スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービー2014の予想


◎ トーセンスターダム

〇 トゥザワールド

▲ ワールドインパクト

△ イスラボニータ

△ レッドリヴェール

△ ベルキャニオン

△ ワンアンドオンリー

△ サウンズオブアース

△ ハギノハイブリッド


今年の日本ダービーの本命はトーセンスターダムにしました。このレースはディープインパクト産駒が連勝中で、東京芝2400メートルのG1では相性の良い種牡馬です。叔父にトーセンジョーダンやトーセンホマレボシがいる血統です。


叔父はレコードで重賞を勝った馬ですから、今の東京の時計が出る馬場には対応できると思います。前走は初めての京都以外での競馬場でのレースが影響したと思います。状態面はあまり分かりませんが、ダービーを目標にしたローテーションだと思うので期待したいと思います。


対抗のトゥザワールドはトゥザヴィクトリーの産駒です。この牝系は秋以降に本格化する馬が多いのは不安ですが、キングカメハメハはキングマンボの系統で、キングマンボの血を持っている馬も東京芝G1では強いのでそこは良いと思います。ローズキングダムと同じ配合ですね。


ワールドインパクトはディープインパクト産駒で母父は東京コースと相性の良いヌレイエフの系統です。ショウナンラグーンには先着を許しましたが、ダービーではこちらの方が血統は向いていると思うのですが、青葉賞は勝ち馬しか基本的に馬券になりません。


イスラボニータは東京コースで相性の良いのは母父コジーンの影響が強いと思います。アドマイヤコジーンやローブデコルテを出した種牡馬です。母系にはクラフティプロスペクターが入っているのでやはり中距離向きの配合ではないかと思います。


レッドリヴェールは普通の年だったら桜花賞を勝っていたでしょう。距離はステイゴールド×ディキシーランドバンドですから問題ないと思います。後は牡馬相手でどうかでしょう。


ベルキャニオンはローテーションは厳しいと思います。しかし中山は向いていない馬かもしれませんし、ディープ産駒だから押さえます。ワンアンドオンリーは母父タイキシャトルのことが言われていますが、母系はダンチヒやミスプロが入っているのでダービー向きの血統ではないでしょう。


サウンズオブアースは最内枠に入りました。血統的にも距離は心配ないと思いますし、未勝利勝ち以降は安定した成績を残しています。ハギノハイブリッドはタニノギムレット×トニービンはダービー向きの血統だと思いますが、ローテーションはさすがに厳しいでしょう。


当初高い評価をしていたウインフルブルームが出走取り消しになったのは残念でした。ショウナンラグーンは定年となる大久保調教師の管理馬ですが、シンボリクリスエス産駒はエピファネイア以外は牡馬クラシック不振なので今回は見送りました。


今回はまずトーセンスターダムの単勝をちょっとだけ買います。

関連記事
スポンサーサイト

目黒記念2014の予想


◎ アウォーディー

〇 ムスカテール

▲ アスカクリチャン

△ ラブリーデイ

△ コスモロビン

△ ラブイズブーシェ

△ グランデスバル

△ プロモントーリオ


今回は目黒記念を先に予想したいと思います。ダービーは夜までにはアップしたいと思います。


アウォーディーは天皇賞秋を勝ったヘヴンリーロマンスの産駒で、ジャンポケ×サンデーの配合はニックスでもありますし、ここ近走の安定感もあり、距離もこなせるのではないかと思います。ハンデも53キロです。


昨年よりも実績馬が少ないメンバー構成だと思うので、昨年勝ったムスカテールには十分チャンスがあると思います。同様にアルゼンチン共和国杯を勝ったアスカクリチャンもチャンスあり、57.5キロの斤量を共に克服すれば勝ち負けの可能性はありそうです。

関連記事

日本ダービーの傾向と出走馬の血統分析

いよいよダービーウィークになりました。まずはダービーの血統の傾向から書いていきたいと思いますが、ディープインパクト産駒が連勝中で、オークスの時にも書いたように東京芝2400メートルではディープ産駒はやはり注意でしょう。


