スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年3歳牡馬路線の血統などのコメント


先日今年の3歳牝馬の有力馬の血統についてなどコメントしたので、今回は牡馬路線について血統の詳細についてコメントしたいと思います。まずは朝日杯組から。


・アジアエクスプレス

父のヘニーヒューズはファルコンステークスを勝ったヘニーハウンドを出した馬で、ストームキャット系の仕上がりの早さとメンバーレベルの低さで朝日杯を勝ったのでしょう。配合的に2000メートル以上になると厳しいと思います。

芝ダート兼用の馬で、母父が東京得意のコジーン系ですからNHKマイルカップまでは有力になるかもしれません。ただ将来的にはダートの方が活躍できそうです。


・ショウナンワダチ

母は阪神JFを勝ったショウナンパントルで、牝系にはバブルガムフェローやザッツザプレンティがいる良血です。バクシンオー系に母父サンデーはグランプリボスと同配合で、将来的にはスプリントからマイルが守備範囲でしょう。


・ウインフルブルーム

牝系にアルゼンチン共和国杯を勝ったサンライズジェガーやプリサイスマシーンがいる血統です。マイルで好走していますが、母父が東京コース得意のサクラユタカオーにスペシャルウイークの配合ですから、ダービーでも走れる血統はしています。


・イスラボニータ

仕上がりの早そうな配合だと思います。東京コースで好走したのは母父のコジーンの影響でしょうか。ただ距離は長すぎるのはあまり良くなく、フジキセキ産駒は牡馬クラシックは確かまだ勝っていないはず。そこの評価が難しいです。


・ワンアンドオンリー

母系はダンチヒやミスプロが入っていて、スピード色が強い血統ではないかと思います。仕上がりも早く距離はあまり長くないほうが良さそうです。ダービー向きの血統とまではいかないかも


・プレイアンドリアル

母系が馬力があるので京成杯は勝った印象。デュランダル産駒は母方の血統によって距離はこなせそうですが、母父ティンバーカントリーではクラシックは厳しいでしょう。


その他ではミッキーアイルは確かにマイルが良さそうな配合ですが、シンザン記念は恵まれた印象。トゥザワールドはトゥザヴィクトリーの産駒でダービーは良さそうな配合です。


トーセンスターダムは叔父にトーセンジョーダンがいる血統で能力は高そうです。バンドワゴンは母系がアメリカのダート系の血統なのが気になります。


牡馬のクラシック路線ではやはり軸となる馬がまだ出ていないという印象です。

関連記事
スポンサーサイト

根岸ステークスとシルクロードステークスの傾向と血統分析

・根岸ステークス


以前はミスプロ系などのダート血統が強いイメージがありましたが、ここ3年連続で父サンデー系の馬が勝っています。昨年は1着から3着まで父サンデー系なので傾向が変わって来ているかもしれません。父サンデー系の種牡馬に母方がダート血統の馬が良いかもしれません。


ブライトラインはその父サンデー系のフジキセキです。母父はサドラーズウェルズ系ですが、母系にはアリダーが入っています。叔母にサーガノヴェルがいるので1400メートルの距離も問題ないかと思われます。


ドリームバレンチノは父がドバイWCを勝ったロージズインメイです。母方もダート寄りの血統ですから、ダートで走ってもおかしくありません。距離も1400メートルまでならば。アドマイヤロイヤルはラインクラフトの弟です。成績通りに1400から1600の距離が合っていると思います。


ゴールスキーはゴールドアリュールの弟ですからダートで走ってもおかしくはないです。母父がヌレイエフですから東京コースも良いと思います。エーシントップはアメリカのダート血統ですから今回の舞台設定は良いと思います。



・シルクロードステークス


一昨年まではノーザンダンサー系の馬が強かったのですが、昨年は母父ミスプロ系が上位独占でした。ただ依然としてダート色が強い血統が来ている印象です。昨年のように、特に母方がダート血統の馬が良いかもしれません。


