スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟記念2013の予想


◎ ダコール

〇 エクスペディション

▲ ファタモルガーナ

△ トレイルブレイザー

△ カルトブレッサ

△ ニューダイナスティ


ダコールは小回りコースでも堅実に追い込んできますが、新潟コースでも新潟大賞典の3着があります。ディープインパクト産駒ですから速い上がりが使える馬場は得意でしょう。

相手はノーザンダンサー系のエクスペディションとファタモルガーナで、エクスペディションはムラな感じがありますが、走ってもおかしくない。ファタモルガーナも本命馬と同じディープインパクト産駒です。

トレイルブレイザーはトップハンデですが力はあるので好勝負する可能性はあります。カルトブレッサもジャンポケ×サンデーの配合は好印象。ニューダイナスティもディープインパクト産駒です。

関連記事
スポンサーサイト

札幌2歳ステークス2013の予想

◎ ピオネロ

〇 レッドリヴェール

▲ バウンスシャッセ

△ マイネルフロスト

△ ハイアーレート

△ マイネグレヴェル

△ オールステイ


難しそうなレースですが、内枠の3頭は有力だと思います。ものすごく洋芝に向いていそうな馬は見当たらないと思うのですが、なかなかメンバーは揃ったと思います。

ピオネロは母系はアルゼンチンの血統で洋芝も大丈夫そうです。レッドリヴェールはステイゴールド産駒なのが不気味な感じがします。バウンスシャッセも期待できそうです。

関連記事

今週の3重賞の傾向など


新潟記念は昨年から最終週に開催されていますが、昨年の開催を含むと近年は父サンデー系が強いと思います。母父ではノーザンダンサー系が強く、スタミナがある種牡馬が良さそうです。

登録馬では父サンデー系が多いのですが、人気になるであろうトレイルブレイザーとダコールは共にサンデー系×ミスプロ系です。サンデー系×ノーザンダンサー系はエクスペディションとファタモルガーナとコスモネモシンです。ムラがありますが、エクスペディションは血統的に合いそうです。

小倉2歳ステークスはいろいろな血統が来ているのでこれといった傾向はありません。人気になりそうなベルカントは母父がボストンエンペラーで仕上がりが早そうで、バクシンオー産駒も悪くないです。

ホウライアキコも父がストームキャット系で仕上がりが早く、母父がサンデーなのが底力を上げています。エイシンキサナドゥは母父がストームキャット系で、アメリカ血統らしくこの馬も仕上がりは早いと思います。

札幌2歳ステークスは函館開催で傾向は使えないのですが、レッドリヴェールは母系にスタミナがあり、洋芝にも対応できそうな血統です。マイネルフロストは函館に強いダンチヒのクロスが入っているのが特徴。ウインマーレライはマツリダゴッホの産駒で、母系がフサイチペガサスなので馬力はありそうです。

関連記事

新潟2歳ステークス2013の予想


◎ イスラボニータ

〇 ダウトレス

▲ ハープスター

△ マイネグラティア

△ マキャヴィティ

△ マーブルカテドラル

△ ピークトラム


2歳戦は基本的に難しいレースで、新馬戦などの内容もあまりチェックせずに予想しているのですが、1400メートルでパフォーマンスを出した馬よりかはマイルで好走した馬を評価したいと思います。

本命はイスラボニータで東京のマイルで勝ちあがった馬です。フジキセキ×コジーンで仕上がりは早いと思います。ダウトレスは前走で今回のコースを勝っているので評価します。

ハープスターも強そうですが、マイルに戻るマイネグラティアにもチャンスがあると思います。ただ人気薄の好走も十分に考えられるメンバーです。

関連記事

キーンランドカップ2013の予想


◎ パドトロワ

〇 ストレイトガール

▲ アドマイヤセプター

△ フォーエバーマーク

△ ファインチョイス

△ シュプリームギフト


このレースは上位どころがそれほど崩れないと思います。パドトロワは函館スプリントSでは58キロだったのでが今回は57キロですから、昨年も勝っていますし実績から信頼します。ストレイトガールも連勝中で実力があると思うので高評価したいです。

アドマイヤセプターは函館スプリントSで好走した馬で、馬場状態もその時と変わっているでしょうからチャンスはあると思います。フォーエバーマークは最内枠を引いたのを生かせればよいと思います。函館で実績があるファインチョイスとシュプリームギフトまで押さえます。

関連記事

エルムステークス2013の予想


◎ ダノンゴールド

〇 ブライトライン

▲ エーシンモアオバー

△ サイレントメロディ

△ グランドシチー

△ フリートストリート


ダノンゴールドの父ゴールドアリュールは函館ダート1700メートルでは好成績を残しています。函館ダートでも実績があるので本命。ブライトラインも前走完勝しているので対抗。実績のあるエーシンモアオバーと久々の56キロのサイレントメロディも逆転候補。

