スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴尾記念2013の予想


◎ ダイワファルコン

〇 トランスワープ

▲ エアソミュール

△ パッションダンス

△ ダノンバラード

△ エクスペディション

△ トップゾーン


昨年からこの時期になり、距離も2000メートルになり過去のデータは昨年だけしかないのであまり参考にできないのですが、阪神芝2000メートルはステイゴールドやジャングルポケット産駒などが良いのでそのデータなども参考にしました。

本命のダイワファルコンはジャングルポケット産駒で、阪神芝2000メートルでは過去1年で連対率は35パーセントあり得意なコースと言ってよいでしょう。中山コースなどの小回りに強い馬ですから今回のコースも良いはず。外枠なのは気になりますがこのメンバーなら好勝負してくれるでしょう。

トランスワープはAJC杯では不利がなければもっと際どい競馬になっていたかもしれません。2000メートルの距離は良いですし、夏にも実績がある馬です。エアソミュールは本命馬と同じジャングルポケット産駒ですが、気性の難しさがあるので外枠引いて壁を作れるかが微妙なので少し評価を下げました。

パッションダンスはオープンに上がり徐々にパフォーマンスを上げてきています。ディープ産駒は阪神芝2000メートルはまずまず。ダノンバラードは内にササル癖が微妙です。エクスペディション、トップゾーンはこのコース得意のステイゴールド産駒ですから近走不振ですが押さえておきたいです。

関連記事
スポンサーサイト

安田記念の有力馬の血統分析


グランプリボス・・・父サクラバクシンオー 母父サンデーサイレンス

母は現役時代6戦1勝の馬でした。母父サンデーサイレンスの影響が強いでしょう。昨年もこのレースで走っているので適性は問題ないでしょう。また道悪よりもスピードが出るような馬場の方が良いかもしれません。

ロードカナロア・・・父キングカメハメハ 母父Storm Cat

兄弟馬は短距離で活躍していますが、半兄のロードバリオスはマイルの六甲ステークス勝ちがあり、マイルでもこなせる可能性はありますが、久々のマイルにどこまで対応できるか。また道悪になっても走りそうな血統です。

ダイワマッジョーレ・・・父ダイワメジャー 母父Law Society

半兄に青葉賞などを勝ったハイアーゲームがいます。ダイワメジャー自身もこのレースを勝っており、母系もリボー系で大舞台での爆発力を持っています。ただ京王杯SCを勝った馬の成績があまりよくない所が一番気になります。

サダムパテック・・・父フジキセキ 母父エリシオ

母は現役時代に3勝を挙げた馬です。マイルから中距離ぐらいが良い配合ですが、フジキセキ産駒は最近の東京マイルで不振なのは気になります。また馬場が悪すぎると良くないでしょう。

カレンブラックヒル・・・父ダイワメジャー 母父Grindstone

母系はストームキャットなどが入っていてアメリカのダート血統と言って良いでしょう。ダイワメジャー産駒でもあるのでパワーはありそうです。母父ミスプロ系なのも良いかと思います。

香港馬ですが、グロリアスデイズは父はミスプロ系ですが母系のマイバブー系は日本の現在の主流からは離れています。ヘレンスピリットは父がストームキャット系で母父はウッドマンですからこちらの方がまだ日本向きだと思います。ただここ3年ほどの高速馬場は合わないと思いますので、道悪になればチャンスが少しでそうです。

関連記事

安田記念の血統傾向


日本ダービーが終わり、来週から新馬戦が始まりますが、今週は古馬のマイル戦の安田記念が行われます。この安田記念はかつて改修直後はアグネスデジタルやアサクサデンエンなどノーザンダンサー系×ミスプロ系の馬が良く来ていました。しかしその傾向は徐々に薄れつつあると思っています。

変わってここ最近はロベルトの血を持っている馬が良く来ています。近年はウオッカやスマイルジャック、ストロングリターンなどの馬達が良く来ています。このロベルトの血を持っている馬は今年はスマイルジャックしか登録していないので苦しいと思います。

ですから今年は替わりになる傾向を探してみたいのですが、ミスプロ系の馬が良く来ていて、スーパーホーネットは母父がミスプロの父であるレイズアネイティヴ系なので、それを入れると05年から毎年何か馬券になっているということになります。それからミスプロ系を含めるとダート血統も良く来ていて、最近は高速馬場になっているので馬力がある馬も良いと思います。

外国馬というか香港馬は08年で2着したアルマダ以来馬券になっていません。最近は高速馬場になっているので苦戦しているのでしょう。買える外国馬は日本にゆかりのある血統ではないと苦しいでしょう。特に馬場が湿ったりしないと出番はないかもしれません。

関連記事

日本ダービーの回顧


今年のダービーは80回目の記念ということで盛り上がったと思うのですが、さらにキズナと武豊騎手が勝ったことでさらに盛り上がりを見せたと思います。キズナは道中は後ろから3頭目の競馬でした。前半の1000メートルは60秒3ですからそれほど早いペースではありませんでした。