人気になりそうなレディオブオペラは母方にサンデーとダンチヒが入っています。配合的にも良質な血統だと思うので重賞を勝つ力はあると思います。またヘイローの3×4のクロスを持っています。


ストレイトガールにもヘイローの3×4と母系にダンチヒが入っています。ダンチヒ系が入っているので平坦コースが合っていると思います。またシャダイカグラが牝系にいます。


プレイズエターナルは叔父にサセックスステークスを勝ったコートマスターピースがいる血統で能力が高そうです。マジンプロスパーは馬力がありそうな血統で、実績どおりに短距離は良いです。アイラブリリも馬力はありそうで多くのクロスを持っているので距離は成績通りに短い所が良いです。

関連記事

東海ステークス2014の予想


◎ ニホンピロアワーズ

〇 ケイアイレオーネ

▲ グランドシチー

△ サトノプリンシパル

△ グレープブランデー

△ ナムラタイタン

△ ソリタリーキング


このレースは昨年からこの時期の1800メートルに変わりました。データが昨年までしかないので参考に出来ないのですが、ニホンピロアワーズは普通に強いと思います。


ジャパンカップダートは久々のレースで5着に来て東京大賞典も使って状態は良くなっていると思います。これまでの実績を考えてもここは負けられないレースだと思います。血統どうこうよりも強いでしょう。


ケイアイレオーネはシリウスステークスを勝った馬ですから力はあると思うので直線が長いコースに変わって巻き返す可能性があり、距離も血統的には大丈夫だと思います。


グランドシチーも脚質的に直線の長いコースは良いと思います。JCダートで6着に来ていますから力はあると思います。サトノプリンシパルはこのコースで勝ち鞍があるので血統も良いですし好走する可能性はありそうです。


グレープブランデーは昨年の出来にあるかどうかだけでしょう。ナムラタイタンはニホンピロアワーズと接戦した実績があり、斤量も56キロですから怖い馬です。ヴァーミリアンの弟のソリタリーキングにも上位に食い込むチャンスがありそうです。

関連記事

アメリカジョッキークラブカップ2014の予想


◎ フェイムゲーム

〇 ダービーフィズ

▲ レッドレイヴン

△ ヴェルデグリーン

△ ダノンバラード

△ ケイアイチョウサン

△ トゥザグローリー


このレースではあまりない多頭数の競馬となりましたが、本命はフェイムゲームとしました。中山コースは京成杯勝ちがあり、兄に中山で重賞を勝ちまくったバランスオブゲームがいます。


皐月賞はレース中に故障してケガ明けの一戦を叩いた効果はありそうです。母父がリボー系で欧州型の血統なのも良いです。このレースへの適性、今の中山の馬場に合っている馬だと思います。


対抗のダービーフィズも中山で実績があり、セントライト記念2着の成績があります。マンハッタンカフェの甥で兄妹に重賞勝ち馬がいる良血で、この馬も今の中山の馬場に合っていると思いますし、トニービンの血が入っている馬も馬券に絡んでいるレースです。


レッドレイヴンは2歳時に東スポ杯でコディーノの2着に入った実績があります。外国産馬ですが叔父にグラスワンダーが居る良血で中山適性もある可能性があります。かなりの能力がある馬かもしれません。


ヴェルデグリーンはオールカマーの勝ち馬で中山でも実績がある馬です。ジャンポケ産駒もトーセンジョーダンがこのレースを勝っています。ダノンバラードは昨年の勝ち馬で問題なし。母系がダート血統ですから馬力が必要とされる今の馬場にも対応できそうです。


ケイアイチョウサンは中山金杯では大外枠が響いた感じがします。血統的にも今の馬場にも対応できる力はあるので展開一つ。トゥザグローリーは有馬3着2回の実績が中山であります。全盛期まで状態がいかなくとも押さえます。