関連記事

今週の3重賞の分析


エルムステークスは今年は函館開催なので過去の傾向は使うことが出来ないのですが、函館のダート1700メートルのデータを用いてみます。

出走予定馬の種牡馬ではフジキセキ、ゴールドアリュールあたりが相性は良いです。フジキセキ産駒のブライトラインは前走で同コースを勝っているので有力。ダノンゴールドも好材料で、ゴールドアリュール産駒は過去1年では複勝率は50パーセントあります。

またキーンランドカップも函館開催なので過去の傾向は使えないのですが、近年は父サンデー系が不振なのは参考程度にしてください。

函館芝1200メートルに相性の良い種牡馬はフジキセキとアドマイヤムーン産駒です。ストレイトガールはフジキセキ産駒で前走で同コースを勝っています。さらに母系にダンチヒが入っているので函館コースは相性が良さそう。

アドマイヤムーン産駒のファインチョイスも母父がタイキシャトルで、弟のアットウィルも洋芝で実績がある馬ですから洋芝に強い血統といってよいでしょう。

新潟2歳ステークスは昨年から開催が1週ずれたのですが、ここ近年はあまり顕著な傾向はある感じではなさそうです。

ハープスターは祖母にベガがいる良血で、ディープインパクト産駒も新潟マイルは苦にしないので有力だと思います。マイネグラティアは叔母にイクスキューズがいるので仕上がりも早いので重賞勝ちのチャンスだと思います。

マキャヴィティは叔母にダイヤモンドビコーがいてデュランダル×ストームキャットは新潟マイルも合いそうな血統です。新潟マイルが大得意な種牡馬の産駒がいる訳ではないので2歳戦もあって混戦だと思います。

関連記事

北九州記念2013の予想


◎ サドンストーム

〇 マイネルエテルネル

▲ スギノエンデバー

△ バーバラ

△ ツルマルレノン

△ ニンジャ

△ アイラブリリ


かなり難解なレースで自信はないのですが、本命はサドンストームとしました。2歳時から実績がある馬で重賞を勝つ力を持っていると思います。脚質に問題がありますが、CBC賞でも強豪相手に3着ですし、母父がダンチヒ系で平坦コースには強いです。

マイネルエテルネルも小倉2歳ステークスを勝った馬です。コース適性は高そうです。サドンストームもそうですが、非サンデー系の馬が強いレースですし上位2頭がまず有力とみます。

昨年の勝ち馬のスギノエンデバーも今年のメンバーだったらまた好走することも可能でしょう。バーバラは父がディープインパクトなので主軸にはしませんでした。アイラブリリまで幅広く押さえた方が良いと思います。

関連記事

札幌記念2013の予想


◎ トウケイヘイロー

〇 タッチミーノット

▲ ルルーシュ

△ ロゴタイプ

△ レインボーダリア

△ エアソミュール


定量戦で行われるレースで実力馬には有利な感じになっていますが、決定打がなかなかないメンバーだと思うのですが、本命はトウケイヘイローにしました。今回は過去2走のようにはいかないとの見方もありますが。

それでも3コーナーあたりまではスムーズに逃げれそうなのであとは天才ジョッキーの腕次第。血統的にも洋芝適性は前走で証明積みなので問題ないでしょう。

タッチミーノットは際内枠を引きましたね。小回りの2000メートルは中山金杯を勝っているように相性はよいと思います。洋芝でも勝ち鞍はあるので大丈夫だと思います。ルルーシュは母系に馬力があるので洋芝でもよいと思います。

ロゴタイプも勝ってもおかしくない力があると思います。古馬初挑戦ですが、皐月賞は好タイムでしたから2000メートルで負かす力はあると思います。洋芝適性があるレインボーダリアと巴賞勝ちのあるエアソミュールまで押さえます。

関連記事

北九州記念の有力馬の血統分析


北九州記念の過去の血統傾向ですが、父サンデー系は連対が難しいレースとなっているようです。父サンデー系は割り引きか。


サドンストームは香港馬のラッキーナインの弟ですが、兄弟はみんな短距離で走っているような血統です。小倉は初めての競馬で、脚質的に直線の短いコースはどうかと思いますが、平坦コースは良いと思います。

バーバラはディープインパクト産駒で、血統的にはもっと長い距離で走るような血統ですがこれは血統の限界です。どちらにせよ父サンデー系は高く評価は出来ないです。マイネルエテルネルは父がミスプロ系で母父はウォーニングの系統で小倉2歳ステークスを勝っているのでコース適性は問題ないです。

昨年の勝ち馬のスギノエンデバーもコース適性は問題なく、あとは出遅れをどこまでカバーできるかでしょう。ツルマルレオンは昨年の夏の小倉で勝ち鞍があり、野芝に強いハーツクライ産駒なのは良いのですが、父サンデー系なのは割引でしょう。

関連記事

札幌記念の有力馬の血統診断


ロゴタイプに関しては洋芝でまずまずの成績を残しています。近親のパドトロワも洋芝で重賞を勝っているので洋芝を苦にすることはなさそうです。ローエングリーンの産駒ですからダービーは距離が長かったか。2000メートルまでが守備範囲でしょう。

