スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞春の血統傾向と有力馬血統分析


ここ近年の天皇賞春は高速馬場の影響でスピード決着になっている傾向にある感じがします。先週の京都の芝では1400メートルの未勝利戦で1分20秒を切るタイムが出たり、マイラーズカップもレコード決着でした。中間大荒れの天候にならなければスピードの出る馬場で行われそうです。


天皇賞春はまずトニービンの血が入っている馬が良く馬券に絡んでいます。12年はトニービンの血を持っている馬が上位独占でした。菊花賞もそうですが、京都長距離GⅠはトニービンの血が入っている馬に有利なレースだと思います。


その他では中距離のレースで高いパフォーマンスを挙げている馬がよく馬券になっています。産経大阪杯をレコードで勝ったヒルノダムールが勝利したり、秋天で好走したトーセンジョーダンやフェノーメノが馬券になっています。好タイムで中距離を走った馬には注意です。


人気になりそうなキズナは評価したいのは京都新聞杯。一昨年のトーセンホマレボシの驚異的レコードに次ぐタイム勝ち、春天の翌週に行われるレース。この時期の馬場で良いパフォーマンスをみせたことは強調点です。


本質的には3200メートルは長いと思いますが、ディープインパクト産駒で今の京都の馬場には対応できる馬だと思います。一番の問題は4コーナーでの位置取りで、ある程度の位置に付けてないと厳しいのでどう乗るかが見所でしょう。


ウインバリアシオンはハーツクライ産駒ですからトニービンの血を持っています。母父はストームキャットの父であるストームバード。自身も菊花賞2着で一昨年のレースで3着。普通にチャンスはありそうです。


フェノーメノは昨年の勝ち馬で適性は問題なし。ステイゴールドはディクタスを内包していて、サッカーボーイ産駒のナリタトップロードやヒシミラクルが結果を出しているように京都長距離GⅠではおなじみの血統です。


デスペラードは母父トニービンで母系はスタミナがありそうです。昨年は後方からの競馬で惨敗したので、京都記念のような積極的な競馬は必要でしょう。サトノノブレスも母父トニービンで、ベガを出した牝系で自身も菊2着でバカにはできないでしょう。


ハーツクライ産駒のフェイムゲームやアドマイヤラクティも好走する条件はあると思います。ゴールドシップは高速馬場が苦手と言う意見は正解かもしれません。気性にも問題あると思いますがメンバーが揃った今回は難しいかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

マイラーズカップ2014の予想


◎ レッドアリオン

〇 フィエロ

▲ エキストラエンド

△ アドマイヤドバイ

△ カオスモス

△ オースミナイン

△ ワールドエース


レッドアリオンは兄がリディルとクラレントで京都で重賞を勝っている馬です。血統面でコース適性は問題なく、出遅れさえ克服すれば人気の割には好走できると思っています。あとは極端に後ろ過ぎなければ。


フィエロはディープ×ダンチヒ系の馬で京都マイルにかなり適性があると思っています。あとは相手強化でどこまでやれるかでしょう。エキストラエンドは京都金杯を勝っている馬で、こちらもディープ産駒ですから有力でしょう。


アドマイヤドバイはアドマイヤムーン産駒で、コーナー2つのコースは良いと思います。カオスモス、オースミナインも重賞で好走した馬で、ワールドエースは初めてのマイル戦。母系はある程度スタミナがあるので今回に限っては少し評価を下げます。

関連記事

フローラステークス2014の予想


◎ マジックタイム

〇 マイネグレヴィル

▲ デルフィーノ

△ サングレアル

△ ブランネージュ

△ ハピネスダンサー

△ ニシノアカツキ


本命はマジックタイムにしました。まず母のタイムウィルテルがこのレースで2着したことのある馬は強調したい点で、ここまでの実績も評価したいです。血統的にも距離も問題ないですし未知の馬よりも評価したいと思います。


マイネグレヴィルも牡馬相手に善戦しているように実績があります。2000メートルの距離も問題ない配合だと思いますし、チャンスは十分にありそうです。デルフィーノのクイーンカップは順延の影響があったかもしれません。血統的にもここで走ってもおかしくはないと思います。