フェイムゲームとダービーフィズのダブル本命のような形を取りたいと思います。

関連記事

京都牝馬ステークス2014の予想


◎ ウリウリ

〇 ドナウブルー

▲ ノボリディアーナ

△ プリンセスジャック

△ ゴールデンナンバー

△ エアジョルブロワ

△ ローブティサージュ


近走重賞で好走した馬が少ないメンバーですが、本命はウリウリにしました。父はディープインパクトで母父がフレンチデピュティですが、父サンデー系と父か母父がノーザンダンサー系の馬が良く来るレースです。


ディープインパクト産駒は京都マイルは相性が良く、京都金杯でも産駒がワンツーだったかと思います。ローズステークスでは一応メイショウマンボに先着した実績があるので能力はあると思います。コーナー2つのコースも良さそうです。


ドナウブルーは斤量が56キロというのは他馬との差があるのでどうかですが、実績、能力共にメンバーでは1番でしょうから当然対抗の評価とします。京都牝馬Sは一昨年勝っていますしディープ産駒ですからこのコースは最もパフォーマンスを発揮しやすいコースかもしれません。


ノボリディアーナは白百合ステークスでウリウリを実際に負かしています。配合的にもこのレースとは相性は悪くないと思いますし、フジキセキの近親ですから侮れない力はあると思います。


プリンセスジャックは昨年の桜花賞3着馬です。兄は京都コースで走ったサイドワインダーがいるのでコース適性は悪くないと思います。能力はありそうなゴールデンナンバーと近走安定しているエアジョルブロワ、マイルで巻き返す可能性がありそうなローブティサージュまで印を回します。

関連記事

2014年の3歳牝馬の血統などをコメント


私はプレイステーションなどのゲームをするのですが、ウイニングポスト8が3月に発売予定です。今作は新シリーズで新しいシステムで遊べるようなので今から期待しています。


今回は今年の3歳牝馬の有力馬について少しコメントしてみたいと思います。個人的な印象なので参考程度に見てもらうとうれしいです。


・レッドリヴェール

兄には3歳オープンのベンジャミンステークスを勝ったサードニックスがいます。父のステイゴールドは牡馬で大物を出していますが、牝馬によるGⅠ制覇は初めてだと思います。

母父がデルタブルースやフミノイマージンの母父でもあるディキシーランドバンドですから母系はスタミナがあるかと思います。なので不良馬場だった札幌2歳ステークスやタフさが求められる阪神JFも勝ったのでしょう。

阪神JFを勝った馬は東京240メートルのGⅠでも好走することが以前はありました。桜花賞だけではなくオークスでも走りそうな血統をしていて、春のクラシックの適性は高いと思います。


・ハープスター

祖母が2冠馬ベガです。なので叔父にアドマイヤベガやアドマイヤドンがいます。母父ファルヴラブがどうでるかでしょうが血統からクラシックを勝つ可能性を秘めている馬だと思います。

特にディープインパクト産駒だけに桜花賞は期待できそうです。なにしろディープ産駒は桜花賞3連勝中です。今年のクラシックに照準を合わせているような感じにも見えますからレッドリヴェールを負かす可能性は十分にあります。


・フォーエバーモア

叔父に重賞を2勝したトーヨーレインボーがいて、さらに近親に天皇賞秋を勝ったジャスタウェイがいる血統です。母父はミスプロ系で、配合的にはオークスよりも桜花賞が良さそうです。レッドリヴェールやハープスターと接戦した馬ですから侮れないと思います。


・クリスマス

バゴの産駒は菊花賞を勝ったビッグウイークやダートの短い距離で勝ってきたゴールドバシリスクなど適性はバラバラな印象があります。この配合で函館2歳ステークスを勝ったのはちょっと説明できないですが、母父ステイゴールドですからオークスでも怖い馬になるかもしれません。


・マーブルカテドラル

母はチューリップ賞を勝ったヘルスウォールです。母の成績から仕上がりは早そうです。距離はあまり長くないところが良いかもしれないので、桜花賞の方が好走する確立が高そうです。