それでいて最後は勝ちきるのですから、武豊騎手の経験と馬の強さが光ったレースでした。今後に関しては広いコースで2000メートルから2400メートルくらいの距離が良いと思います。また凱旋門賞に登録していることから凱旋門でも応援したいですね。

エピファネイアは道中折り合いを付けるのに苦労したように思えました。しかしそれでも残り100で勝ったようなシーンもありましたから、力を出し切った良いレース運びだったと思います。クリスエス産駒なのが不安でしたが、シーザリオの血が大きかったので走ったのでしょう。

アポロソニックは先行策から粘っての3着は少しびっくりしました。アメリカのダート血統なのですが、母父はキズナの母父であるストームキャットの直仔です。好走の要因はうまく先行できたのが良かったとも思えます。

ペプチドアマゾンは3着馬とハナ差の4着でしたが、きついローテーションながら頑張っています。ロゴタイプはやはり東京2400メートルでは厳しかったのでしょう。ただ小回りで2000メートル以下なら古馬相手でもやれそうな感じがします。

今年の牡馬クラシック路線は決して突出してレベルの年ではないかもしれませんが、皐月賞はレコードで、ダービーも悪くはないタイムだと思います。古馬との比較はまだ難しいですが、ロゴタイプやキズナの走りに注目ですね。

関連記事

目黒記念2013の予想


◎ ムスカテール

〇 デスペラード

▲ アドマイヤラクティ

△ カフナ

△ タッチミーノット

△ カポーティスター

△ クリールカイザー

△ コスモロビン

△ ルルーシュ


東京芝2500メートルのコースは直線の坂を2回登るのでスタミナが必要。血統もスタミナ血統が目立ちます。本命のムスカテールはマヤノトップガンの産駒で一昨年の勝ち馬のキングトップガンの父でもあります。

母系もトップヴィルが入っているのでスタミナがあります。昨年のアルゼンチン共和国杯で2着しており、左回りの方が良いかもしれません。

デスペラードは長距離で結果を出していて、直線長いコースも良いでしょう。アドマイヤラクティも長距離で直線の長いコースは合います。メトロポリタンステークスを勝ったカフナや、日経新春杯勝ちのあるカポーティスターなどが押さえ。

関連記事

日本ダービー2013の予想


◎ キズナ

〇 エピファネイア

▲ ペプチドアマゾン

△ コディーノ

△ ロゴタイプ

△ ヒラボクディープ

△ メイケイペガスター


80回目の記念のダービーとはいえ有力馬に不安材料が多いのでやや小粒なメンバー。それでも伏兵にも魅力的な馬はそれほどいないので実力通りの決着もあるでしょう。

本命は結局キズナにしました。他の有力馬に不安材料が多いのでこの馬を本命にすることに。正直血統的には1ハロン長い気もしますが、馬場状態は芝刈りを行っても先週と同じような馬場との情報があります。高速馬場ではないかもしれませんが、スタミナが必要とされる馬場ではなさそう。

皐月賞組はハイペースで好タイム決着の影響が多少懸念されるところですが、この馬は負担の少ない競馬でダービーの向かうことが出来ているのでそのあたりは有利。東京2400メートルに実績がある種牡馬が強い点ではディープインパクト産駒なのでクリア。武豊騎手のダービー5勝目を期待します。

エピファネイアはキズナと本命候補だったのですがソエの影響で調整方法が変わったのはやはり気になる材料。血統ではシンボリクリスエス産駒なのが大きな不安ですが、母がオークス馬シーザリオということで東京2400メートルにも対応できそう。

ペプチドアマゾンは今年6戦目というローテーションが気になりますが、父アグネスタキオン、母父トニービン共にダービー馬を輩出。血統的に東京2400メートルは良さそうで、実力はもしかして足りないかもしれませんが、他の有力馬が距離不安があるのならこの馬は押さえたい。

コディーノはやはり母系がスピードに寄っているので距離は長そうで、スピードが優先されるレースにならないと苦しいと思いますが、父はダービー馬のキングカメハメハという点でロゴタイプより高い評価。そのロゴタイプはローエングリーンの産駒。マイル前後で活躍した馬で、ロゴタイプ自身の母系もスタミナが凄くある血統ではないですし血統では高く評価できないです。

ヒラボクディープはキズナと同配合ですが、青葉賞とダービーを連勝した馬がいないのは、この時期に2400メートルを連戦するのは厳しいということでしょう。青葉賞も特にレースレベルは高くありません。メイケイペガスターはフジキセキ産駒なのは不安ですが、共同通信杯を勝っているので押さえます。

馬券はキズナとエピファネイアの2頭軸は買いたいです。キズナとエピファネイアの馬連とキズナとペプチドアマゾンのワイドも買って見たいです。

関連記事

ダービー出走馬の血統分析 後半


・ヒラボクディープ・・・父ディープインパクト 母父Storm Cat

アユサンやキズナと同じディープインパクト×ストームキャットです。また母母父のカロはタヤスツヨシの母父でもあります。配合的には中距離が合いそうで、青葉賞とダービーを連勝した馬がないのは気になります。