サングレアルはビワハイジの仔ですが、キャリアの少なさと休み明けで評価を下げました。500万を勝ったブランネージュとハピネスダンサーも権利取りができるチャンスはありそうで、ニシノアカツキも実績がある馬です。

関連記事

福島牝馬ステークス2014の予想


◎ アロマティコ

〇 トーセンアルニカ

▲ キャトルフィーユ

△ ケイアイエレガント

△ ミッドサマーフェア

△ アグネスワルツ

△ サトノジュピター


福島で開催されたこのレースでは母父サンデーの馬が強く、過去4年で4勝しています。アロマティコは勝ちきれないイメージがあるのですが、母父サンデーで、一族は福島の重賞で好走しているので結局これを本命にしました。エリ女3着の実績からは上位でしょう。


相手はエリザベス女王杯で4着し、ダイナカールの一族でもあるトーセンアルニカと、牝馬重賞で連続2着しているキャトルフィーユなどを挙げます。ヒモには人気薄の馬が絡んでもおかしくないほど混戦気味のレースとなりそうです。

関連記事

フローラステークスなどの傾向と有力馬の血統解説


・フローラステークス


毎年母父ノーザンダンサー系の馬が馬券になっています。また母父はミスプロ系などのダート血統も馬券になっています。父方はサンデー系の馬が多く馬券になっています。


マジックタイムは母のタイムウィルテル自身がこのレースで2着したことがあります。クリスザブレイヴやゲシュタルトがいる一族で、2000メートルはもちろん、オークスでも面白そうな血統だと思います。


イサベルは叔父にリンカーンやヴィクトリーがいて3代母がバレークイーンです。距離は問題ないと思いますがキャリアの差がどうでるか。サングレアルはビワハイジの仔ですのでブエナビスタなどの妹です。良血で距離も問題ないと思いますがこの馬もキャリアが問題です。


マイネグレヴィルは叔母のマイネミモーゼがこのレースで2着したことがあります。今回だけでなくオークスでも良さそうな血統をしています。ハピネスダンサーはフサイチエアデールやフサイチリシャールなどを出した牝系で配合的にも2000メートルは問題ないです。



・福島牝馬ステークス


11年以外の福島開催では母父サンデーの馬が勝っているのが大きなポイント。また11年以外は父サンデー系が勝ってなく、父か母父がノーザンダンサー系の馬もまずます来ています。


キャトルフィーユはレディアルバローザの妹です。ディープインパクト産駒はまだ勝っていませんが小回り適性は問題ないと思います。アロマティコは母父サンデーの馬の1頭。昨年4着ですが、近親には福島重賞勝ち馬がいるので注意したいです。


レイカーラはダノンシャークの妹ですがキングカメハメハ産駒が福島開催のこのレースで馬券になっていないのは気になります。ミッドサマーフェアはオールザットジャズで連覇しているタニノギムレット産駒で復調していればチャンスはありそうです。



マイラーズカップは過去2年しか傾向がないので書きませんが、エキストラエンドはこのコースで京都金杯を勝っているので問題なく、フィエロはディープ×ダンチヒ系ですから京都マイルはかなり合いそうです。


ワールドエースはマイル向きの配合まではいかないと思うので、今回は苦戦する可能性がありますが除外対象のようです。オースミナインは京都での好走歴もありますし、レッドアリオンは兄弟の実績からコース適性は高そうです。

関連記事

皐月賞2014の予想


◎ ロサギガンティア

〇 キングズオブザサン

▲ トーセンスターダム

△ トゥザワールド

△ ワンアンドオンリー

△ イスラボニータ

△ アジアエクスプレス

△ バウンスシャッセ



金曜日に雨が降りましたが、土曜の競馬には大きな影響はなく、日曜日はある程度時計の出る馬場になると見ます。近年の中では昨年に似た馬場になる予想をしています。


本命のロサギガンティアは母系がドイツの血統ですが馬場関係なく好走しそうな血統です。フジキセキ産駒はクラシックの勝利がないのは気になりますが、今年は皐月賞を勝ったことがある種牡馬の産駒は出ていないのでそのあたりも興味深いです。