その他ではフェアリーステークスを勝ったオメガハートロックは姉がフラワーカップを勝ったオメガハートランドなので中山適性が高い、さらにレースが1勝馬だけのメンバーにも恵まれたのでトップクラスとはかなり差がありそうです。

この前の紅梅ステークスを勝ったアドマイヤビジンは3代母にミヤマポピーがいるのでタマモクロスが近親にいますが、配合的にはクロフネ産駒ですからオークスになると難しい印象があります。

関連記事

アメリカジョッキークラブカップなどの重賞傾向や血統


夜分の更新になりますが書いていきたいと思います。今週は3重賞で東海ステークスは移設して2年目なので注目馬についてコメントします。


◆ アメリカジョッキークラブカップ


ここ近年の血統の傾向を見るとスタミナ血統が来ていて、トニービンやオペラハウスなどの欧州のスタミナ血統が良く来ています。ノーザンダンサー系も良く来ています。


ダノンバラードは昨年勝っているので適性は問題なし、宝塚でも2着しているように小回りコースが良さそうです。ヴェルデグリーンも同コースのオールカマーを勝ってますし、ジャンポケ産駒はトーセンジョーダンがこのレースを勝っています。


レッドレイヴンは叔父にグラスワンダーがいるので中山巧者の可能性はありそうです。その他ではセントライト記念2着でジャンポケ産駒のダービーフィズ、母系がリボー系で京成杯を勝ったフェイムゲームも面白そうです。


◆ 東海ステークス


ニホンピロアワーズは今さら言うことはなく強い馬です。字面は芝血統ですがダートで走っています。グレープブランデーは昨年勝っているので後は状態次第でしょう。


ナムラビクターは叔父にナムラコクオーがいるのでダートでも走るのでしょう。ミスプロの4×4があります。グランドシチーはキンカメ×ブライアンズタイムなのでダートでも走るのでしょう。ケイアイレオーネはヘニーヒューズ産駒で、アジアエクスプレスが産駒にいますが、ダートでも走る種牡馬です。


◆ 京都牝馬ステークス


昨年から土曜開催で開催時期も微妙にずれました。それでも父サンデー系とノーザンダンサー系が昨年も来ていたので、今年もそういう傾向になるかもしれません。


ドナウブルーは一昨年の勝ち馬で本来はマイラー血統ですからレース適性は問題ないです。ウリウリは母父がフレンチデピュティで、クロフネ産駒が馬券に絡むこともあるので適性は悪くないはずです。


ローブティサージュはサンデーの血がないのは気になりますが、母父シングスピールですからマイルは合っていると思います。ノボリディアーナは叔父にフジキセキがいる血統で牝馬限定の重賞を勝てる力はあると思います。

関連記事

日経新春杯と京成杯の予想


◆ 日経新春杯


◎ ラウンドワールド

〇 サトノノブレス

▲ ラブイズブーシェ

△ アドマイヤフライト

△ カワキタフウジン

△ ロードオブザリング

△ フーラブライト


ラウンドワールドは母父が欧州系のトニービンで、叔父にこのレースを勝ったことがあるステイゴールドがいます。前走は2走ボケが原因かもしれません。京都2400メートルのコース形態は合っていると思います。

サトノノブレスも同じディープ×トニービンの配合です。こちらは牝系にベガがいます。この馬も京都2400メートルは合いそうで菊花賞2着の実績から評価したほうが良いでしょう。

ラブイズブーシェは有馬4着で、オルフェーヴルが前にいた馬を掃除した影響が大きかったと思います。しかしこの馬も京都2400メートルは良さそうな配合です。アドマイヤフライトもまたこのコースは合っているかと思いますが、禁猟は見込まれたかと思います。



◆ 京成杯

◎ ラングレー

〇 エアアンセム 

▲ ピオネロ

△ キングズオブザサン

△ ディアデルレイ

△ ウインマーレライ

△ プレイアンドリアル


ここを勝てばクラシックでも期待できそうな馬が何頭か揃っています。ラングレーは新馬で素質馬のベルキャニオンを負かしました。東スポ杯はスピード決着で4着でしたが、相性の良いディープ×ストームキャットの配合。母父からも今の中山の馬場にも適応できると思います。