・サムソンズプライド・・・父メイショウサムソン 母父エルコンドルパサー

メイショウサムソンの初年度産駒です。また母系はダイナカール一族で、近親にエアグルーヴやアドマイヤグルーヴなどがいる牝系です。距離は問題ないですが、プリンシパルステークスはメンバーレベルが低かったと思います。

・キズナ・・・父ディープインパクト 母父Storm Cat

姉はGⅠ3勝を挙げたファレノプシスで、近親にはナリタブライアンやビワハヤヒデがいます。本質的には中距離がいいでしょうが、同世代同士の対戦やスピードが優先にされる馬場になれば距離はこなせるでしょう。

・メイケイペガスター・・・父フジキセキ 母父ブライアンズタイム

叔父に兵庫ジュニアグランプリを勝ったモエレソーブラッズやフェアリーステークス2着のペニーホイッスルがいます。フジキセキ産駒もあって中距離がよさそうで、父の産駒はダービーでは3着が最高です。

レッドレイヴン・・・父Smart Strike 母父Silver Hawk

叔父に有馬記念を連覇したグラスワンダーがいます。父の産駒にはブレイクランアウトがいます。距離は2400メートルまでなら大丈夫でしょう。前走は休み明けが敗因だと思うのですが、どこまで良くなっているか。

関連記事

日本ダービー出走予定馬の血統分析


・ロゴタイプ・・・父ローエングリーン 母父サンデーサイレンス

祖母はローズステークスを勝ったスターバレリーナで、近親にパドトロワがいます。ローエングリーンはマイル前後で活躍した馬で、母系もスタミナが強い血統ではないので、距離をこなすには皐月賞のように高速馬場にならないといけないでしょう。

・エピファネイア・・・父シンボリクリスエス 母父スペシャルウイーク

父のシンボリクリスエスの産駒はクラシックレースでは結果が出せなかったことが多く、エピファネイアの皐月賞で初めてクラシックで連対しました。その不安がありながらも母はオークスを勝ったシーザリオなのが大きな強調点です。

・コディーノ・・・父キングカメハメハ 母父サンデーサイレンス

母は京都牝馬ステークスを勝ったハッピーパスで、叔母にシンコウラブリイがいます。父はダービー馬のキングカメハメハですが、母系はスピード色が強いので、スピードが優先されるレースや馬場にならないと厳しいかもしれません。

・タマモベストプレイ・・・父フジキセキ 母父ノーザンテースト

全兄にスワンステークスなどを勝ったタマモホットプレイがいて、サッカーボーイも近親にいます。フジキセキ産駒はダービーでの連対はなく、兄たちが短距離で活躍しているのでさすがに普通に走ったら距離は長いと思います。

・マイネルホウオウ・・・父スズカフェニックス 母父フレンチデピュティ

京成杯を勝ったオースミポイントが近親にいます。父スズカフェニックスは短距離で活躍しましたが、血統は中距離でもこなせそうな血統です。母系にリアルシャダイも入っているのですが、マイルでここまで強いのは不安です。

関連記事

日本ダービーの血統傾向


今週はいよいよダービーウイークですね。このブログでもダービーのことについて書いていきます。まずは過去5年の傾向について調べてみました。このレースはサンデーの血を持っている馬が特に強いです。

ただ確か一昨年は出走馬全頭がサンデーサイレンスの孫であることが話題になったと記憶しています。昨年もコスモオオゾラ以外はサンデーの孫だったと思うので頭数が多いのが要因だと思います。非サンデーで馬券になったのはブラックシェルとエイシンフラッシュだけです。

サンデー以外ではミスプロ系も来ているのですが、キングマンボの系統がよいと思います。オークスもスズカマンボ産駒のメイショウマンボが勝ちましたが、スズカマンボにもキングマンボの血が入っているので、東京芝2400メートルではキングマンボの血に注意したほうがよいと思います。

またサンデー系の中でも父が現役時代にダービーなどの東京芝2400メートルのGⅠで好走した種牡馬が強いです。ディープインパクトやネオユニヴァースの産駒が実際にダービーを勝っています。またキングカメハメハも自身がダービーを勝っていて、ローズキングダムなどが2着しています。

それからダービーだけにスタミナがある血統がよいかと思っていましたが、結構母方がスピードが強い馬も良く、ダンチヒ系やストームバード系も好走しています。特に芝を短く刈って高速馬場になった場合は、皐月賞と同じスピードが強い血統が台頭する場合も考えられます。

関連記事

オークスの回顧


メイショウマンボの勝利には少し驚きましたがいい形でレースを進めましたからね。1400メートルに強い馬だと思って、他の馬にも印を付けたかったのでノーマークでしたが、かつては1400メートルで実績のある馬が来ていたこともあるレースでした。

父のスズカマンボは天皇賞春の勝ち馬でしたが母系はあまりスタミナがあるとは言えない血統だと思うのですが、あまりスピードが足りない馬だと厳しいのかもしれません。ペースもある程度流れて(兄貴が引っ張りましたねw)幸四郎騎手が良い形で競馬を進められたのも良かったと思います。