基本的にサンデーの血が入っている馬は強いですが、出走馬全頭がサンデーの孫の年もありましたからね。種牡馬は自身が東京芝2400メートルで好走した実績があるか、産駒が実績がある馬が良い感じがします。ここ3年は母父ノーザンダンサー系も来ています。


・皐月賞組

イスラボニータはフジキセキ産駒として初めてクラシックを勝ちました。東京コースでは実績があるのですが、母父は東京コースで良績のあるコジーンです。グレイソヴリン系は悪くないと思いますが、配合からは中距離が向いているように思います。


トゥザワールドはトゥザヴィクトリーの産駒で兄にトゥザワールドがいます。キングカメハメハは自身がダービーを勝っていて、ローズキングダムと似た配合です。この一族は3歳秋以降に本格化する馬が多いですが、血統的には東京芝2400メートルは合っていると思います。


ウインフルブルームはスペシャルウィーク×サクラユタカオーの配合で、サクラユタカオーはウメノファイバーなど東京コースで実績のある馬を出しています。この馬も中距離型の配合ではないかと思いますが、時計が速くなる馬場の方が良いかと思います。


ワンアンドオンリーは勢いがありそうなハーツクライ産駒で、牝系にはノーリーズンやグレイトジャーニーがいます。ただ母系はタイキシャトルにダンチヒ、ミスプロの血が入っているのでスピード色は強いと思います。ヘイローのクロスもあるので距離は微妙に思います。


トーセンスターダムは近親にトーセンジョーダンやトーセンホマレボシがいて、牝系にはカンパニーがいます。ディープインパクト産駒は連勝中で、牝系からは高速馬場に強い馬です。皐月賞惨敗ですが、巻き返す可能性はあると思います。



・青葉賞組

ショウナンラグーンは祖母がG15勝馬のメジロドーベルです。オークスも勝っているので母系からは東京芝2400メートルの適性があると思いますが、シンボリクリスエス産駒はエピファネイア以外はクラシック不振なのが気になります。


ワールドインパクトはディープインパクト産駒で母父はヌレイエフの系統でコジーンも血統内に入っているので東京コースへの適性はあると思います。青葉賞2着馬はダービーでは不振なのが問題点ですが。


・プリンシパルS組

勝ったベルキャニオンは昨年の弥生賞を勝ったカミノタサハラやレパードステークスを勝ったボレアスがいます。これもディープインパクト産駒ですが、この馬はスプリングSと皐月賞で負けているので現状での能力はどうか。


・京都新聞杯組

ハギノハイブリッドは牝系にスティンガーがいて、祖母はオークストライアルを勝ったサイレントハピネスがいます。タニノギムレット産駒ですし東京コースへの適性は高いと思いますが、ローテーションはさすがに厳しいです。


・桜花賞組

レッドリヴェールはステイゴールド産駒で、母父はデルタブルースやフミノイマージンを出したディキシーランドバンドです。配合的には距離は大丈夫でしょうから後は牡馬との力関係でしょう。

関連記事

オークス2014の予想


◎ ハープスター

〇 バウンスシャッセ

▲ マジックタイム

△ サングレアル

△ パシフィックギャル

△ マイネオーラム

△ ヌーヴォデコルト

△ フォーエバーモア


ハープスターはよほど下手糞に乗らない限りは馬券圏内から外れることはないと思います。東京芝2400メートルG1ではディープインパクト産駒は強いですし、このレースと相性の良い母父がノーザンダンサー系で祖母がベガですから血統的にもあまり問題ないと思います。


土曜の東京の芝ではメインでスピルバーグが大外から差し切って勝っているのですが、レースの時も内を通った馬が有利で、桜花賞のように極端な競馬をしなければ取りこぼす可能性は低いと思います。


バウンスシャッセは寒竹賞で牡馬を負かして、フラワーカップも勝っている実績を買われていると思います。母系はヨーロッパ色が出ていてこのレースには合っていると思います。また母母父がフェアリーキングですからハープスターとセットで来る可能性もあります。


