スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーチステークス2014の予想


◎ ソロル

〇 ジュベルムーサ

▲ エーシンゴールド

△ クリソライト

△ グランドシチー

△ ドコフクカゼ


このレースはロベルト系が強いレースです。父がロベルト系のシンボリクリスエス産駒のソロルが本命です。一昨年勝ったサイレントメロディと同じ配合で、このコースでも勝ち鞍があります。

関連記事
スポンサーサイト

高松宮記念2014の予想


◎ マジンプロスパー

〇 ハクサンムーン

▲ サンカルロ

△ レディオブオペラ

△ リアルインパクト

△ ストレイトガール

△ マヤノリュウジン

△ レッドスパーダ

△ インプレスウイナー



本命はマジンプロスパーにしました。中京は土曜の夜から雨予報になっていて、午前中までは降るような感じです。馬場はやはり道悪が残る状態になりそうです。マジンプロスパーは一昨年のCBC賞で道悪で勝っています。

アドマイヤコジーンは道悪の東京新聞杯を勝っているのも馬場をこなせる要因かもしれません。過去のこのレースでも僅差の競馬をしていますし、前走は斤量も影響したと思います。最内枠を引きましたし人気がなくても怖い馬だと思います。


ハクサンムーンは能力を出せば一番強い馬だと思います。父か母父がミスプロ系なのもこのコースでは良いと思いますが、前走の大敗と展開面で全幅の信頼を置けるとまでは微妙です。


サンカルロは展開が向けば勝ち負けする力は依然ありそうです。今回はハイペースになる可能性もありますから注意したほうが良い馬だと思います。レディオブオペラは道悪が残っても対応は出来そうです。馬体が戻っていることと、ハクサンムーンとの兼ね合いが問題だと思います。


リアルインパクトも道悪は良いかもしれません。ストレイトガールはまあシルクロードステークスを勝っているからマークすると言う感じです。マヤノリュウジンは大外枠が問題。ただスプリンターズ3着の実績は侮れません。


コパノリチャードは逃げないと走らない馬で、多分ハナには行けないと思うのでまったく評価していません。スマートオリオンはここまで手がまわらなかったです。

関連記事

日経賞&毎日杯2014の予想


・日経賞


◎ オーシャンブルー

〇 ウインバリアシオン

▲ フェノーメノ

△ サクラアルディード

△ マイネルジェイド

△ ラストインパクト

△ アドマイヤフライト



有名な話だと思うのですが、中山芝2500メートルはステイゴールド産駒が非常に相性が良いのです。本命のオーシャンブルーは一昨年の有馬記念で2着に来ているステイゴールド産駒です。


中山金杯を勝ったので昨年のような状態にはなっていないと予想できます。母系がミルリーフの系統なのも今の馬場にはよいかと思います。フェノーメノが宝塚記念以来なのでこの馬を少し注目したいと思います。


ウインバリアシオンは有馬記念でも2着に来て故障前の状態に近いかと思います。フェノーメノは昨年の勝ち馬ですが、先ほど言ったように宝塚以来のレースでそこが心配です。


その他では連勝中のマイネルジェイドはステイゴールド産駒なので意外と侮れないと思います。ラストインパクトは叔父にナリタブライアンとビワハヤヒデがいるので距離は持ちそうです。



・毎日杯


◎ ラングレー

〇 マイネルフロスト

▲ ステファノス

△ アズマシャトル

△ ピークトラム

△ エイシンブルズアイ


このレースは昨年キズナが勝ったのですが、ディープインパクト産駒が強いコースです。ラングレーはディープ産駒で東スポ杯でも4着と好走しているので能力はあると思います。ニックス配合ですし良いのではないかと思います。


マイネルフロストはディープインパクトの兄のブラックタイドの産駒で、ディープほどの相性ではないですが、馬自身は共同通信杯4着ですからこの馬も良い勝負をしそうです。ステファノスはディープインパクト産駒ですね。