エバーブロッサムも中段よりやや後ろからの競馬でしたが良く走っていると思います。あまりロスの無かった勝ち馬には及びませんでしたが、力は出していると思いますし、母父ノーザンダンサー系の馬がまたしても馬券になりました。

デニムアンドルビーはスタートでダッシュが付かなかったのか最後方からの競馬でした。最後は差を詰めているのでローテーション的にはキツかった割には良く走っていると思いますが、極端な競馬になってしまうのが厳しかったと思います。この馬が来てくれたおかげで安いワイドは当てることが出来ましたw

アユサンの4着はこれでも走っていると思います。クロフネサプライズはやはり距離が長かったか。トーセンソレイユも過大評価していた部分もありますし、レッドオーヴァルは距離も長かったこともあると思いますし、馬体重が減っていた影響もあるかもしれません。

関連記事

オークス2013の予想


◎ デニムアンドルビー

〇 エバーブロッサム

▲ トーセンソレイユ

△ アユサン

△ レッドオーヴァル

△ セレブリティモデル

△ クロフネサプライズ

△ ローブティサージュ


本命はデニムアンドルビーにしました。桜花賞組の中からオークスになってよい馬があまりいないので、今回はトライアル組に注目してみました。トライアルのフローラステークスは結構派手な競馬で勝ちました。また輸送があるのが不安点ですが東京コースの経験と輸送経験があるのは良いと思います。

血統は非常に良く良血なのですが、叔母にトゥザヴィクトリーがいて、この馬はオークスで2着でした。東京コース得意のヌレイエフの血が入っているので血統はケチが殆ど付けられません。

対抗のエバーブロッサムは一時はこちらを本命と考えていました。このブログを書いている時点で7番人気で、この人気ならさらに評価したいです。母父がデインヒルで、このレースは母父がノーザンダンサー系の馬が強いのが強調点です。

トーセンソレイユはディープインパクトの妹で距離は伸びた方が良いでしょう。母父がアルザオですからこの馬も母父がノーザンダンサー系です。桜花賞は出遅れが影響しての惨敗ですから、スタートと大外枠を乗り切れば好勝負する可能性があります。

アユサンも母父はノーザンダンサー系ですからいいのですが、さすがに距離は長いと思います。しかし、距離不安があった桜花賞好走馬はこのレースで来ることもあるので桜花賞上位馬では一番評価することになりました。

レッドオーヴァルも兄弟が短い距離で活躍しているので距離不安もありますが、父ディープインパクトですし押さえます。クロフネサプライズはやはり距離が長そう。ならば叔父がマンハッタンカフェのセレブリティモデルもマーク。ローブティサージュは阪神JF勝ち馬が東京2400メートルに強いということで押さえます。

買い目はデニムアンドルビーとエバーブロッサムの3連複を中心に買ってみたいと思います。

関連記事

平安ステークス2013の予想


◎ ニホンピロアワーズ

〇 トウショウフリーク

▲ ソリタリーキング

△ ハタノヴァンクール

△ ナイスミーチュー

△ ナムラタイタン

△ ダイシンオレンジ


開催時期が変わり、距離も変わったので今までのデータがない状況ですが、ここはニホンピロアワーズを本命にします。言うまでも無く昨年のジャパンカップダートを勝っている実力馬で、斤量が59キロで休み明けだった前走でもホッコータルマエと好勝負しているので順当に本命を打ちました。

ホワイトマズル×アドマイヤベガの配合なので芝適性が強い血統ですが、ダートで走っているのは血統予想の限界であると思います。いずれにせよ、今回のメンバーでは実力が抜けているので評価をします。

川崎記念を勝ったハタノヴァンクールがこれに継ぐ実力を持っているのですが、今回は初の59キロでもありますし、ダイオライト記念から少し間隔が空いているのと、目標は帝王賞ですからここは少し評価を下げました。

対抗は前走休み明けで好走したトウショウフリークで、斤量が56キロなのも有利だと思います。ソリタリーキングも実力のある馬で、58キロを克服すればいい勝負になりそうです。ナイスミーチューは阪神コースの方が実績がありますが押さえ。ナムラタイタンとダイシンオレンジまで印をつけました。

関連記事

オークス出走有力馬の血統分析 トライアル組など


・トーセンソレイユ・・・父ネオユニヴァース 母父Alzao

ネオユニヴァース産駒は牝馬ではイタリアンレッドしか重賞を勝った馬がいないのは微妙ですが、ディープインパクトなどが兄弟にいることで距離は伸びた方がむしろ良いかもしれません。母系はかなりスタミナがあります。

・デニムアンドルビー・・・父ディープインパクト 母父キングカメハメハ

祖母がフェアリードールですから叔母にトゥザヴィクトリー、叔父にサイレントディールがいます。トゥザヴィクトリーもオークス2着馬ですし、東京コース得意のヌレイエフの血を持っています。東京芝2400メートルの適性は高いです。