マジックタイムは前走は急遽の乗り代わりでした。杉原騎手はそれまでに乗ったことのあった騎手ですが、やはり急遽の乗り替わりは影響があったと言えます。母系はブライアンズタイムにサドラーズウェルズですから距離は心配ないと思います。


サングレアルは血統的に文句はないです。ブエナビスタと父は違いますが、こちらは東京芝長距離で実績のあるゼンノロブロイ産駒です。キャリアが少ないこと以外は良い条件は揃っていると思います。


パシフィックギャルはゼンノロブロイ産駒でフラワーカップで2着しているなど安定して走っています。母系はスピード寄りかもしれないですがある程度評価します。マイネオーラムはステイゴールド×コマンダーインチーフで距離が伸びて良さそうです。


ヌーヴォデコルトは母が1200メートルしか走っていない馬で、やはりスピード色が強すぎると思います。フォーエバーモアもどちらかと言えば母系はスピード色が出ていて、ネオユニヴァース産駒は牝馬で大物が出ていません。

関連記事

平安ステークス2014の予想


◎ トウショウフリーク

〇 ナムラビクター

▲ ソロル

△ ジュベルムーサ

△ グランドシチー

△ ワイルドフラッパー


京都開催された東海ステークスが参考になると思いますが、平安ステークスがこの時期になってからはあまり歴史がないので普通の予想をします。

トウショウフリークは前走でナムラビクターと僅差の競馬をしています。斤量の問題も今回はありますが、前走は控えての競馬でも好走しました。長い距離でも好走してますし、母父は春に強いリファール系ですしこの馬を本命にします。

ナムラビクターは普通に強いでしょうね。2000メートルでも結果出していますし。ソロルは前回負けましたが、マーチステークスでは実際にジュベルムーサを負かしていますし、普通に走れば上位には来そうです。

関連記事

オークスの傾向と有力馬の血統分析

オークスはやはりサンデーの血を持っている馬が有利ですが、母父はノーザンダンサー系の馬が相性の良いレースだと思います。09年から12年まで母父ノーザンダンサー系の馬が勝っていて、昨年は2着のエバーブロッサムが母父デインヒルでした。


父サンデー系×母父ノーザンダンサー系の馬が毎年馬券になっています。注目種牡馬となるとやはりディープインパクト産駒でしょう。12年は上位独占で、昨年はダービーのキズナとジャパンカップではワンツーを決めました。東京芝2400メートルG1では相性の良い種牡馬です。


ハープスターは父ディープインパクトで母父はノーザンダンサー系のファルブラヴです。血統面からでもオークスの傾向に合っている馬です。しかも祖母は2冠馬ベガで、その産駒のアドマイヤベガがダービーを勝っています。


母父ファルブラヴでも祖母のベガが底力を上げている印象です。普通に走れば勝てそうですが、あとは桜花賞のような極端な競馬で勝てるかどうかです。


サングレアルはビワハイジの産駒でブエナビスタの妹です。ブエナビスタ自身もオークス、ジャパンカップを勝っていますし、ゼンノロブロイ産駒はサンテミリオンがこのレースを勝つなど東京芝長距離重賞に相性が良いです。この馬もオークスへの適性は高いです。


ヌーヴォレコルトはハーツクライ産駒で距離が伸びてよいという意見が出てきそうですが、母父がスピニングワールドで母系はスピード色が強い感じがします。ハープスターやサングレアルよりも血統面では結構劣ると思います。


フォーエバーモアはジャスタウェイの近親ですが、こちらも母系はスピードの寄っている感じがします。ネオユニヴァース産駒も牝馬でG1となると勝つイメージが湧かないです。


バウンスシャッセはゼンノロブロイ産駒は強調できて、母系からも距離は大丈夫そうです。実際に寒竹賞では牡馬を負かしていますし、元々桜花賞をパスして皐月賞へ出走した馬ですから距離は大丈夫そうです。


レーヴデトワールもゼンノロブロイ産駒で、こちらはレーヴディソールの妹です。兄がシンボリクリスエス産駒で青葉賞を勝ったアプレザンレーヴなのでこれも距離は大丈夫そうです。