エアアンセムはエアデジャヴーの一族です。中山の重賞で好走している馬が牝系にいますし、前走に続いての中山芝2000メートルですから当然コース相性は良いです。ピオネロは母系がアルゼンチンの血統だと思います。ネオユニヴァース産駒ですから中山コースは合うと思います。

キングズオブザサンは母がスティンガーで、葉牡丹賞勝ちですからコース適性は問題ないでしょう。同レースで2着したディアデルレイとマツリダゴッホ産駒のウインマーレライも押さえます。

関連記事

京成杯と日経新春杯の傾向と有力馬の血統について


◆ 京成杯


顕著な傾向はないのですが、やはりスタミナがありそうな血統や馬力がありそうな血統が良いです。馬力型はダートで走る血統よりも欧州の血統の方が良く来ている印象があります。基本的にクラシックで好走馬を出している種牡馬も強いです。


エアアンセムは叔父にエアシェィディと叔母にエアメサイアがいて、エアシャカールが近親にいる血統で中山コースに実績がある血統なので当然有力、ラングレーは今流行りのディープ×ストームキャットの配合で、母系も優秀な種牡馬が内包されています。あとは内回りがどうか。

プレイアンドリアルは仕上がりの早さで好走しているのかもしれません。距離はあまり長くない方が良いかも。キングズオブザサンはスティンガーの産駒で牝系も優秀なのでチャンスはありそうです。ウインマーレライはマツリダゴッホ産駒ですから中山は得意なはずです。



◆ 日経新春杯


このレースは欧州スタミナ血統が入っているなどのスタミナ血統が良かったのですが、昨年は微妙な結果になりました。ただ今年は昨年よりかはメンバーレベルが高いかもしれないので、やはりスタミナがある血統が良さそうです。


サトノノブレスは母父トニービンですからこのレースには良いと思います。あとは状態次第。アドマイヤフライトも母父トニービンで良いと思いますが、ハンデは見込まれたかもしれません。

ラブイズブーシェもアドマイヤと同じマンハッタンカフェ産駒でこちらは母父はメジロマックイーンです。これも舞台設定は悪くないでしょう。ラウンドワールドは叔父にこのレースを勝ったステイゴールドがいるのでこれも有力でしょう。

関連記事

フェアリーステークス2014の予想


◎ シーロア

〇 リラヴァティ

▲ グリサージュ

△ ホットランナー

△ エクセレントビュー

△ オメガハートロック

△ イントロダクション

△ アンジュデュバン


全馬が1勝馬で難しそうなメンバーですが、ここはコース相性の良いダイワメジャー産駒のシーロアを本命にします。母系がノーザンダンサー系なのもこのレースでは相性が良いですし、今の中山の馬場にも対応できると思います。

リラヴァティはかつてこのレースを勝ったコスモネモシンと同じ配合で、兄にアダムスピークがいるので仕上がりは早そうです。グリサージュも父がノーザンダンサー系のクロフネで、中山マイルで新馬勝ちしました。

ホットランナーはこれも父がダイワメジャーで、母父ガリレオも今の馬場は悪くないと思います。押さえた馬や印が回らなかった馬にもチャンスがありそうです。

関連記事

シンザン記念2014の予想


◎ ウインフルブルーム

〇 タガノグランパ

▲ ミッキーアイル

△ ワイレアアヒネ

△ モーリス

△ ビップレボルシオン


サンデー系が強く、内枠が良い馬場であるという見解をすればウインフルブルームが有力であるとみます。父はマンハッタンカフェで、1番枠ですからこの馬を本命にしたいと思います。朝日杯も外枠を引きながら3着に好走した実績があります。