・エバーブロッサム・・・父ディープインパクト 母父デインヒル

姉にヴィクトリアマイルなどを勝ったエイジアンウインズがいます。こちらは父がディープインパクトなので距離はもう少し伸びてもよいです。母父デインヒルはノーザンダンサー系なのもこのレースでは良いと思います。

・リラコサージュ・・・父ブライアンズタイム 母父Kingmambo

全姉に北九州記念2着などしたレディルージュがいて、現役で1勝しているラバージュも短距離で走っています。ブライアンズタイム産駒なのは怖い感じがしますが、兄弟を見ていると距離は少し長いと思います。

セレブリティモデル・・・父キングカメハメハ 母父サンデーサイレンス

祖母がサトルチェンジですからマンハッタンカフェが叔父にいます。血統的に距離は大丈夫ですが、近親のアプリコットフィズのオークスやマンハッタンカフェの日経賞が道悪で負けたので道悪は割引でしょう。

関連記事

オークス有力馬の血統分析 桜花賞組編


・アユサン・・・父ディープインパクト 母父Storm Cat

父ディープインパクト×母父ストームキャットはキズナやヒラボクディープと同配合ですが、母方はダート血統です。距離不安も囁かれていますが、確かに2400メートルは本質的に長いと思いますが、そういう馬も来るレースであることは頭に入れておきたいです。

・レッドオーヴァル・・・父ディープインパクト 母父Smart Strike

安田記念を勝ったストロングリターンの妹ですが、兄はシンボリクリスエスということで、こちらはディープなので兄よりかは距離は持つと思いますが、中距離向きの血統で2400メートルはピッタリの条件ではなさそうです。

・プリンセスジャック・・・父ダイワメジャー 母父アフリート

母のゴールデンジャックは94年のオークス2着馬です。さらに兄は京都金杯などを勝ったサイドワインダーがいます。叔父にダートの短距離で活躍したスターリングローズがいますから距離は本質的に長いと思います。

・クロフネサプライズ・・・父クロフネ 母父トニービン

デピュティミニスターの血を持っている馬は最近良く馬券に絡んでいるのですが、この馬は母系にニホンピロウイナーの血が入っているので距離は微妙だと思います。マイラーが来るような展開になれば。

ローブティサージュ・・・父ウォーエンブレム 母父シングスピール

近親にアサクサデンエンやヴィクトワールピサなどがいる血統です。阪神JFの勝ち馬はオークスでも好走することがあるのですが、ただシングスピールはマイルで強い血統ですし、ウォーエンブレムも長距離で実績が無いのは不安です。

関連記事

オークスの過去の血統の傾向


今週はオークスの血統の傾向について調べてみたのですが、どの血統が特別強いというのはない感じがします。昨年は本来は短距離志向の強いジェンティルドンナが勝ち、母父がミスプロ系のマキャべりアンのヴィルシーナが2着で、母父クロフネのアイスフォーリスが3着となっています。

スピードが強い血統やダート血統、スタミナ血統など様々な血統が近年来ているのですが、その中でも欧州血統が入っている馬は08年を勝ったトールポピーはジャングルポケット産駒で、09年の1着のブエナビスタと2着のレッドディザイアは母父カーリアンです。

10年の同着優勝のサンテミリオンは母父ラストタイクーンで、11年2着のピュアブリーゼはドイツ血統ですから欧州血統を持っている馬は馬券に絡むことが多いので、評価したいのは欧州血統の馬だと思います。

それから今年のアユサンが該当するのですが、スピード色の強い血統は10年のアパパネや12年のジェンティルドンナなどが桜花賞との2冠を達成しています。したがって桜花賞で好走しているような馬はスピード色が強くても注意した方がよいと思います。

当日芝を刈って高速馬場のようになってしまうとマイラーに有利な馬場になるかもしれませんが、スピードとスタミナの両方を持っている馬をまず探して、スピード色の強い血統も押さえる方法を現時点では取ってみたいと思います。

なお平安ステークスは今年から施行時期と距離も変わって参考データは無いのですが、ダート1900メートルの種牡馬成績などを参考にして前日に予想をしたいと思います。

関連記事

ヴィクトリアマイルの回顧


スタート直後にヴィルシーナが先頭に立つ構えをしましたが、アイムユアーズがその後先頭に立ち、マイネイサベルやドナウブルーも先段に付けました。前半の半マイルは46秒3ですのであまり遅くはなりませんでした。マイネイサベルとヴィルシーナが抜け出す所をホエールキャプチャが強襲しましたがヴィルシーナがハナ差しのいで勝利しました。

悲願のGⅠ初制覇を決めたヴィルシーナはマイルへの対応が懸念されていました。しかし桜花賞好走馬が良いレースですし流れもあまり速くなかったのも好走の要因だと思います。最後は先行した分だけホエールキャプチャを退けることができました。

ホエールキャプチャは昨年の勝ち馬ですが、それ以降は2桁着順が続きました。休み明けや適距離のレースがなかったことが要因で、昨年勝ったコースでもあるので今回は好走する条件がそろったとのことでしょう。