フローラステークス2着のブランネージュはクリスエス産駒なのがかなりの不安点です。シャイニーガールは祖母が短距離重賞を勝ったディクターガールでオークスに凄い向いている血統ではないでしょう。


忘れな草賞を勝ったディルガはアメリカダート最強馬だったカーリンの産駒ですからオークスを勝つイメージはないです。マジックタイムはトライアルでは乗り替わりの影響があったでしょう。ハーツクライ産駒で母系はスタミナがあると思うので好走してもおかしくはないと見ています。

関連記事

ヴィクトリアマイル2014の予想


◎ ウリウリ

〇 ホエールキャプチャ

▲ スマートレイアー

△ クロフネサプライズ

△ メイショウマンボ

△ デニムアンドルビー

△ ヴィルシーナ

△ ラキシス


結構前から注目していたにも関わらず大外枠引くとは・・・。それでもウリウリ本命です。このレースはヴァイスリージェント系の馬がホエールキャプチャが連続好走しているように相性の良いレースです。ディープ産駒も昨年勝っていますし、マイルでも実績があるので本命とします。


ホエールキャプチャは説明することもなく連続して好走している馬です。言われているようにコース相性も抜群ですし東京新聞杯以来のレースが問題以外あまり死角はないと思います。


スマートレイアーは1400よりもマイルのほうが合っている感じがします。血統内にリファールのクロスが3本入っているのでこの時期には強いでしょう。出遅れさえなければ今回も勝つシーンは十分にありそうです。


クロフネサプライズはクロフネ産駒と展開的にも怖い所がありそうなので評価します。メイショウマンボはキングマンボの血が入っているので東京マイルは問題ないと思います。久々のマイル戦がどうでるかでしょう。


デニムアンドルビーはトゥザヴィクトリーの姪でキングカメハメハが母父ですから距離に対応できれば上位に進出する可能性がありそうです。ヴィルシーナは昨年のホエールキャプチャ的な馬でしょう。ラキシスは母系がスピードがあるのでマイルをこなせる可能性はあります。

関連記事

京王杯スプリングカップ2014の予想

◎ シャイニープリンス

〇 インプロヴァイズ

▲ コパノリチャード

△ インプレスウィナー

△ クラレント

△ インパルスヒーロー

△ アミカブルナンバー


春のリファールという格言がありますが、本命のシャイニープリンスはキングヘイロー産駒でリファールの血はもちろん入っています。母系はダートの血が入っているので1400メートルでも良いパフォーマンスが期待できます。


インプロヴァイズも母系にリファールが入っていて、ウォーエンブレムもダートの血が強いですから1400メートルは本来は走れるはずです。コパノリチャードは普通に強いでしょう。

インプレスウィナーはこのレースでの3着もありますし、1400メートルに実績のある馬です。クラレントは休み明けが問題ですが、普通に走れば上位に来るでしょう

関連記事

ヴィクトリアマイル2014の傾向や有力馬の分析

ヴィクトリアマイルはサンデーの血が入っている馬は良く馬券になっています。それとダービー馬の産駒が良く馬券になっています。ディープインパクトやキングカメハメハ、スペシャルウィークなどの産駒が勝っています。


それからノーザンダンサー系でもヴァイスリージェント系の馬も良く馬券になっています。ホエールキャプチャが連続して連対していますし、アパパネやブラボーデイジーなどが好走しています。その他では桜花賞好走馬が強いレースです。


まず実績のあるメイショウマンボはフィリーズレビュー勝ちがあり、桜花賞以来のマイルですが、状態次第ではこなせると思います。父がスズカマンボで、キングマンボの血が入っている馬は東京GⅠでは怖い血統だと思うので巻き返す可能性はありそうです。


スマートレイアーは阪神牝馬ステークスを勝ちましたが、ディープ産駒はマイルのほうが合っていると思います。距離は守備範囲内でしょう。まずはスタートが普通に出れるかが課題になりそうです。


