スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズステークス2013の予想


◎ ロードカナロア

〇 ドリームバレンチノ

▲ グランプリボス

△ サクラゴスペル

△ ハクサンムーン

△ サンカルロ


ロードカナロアの本命は仕方ないところです。能力は近年屈指のスプリンターで、このレースと相性の良いノーザンダンサー系とミスプロ系の血を持っています。前走は2キロ軽かったハクサンムーンに敗れましたが、今回は同斤量ですからほぼ間違いなく好勝負するでしょう。

2番手以下はやや混戦といったところでしょう。ドリームバレンチノが死角は少なめで対抗にしたのですが、昨年の3着馬でコース適性は問題ないと思います。セントウルステークスを叩いた上積みもあるでしょうから、ロードカナロアを逆転するまではいかないと思いますが、2.3着候補では有力だと思います。

グランプリボスは初めてのスプリント戦ですが、対応する力はあると思います。スプリント戦ではロードカナロアと初対戦なのは魅力ですが、サクラバクシンオー産駒はこのレースでの勝ちが無いのが不安です。最内枠、休み明けよりもそこが気になります。

サクラゴスペルはオーシャンステークスを勝っているのでコース適性はありそうですが、父サンデー系の馬はデュランダル以降勝ちがありません。サンデー系には鬼門のレースだと思うのでそこが減点材料です。

ハクサンムーンはマークが厳しくなりそうですが、暑い時期に3戦使ったのが気になります。人気にもなるのでここでは割引です。サンカルロはハイペースになった場合に上位に食い込む可能性がありそうです。年齢的に厳しいでしょうが、追い込みもある程度は利く馬場になっています。

馬券を買うとしたらロードカナロアを1着に固定し、2着にドリーム、グランプリ、サクラの3頭固定で買いたいです。いずれにしろあまり波乱になりそうなレースにはならないかと思います。

関連記事
スポンサーサイト

シリウスステークス2013の予想


◎ サトノプリンシパル

〇 ナイスミーチュー

▲ ハートビートソング

△ ケイアイレオーネ

△ グラッツィア

△ グランドシチー

△ ヒラボクキング


このレースはミスプロ系の馬が最近強いのですが、ハンデを背負っている馬もいるので53キロと手ごろな斤量のサトノプリンシパルを本命とします。展開も有利になりそうですし、武豊騎手の逃げには期待できそうです。

父はプリークネスステークスを勝ったバーナディニで完全なアメリカのダート血統であると思うので、ある程度のペースで行って逃げ切るのが良いと思います。

相手は昨年の勝ち馬でミスプロ系のナイスミーチューにしました。斤量と久々の競馬は克服することが必要です。ハートビートソングはこのコースで勝ち鞍があるので高評価とします。この馬も久々がポイント。

ケイアイレオーネも本命馬と同じ53キロの斤量なのは大きいです。グランドシチーは斤量があまりにもキツイと思います。キングカメハメハが父で重賞で好走を続けているのですが今回は厳しい結果に終わる可能性もあります。

関連記事

スプリンターズステークスの傾向と血統診断


スプリンターズステークスは過去5年の傾向を見てみると、父か母父がノーザンダンサー系の馬が良く来ています。父ノーザンダンサー系は毎年馬券に絡んでいます。それから父か母父がミスプロ系の馬も最近は来ています。逆に父サンデー系はデュランダル以来10年ほど勝ち鞍がありません。

先行馬に有利なレースでもあったのですが、昨年は差し馬が来ていたので脚質はあまりこだわり過ぎないのが良いと思います。ここでは断然人気のなりそうなロードカナロアの話になりますが、血統でも条件をクリアしているのでやはり本命級の評価が必要でしょう。

ハクサンムーンはやはり暑い時期に3戦しましたから大きな上積みはなさそうです。母父がサクラバクシンオーですが、バクシンオー産駒はスプリンターズステークスではダッシャーゴーゴーの降着を入れるとカノヤザクラの3着が最高です。ただ血統よりもローテーションが問題。

ドリームバレンチノは昨年3着に着ているのでコース適性は問題なし。母系が在来牝系なので野芝でも走れるのでしょう。グランプリボスは確かに1200でも走れる力はありそうですが、バクシンオー産駒というのは割引が必要かもしれません。

