スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の競馬を振り返って

今年の競馬界もいろいろなことがありました。近代競馬150周年として開催

され、中京競馬場の新コースで行われ、福島競馬場も震災から4月に再開され

ました。


競馬でも天皇賞春の大波乱からディープブリランテのダービー制覇や、ジェンティ

ルドンナの牝馬3冠にジャパンカップ初の3歳牝馬制覇に2冠馬ゴールドシップの

有馬制覇などがありました。


また10月の京都競馬での3着3頭同着の珍事もあり、海外競馬でもルーラーシップ

の香港GⅠ制覇やオルフェーヴルの凱旋門賞挑戦とロードカナロアによる香港スプリン

ト制覇もありました。



凱旋門賞はゴール寸前まで勝ったと思ったのですが、残念な競馬でした。これまで

惨敗続きだった香港スプリンの制覇はある意味快挙と言っていいでしょう。


騎手で言うとラフプレーも目立ちましたが岩田康成騎手がビッグレースを勝ちまくり、

武豊騎手が久々にGⅠを制したマイルチャンピオンシップも印象に残っています。


来年の展望はクラシック路線はまだ抜けた存在がいない状況で混戦模様。スプリント

路線はロードカナロアが引っ張る存在で、マイル路線も混戦でしょう。


ダート路線は昨日東京大賞典を勝ったローマンレジェンドやニホンピロアワーズ当たり

が中心で、古馬路線はオルフェーヴルとゴールドシップ、ジェンティルドンナの3頭が

やはり中心。


ジェンティルドンナがドバイへ登録していて3頭が揃って対戦するのはまだ先だと思いま

すが、コースや状態によって着順は入れ替わるでしょう。


個人的にはまず予想がなかなか当たりませんでした。来年はもっと有益な情報を提供し

たいと思います。このブログを見ているみなさんはよいお年を過ごしてください。

関連記事
スポンサーサイト

中山、京都金杯、シンザン記念のレース傾向


中山金杯ですが血統の傾向としては大きな傾向がありませんが、やはり冬の開催

ということで馬力がある血統が来ています。アドマイヤベガとか母父が欧州のノ

ーザンダンサー系とかですね。


あとこのレースは前年の有馬記念とリンクすることもあります。昨年ですと11年

の有馬記念で3着のトゥザグローリーと金杯1着のフェデラリストは父ミスプロ系

で母父サンデーサイレンスでした。


金杯はステイゴールド産駒や母父マックイーンは登録馬にはいないのですが、キンカ

メ産駒とか母父トニービンやドイツ血統に注意ということでしょう。


京都金杯はかつてはダート血統を買えば当たるレースだったのですが、近3年になる

とサドラーズウェルズやニジンスキーなどの欧州ノーザンダンサー系が必ず馬券に絡

んでいます。そういう血統には注意が必要でしょう。


サンデーサイレンスの血を持つ血統にもチャンスはありそうですし、ダート血統もマ

ークしておいた方がいいでしょう。


シンザン記念は近年は父サンデー系が強く、近2年の馬券対象馬はすべて父サンデー系

です。母父はトウカイテイオーなどのパーソロン系からトニービンやノーザンダンサー

系など多くの種類の血統が結果を出しています。


京都金杯もシンザン記念は同じマイルでも少し傾向が違いますが、ディープインパクトな

どは京都マイルは得意ですからコース相性がいい種牡馬も狙ってみるといいでしょう。

関連記事

29日の東京大賞典の予想 ◎ワンダーアキュート


◎ ワンダーアキュート

〇 ハタノヴァンクール

▲ ローマンレジェンド

△ エスポワールシチー

△ フリオーソ


年末で中央競馬の開催が今週はないので、初めて地方競馬の予想として東京大賞典

の予想をすることにしました。


本命は人気でしょうがワンダーアキュート。昨年の秋からGⅠで堅実に走っていて、川

崎のJBCクラシックで初めてビッグタイトルを獲得しました。母系がリボー系で大舞台

に強く、明日道悪になっても対応できそうです。秋3戦目のステップはいいでしょうし

、軸としては信頼できそうです。


対抗は同コースのジャパンダートダービーを勝ったハタノヴァンクール。秋2走はなか

なか結果が出ませんでしたが、広いコースに変わってパフォーマンスを上げる可能性が