ホエールキャプチャはこのレースで1着2着ですからレース適性は問題なく、東京新聞杯でも勝っているのでコース適性も問題ないです。ほぼ3ヶ月ぶりのレースだけが問題です。デニムアンドルビーは叔母にトゥザヴィクトリーがいて東京コースには適性がある血統だと思います。ドバイ遠征明けで状態がどうか。


ウリウリはディープインパクトに母父がフレンチデピュティですからこのレースにおける適性は高いと思います。ラキシスはマイルの経験はないですがニックス配合で母系がダート色が強いところはこのレースの傾向には良いと思います。

関連記事

新潟大賞典2014の予想


◎ タマモベストプレイ

〇 レッドレイヴン

▲ エクスペディション

△ ユールシンギング

△ メイショウナルト

△ マジェスティハーツ

△ ケイアイチョウサン


タマモベストプレイは血統的に阪神大賞典は距離が長かったはずです。京都できさらぎ賞勝ちがあるように平坦コースは合っていると思います。能力が高そうで重賞でも走っているレッドレイヴンと気温が上がれば走ってくるエクスペディションが逆転候補です。

関連記事

NHKマイルカップ2014の予想


◎ ショウナンアチーヴ

〇 サトノルパン

▲ ウインフェニックス

△ ロサギガンティア

△ ミッキーアイル

△ カラダレジェンド

△ ショウナンワダチ

△ ベルルミエール


本命はショウナンアチーヴにしました。母が2歳女王のショウナンパントルで仕上がりの早い血統です。父が桜バクシンオー系で母父サンデーですからグランプリボスと似た配合です。サンデーの血が入っているのも必要なレースです。


スタートが悪いのは気になるところですが、東京コースでは勝ち鞍がありますし、今の時計の早い馬場にも合っていると思います。牝系にはバブルガムフェローなどがいるので大舞台に向いている血統だと思います。


サトノルパンは兄弟が活躍している血統なので期待できる馬です。1400メートルで実績がありますが、むしろマイルになるのはプラスだと現段階で思います。ディープ産駒はこのレースで勝ちはありませんが高く評価したいです。


ウインフェニックスは昨年のマイネルホウオウを出したスズカフェニックス産駒です。母父アグネスデジタルでダートの血が入っているのも良いと思いますし、前走は展開の問題もあったと思います。


ロサギガンティアはフジキセキ産駒でマイルにも対応できると思います。あとは皐月賞組が意外と不振という傾向にあるのがどうか。ミッキーアイルは展開が厳しくなった場合がどうか。人気ですが危険な要素もあると思います。


カラダレジェンドはフレンチデピュティ系で京王杯を勝っているので注意しておきます。ショウナンワダチは非サンデーなのが厳しいですがトライアル2着馬です。ベルルミエールもトライアル好走馬で前走は評価できると思います。

関連記事

京都新聞杯2014の予想


◎ ガリバルディ

〇 アズマシャトル

▲ サウンズオブアース

△ シャドウダンサー

△ スズカデヴィアス

△ ハギノハイブリッド

△ ミヤビジャスパー



近年では父サンデー系が強く、血統内にサンデーの血を持っていない馬は厳しいレースになっています。ガリバルディは父がこのレースで2連覇しているディープインパクトで、マルカシェンクやザレマの兄弟で重賞でも好走する可能性がある血統だと思います。


アズマシャトルは2歳時から重賞で好走していますし、ここまで戦ってきた相手を考えるとここでも好勝負する可能性はあります。父はゼンノロブロイです。サウンズオブアースは若葉ステークスでも3着の実績がありますし、こちらはネオユニヴァース産駒です。


シャドウダンサーはダンスインザムードの産駒ですが距離は心配ないように思います。すみれSを勝ったスズカデヴィアスや500万条件勝ちのハギノハイブリッドとミヤビジャスパーまで押さえます。

関連記事

NHKマイルカップ2014の傾向と有力馬解説


NHKマイルカップの血統の傾向としてはサンデーの血を持っている馬が圧倒的に強く、過去4年の馬券対象馬はすべてサンデーの血を持っています。片方の系統としてはミスプロやフレンチデピュティなどのダート血統も良く来ています。