マジンプロスパーは重馬場になれば台頭するかもしれませんが、系統がノーザン系でもないですから本命級の扱いは出来ないです。フォーエバーマークは叔母にスティンガーと叔父にアーバニティがいる一族です。ただファルブラヴ産駒ですから洋芝のほうがパフォーマンスは高いかもしれません。

関連記事

神戸新聞杯2013の予想


◎ エピファネイア

〇 ラストインパクト

▲ ヒルノドンカルロ

△ サトノノブレス

△ テイエムイナズマ

△ バッドボーイ

△ マジェスティハーツ


エピファネイアに逆らおうかと思ったのですが、このレースは春の実績馬が強いレースなので素直に本命にしました。シンボリクリスエス産駒なので菊花賞はあまり向いていないと思いますが、阪神芝2400メートルまでなら守備範囲でしょう。

折り合いに不安がありますが、それでいて春の2冠で2着に来ています。能力はかなり高そうで、母は日米のオークス馬のシーザリオですから阪神芝2400メートルはこなせると思います。このメンバーなら負けられないでしょう。

対抗以下はかなり混戦だと思います。ラストインパクトは青葉賞でも3着に来た馬で、近親にナリタブライアンやビワハヤヒデがいるのでその血統には魅力があります。ヒルノドンカルロは長距離で実績を出してきた馬で菊花賞でも怖そうな馬になりそうです。

春のトライアルレースで上位入選したサトノノブレス、皐月賞、ダービーで共に6着のテイエムイナズマ、2歳重賞でキズナに先着したこともあるバッドボーイと野芝に強いハーツクライ産駒のマジェスティハーツまで押さえます。

関連記事

オールカマー2013の予想


◎ ダイワファルコン

〇 ダノンバラード

▲ メイショウナルト

△ オーシャンブルー

△ ムスカテール

△ サトノアポロ


本命のダイワファルコンはムラなところがありますが、昨年のこのレースの2着馬であり、中山コースで良績があります。叔父にダイワメジャーと叔母にダイワスカーレットがいる一族ですから中山は合うのでしょう。

今年の中山記念は僅差の2着で、鳴尾記念の負けは位置取りが後ろになり、ペースも遅く流れに乗れませんでした。斤量も56キロですし、鉄砲は走る方なので期待したいと思います。

ダノンバラードは宝塚記念だけ走れば好勝負するでしょう。あとはAJC杯みたいにササらなければよいです。メイショウナルトは小倉記念よりも相手が強化されるのが不安ですが、野芝に強いハーツクライ産駒ですから馬場は合うでしょう。

オーシャンブルーの日経賞の負けは?でしたが、有馬2着の馬と言うことでやはり注意が必要でしょう。ムスカテールは左回りの方がベストな感じがしますが、日経賞でも3着と好走しています。サトノアポロはエプソムカップで負けすぎだと思いますが、力はある馬です。

関連記事

オールカマーと神戸新聞杯の傾向


オールカマーはサンデーの血を持っている馬が圧倒的に強いレースです。過去5年で非サンデー系の馬が馬券になったのはアーネストリーしかいません。なのでサンデーの血は必要ですが、今回の登録馬はサンデーの血を持っている馬が多いです。

ダノンバラードは母を含めダートで活躍している馬が近親に多くいます。ヘイローの3×3の濃いクロスを持っているのが特徴です。AJC杯では誤審と言えるような斜行をしましたが、宝塚2着馬ですからここでも好勝負しそうです。

ムスカテールは母父がサンデーですが、右回りよりか左回りの方が良いかもしれません。昨年2着馬で同じ母父サンデーのダイワファルコンは叔父にダイワメジャーやダイワスカーレットがいるので中山で走ります。メイショウナルトは野芝に強いハーツクライ産駒です。


神戸新聞杯は顕著な顕著な傾向というのはないのですが、ダート血統の馬が毎年絡んでいます。いろいろな血統が来ているのですが、マイルや1800メートルで好走歴がある馬がこのレースに強い印象があります。

エピファネイアは日米オークス馬のシーザリオの仔です。阪神芝2400メートルでも走れる血統だと思いますが、折り合いがやはり課題でしょう。春の実績馬ではタマモベストプレイが登録していますが、兄弟は短距離で活躍しているのでさすがに距離は長いでしょう。