マイネイサベルは内枠を生かして好位からレースを進めたのがよかったでしょう。やはり東京コースではパフォーマンスを挙げます。ジョワドヴィーヴルは最後良く伸びて来ているので惜しい4着でしょう。牡馬相手は苦しいかもしれませんが秋のエリザベス女王杯はさらに良いかもしれません。

ドナウブルーもハナズゴールも差のあまり無い所までよく来ていますが馬券対象までは届きませんでした。サウンドオブハートは現状は1400メートルがベストで、東京のマイルは厳しかったのでしょう。

関連記事

ヴィクトリアマイル2013の予想


◎ マイネイサベル

〇 ヴィルシーナ

▲ サウンドオブハート

△ ハナズゴール

△ オールザットジャズ

△ ドナウブルー

△ レインボーダリア


本命はマイネイサベルにしました。かつては左回りの直線の長いコースに相性が良く、小回りは厳しいレースが続いていましたが、中山牝馬ステークスを勝ったので昨年よりも力をつけている印象があります。

東京コースで実績を残したテレグノシスが父ですし、昨年のレースも残り100メートルの手前までほとんど追えないまま終わったので、前が開いていればもっと上位に来れたレースだと思います。東京コースも府中牝馬ステークスを勝っているので問題ないです。

対抗がヴィルシーナで血統的に本当は中距離ぐらいが良いと思いますが、東京のマイルはクイーンカップで勝っているので守備範囲と言ってよいでしょう。桜花賞で好走した馬がこのレースでも強いので今回も堅実に走る可能性は高いです。

サウンドオブハートは普通に強い馬だと思います。前向きな気性の馬ですからマイルも合うでしょう。スピードがある牝系でもあります。ハナズゴールも状態さえ良ければ強い馬です。マイルがベストの馬で、地味な血統ですが突然変異という感じの馬です。

オールザットジャズは昨年はイレ込みが酷かったそうで、スタートも良く無かったです。昨年よりもパフォーマンスを挙げる可能性はあります。ドナウブルーも牝馬限定で東京マイルなら昨年のような走りをする可能性はあります。レインボーダリアは回復が遅れて渋った馬場になった場合ならチャンスはありそうです。

関連記事

京王杯スプリングカップ2013の予想


◎ トウケイヘイロー

〇 ダイワマッジョーレ

▲ サダムパテック

△ サンカルロ 

△ インプレスウイナー

△ トライアンフマーチ

△ レッドスパーダ


一昨年の京王杯SCを勝ったストロングリターンが安田記念でも2着したのですが、このレースは基本的に本番と直結しないレースと言ってよいでしょう。安田記念より今回走りそうな馬をピックアップしていきたいです。

トウケイヘイローは1400メートル戦で3勝しているようにこの距離は良いと思います。母父がミルジョージですし、父のゴールドヘイロー自身もダート色が入っている血統ですから1400メートルの適性はあると思います。

ダービー卿CTでは外枠を引きながらも勝ったように力はあると思います。血統が地味なのでGⅠの安田記念より今回のレースの方がチャンスはあると思います。

ダイワマッジョーレは前回のダービー卿CTは外を回って追い込んだ分届きませんでした。前回に関してはこの馬のほうが強い競馬をしてますが、この馬は安田記念でも好走できる血統と能力がありそうなので今回は対抗評価までとしました。1400メートルにも対応できそうです。

サダムパテックは昨年の勝ち馬ですが、斤量が58キロなのと、これはもう安田記念が目標でしょうから3番手までとしました。1400メートルで実績があるサンカルロや、昨年の3着馬でオーロカップ勝ちがあるインプレスウイナーなどを押さえます。

関連記事

ヴィクトリアマイルの有力馬の血統分析


・ヴィルシーナ・・・父ディープインパクト 母父Machiavellian

母のハルーワスウィートは現役時代に5勝をした馬です。サンデー系×マキャヴェリアンはヴィクトワールピサと同配合です。中距離向きの血統ですが、ディープインパクト産駒は東京マイルでも良いですし、この馬自身もクイーンカップを勝っているので問題ないでしょう。

・サウンドオブハート・・・父アグネスタキオン 母父Caerleon

近親にマイラーズカップを連覇したシルポートがいます。母父はカーリアンですが、母系にはウッドマンやダンチヒがいるので距離はあまり長くない方がいいのでマイルは良いと思います。アグネスタキオンも東京マイルは悪くないです。

・ハナズゴール・・・父オレハマッテルゼ 母父シャンハイ

母のシャンハイエンジェルは現役時代に1勝したのみで、近親にも目立った活躍馬は障害で活躍したビコーフェザーぐらいです。突然変異といって良い馬ですが、オレハマッテルゼは短い距離で活躍した馬ですからマイルは合うでしょう。

・マイネイサベル・・・父テレグノシス 母父サンデーサイレンス

母のマイネレジーナは函館3歳ステークスの2着馬で、叔父に菊花賞3着のメガスターダムがいます。父のテレグノシスは東京で実績を現役時代に残しましたが、この馬は中山牝馬ステークスを勝ちました。ただベストは東京でしょうから今回は良い条件です。