アズマシャトルは弥生賞は案外でしたがここでは実績は上位です。ピークトラムは重賞でも実績がありますし、エイシンブルズアイも楽に先行出来れば粘れるかもしれません。

関連記事

高松宮記念の傾向と有力馬血統分析


今週は高松宮記念が行われます。このレースはコース改修後で2回しか行われていないのですが、参考までに過去2年では非サンデー系の馬が馬券になっています。またミスプロの血を持っている馬が好走しています。


それと今開催の中京芝1200メートルでは父ミスプロ系が良く来ている印象です。父サンデー系の馬は他のレースに比べてやや苦戦傾向です。ただ今開催は3レースしかないのでデータがあるわけではないので参考程度に。


ストレイトガールは近親に桜花賞馬のシャダイカグラがいます。フジキセキ産駒ではキンシャサノキセキを出しているのでスプリントGⅠは問題ないと思いますが、父サンデー系は今の中京の芝1200メートルの馬場に合うのかは分かりません。


ハクサンムーンは昨年の3着馬でCBC賞でも2着があるのでコース適性は悪くないと思います。父はミスプロ系のアドマイヤムーンですから馬場適性は良いと思います。あとは前走の走りをどう見るかでしょう。


レディオブオペラは母父がミスプロ系のキングマンボで血統内にヌレイエフが入っているのは今の馬場には良いと思います。前回は馬体減が影響したと思うので状態面がまず問題だと思います。


コパノリチャードは父サンデー系で母父が欧州血統ですから今の馬場は合わないのかもしれません。それにスタートは他馬より遅いでしょう。サンカルロも母父がミスプロ系、一昨年の2着馬ですから後は展開次第でしょう。


スマートオリオンは良く分からないですが、これもあまり今の傾向に合う感じではないでしょうね。リアルインパクトは出遅れた前走は参考外で、兄にアイルラヴァゲインなので1200メートルでも走ってもおかしくはないのですが。

関連記事

阪神大賞典2014の予想


◎ バンデ

〇 ゴールドシップ

▲ アドマイヤラクティ

△ サトノノブレス

△ ヒットザターゲット



バンデは英ダービー馬のオーソライズドの産駒です。母系にもバステッドが入っているなどの欧州系のスタミナ血統です。今回は単騎逃げも出来そうですし、斤量も55キロで本命にして見たいです。


ゴールドシップは小回りでこのメンバーなら負けられないと思うのですが、ちょっとわからないですね。全盛期ほどの力はもう無いかもしれませんが走ってみなければわからないです。


アドマイヤラクティは昨年の春天で4着した馬で当然スタミナがあります。距離は長いほど良いと思うので早めにスパートすれば勝ち負けしそうです。


サトノノブレスは菊花賞で2着した馬で距離にはそれほど不安はありません。母父トニービンのような欧州のスタミナ血統も良いです。


ヒットザターゲットは母系にニホンピロウイナーがいるので2400メートルより長い距離はあまり良くないかもしれないです。ただ前走は展開が向かなかったレースだったのであとはジョッキー次第でしょう。

関連記事

スプリングステークス2014の予想


◎ ベルキャニオン

〇 ロサギガンティア

▲ ダノンアンビシャス

△ クラリティシチー

△ ナスノアオバ

△ ウインマーレライ

△ アジアエクスプレス



本命はベルキャニオンにしました。今開催の中山芝1800メートルは父サンデー系の馬がほとんど勝っています。フラワーカップもゼンノロブロイ産駒のバウンスシャッセが勝ちました。


ベルキャニオンは父がディープインパクトで兄に弥生賞を勝ったカミノタサハラがいます。さらに祖母は京王杯AHを勝ったクロカミがいるので中山適性はあると思います。これまでの戦績から軸として信頼できそうです。


対抗はロサギガンティアでこれもサンデー系のフジキセキ産駒です。この馬は人気になりそうですが、権利を取りたい馬も好走することのあるレースで注意が必要でしょう。母がドイツ産ですからこういう血統にも注意が必要かと思います。


ダノンアンビシャスはディープ産駒で、2走前にはバウンスシャッセの3着という実績があります。父サンデー系ですから侮れないと思います。クラリティシチーは毎回好走している馬です。勝ち切るまではいかないでしょうが、今回も確実に走りそうです。