ヤマイチパートナーは母父リアルシャダイで菊花賞に出走しても注目されそうですが、リアルシャダイだとスタミナがありすぎてスピードがどうかという問題があります。ラストインパクトはビワハヤヒデ、ナリタブライアン兄弟が近親にいる血統でここでも勝負できそうな力はあります。

関連記事

セントライト記念2013の予想


◎ ケイアイチョウサン

〇 ヒラボクディープ

▲ ドラゴンレジェンド

△ バンデ

△ レッドルーファス

△ ダービーフィズ

△ ユールシンギング


明日は台風が接近することで開催がどうなるかわかりませんが、開催されても道悪競馬は想定しなくてはいけないでしょう。とりあえず道悪で行われることを前提に予想したいと思います。

本命はケイアイチョウサンにしました。とにかくステイゴールド産駒が近年で3勝を挙げています。それに道悪になってもステイゴールド産駒は道悪巧者が多いですから大丈夫そうです。名手横山典弘が手綱を引き続き取るのも好材料。

ヒラボクディープはこのコースでは水仙賞の勝ちがあります。重賞を勝っていますし、ディープ産駒ですからここは高く評価します。ドラゴンレジェンドはステイゴールド産駒です。前回は敗れましたがステゴ産駒だけで評価します。

白で評価したいのは外国産の2頭。特にバンデは英国ダービー馬のオーゾライズド産駒でモンジューの系統です。重たい馬場は良さそうです。レッドルーファスは欧州血統ではないのですが注意した方が良さそうです。

馬場があまりにひどいと、どの馬が来てもおかしくない展開になりそうです。開催もどうなるかわからないですし、難解なレースとなりそうです。

関連記事

ローズステークス2013の予想


◎ ウインプリメーラ

〇 デニムアンドルビー

▲ エバーブロッサム

△ メイショウマンボ

△ レッドオーヴァル

△ ノボリディアーナ

△ ローブティサージュ

△ トーセンソレイユ


3連休の後半は台風の接近により天気が荒れることが予想されます。道悪適性と本番へ権利が取りたい馬のことを考えると本命はウインプリメーラにしました。2歳時から重賞で好走した経歴があり桜花賞まで進んだ馬です。

賞金的には微妙なのでここで権利を取りたいところ。休み明け2戦目になりますし、道悪になってもステイゴールド産駒ですからこなせる可能性は高いです。

相手は阪神芝1800メートルに相性の良いディープインパクト産駒にしました。デニムアンドルビーは不器用な感じがしますが、このコースには良いと思います。オークスで1番人気になった馬ですから実力もあると思います。エバーブロッサムはオークスでデニムアンドルビーに先着しました。この馬もコース相性は良さそうです。

メイショウマンボは阪神JFと桜花賞以外は堅実に走っている馬で、この馬はスズカマンボ産駒ですから道悪は良さそうです。レッドオーヴァルはタフな馬場になると厳しそうです。ノボリディアーナ、ローブティサージュ、トーセンソレイユまで押さえます。

関連記事

セントライト記念とローズステークスの分析


セントライト記念は昨年から月曜開催になっていますが、過去5年では圧倒的に父サンデー系が強いです。特にステイゴールド産駒は3勝を挙げていていて、現在2連勝中です。サンデー系以外ではロベルト系かサッカーボーイの産駒しか来ていません。

ステイゴールド産駒はケイアイチョウサンとドラゴンレジェンドで、特にラジオNIKKEI賞を勝ったケイアイチョウサンに期待がかかります。地方重賞を勝ったアルアランやメトロノースが近親にいますが、この馬はステイゴールド産駒だけに芝で活躍しているのでしょう。

アポロソニックは米国2冠馬のビッグブラウンの産駒でアメリカ血統です。野芝に強い血統とは思えないのは課題だと思います。ヒラボクディープはキズナと同じディープ×ストームキャットの配合です。今回のコースでの勝ち鞍もあるので距離はこのくらいまでは大丈夫そうです。

ローズステークスは昨年、ディープインパクト産駒が上位独占しました。サンデーの血を持っている馬は多いので、このレースでも来ているのですが、ノーザンダンサー系も来ていて、サンデー×ノーザン系、または逆の配合の馬が必ず馬券に絡んでいるレースです。

デニムアンドルビーは叔母にトゥザヴィクトリーなどがいる一族の出身です。阪神の芝1800メートルは合ってそうな馬に思えます。同じディープ産駒のエバーブロッサムはヴィクトリアマイルを勝ったエイジアンウインズの妹で、距離が短縮されるのは良さそうに思えます。