あります。ダートダービーは好内容でしたので大井コースも相性がいいかもしれないで

す。


ローマンレジェンドもジャパンカップダートで1番人気に支持された馬で実力があるの

は当然ですが、GⅠの厳しいペースに戸惑ったかもしれません。引き続き注意が必要で

でしょう。


エスポワールシチーは近走は中央よりも地方のレースでパフォーマンスを上げる競馬

をしています。前走はもう少し頑張っていなければならなかったでしょうがもう1度

見直した方がいいかも。フリオーソは休み明けということで厳しそうなので3着候補

までの評価とし、トランセンドはもう厳しいかもしれません。

関連記事

個人的に2歳路線の振り返り


来年の金杯まで時間があるので何か更新しなくてはいけないと思ったので、

今年の2歳戦の個人的見解でも書いてみようと思います。


まずは朝日杯フューチュリティーSですがメンバーも結構揃って勝ち時計もタイ

レコードでしたのでレベルは結構高かったと思います。ただしクラシックに向け

ては先週行われたラジオNIKKEI杯組よりかは劣る感じです。


勝ったロゴタイプはマイル前後で活躍したローエングリン産駒で、母父サンデー

サイレンスが能力を底上げしていると思います。皐月賞はギリギリでダービーは

距離が本質的に流そうな血統です。


断然人気で2着に敗れたコディーノもハッピーパスの仔でシンコウラブリイの近親

ですからダービーよりもNHKマイル寄りの馬です。将来的にもマイラーとして活躍

しそうです。


ラジオNIKKEI杯組ではこのレースを勝って3連勝としたエピファネイアは3戦とも

スローペースからの瞬発力勝負の競馬ばかりでした。ハイペースの競馬の経験がない

のは気掛かりです。能力は高そうなので、体質の弱いシーザリオの仔で無事にクラシ

ックに出走できるかです。


3着に敗れたキズナはまだ底を見せていないです。前走は初めての阪神コースという

ことで内回り、最後の急坂が初経験でしたのでそれが影響したでしょう。賞金加算で

きなかったので、皐月賞トライアル前に1戦使うかもしれませんが、そこに出てきた

ら当然好勝負でしょう。


2着でしたバッドボーイはこれまで強豪相手と戦ってきた経験を生かしての競馬でこ

れからも相手なりに走りそう。ラウンドワールドは広いコースに向いていると思うの

で、皐月賞よりはダービーに適性がありそうです。


ホープフルSを勝ったサトノネプチューンは近親にフサイチコンコルドがいる血統で

すが次走が試金石でしょう。その他では東スポ杯2着のレッドレイヴンも侮れない馬

だと思います。当然クラシックに乗ってくる力はあります。


まだ新馬を勝ったばかりの馬などにもクラシック路線に乗るチャンスはあります。現時

点でもかなり抜け出した2歳馬がいないと思いますので、力が拮抗したままクラシック

を迎える可能性がありそうです。

関連記事

有馬記念の回顧。ステイゴールドのワンツー

今年の有馬記念は前半の1000メートルが60秒台で通過。1コーナーから

2コーナーあたりでペースが緩み、残り800当たりからペースが段々早くな

りました。先行勢は失速し、中段以降に構えていた馬が上位を占めました。


勝ったゴールドシップは当然能力が抜けていたということもありますが、中山

のコースも向いていました。残り800の手前から徐々にロングスパートを掛

けていく競馬が出来たのが勝因でしょう。


反応が鈍い点はこれからも気になるので、東京の瞬発力勝負になるとかなり厳

しいと思いますが、来年も当然主役を張れる馬。小回りならジェンティルドン

ナよりも強いでしょう。


同じステイゴールド産駒のオーシャンブルーが2着でしたが、やはり中山250

0メートルのステイゴールド産駒は強いです。8レースのグッドラックハンデで

もステイゴールド産駒のマイネルメダリストが勝ちました。


オーシャンブルーは有馬でもよく来ている欧州血統が母方に入っていますから前走

のレースレベルを抜きにすれば拾える馬でした。ステイゴールド産駒はグランプリ

レースに強い種牡馬。この馬も来年走るでしょう。


3着のルーラーシップは秋3走の中で1番のひどい出遅れでした。それに付きます。