先ほど言ったドイツ血統はエイシンフラッシュやワールドエースが馬券になっていますしスプリングステークスのように出遅れがなければいい競馬をしそうです。


キングズオブザサンは弥生賞はあまりにも後ろ過ぎた位置取りだったと思います。葉牡丹賞や京成杯で好走しているコースですし、母がスティンガーで中山で実績がある近親もいますし人気がなければおいしい馬かもしれません。


トーセンスターダムは一時は本命を考えました。中山コース初めてなのは正直やってみなければわかりませんが、ディープインパクト産駒はこの春の中山開催で芝2000メートルで勝ち鞍がないのは気になりますが、血統的に高速馬場になればいい競馬をしそうです。


トゥザワールドは牡馬クラシックが不振なキングカメハメハ産駒ですがここまでの実績がひっくり返る可能性もあります。ワンアンドオンリーは母父がタイキシャトルでスピードが出る馬場が良いかもしれません。


イスラボニータは母父コジーンですから東京コースの方がパフォーマンスが良いかもしれません。アジアエクスプレスはあまり評価したくないのですがスプリングステークス2着ですから評価。バウンスシャッセは寒竹勝ちがあります。

関連記事

アンタレスステークス2014の予想


◎ ニホンピロアワーズ

〇 ソロル

▲ ナムラビクター

△ グランドシチー

△ トウショウフリーク

△ エアハリファ


ここは実績上位のニホンピロアワーズが強いのではないかと思います。昨年は休み明けで59キロでしたが、今年は58キロでホッコータルマエのような馬がいないので負けられないレースと言ってもよいかもしれません。


ソロルはマーチステークス勝ちがあるので阪神コースも問題ないと思います。ナムラビクターも阪神ダート2000メートルで勝ちがあるようにこれも有力候補だと思います。

関連記事

皐月賞の傾向と有力馬の血統分析


皐月賞の傾向は12年までは母父が欧州のスタミナ血統が良く来ていたレースでした。08年は母父トニービンのキャプテントゥーレ、09年には母父サドラーズウェルズのアンライバルドが勝ちました。


ところが昨年は母父サンデー系が上位を占め、ロゴタイプとコディーノはスピード色が強い血統でした。これはレコード決着となるような高速馬場だったことが原因だと思われます。


先週は芝丈を短くしたようで早いタイムが出るレースが多くありました。今週芝刈りを行うかわかりませんが、当日の馬場状態で傾向が変わるかもしれません。



トゥザワールドは母がトゥザヴィクトリーで兄にトゥザグローリーがいます。完成されるのは3歳秋以降になりそうですが、キングカメハメハ産駒牡馬クラシックを勝っておらず、皐月賞は昨年のコディーノの3着が最高というのは気になる材料です。


トーセンスターダムは叔父にトーセンジョーダンがいます。この牝系は高速馬場に強い血統と言え、トーセンジョーダンは天皇賞秋でレコード勝ちしています。中山未経験がどうでるかですが、速い時計の決着には不安はありません。


ワンアンドオンリーは母父がタイキシャトルで母系にダンチヒが入っています。母系はスピード色が強いと思うので昨年のような馬場になればチャンスは大きそうです。イスラボニータはクラシック未勝利のフジキセキ産駒で母父がコジーンなので東京コースの方がパフォーマンスを発揮できそうです。


同じフジキセキ産駒でもロサギガンティアは母がドイツ血統でエイシンフラッシュやワールドエース当たりが馬券になっています。高速馬場でも対応できそうです。アジアエクスプレスはダートの方が適性がありそうな血統でクラシックを勝つ血統からは外れていると思います。


若葉ステークスを勝ったアドマイヤデウスは叔父にアドマイヤフジがいます。ただ父がアドマイヤドンなのはこれもクラシックを勝つ適性は疑問です。ウインフルブルームは母父がサクラユタカオーで12年までのスタミナがいる馬場よりも昨年のような馬場が合いそうです。

関連記事

桜花賞2014の予想


◎ ハープスター

〇 リラヴァティ

▲ レーヴデトワール

△ フォーエバーモア

△ レッドリヴェール

△ ヌーボレコルト

△ マーブルカテラドル


よく取り上げられていることだと思うのですが、ディープインパクト産駒が3連勝中のレースです。しかも今年の春開催の阪神芝1600メートルはディープ産駒がすでに6勝しています。