オークスを勝ったメイショウマンボですが、母系はスピード寄りだと思うのですが、父が春天を勝ったスズカマンボですから距離が持ったのかもしれません。中距離でも問題ないと思います。レッドオーヴァルはストロングリターンの妹ですが、桜花賞では最後止まった感じがします。

関連記事

セントウルステークス2013の予想


◎ ハクサンムーン 

〇 ロードカナロア

▲ ティーハーフ

△ ドリームバレンチノ

△ サドンストーム

△ ローガンサファイア


本命はハクサンムーンで、今回も単騎でいけそうなメンバー構成になっています。夏競馬を使われた馬もこのレースで好走しているので有力です。外枠ですが、ロードカナロアと2キロ差があれば今回は負かす可能性があります。

ロードカナロアは昨年2着にこのレースで敗れているのですが、このレースでも堅実に走りそうです。ティーハーフは追い込み脚質ですが豊マジックに期待。非サンデー系の馬が強いレースです。

関連記事

京成杯AH2013の予想


◎ ルナ

〇 ゴッドフリート

▲ レオアクティヴ

△ エクセラントカーヴ

△ ダノンシャーク

△ インパルスヒーロー

△ ワイズリー


開幕週の馬場と言うことで先行馬が有利で、天気は確かに微妙ですがルナを本命としました。すんなりといけそうなメンバー構成で、クロフネ産駒も重馬場は苦にしなさそうで、ノーザンダンサー系の馬もまずまずこのレースで活躍しています。

ゴッドフリートは出遅れが心配ですが、朝日杯で3着と好走したコースで、ローエングリーン産駒もこのコースは良いです。レオアクティヴは昨年の勝ち馬ですから今年も注意。うまく捌ければ上位に来るでしょう。

エクセラントカーヴはこのコースが得意なダイワメジャー産駒ですから連勝中の勢いもあって4番手の評価とします。ダノンシャークはこのコースよりもコーナー2つのマイル戦が合っているような気がします。今回は休み明けでもあるので評価を少し下げます。

インパルスヒーローは良い枠を引きましたが骨折明けは少し割引でしょう。配合はルナと同じクロフネ×サンデーです。順調に使われているワイズリーまで押さえます。

関連記事

京成杯AHとセントウルステークスの傾向と血統分析


京成杯AHは父ミスプロ系の馬が4年連続で馬券に絡んでいます。また母父ノーザンダンサー系の馬が3年連続で馬券になっています。

ダノンシャークは母父がノーザンダンサー系のカーリアンですから傾向には合っています。あとはトリッキーなコースに対応できるか。レオアクティヴは昨年の勝ち馬で問題なし。このレースを連覇したブレイクタイムが叔父にいるので適性は高いでしょう。

インパルスヒーローは叔父にイブキマイカグラがいて、母父サンデーも3年連続で2着に来ていきす。ルナはインパルスヒーローと同配合で、祖母にホクトペンダントと叔母にビーナスラインがいるので母系はスピードがありそうです。

セントウルステークスはサンデー系が苦手なレースですが昨年はダイワメジャー産駒のエピセアロームが勝ちました。しかし基本的には父か母父がノーザンダンサー系の馬が良さそうです。

ロードカナロアについては特に言うことはないですが、非サンデー系の馬ですからこのレースでも極端に評価を下げることは出来ないと思います。ハクサンムーンは母父がサクラバクシンオーで、このレースでも相性が良い方です。

ドリームバレンチノは父がヘイロー系のロージズインメイなのがこのレースの相性的には微妙です。ティーハーフはこのレースで2着した香港馬のラッキーナインで、サンデーの血が入っていないのは良いですが、追い込み脚質があとはどうかでしょう。

関連記事

小倉2歳ステークスの予想


◎ マイネヴァリエンテ

〇 エイシンキサナドゥ

▲ ベルカント

△ ホウライアキコ

△ ラブリープラネット

△ ネロ

△ ウインスプラッシュ


マイネヴァリエンテの兄はドリームバレンチノで、母がこのレースを勝ったことがあるコスモヴァレンチです。今デュイット産駒ですからこの馬場でもやれそうです。血統的にこのレースに合いそうなので本命。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。