・オールザットジャズ・・・父タニノギムレット 母父サンデーサイレンス

近親にはそれほど目立った活躍馬はいませんが、母はサンデー×ダンチヒですから距離はそれほど長くない方が良いと思います。タニノギムレットの仔は東京コースは良いですから昨年負けていても、状態さえ良ければ注意したい馬だと思います。

・レインボーダリア・・・父ブライアンズタイム 母父ノーザンテースト

先日亡くなったブライアンズタイム産駒ですが、エリザベス女王杯で存在感を出しました。母父はノーザンテーストですが、マイルよりかは中距離の方が良いかもしれません。また北海道で結果を出しているように力の要る馬場になると良いです。

関連記事

ヴィクトリアマイルの血統傾向分析


まずヴィクトリアマイルの血統傾向を分析したいと思います。このレースは新設当初は父サンデーサイレンスの系統が強いレースでしたが、ここ最近は非サンデー系の馬も馬券に絡むことがあります。しかしアパパネとウオッカ以外は3着ですので基本的にはサンデーの血を持っている馬が良いと思います。

その他では父か母父がノーザンダンサー系の馬も来ています。サンデー系×ノーザンダンサー系(またはその逆)の配合の馬がこのレースでは良い配合だと思います。またあまりスタミナがありすぎる血統も厳しいと思います。

血統以外では桜花賞好走馬(3着以内に入った馬)が良く来ていて、新設されてから毎年馬券に絡んでいます。ダンスインダムードやアパパネやブエナビスタ、昨年は1着のホエールキャプチャと3着のマルセリーナが前年の桜花賞のワンツーした馬でした。

それから京王杯スプリングカップについても近年の好走馬の血統を調べてみたのですが、1400メートルのレースだけあってダート血統の馬がよく来ています。それ以外で妙味があるのはサクラバクシンオーの血を持っている馬がよいです。

安田記念と直結しにくいレースで、近年では11年に勝ったストロングリターンが本番で2着に来た以外は実績がありません。いかにもここで来そうな馬を狙うと良いです。



関連記事

NHKマイルカップ2013の回顧


NHKマイルカップはレッドアリオン、ゴットフリートが出遅れて、コパノリチャード、ガイヤースヴェルト、エーシントップが先行する形でレースが進んで、前半の半マイルは46秒1で通過しました。先行した馬が直線の半ばまで粘っていましたが後方に居たマイネルホウオウが勝利しました。

過去の年と比べるとあまりペースは速くない流れでしたので、前に行った馬は後ろのよい目標にされた感じに思えます。

マイネルホウオウは後ろからレースを進み、脚を貯める形となり最後は差し切りました。スプリングステークスは外枠を引いての競馬で3着に好走した馬ですから能力はあった馬です。母父はこのレースと相性の良いフレンチデピュティなのも良かったと思います。父はスズカフェニックス産駒です。

インパルスヒーローも中段よりも後ろからの競馬で差して来ましたが、それよりも後ろにいたマイネルには及びませんでした。ただマイルでもやれることを示しました。フラムドグロワールは休ませた効果が出たかもしれません。

レッドアリオンは惜しい競馬。最後は伸びているので出遅れが無ければという所でしょう。ガイヤースヴェルト、コパノリチャードはオーバーペースではなかったので後ろの目標にされたのが影響したのか思います。

エーシントップはちょっとダート色が強い血統なのがネックになったかもしれません。ヘイローの血が入っている馬が強いレースなのでこのレースにおける適性がなかったことでしょう。

関連記事

新潟大賞典2013の予想


◎ サトノアポロ

〇 ダコール

▲ ヴェルデグリーン

△ サクセスパシュート

△ ナカヤマナイト

△ アドマイヤタイシ

△ パッションダンス


このレースはロベルト系が比較的相性が良いのと、サンデーの血が入っている馬が良いというのがありますが、ここは父ロベルト系のサトノアポロを本命にします。ロベルト系はさっき言ったとおりにオースミグラスワンとセイクリッドバレーが近年で勝利しています。

中日新聞杯で勝って斤量が増えるのは微妙ですが、速い上がりを使ったこともありますし、混戦だと思いますが本命にしたいと思います。

対抗のダコールは平坦コースで結果を出していますし、小倉大賞典でも僅かの差で負けました。こちらは父がディープインパクトですしチャンスはありそうです。ヴェルデグリーンは連勝中ですが斤量が有利なのがいいですし、トニービンの血が入っている馬もこのレースで来ています。

サクセスパシュートはこのコースで相性の良いハーツクライ産駒。アドマイヤタイシは重賞で2着が続いている馬。パッションダンスまで押さえ、ナカヤマナイトは新潟だとキレ負けするというか、やはり小回りがベストだと思います。