ナスノアオバはネオユニヴァース産駒、ウインマーレライはマツリダゴッホ産駒とういことで押さえます。アジアエクスプレスはサンデーの血を持っていない馬です。今の中山の傾向からは外れているので評価は下げます。

関連記事

ファルコンステークス2014の予想


◎ ショウナンアチーヴ

〇 タガノブルグ

▲ カラダレジェンド

△ ネロ

△ マキャヴィティ

△ タガノグランパ

△ サトノルパン


本命はショウナンアチーヴにしました。朝日杯2着した実績はあるのですが、2走前に芝1400メートルで勝ち鞍があるので距離適性はあると思います。母は2歳女王ですから今は稼ぎ時だと思います。久々でも好走できる可能性は高いと思います。


タガノブルグはヨハネスブルグ産駒でストームキャットの系統で、母母父はウッドマンです。ダート血統だと思うので芝1400メートルへの適性はあると思います。実際にクロッカスステークスで2着しています。


カラダレジェンドは京王杯を勝った実績があります。久々のレースがどうかと思いますが、すでに1400メートルで実績がありますし、父がダートでも走るフレンチデピュティですから1400メートル適性は高いと思います。


ネロは叔母にニシノフラワーがいます。ヨハネスブルグ産駒ですから1400メートルで走る可能性はあります。マキャヴィティも新潟でダリア賞を勝った実績があります。タガノグランパはコース相性が良くないキンカメ産駒。サトノはディープインパクト産駒なので評価を下げます。

関連記事

フラワーカップ2014の予想


◎ マイネグレヴィル

〇 ニシノアカツキ

▲ バウンスシャッセ

△ ショウナンパンドラ

△ チョコレートバイン

△ パシフィックギャル

△ クリスマス


 
本命はマイネグレヴィルにしました。まず父か母父がロベルトが相性の良いレースだと思うので、父がブライアンズタイムなので良いかと思います。金曜日はパンパンの良馬場ではなさそうで、函館ほどの極悪馬場ではないですが力のいる馬場は良いと思います。牡馬相手でも好走しています。


相手はニシノアカツキでオペラハウス産駒なので力のいる馬場は良さそうで、母父アグネスタキオンもこのレースと相性が良いです。バウンスシャッセは寒竹賞で牡馬相手で勝利したので能力は高そうです。


ショウナンパンドラは叔父にステイゴールドがいて、ディープインパクト産駒ですから注意は必要でしょう。チョコレートバインもエルフィンステークスで好走したので侮れないと思います。堅実に走るパシフィックギャルと阪神JF4着のクリスマスまで押さえます。

関連記事

スプリングステークス&阪神大賞典の有力馬の血統分析


・スプリングステークス


これと言った血統の傾向があるレースではないですね。ただサンデーの血を持っていない馬には厳しいレースかもしれません。


アジアエクスプレスは母父がコジーンの系統なので芝でも走るのでしょう。父はストームキャットの系統ですから仕上がりも早く、距離はマイル前後が良さそうです。当然ダートでも芝でも走れる血統です。


ベルキャニオンは全兄にカミノタサハラがいます。祖母のクロカミは京王杯オータムH勝ちで中山適性はありそうです。クラリティシチーは祖母がクリスタルカップを勝ったタイキダイヤですからスピードに寄った血統だと思います。


ロサギガンティアは母系がドイツ血統で、母父はボールドルーラー系です。ドイツ血統だけでも注意が必要かもしれません。モーリスは血統的には距離は長い方が良さそうですが、1400メートルで高いパフォーマンスを見せているので評価が難しいです。



・阪神大賞典


これも顕著な傾向はないと思うのですが、当然スタミナがありそうな血統が良いです。母父が欧州血統の馬も良く馬券に絡んでいます。



ゴールドシップは今さら血統を説明する必要はないと思いますが、やはり小回りのコースの方が良く走る馬だと思います。精神面はわかりませんが、昨年勝っているので普通なら勝つでしょう。