以上のデータがある限り血統派はハープスター本命で仕方ないかと思います。大外枠も外枠が強いレースですしアクシデントが無い限りは勝つ可能性がかなり高いでしょう。


相手は難解。リラヴァティはチューリップ賞で3着でした。母父はシングスピールですが、母父ノーザンダンサー系が今年の春開催の芝1600メートルで良く来ています。そのシングスピールの血が入っているのでマイルは合うと思います。


レーヴデトワールはレーヴディソールの妹です。姉からもコース適性はありそうですし、阪神JFは中1週の競馬で間は開けたほうが良い血統だと思います。父サンデー系も春開催で非常に強いです。


フォーエバーモアは阪神JFで3着ですから力はあるのでこれも普通に評価しなくてはいけないでしょう。レッドリヴェールはやはり久々の競馬が問題。母系はスピードがある血統ではないのがこのレースに置いてはあまり良くないと思います。


ヌーボレコルトはチューリップ賞2着でこちらは母系がスピードが強すぎる感じがします。マーブルカテラドルは阪神JFで掲示板に載っているので押さえます。

関連記事

阪神牝馬ステークスとニュージーランドトロフィの予想


・阪神牝馬ステークス


◎ エピセアローム

〇 ウイングザムーン

▲ トーホウアマポーラ

△ アミカブルナンバー

△ ウリウリ

△ ヴィルシーナ

△ スマートレイアー


芝1400メートルが得意のダイワメジャー産駒のエピセアローム本命とします。1400メートルでも牡馬相手に悪くない競馬をしていますし牝馬相手ではいい競馬をしそうです。


ウイングザムーンとトーホウアマポーラは1400で実績があるのでとにかく1400巧者を評価した方が良いと思います。そしてディープインパクト産駒には不得意な条件です。



・ニュージーランドトロフィ


◎ ウインフェニックス

〇 マイネルディアベル

▲ ショウナンアチーヴ

△ ショウナンワダチ

△ カラダレジェンド

△ イダス

△ イタリアンネオ

△ パワースラッガー


ウインフェニックスはいちょうステークスでイスラボニータの2着になった実績があります。前走は同条件で勝っていますし母父がダートのアグネスデジタルなのもこのレースには良いと思います。


マイネルディアベルも朝日杯4着の実績があるのでこのコースは悪くなく父もダート系の種牡馬なのも良いと思います。ショウナンアチーヴも朝日杯2着馬ですしショウナンワダチも母系がダーと血統なのは良いと思います。

関連記事

桜花賞の傾向と有力馬血統分析


桜花賞の顕著な傾向と言えばディープインパクト産駒が3連勝中です。配合もディープ×ノーザンダンサー系の配合で3連勝です。母系はスピードがあった方が良いかもしれません。


注目のハープスターはディープ産駒だけでもかなり有力です。母父ファルブラヴがどうかですが、それを補って余りある祖母がベガですからアクシデントがなければ高い確率で勝つかと思います。


レッドリヴェールはステイゴールド産駒で牝馬としては初めての大物です。母系はノーザンダンサー系ですがスピードに特化した血統ではないです。やはりローテーションは問題でしょう。


フォーエバーモアはネオユニヴァース産駒でこちらも牡馬の活躍が目立つ種牡馬が父です。近親にジャスタウェイがいるので血統の勢いがあるかもしれません。距離は問題ないでしょう。


ベルカントはスピードが強い血統です。フィリーズレビュー組が不振のレースで傾向にも合いません。ヌーヴォデコルトは叔母にゴッドインチーフがいます。ハーツクライの仔ですが母系はスピードが強い感じがします。


アネモネステークスを勝ったペイシャフェリスは配合的には悪くないですが、前走のレースレベルがどうか。チューリップ賞3着のリラヴァティは母父がシングスピールですからコース適性は悪くないと思います。



注※ 昨日書き忘れましたが、このレースは外枠が強いレースで、近年は6番より内は勝っていないはずです。当日の馬場にもよりますが、真ん中から外が強いレースなのは参考にしたほうが良いと思います。

