良いと思います。


母父トニービンのアドマイヤフライトと、このレースに相性の良い母父ノーザンダンサー系のスーパームーンも押さえ。ハープスターは久々のレースで小回りで、凱旋門賞へのステップレースということで評価を下げます。

関連記事

札幌記念の傾向と有力馬解説


今回は注目の札幌記念中心で書いていきたいと思います。札幌記念は昨年の函館開催を除くと母父ノーザンダンサー系が良く馬券になっています。11年は母父ノーザンテーストのトーセンジョーダンなど上位がすべて母父ノーザンダンサー系でした。


ダンチヒ系や欧州型のノーザンダンサー系以外ではトニービンの系統も何頭か馬券になっています。ジャンポケ産駒のトーセンジョーダンや母父トニービンのアーネストリーがこのレースを勝っています。


まずはゴールドシップですが、洋芝は2歳戦で走っており3戦2勝です。血統面からでは洋芝適性は感じられませんが、適性は悪くないと思います。小回りも問題ので当日の精神面次第。凱旋門賞へ向けての仕上がりをしてくると思います。


ハープスターは母父は洋芝に強いファルブラヴです。洋芝自体は問題ないと思います。小回りは厳しい脚質ですが、マクル競馬をすれば凱旋門賞へ向けての競馬にはならないと思います。あくまでもステップレースということを理解する必要がありそうです。


トウケイヘイローは昨年の勝ち馬で、洋芝、コーナー4つのコースに実績があります。母系からもこのレースへの適性はありそうで、状態面次第でしょう。ロゴタイプは極悪馬場だった昨年は参考にならないでしょう。父はサドラーズウェルズ系のシングスピールですから洋芝は問題ないと思います。


ラブイズブーシェは函館記念の勝ち馬で洋芝は問題なし。マンハッタンカフェ産駒はフミノイマージンが勝っています。エアソミュールは洋芝で勝ち鞍があり、父ジャングルポケットもこのレースには良いでしょう。


母父ノーザンダンサー系ではムーンリットレイクが洋芝での実績があります。スーパームーンも洋芝での実績があり穴馬候補かもしれません。


もうひとつの重賞の北九州記念はこれまで父サンデー系が苦戦するレースでした。しかし昨年は1着3着でした。これといった傾向は無くなったレースです。

関連記事

関屋記念2014の予想


◎ クラレント

〇 マジェスティハーツ

▲ エキストラエンド

△ ダノンシャーク

△ サンレイレーザー

△ エクセレントカーヴ

△ サトノギャラント


本命はクラレントにしました。重賞では好走を多くしている実績馬で、左回りの東京で重賞を勝っています。ダンスインザダーク産駒は広いコースは良いですし、野芝も強い種牡馬です。母父ノーザンダンサー系もこのレースに強い血統です。


中京記念はハンデや外有利の馬場の影響があったでしょう。枠も厳しかったと思います。今回も馬場が悪い状態になるかもしれませんが、道悪はそこまで苦にはしないと思いますし、今回は外枠を引いたので好勝負する可能性はありそうです。


マジェスティハーツは中京記念ではコース取りの差が出たと思います。マイルは引き続きよいと思いますし、ハーツクライ産駒も野芝は良いと思います。新潟でも重賞で2着があるように、広いコースも合いそうです。



エキストラエンドは前回まったく競馬になっていないと言ってよいと思います。ディープ産駒ですから広いコースは良いと思いますし、今年は重賞でも好勝負しているので注目です。ダノンシャークもディープ産駒で、新潟のマイルもこなせそうで実績からも有力でしょう。


サンレイレーザーはこのコースでオープン勝ちがあり、その時にはサトノギャラントを負かしています。エクセレントカーヴは京成杯AHを勝っているように野芝は得意だと思います。サトノギャラントは重賞ではもうひとつ。クリスエス産駒だけにレースは流れた方が良いでしょう。

関連記事

関屋記念の血統分析


今週は関屋記念一本ですが、このレースは3年連続で母父ノーザンダンサー系が勝っているレースです。母系はストームキャットやデインヒルなどが好走しているので、スピードが強く、マイルが合いそうな血統が良いと思います。


有力馬の解説ですが、ダノンシャークはG1でも好走している実績馬ですが、父ディープインパクトの産駒は今の新潟の馬場は合っていると思います。母父はノーザンダンサー系のカーリアンですから実力的にも勝ち負けしそうです。


エキストラエンドはローエングリーンの弟で、母父はノーザンダンサー系ではないのですが、これもディープ産駒で馬場は合いそうです。マイラーズカップでも速いタイムで走っているのでこの馬も好勝負しそうです。


マジェスティハーツも母父はノーザンダンサー系ではないですが、母父はスピードに寄っている馬です。ハーツクライ産駒は野芝に強いと言われていますからコースも馬場も合いそうです。同様にクラレントも父が野芝得意で広いコースが合うダンスインザダーク産駒です。


サトノギャラントはスティンガーの子供です。父はこのレースでも好走例のあるロベルト系ですが、クリスエス産駒はタフな流れになったほうがよさそうです。ショウナンアチーヴはスピード勝負はよさそうですが、中山がもしかしたら相性のよいコースかもしれません。


エクセラントカーヴは新潟でも勝ち鞍があり、京王杯AHのように野芝は良いと思います。骨折から3走目でどこまで復調しているか。タガノブルグは2歳戦得意のヨハネスブルグ産駒でどこまで上積みがあるかでしょう。