サトノノブレスは牝系にベガやアドマイヤベガがいる血統で、距離は菊花賞で2着していますし問題ないでしょう。この馬も普通に考えれば勝ち負けしそうです。


バンデは英国ダービー勝ちのオーソライズドの産駒です。欧州血統だと思うのでレース適性はあると思います。アドマイヤラクティも母父はエリシオですし長距離で大崩れはなさそうです。ヒットザターゲットは母系にニホンピロウイナーがいるは微妙です。




関連記事

フィリーズレビュー2014の予想


◎ エスメラルディーナ

〇 ホウライアキコ

▲ ホッコーサラスター

△ アドマイヤビジン

△ リアルヴィーナス

△ ダンスアミーガ

△ ヤマノフェアリー

△ ベルカント


本命はエスメラルディーナとします。とにかくダート血統が強く、人気より走るのがダート血統です。エスメラルディーナは外国産馬で、父がストームキャット系で母父がミスプロ系です。ダート血統は元々芝1400メートルで強いです。


ホウライアキコは父は同じストームキャット系のヨハネスブルグです。1400メートルは合っていると思いますし、これまでの実績から普通に強いでしょう。


ホッコーサラスターもヨハネスブルグ産駒で、母父ダンシングブレーヴは4歳牝特時代にキョウエイマーチがこのレースに勝ちました。しかも阪神芝1400メートルで勝ち鞍があります。


アドマイヤビジンはクロフネ産駒で前走は紅梅ステークスを勝ったので1400メートルは合っていると思います。リアルヴィーナスも芝1400メートルで馬券対象を外していません。ダンスアミーガもこのコースで勝っています。


ヤマノフェアリーはこのレース苦手のディープインパクト産駒、ベルカントは坂が課題でしょう。

関連記事

中山牝馬ステークス2014の予想


◎ キャトルフィーユ

〇 エバーブロッサム

▲ フーラブライト

△ アロマティコ

△ サクラプレジール

△ エクセラントカーヴ

△ アグネスワルツ

△ ノボリディアーナ


牝馬のハンデ戦でかなり難解なレースですが、本命はこのレースを勝ったことのあるレディアルバローザの妹のキャトルフィーユにします。


姉が勝っていることが大きいのですが、ハンデも52キロと恵まれました。休み明けにそれほど実績がないのと、14番枠なのはあまりよくない材料ですが、ここでも人気になっているフーラブライトと接戦している実績もありますから本命としたいと思います。


エバーブロッサムはオークス2着の実績があります。昨秋は輸送がダメだったみたいです。このコースではフラワーカップで惜しい競馬をしたので相性は悪くないでしょう。


フーラブライトは牡馬相手の日経新春杯でも好走して今回のハンデは53キロと他馬よりも恵まれた印象があります。エリザベス女王杯3着のアロマティコはコース適性がどうか。フラワーカップ勝ちでサクラプレジデント産駒のサクラプレジールも侮れないと思います。

関連記事

中日新聞杯2014の予想


◎ ラキシス

〇 レッドレイヴン

▲ アンコイルド

△ ラブリーデイ

△ フラガラッハ

△ サムソンズプライド

△ エックスマーク

△ アロマカフェ


本命はラキシスにしました。直近1年の中京芝2000メートルでディープインパクト産駒は好成績を残しています。複勝率は40パーセントを超えています。斤量は少し他馬と比べて微妙ですが、京都記念でも4着と好走しましたから牡馬相手でもやれると思います。


レッドレイヴンはグラスワンダーの甥で血統的にも魅力がありますが、前走は馬体重が大幅に増えていたので状態面がよければダービーに進んだ馬ですから勝負になりそうです。


堅実なアンコイルドはやはり高く評価したいです。普通に強いと思います。ラブリーデイは昨年の金鯱賞でも2着した馬ですから有馬記念はノーカウントにすればここでも良い競馬が出来そうです。他では近親にエアグルーヴがいるサムソンズプライドも怖いと思っています。

関連記事

フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスなどの血統傾向や有力馬の分析

・フィリーズレビュー


このレースはダート血統の馬が人気より走るイメージがあります。09年15番人気で3着のレディルージュがブライアンズタイム×キングマンボ。10年9番人気で優勝のサウンドバリアーがアグネスデジタル×シアトルスルーです。