関連記事

ダービー卿チャレンジトロフィー2014の予想


◎ ブレイズアトレイル

〇 ダイワファルコン

▲ コディーノ

△ レッドアリオン

△ インプロヴァイズ

△ トリップ

△ マウントシャスタ


ブレイズアトレイルを本命とします。中山マイル戦は1600万条件でも勝ち鞍がありダイワメジャー産駒波中山芝は得意です。やや外枠は不安ですが今の馬場にも対応できると思うので本命とします。


ダイワファルコンも中山コースで実績があります。中山強いスカーレット一族で怖い馬ではないかと思います。コディーノはマイル戦は合っていると思いますし、一瞬の足を使えるコースだと思うので有力候補でしょう。

関連記事

産経大阪杯2014の予想


◎ ショウナンマイティ

〇 エピファネイア

▲ キズナ

△ メイショウマンボ

△ カレンミロティック



4歳3強が注目され人気になっていますが、あえて本命はショウナンマイティにしました。一昨年の勝ち馬で昨年はオルフェーヴルの2着で適性は問題ないです。問題は状態面でしょう。


毎日王冠で馬体が減って東京新聞杯では雪の影響で再輸送になりました。今回は関西でも競馬もあるので馬体は戻っていることを願っています。斤量も2キロアドバンテージあるので本命にしたいと思います。


エピファネイアは叩かれてよくなるロベルト系ですが、この馬は神戸新聞杯を勝っているのでそれほど問題はないと思います。内回りコースでも実績は残しているのでキズナよりも評価をしたいと思います。


キズナは内回りで勝ち鞍がないので適性はどうなのか。3歳春よりもパワーアップしている可能性も否定できないですが一応内回り適性は微妙だと思います。距離は問題ないと思います。


メイショウマンボは一流の牡馬とは初めての対戦ですから、どこまでやるかわからないので牡馬2頭よりも評価を下げました。コース適性は問題ないのであとは力関係でしょう。


カレンミロティックは中山記念は負けすぎたと思いますが、昨秋のパフォーマンスから人気どころがコケれば上位進出もあると思います。


関連記事

産経大阪杯とダービー卿CTの傾向と有力馬解説

・産経大阪杯 


出走予定馬のほとんどが父サンデー系で、エピファネイアも母父スペシャルウィークです。このレースは母父はノーザンダンサー系や馬力のある血統などが良く馬券になっている印象があります。


キズナはファレノプシスの弟で、母父ストームキャットですから2000メートルも問題ないでしょう。久々のレースで内回りコースが不安ですが、古馬になってパワーアップしている可能性も否定できません。


エピファネイアは日米オークス馬のシーザリオの産駒で、これも菊花賞以来となります。父がロベルト系ですから久々は良いとは言えないと思います。距離も不安はなくある程度のペースで流れた方がパフォーマンスは良さそうです。


メイショウマンボは母父はグラスワンダーですから内回りコースには対応できそうです。この馬も久々のレースです。距離も問題ないですし、牡馬相手のレースでどこまでやるかでしょう。


その他ではショウナンマイティは一昨年の勝ち馬ですから適性は問題なし。とにかく状態次第でしょう。カレンミロティックはハーツクライ産駒で、阪神芝2000メートルは勝ち切るケースはあまりないですが、馬券圏内には結構来ています。



・ダービー卿チャレンジトロフィー


3年連続で父サンデー系が勝っているレースで、母父はミルジョージやジェネラスなどの馬が勝っているので馬力がありそうな血統が良いかもしれません。


コディーノは叔母にシンコウラブリイがいるのでマイル路線に進むのは間違っていないと思います。近親のキングストレイルは中山で実績があるようにこの馬も中山にも対応出来ると思います。


レッドアリオンはリディルやクラレントの弟であることは有名です。母父のリファール系は暖かくなると活躍することで有名、中山もコースが悪いと言う感じはしません。


マウントシャスタは祖母に京王杯AHを勝ったクロカミがいて、兄に弥生賞を勝ったカミノタサハラがいるので中山コースは悪くないと思います。トリップは叔母にトゥザヴィクトリーがいる血統で、母父サンデーもこのレースではまったくダメではないです。


ダイワファルコンはスカーレットブーケの一族で中山コースは得意で注意した方が良いかもしれません。アユサンはディープ×ストームキャットのニックス配合で現状はマイルが良いのではないかと思います。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。