関連記事

NHKマイルカップ2013の予想


◎ ガイヤースヴェルト

〇 コパノリチャード

▲ エーシントップ

△ インパルスヒーロー

△ レッドアリオン

△ ゴットフリート

△ サトノネプチューン


結構混戦のメンバーだと思いますが、月曜日に更新したブログに書いたとおりに、ダート血統の馬を好評価して予想を組み立てていきたいと思います。

本命のガイヤースヴェルトは母父がフレンチデピュティで、クロフネとグラスエイコウオーのワンツーやピンクカメオの優勝など産駒の実績があります。母系にはニジンスキーが入っていてスタミナもありますし、父のダイワメジャーも昨年の勝ち馬を出しています。

毎日杯は結構速いペースだったと思うので、それを先行して粘った競馬は評価できます。勝ったキズナを別としても、3着馬を離していますし時計もまずまずだったと思います。東京マイルも問題ないでしょう。

コパノリチャードの前走は明らかにオーバーペースでした。マイルで実績がありますが、母系はスタミナがあるので東京コースのようなスタミナもいるコースは良いでしょう。ダート血統ではまったくないのですが、好時計の皐月賞組には注意したいです。

エーシントップはアメリカのダート血統の馬です。ただ東京マイルをこなすにはスタミナが少し足りない気がします。重賞3勝の勝ち方はそれほど強烈なものではないのですが、ここでも好勝負しそうです。

インパルスヒーローはクロフネ×サンデーなので距離は心配ないでしょう。母系も優秀ですから良いと思います。レッドアリオンは昨年の3着馬のクラレントの弟ですからあとは他馬との力関係次第でしょう。ゴットフリートはローエングリーン産駒ですから中山がベストでしょう。クリスエス産駒のサトノネプチューンまで押さえます。

関連記事

京都新聞杯2013の予想


◎ キズナ

〇 マズルファイヤー

▲ アクションスター

△ サトノキングリー

△ ハッピーモーメント

△ ウインアルザス


先週のゴールドシップの例もあるので絶対ではないですが、キズナはここでは負けられないレースになっています。キズナを本命にしますが、やはり能力がこのメンバーでは力が抜けているでしょう。

距離はなんとかここまではこなせそうです。姉のファレノプシスが勝ったエリザベス女王杯と同じコースです。死角なのは前残りの高速馬場ではどうかというところでしょう。目標はダービーですが、負けられないレースです。

対抗のマズルファイアーはきさらぎ賞で2着した馬ですし京都コースは良いと思うのですが、皐月賞では先行できませんでしたが、先週のように前残りの馬場ですと内枠を生かして粘りが出ると思います。ホワイトマズルの産駒ですし距離が伸びても大丈夫だと思います。

アクションスターも京成杯で2着した馬ですし、ラジオNIKKEI杯でもあまり差の無い4着に食い込んでいます。アグネスタキオン産駒ですし早い時計の決着にも対応できると思います。

サトノキングリーは青葉賞を勝ったハイアーゲームの弟ですからダービーの前哨戦や距離的にもチャンスはあると思います。ハッピーモーメントはレベルの高かった東京の500万下で僅差の競馬をしているので侮れないと思います。ウインアルザスは先行できれば上位に食い込む可能性はあると思います。

関連記事

NHKマイルカップの有力馬の血統分析


・エーシントップ・・・父Tale of the Cat 母父Unbridled's Song

父はストームキャットの直仔で仕上がりの早い血統で、母系も仕上がりの早い血統です。ダート色も強いのはこのレースにとっては良い血統たと思いますが、府中のマイルを走るにはスピード色が強い血統です。

・レッドアリオン・・・父アグネスタキオン 母父ダンシングブレーヴ

兄のリディルがスワンステークスなどを勝利し、クラレントが昨年のこのレースで3着。エリザベス女王杯を勝ったエリモシックが叔母にいます。兄弟を見ているとマイル前後の距離が良さそうで、クラレントは東京マイルで重賞を2勝しています。

・ゴットフリート・・・父ローエングリーン 母父サンデーサイレンス

ロゴタイプと同じローエングリーン×サンデーサイレンスの配合です。配合的に距離はマイルから2000メートルぐらいが良さそうです。この馬は共同通信杯で2着していますが、父の産駒は中山がやはりベストでしょう。

・インパルスヒーロー・・・父クロフネ 母父サンデーサイレンス

母は現役時代に4勝した馬で、叔父に阪神3歳ステークスを勝ったイブキマイカグラがいます。さらにアンバーシャダイが近親にいて、マイルに伸びても問題なさそうで、クロフネ自身もこのレースを勝っています。

・コパノリチャード・・・父ダイワメジャー 母父トニービン

姉にオープンで走ったコパノオーシャンズがいます。マイルで結果を出していますが、中距離以上を走れそうな血統です。ダート色はないのですが、父の産駒は昨年勝っていますし、スタミナがある血統です。

・ガイヤースヴェルト・・・父ダイワメジャー 母父フレンチデピュティ

叔母にTCK女王杯を勝ったケープリズバーンがいます。この馬もダイワメジャー産駒で、母父フレンチデピュティはクロフネの父でもあります。距離も大丈夫ですし、ダートの血も入っています。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。