逆に父サンデー系は過去5年で1勝で、昨年のメイショウマンボだけが勝ちました。基本的にサンデーを狙うならダイワメジャー産駒が良いと思います。その他ではファルブラヴ産駒が相性が良いと思います。


人気が予想されるホウライアキコは父がストームキャット系で、母系にウッドマンが入っています。1400メートルは初めてですが、十分にこのレースに対応できるかと思います。


ヤマノフェアリーはデニムアンドルビーの妹ですが、ディープ産駒は芝1400メートルの重賞では割引が必要でしょう。能力でどこまでやれるかだと思います。ベルカントは母父がボストンハーバーでダート血統ですが、阪神の急坂をこなせるかは微妙です。


アドマイヤビジンは牝系にタマモクロスがいる血統です。母父はトウケイヘイローの父でもあるゴールドヘイローで、ダート色の強い血統で1400メートルは合ってそうです。ジュニアカップを勝ったエスメラルディーナはアメリカ産で、ストームキャット系×アンブライドルド系なのでダート色が強い血統です。



・中山牝馬ステークス


父か母父がロベルト系の馬が阪神開催を除くと馬券に絡んでいます。母父ノーザンダンサー系もまずまずの相性。父サンデー系は09年のキストゥへブン以来勝ちがありません。


09年15番人気で2着のピンクカメオは父がフレンチデピュティ、12年8番人気で1着のレディアルバローザは父がキングカメハメハなど人気がないダート血統にも注意が必要でしょう。


フーラブライトは芝を走るようになってから活躍し始めました。父はダートの大物を輩出しているゴールドアリュールでレース適性はダメではないでしょう。エバーブロッサムはエイジアンウインズの妹です。母父がノーザンダンサー系のデインヒルですからレース適性は悪くないと思います。


アロマティコの父キングカメハメハは一昨年の勝ち馬のレディアルバローザも出していますが、中山芝1800メートルは合うかは微妙です。エクセラントカーヴはダイワメジャー産駒すから中山コースは合うと思いますが、骨折明けですから状態面がどうか。


・中日新聞杯はデータが過去2年しかないのでここは有力馬についてのコメントだけ。


アンコイルドは父がストームキャット系のジャイアンツコーズウェイで、母系を含めても馬力がありそうです。ラキシスはニックス配合のディープインパクト×ストームキャットです。配合的にも広いコースが合っている感じがします。


レッドレイヴンは叔父にグラスワンダーがいる血統です。馬力がありそうな血統で、中京コースも苦にはしないと思います。フラガラッハは母系がトニービン×ヌレイエフで、左回りの広いコースは合いそうなイメージで2000メートルまでは対応できそうです。

関連記事

弥生賞2014の予想

◎ イタリアンネオ

〇 エアアンセム

▲ トゥザワールド

△ キングズオブザサン

△ アズマシャトル

△ ワンアンドオンリー

△ アデイインザライフ

△ ウンプテンプ



本命はイタリアンネオ。ネオユニヴァース産駒ということで本命。ロジユニヴァース、ヴィクトワールピサだけではなく、昨年は人気薄のミヤジタイガーも馬券に絡みました。さらに叔母に中山で開催された七夕賞を勝ったイタリアンレッドがいるので人気がないなら面白い馬だと思います。


対抗はエアアンセムで、ホープフルステークス勝ちがある馬で、前走は馬群の中で競馬をして苦しい状況でした。ホープフルステークスは共同通信杯で2着したベルキャニオンを退けていますし、エアシャカールやエアシェイディがいる血統ですから中山コースへの適性は高いです。


トゥザグローリーはキンカメ産駒ですから広いコースの方がパフォーマンスを発揮するかもしれません。しかし弥生賞レベルだったら好走する可能性も高いです。キングズオブザサンは葉牡丹賞と京成杯でコース適性は問題ないです。チチカステナンゴ産駒初の重賞勝ちのチャンスもありそうです。