ミッキーアイルは母父がマイルGⅠを勝ちまくったロックオブジブラルタルでさらに東京得意のヌレイエフの血が入っているのですが、ディープ産駒はこれまでで2着が最高で、展開面での問題も出て来そうです。


ショウナンアチーヴはグランプリボスと似た配合で、母は阪神JFを勝ったショウナンパントルです。仕上がりは早くスピード決着に強い血統だと思います。NZT勝ち馬はあまり相性が良くないですが、母父サンデーですからチャンスはありそうです。


ロサギガンティアは母系がドイツ血統で高速馬場にも対応できそうです。フジキセキ産駒もマイルGⅠは得意のジャンルです。サトノルパンは兄のクラレントが3着、レッドアリオンが4着でした。ディープ産駒は勝ち切っていないレースですが、1400よりかはマイルは良いでしょう。


ショウナンワダチはショウナンカンプ×クロフネで距離は問題なさそうですが、サンデーの血が入っていないのは傾向としては不利です。ホウライアキコは仕上がりの早いヨハネスブルグ産駒で上積みはなさそうですが、桜花賞4着で見限れないでしょう。

関連記事

天皇賞春2014の予想


◎ フェノーメノ

〇 ウインバリアシオン

▲ フェイムゲーム

△ キズナ

△ デスペラード

△ サトノノブレス

△ アドマイヤラクティ


今週の火曜日に更新した傾向などをベースにして予想を組み立てました。キズナが断然人気になりそうですが、昨年の覇者の割には評価されてない感があるフェノーメノを本命にしてみました。


適性は昨年勝っているので問題ないですが、ステイゴールド産駒でディクタスの血が入っている馬が京都長距離GⅠでは馬券になっている馬が出ていて、さらに中距離で高いパフォーマンスを出した馬も近年の春天では馬券になっています。


調子自体は取材や追い切りで予想をする人間ではないので分かりませんが、状態が昨年近くになっていれば今年も好走する可能性は高いと思います。


ウインバリアシオンは一昨年の3着馬ですが、トニービンの血を持っている馬が京都長距離GⅠでは良く馬券になっているので良いと思います。中距離思考の血統ですが、高速馬場には対応できると思いますし実績から高く評価したいです。


フェイムゲームはハーツクライ産駒でバランスゲームの弟です。母父アレミロードで距離は問題ないと思います。ダイヤモンドステークス組が不振なところが不安ですが、面白い血統をしている馬だと思います。


キズナは火曜日の記事に書いたように今の京都の馬場には合っていると思います。追い込み脚質で4コーナーでどの位置まで来ているかが問題です。デスペラードは母父トニービンで、前走のような前目での競馬をすればチャンスはあると思います。


サトノノブレスも母父トニービンで菊花賞2着の実績があるので普通に押さえます。アドマイヤラクティは昨年の4着ですから注意が必要かもしれません。ゴールドシップは高速馬場は合わない感じがします。昨年よりもメンバーレベルは上だと思うのでここまでは印が回りませんでした。

関連記事

青葉賞2014の予想


◎ ラングレー

〇 ワールドインパクト

▲ アドミラルシップ

△ マイネルフロスト

△ ヤマノウィザード

△ ピオネロ

△ シャンパーニュ


ラングレーはゆりかもめ賞勝ちがありますが、ディープインパクト×ストームキャットの配合は昨年勝ったヒラボクディークと同配合で、キズナも同じでニックス配合だと思うので東京芝2400メートルの適性は高いと思います。人気の一角ですがいい勝負が出来そうです。


ワールドインパクトもディープ産駒で、母父はヌレイエフの血統で東京コースは相性が良いです。血統面でも評価でき、デビュー以来連対を外していないのでこれも有力。アドミラルシップは休み明けとキャリアの少なさが不安ですが、ゼンノロブロイ産駒は東京芝長距離重賞は相性が良いです。


あとは距離実績ある馬を押さえにして、毎日杯勝ちのマイネルフロストも力はあると思うので押さえ。ディープの全兄のブラックタイド産駒で適性もある可能性があります。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。