トウケイヘイローは母父がミルジョージで、ミルリーフ系ということで力のいる洋芝でも走れたのだと思います。またゴールドヘイロー産駒もローカルで走るイメージがあります。課題はマークが厳しくなるであろうということでしょう。

ルルーシュも洋芝で勝ち鞍があります。母系にダンシングブレーヴが入っていて欧州血統と言えるので洋芝でも走れるのでしょう。トーセンジョーダンもジャンポケ産駒ですから洋芝でも走れるのでしょう。一昨年の札幌記念の勝ち馬ですが、あとは状態ということになりそうです。

アイムユアーズは洋芝に強いファルブラヴ産駒で、近親にこのレースを勝ったエアグルーヴがいます。あとは牡馬との力関係が重要。他では函館記念で大敗したエアソミュールは叔父がエアシャカールの良血で、父がジャングルポケット産駒で洋芝も良さそう。タッチミーノットも函館で実績があるのですが、洋芝は不得意ではないでしょう。

関連記事

関屋記念2013の予想


◎ ジャスタウェイ

〇 レッドスパーダ

▲ ドナウブルー

△ レオアクティヴ

△ ワイズリー

△ フラガラッハ

△ ザラストロ


本命のジャスタウェイはハーツクライ産駒で野芝は得意です。自身も2歳時に新潟で新馬勝ちし、新潟2歳ステークスでも2着しています。コース相性は問題ないでしょう。

この馬はコーナー2つの直線の長いコースでの好走が目立つので今回の条件は良いでしょう。毎日王冠で2着し、天皇賞秋でも6着とした馬ですから力もこのメンバーでは最上位でしょう。

レッドスパーダも前走で久々の勝利を挙げて能力の衰えは感じさせません。マイルも得意の距離です。ドナウブルーは昨年の勝ち馬でこういったコースは得意で、斤量も54キロですから連覇する可能性もあります。

レオアクティヴはムラがあるところがありますが、野芝適性と高速馬場には合いそうです。ワイズリーとフラガラッハも押さえてザラストロは昨年の新潟2歳ステークスの勝ち馬ですから復活する可能性は少しありそうです。

関連記事

関屋記念の有力馬の血統分析


関屋記念は過去の傾向をみてもこれといった傾向はありません。どの系統のちょくちょく来ている感じです。


ジャスタウェイは母系はダート血統ですが、ハーツクライ産駒は野芝に強いです。この馬自身もコーナー2つの直線の長いコースでの好走が目立つので今回のコース条件は合っていると思います。

ドナウブルーは昨年の勝ち馬ということでコース適性は問題ないです。ディープインパクト産駒は新潟芝1600メートルは走りますので今年も有力。斤量も前走より減るのも良い条件だと思います。

レオアクティヴは叔父に京成杯AHを勝ったブレイクタイムがいる血統なのですが、母父はオペラハウスですが牝系は在来牝系ですから野芝にも対応できると思います。脚質的に直線の長いコースもよいでしょう。

レッドスパーダはメイショウボーラーと同じタイキシャトル×ストームキャットの配合です。血統的にもマイル前後が良い血統です。フラガラッハもマイルは合っていると思いますが、中京巧者の可能性もあり、他のコースでは村がある感じがします。

関連記事

小倉記念2013の予想

◎ メイショウナルト

〇 ダコール

▲ エクスペディション

△ マイネルラクリマ

△ マックスドリーム

△ ナリタクリスタル

△ ゲシュタルト


父サンデー系が強いレースなのでまずは父サンデー系から。本命はメイショウナルトでこのレースに強い父サンデー系で母父はノーザンダンサー系です。条件馬ですが斤量も53キロになるのでこの馬を狙っていきたいです。

ダコールは小倉に実績がありますし、父はサンデー系のディープインパクトです。エクスペディションは昨年の勝ち馬でレース適性もあります。ムラがありますが当然有力候補です。

マイネルラクリマは斤量が58キロで父が非サンデー系ですから評価は少し下げます。マックスドリーム、ナリタクリスタル、ゲシュタルトはいずれも父サンデー系なので、高齢の部類に入りますが押さえていきたいです。

関連記事

レパードステークス2013の予想


◎ ケイアイレオーネ

〇 ハイパーチャージ

▲ ジェベルムーサ

△ サトノプリンシパル

△ インカテーション

△ アムールポエジー


ケイアイレオーネはユニコーンステークスとジャパンダートダービーで戦ってきた相手が違うので条件戦を勝ってきた馬達よりかは軸にしやすいと思います。父も芝で重賞勝ち馬を出したヘニーヒューズですからそういう血統を狙っていきたいですね。

ハイパーチャージもステイゴールド×フレンチデピュティですからボレアスと似た配合になるので有力だと思います。あとはジェベルムーサやサトノプリンシパルとか

ジェベルムーサはアグネスタキオン×ロックオブジブラルタルですから芝血統なのが少し評価を下げて、サトノプリンシパルは完全なダート血統です。しかし前走のタイムは優秀ですから能力は高そうですね。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。