ラジオNIKKEI組のワンアンドオンリーとアズマシャトルも評価したいです。血統的にも問題はないと思いますし、状態が良ければチャンスはありそうです。


アデイインザライフは2戦目の京成杯で3着したので上積みと能力はありそうですが、母父サクラバクシンオーなのがかなり気になります。タフな馬場はあまり良くないでしょう。ウンプテンプは母系にフサイチコンコルドやアンライバルドがいる血統で押さえます。

関連記事

チューリップ賞2014&オーシャンステークス2014の予想

・ チューリップ賞


◎ リラヴァティ

〇 ハープスター

▲ マラムデール

△ シャイニーガール

△ プリモンディアル

△ ミュゼリトルガール

△ ヌーヴォレコルト


本命はリラヴァティにしました。ディープインパクト産駒が強いコースですが、ゼンノロブロイ産駒もこのコースは過去1年では強いコースです。兄はアダムスピークがいて、母父シングスピールもマイル戦で強い血統です。3着以内なら可能性はあるかもしれません。


ハープスターは普通に強いです。特にディープ産駒ですからこのコースではさらにパフォーマンスを上げると思います。脚質が今のところ極端な所が出ているのですが、この頭数ならあまり問題ないかもしれません。


マラムデールはフサイチエアデールの産駒で、ダート血統が入っている馬も良いレースです。シャイニーガールも内枠を引きました。そこを生かせば好走できそうです。プリモンディアルはキャリア1戦なのがどうか。ディープ産駒なのである程度の評価は必要でしょう。



・ オーシャンステークス


◎ ハクサンムーン

〇 レオンビスティー

▲ レッドスパーダ

△ リアルインパクト

△ アースソニック

△ アフォード

△ インプレスウィナー


ここは相手に恵まれた感があるハクサンムーンを本命。スプリンターズSと同じ57キロで出れますし、説明する必要もなく強いでしょう。スプリンターズSで2着したようにコース適性も問題ないでしょう。


相手はレオンビスティーで、中山芝1200メートルは3戦全勝です。コース相性が良いこととサクラバクシンオー産駒ですからこのレースでも問題ないでしょう。レッドスパーダは3年前に走ったことのあるレースで、メンバー的にも上位とします。


リアルインパクトは兄がアイルラヴァゲインですから血統的にはスプリント戦でも走る可能性はありそうですが、阪神カップは前残りのレースだったので、少し様子を見たいです。

関連記事

弥生賞の血統傾向や有力馬の分析など


・弥生賞


血統的には父系か母系がノーザンダンサー系の馬が強いようです。ダート型や欧州型問わず強く、特に母父ノーザンダンサー系は強いです。それと他にはネオユニヴァース産駒が注目でしょう。


トゥザワールドは母がトゥザヴィクトリーで、兄にトゥザグローリーがいます。前走は内回りの若駒ステークスを勝ちましたが、本来は広いコースの方が合いそうな気がします。しかし今回の条件とメンバーならあっさりクリアする可能性もありそうです。


キングズオブザサンは母がスティンガーで兄にサトノギャラントがいます。中山芝2000メートルでも実績がありますが、広いコースでも良いと思います。チチカステナンゴ産駒初の重賞勝ちの可能性も十分にあります。


ワンアンドオンリーは母父がタイキシャトルで、母系にダンチヒが入っています。なのでスピードに少し偏った母系だと思うので距離は2000メートルくらいまでが良さそうです。


その他ではアズマシャトルは叔母にスティルインラヴがいる血統で侮れない馬だと思います。エアアンセムはエアシャカールやエアシェイディがいるので中山コースは合うはず。ネオユニヴァース産駒のイタリアンネオにも注目です。



・チューリップ賞


4年前にキングカメハメハ産駒が上位独占したようにミスプロ系がけっこう強いです。全体的にダートの血が入っている馬が人気より走る傾向にありそうです。


ハープスターは祖母がベガで、叔父にアドマイヤベガやアドマイヤドンがいる血統です。これまで見せた能力から当然有力でしょう。阪神マイルに強いディープインパクト産駒です。