対抗はこれも内目の枠を引いたタガノグランパで、叔父に重賞を勝ったタガノテイオーがいるので血統的にもよいと思います。それから京都の外回りも良いと思います。

ミッキーアイルは血統的にこのレースの適性はあると思いますが、外枠はやはり良くないと思います。しかも人気になり過ぎの印象があります。白三角の3頭も上位に来る可能性はあると思います。

関連記事

シンザン記念とフェアリーステークスの傾向について


◆ シンザン記念

このレースは父サンデー系が強い傾向にあります。特に11年と12年は父サンデー系の上位独占でした。父サンデー系は注目。それから近年この時期の京都は内を通った馬が良いので内枠が良さそうです。


人気になりそうなウインフルブルームとミッキーアイルは共に父がサンデー系なので有力。ミッキーアイルは母父がダンチヒ系で京都コースも良さそうです。モーリスの母父はカーネギーで、今の時期の馬場は合いそうな感じがします。タガノグランパも母系にダンチヒが入っているので京都コースは悪くなさそうです。


◆ フェアリーステークス

このレースは父か母父がノーザンダンサー系の馬が良く来ています。その中でも欧州型の血統が来ています。サンデー系×ノーザンダンサー系、またはその逆の配合が良さそうです。父サンデー系の中ではダイワメジャーがこのコース得意なので注意してみたいです。


登録馬も多いのでサンデー系×ノーザンダンサー系の馬も多くいます。人気になりそうなニシノミチシルベは祖母がニシノフラワーです。このレースに相性の良い血統ではないですが、マイルは合いそうです。オメガハートロックはオメガハートランドの妹で中山コースは良さそうです。

グリサージュはクロフネ×バブルガムフェローで叔父にデュランダルがいる血統で面白そうな馬です。リラヴァティはアダムスピークの妹で、10年に勝ったコスモネモシンと同じロブロイ×シングスピールの配合です。

関連記事

中山金杯&京都金杯2014の予想


新年明けましておめでとうございます。今年も血統競馬好きブログをよろしくお願い致します。


◆中山金杯


◎ ケイアイチョウサン

〇 サクラアルディート

▲ ユニバーサルバンク

△ ディサイファ

△ オーシャンブルー

△ サムソンズプライド

△ セイクリッドバレー


中山金杯は前年の有馬記念とリンクすると言われています。この傾向は近年薄れて来ている印象がありますが、ここはステイゴールド産駒のケイアイチョウサンを本命にします。

セントライト記念はトライアルのような競馬で菊花賞は唯一後方からの競馬で掲示板に載りました。ここ2戦の競馬からも今回は勝負になりそうな気がします。母系は馬力がありそうで時計の掛かる競馬にも対応できそうです。

サクラアルディードは中山で実績のあったサクラプレジデントの弟で、今回は叩き2戦目の効果がありそうです。ユニバーサルバンクもネオユニヴァース産駒で中山で実績があるので3番手にします。

ディサイファは人気先行になりそうですが、昨年2着のアドマイヤタイシの半弟なのは評価。本命と同じステゴ産駒のオーシャンブルーなどを押さえます。


◆ 京都金杯


◎ オースミナイン

〇 マイネルラクリマ

▲ ガルボ

△ メイケイペガスター

△ トーセンレーヴ

△ ブレイズアトレイル

△ エキストラエンド


本命を予定していたレッドアリオンが出ていないので、急遽本命はオースミナインにしました。ディープ産駒は京都マイルは走りますし、母系にシンゲンなどの活躍馬もいます。斤量も54キロですからこのハンデを生かせたらと思います。

マイネルラクリマは58キロのハンデですが、京都コースは走る、一昨年の勝ち馬ですから上位に食い込みそうです。ガルボはハンデ58キロと中1週が問題ですが、特に冬は走ります。

メイケイも距離短縮でチャンスはありそうです。フジキセキ産駒は勝ちきれていないコースですが上位に食い込む可能性は高いです。トーセンレーヴはディープ産駒で兄のアドマイヤオーラがこのレースで2着。久々のレースがどうでるかでしょう。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。