関連記事

レパードステークス2014の予想


◎ アスカノロマン

〇 レッドアルヴィス

▲ ノースショアビーチ

△ ランウェイワルツ

△ アジアエクスプレス

△ ジャッカスバーク

△ スピナッチ

関連記事

小倉記念2014の予想


◎ サトノノブレス

〇 メイショウナルト

▲ ダコール

△ ラストインパクト

△ ニューダイナスティ

△ マーティンボロ

△ ミキノバンジョー


台風の影響で前日発売が中止のようですね。予想はしてみます。本命はサトノノブレスにしました。トニービンの血をもっている馬はこのレースと比較的相性がよいです。道悪は菊花賞で2着しているので問題ないように思えます。


先ほど言ったように菊花賞で2着していますし、日経新春杯を勝っている実力馬です。その日経新春杯では菊花賞以来のレースで勝っていますから間隔があいても大丈夫な馬だと思います。馬場状態が読みづらいですが本命とします。


昨年の勝ち馬のメイショウナルトが対抗で、コース適性は問題なく、ハーツクライ産駒は野芝が得意です。母父は欧州系のカーネギーですから道悪はこなしてもおかしくはないです。あとは気性が問題。


重賞では勝ちきれないですが、小倉に実績のあるダコールや、小倉大賞典を勝っているラストインパクトなどが押さえですが、台風接近で馬場状態が極悪化すると波乱の決着もあるかもしれません。

関連記事

小倉記念の血統傾向と有力馬の血統分析


夏の小倉開催もここ近年は6週間開催となっています。小倉記念は開幕してすぐに行われているのでここ5年ほどのデータを参考にしたいと思います。


過去5年はすべて父サンデー系が勝っています。また母父は欧州血統が良いと思います。トニービンやリファールが馬券になっており、昨年のメイショウナルトは母父カーネギーでした。母父サンデー系は過去5年で勝ちはありませんが、昨年は2着3着でした。


ラストインパクトは祖母がパシフィカスなのでビワハヤヒデやナリタブライアンの近親です。小倉大賞典の勝ち馬ですが母父がティンバーカントリーなのは正直微妙です。母父ミスプロ系は過去5年で2頭しか馬券になっていません。


メイショウナルトは去年の勝ち馬なのでコース適性は問題ないでしょう。ハーツクライの産駒は野芝は得意ですし、母系は在来牝系なのも影響があるのでしょう。あとは精神面に問題が無ければ今年も走るでしょう。


サトノノブレスはベガやハープスターと同じ牝系です。母父トニービンですしこのレースへの適性はあるかもしれません。同じディープ産駒のダコールは母父がミスプロ系です。小倉では実績はありますが重賞では勝ちきれないのがどうか。


マーティンボロもディープ産駒で小倉にも実績があります。フレールジャックの弟でヴィルシーナも近親にいます。休み明けで状態しだいでしょう。現時点ではメイショウナルトとサトノノブレスが有力候補と見ています。


最後にレパードステークスですが、父が非サンデー系の馬も勝っているレースです。ディープ産駒が唯一ダート重賞を勝っているレースでもあり、ダートで強いシニスターミニスター産駒も勝っています。傾向は掴みづらいです。


アジアエクスプレス、レッドアルヴィスの重賞勝ち馬に、1000万で好走した馬が当然注目で、新設されて5年は11年に12番人気で3着したタナトス以外は比較的人気馬が好走しています。

関連記事

クイーンステークス2014の予想


◎ ケイアイエレガント

〇 キャトルフィーユ

▲ アロマティコ

△ スマートレイアー

△ マーブルカテドラル

△ ディアデラマドレ

△ フィロパトール


先行脚質で最内枠を引いたケイアイエレガントは今年は好調で、福島牝馬ステークスで重賞を勝つとヴィクトリアマイルでも健闘したので今回もチャンスがありそう。非サンデー系も強いレースでキングカメハメハ産駒も良さそう。


ケイアイと僅差の競馬をしているキャトルフィーユが相手で、昨年は函館でも勝利があります。アロマティコも展開次第で勝機がありそうで、スマートレイアーは能力だけなら1番でしょうから力を出せばあっさり勝つかもしれません。

関連記事

アイビスサマーダッシュ2014の予想


◎ フォーエバーマーク

〇 アンバルブライベン

▲ セイコーライコウ

△ アースソニック

△ アンゲネーム

△ リトルゲルダ


フォーエバーマークは昨年の2着馬です。コース適性は問題ないですし、開幕週の馬場でスピードが生かせると思います。ファルブラヴの産駒もエーシンヴァーゴウが好走していますし、母系もこのコースと相性のよいダート的な要素も多少入っているので期待しています。


対抗のアンバルブライベンは父がミスプロ系のルールオブローで、ミスプロ系はこのレースと相性が良いので面白いと思うのですが、前日では結構人気になっています・・・。


セイコーライコウは韋駄天ステークスを勝っているのでこのコースへの適性はあるでしょう。この時に休み明けで、斤量の差もあったフォーエバーマークよりかは下にみました。アースソニックは母父はサクラユタカオーの系統ですからコース適性はあるかもしれません。


アンゲネームはこのレースと相性の良いサクラバクシンオーの産駒ですし、コース実績もあります。韋駄天ステークスの上位馬を逆転できるか。リトルゲルダは昨年の3着馬で、母父はミスプロ系ですが、今回は休み明けなのが不安です。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。