シャイニーガールは祖母がスワンステークス勝ち馬で、父はディープインパクトの兄のブラックタイドです。阪神マイルは合いそうです。プリモンディアルは叔父にフサイチコンコルドやアンライバルドがいる良血でスケールはありそうですがキャリア2戦目がどうか。


マラムデールは母がフサイチエアデールでフサイチリシャールとほぼ同じな血統で、ヴァイスリージェント系も比較的相性の良いレースです。リラヴァティはアダムスピークの妹でマイルにも対応できそうです。



・オーシャンステークス


顕著な傾向は読み取れませんが、ダート血統は何頭か来ています。


ハクサンムーンは血統を言うよりも単純に強い馬です。母父がサクラバクシンオーですからスプリント適性は高いです。あとは久々のレースがどうか。リアルインパクトは兄がこのレースを勝ったアイルラヴァアゲンです。もしかしたら1200メートルでも走る可能性はありそうです。


アースソニックもクロフネ産駒ですからレース適性は悪くないと思います。レッドスパーダは3年前の3着馬ですが、1200メートルでも走れる血統です。

関連記事

阪急杯2014の予想


◎ コパノリチャード

〇 マヤノリュウジン

▲ サンカルロ

△ ラトルスネーク

△ ガルボ

△ ダノンシャーク

△ サンレイレーザー


本命はコパノリチャードにしました。このレースは父サンデー系があまり成績が良くないのですが、サンデーとしては異質とも言えるダイワメジャーの産駒で、芝1400メートルの流れに強い種牡馬です。


しかも単騎で行けそうで1番枠を引き当てました。スワンステークス勝ちのように1400メートルでも対応できる力はあると思います。


対抗のマヤノリュウジンはスプリンターズステークス3着馬です。対抗は非サンデー系の馬を狙ってみたのですが、ノーザンダンサー系やダート血統などが良いのでこのレースには合っていると思います。このコースでの勝ち鞍もあります。


サンカルロは阪神芝1400メートルで実績のある馬です。非サンデー系で前走の阪神カップはスローペースで前が空かないロスもありました。このメンバーだったらまだ好走する可能性はありそうです。


この寒い時期に走るガルボはサンデー系でも押さえたいですが、芝1400メートルの重賞であまり実績がないディープ産駒のダノンシャークは評価を下げます。非サンデー系のラトルスネークやサンレイレーザーも押さえます。

関連記事

中山記念2014の予想


◎ トウケイヘイロー

〇 ナカヤマナイト

▲ ロゴタイプ

△ エアソミュール

△ ダイワファルコン

△ カレンミロティック

△ ヴェルデグリーン



本命はトウケイヘイロー。開幕週でも雨で馬場が高速馬場ではないので逃げ馬有利とはいかないかもしれませんが、コーナー4つのコースで好走していますから適性は悪くないと思います。


さらに道悪は札幌記念を勝っていますし、母父がミルジョージですから馬力があるので明日の馬場でも対応できそうです。しかも単騎で行けそうなメンバーですから信頼できる軸馬だと思います。


ナカヤマナイトは昨年の勝ち馬で、このレースは一昔前はリピーターが強いレースでした。この馬自身も中山コースで実績がありますし、ステイゴールド産駒ですから道悪は得意です。しかもこの馬は重馬場のオールカマーを勝っています。


ロゴタイプは父が中山記念2勝しているローエングリーンで、自身も中山コースは相性が良いです。血統的な背景から評価をしたい馬なので、あとは休み明けで状態しだいでしょう。


エアソミュールは2走前にこのコースのディセンバーステークスを勝っていて、他の有力馬と違って順調に使われているのでここでも好勝負する可能性はありそうです。ダイワファルコンも中山コースで良績のある馬で、昨年の2着馬ですから侮れないと思います。


カレンミロティックは有馬記念でも頑張りました。トニービンの血が入っている馬もこのレースでは良いと思いますし、距離も合ってそうです。ヴェルデグリーンは中山で重賞勝ちはありますが、外回りの2200と内回りの1800は違うと思うのでそこがポイントでしょう。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。