エイシンフラッシュは力を出しています。これは実力の差でしょう。スカイディグニ

ティも現状の力を出しています。リボーのクロスを持っているので来年以降のビッグ

レースでも注意が必要。


ダークシャドウはやはり広いコースがよさそうですし、ナカヤマナイトとルルーシュは

外枠が影響したでしょうか。


来年はゴールドシップ、オルフェーヴル、ジェンティルドンナが中長距離路線では主力

となりそうですが、この3頭の戦いでは体調、乗り方、コース適性で勝敗が変わりそう

です。

関連記事

阪神カップの予想 ◎オリービン


◎ オリービン

〇 レオアクティブ

▲ サンカルロ

△ アドマイヤセプター

△ ガルボ

△ マジンプロスパー

△ ファイナルフォーム

△ コスモセンサー


有馬記念から気を取り直して予想しましょう。◎オリービンの前走は始めてのスプリント

戦ということで負けましたが着差はあまりありませんでした。阪神コースは得意ですし、

ダイワメジャー産駒も阪神1400メートルは得意。淀みない流れに強いですし、この馬

自身も阪神コースで好走しているので、タフなコースでも走れる血統だと思います。


レオアクティブも近2走は競馬をしてませんが、引き続き注意が必要でしょう。1400

メートルも得意です。1400メートルといえばサンカルロ。近走は冴えていないのです

がこれも注意が必要でしょう。良血アドマイヤセプターや冬に強いガルボなど相手は手広

くいきたいです。

関連記事

有馬記念の予想 ◎ルルーシュ

◎ ルルーシュ

〇 ゴールドシップ

▲ エイシンフラッシュ

△ ナカヤマナイト

△ ルーラーシップ

△ ダイワファルコン

△ ダークシャドウ

△ スカイディグニティ


◎ルルーシュは04年の勝ち馬のゼンノロブロイ産駒で母系はヨーロッパ血統。

父サンデー系が8年連続で勝利しており、ヨーロッパ血統が入っているのもこの

レースではいいです。


アルゼンチン共和国杯はレコードタイムでこのレースの好走馬は出世してくる馬

が多いです。東京2500メートル勝ちでスタミナも十分。大外枠はかなり嫌で

すが流れに乗ればいい競馬が出来そうです。


〇ゴールドシップは大きな死角はないです。ステイゴールド産駒でまくりが出来る

中山コースはいいと思います。エンジンの掛かりが遅いというのが懸念されますが、

外目の枠なので早めスパートが出来れば好勝負でしょう。


▲エイシンフラッシュは昨年の2着馬でオルフェーヴルが居なければこの馬にも当然

チャンスがありそうです。中山でも結果を出していますし、ある程度流れても走りそ

うです。


ナカヤマナイトは中山巧者。ステイゴールド産駒も中山芝2500メートルはいいで

すし、ステイゴールドはグランプリ血統。母系が地味なので4番手としました。ルーラ

ーシップは本来は広いコースの方がいいでしょう。出遅れも心配。


ダイワファルコンは中山得意でダイワメジャー、ダイワスカーレットの甥なので隠れた

有馬血統だと思います。ダークシャドウは冬の中山苦手のダンス産駒で3着候補めで。

菊2着でブライアンズタイム産駒のスカイディグニティも最後に抑えます。


馬券はルルーシュとゴールドシップの3連複を中心に、オッズしだいでルルーシュから

馬連とワイドで流します。

関連記事

ラジオNIKKEI杯の予想 ◎キズナ

◎ キズナ

〇 アクションスター

▲ エピファネイア

△ ラウンドワールド


7頭立ての小頭数ですが、上位人気になりそうな4頭の競馬だと思います。

今開催の阪神芝2000メートルはディープインパクト産駒の活躍が目立ち

ます。


ラウンドワールドとキズナの2択でキズナにしました。ファレノプシスの半弟

で勝ち方も強い方だと思います。昨年のアダムスピーク的なにおいがするアク

ションスターが対抗で、エピファネイアは少し様子を見たい。ラウンドワールド

は休み明けと広いコースの方が本来はいいでしょう。

関連記事

有馬記念出走予定馬血統診断 後半

・菊花賞組

ゴールドシップ

ご存知ステイゴールド×メジロマックイーンの配合。同配合のドリームジャー

ニー、オルフェーヴルもこのレースを勝っているが、2頭には母系にステイゴ

ールドが入っていて、ゴールドシップはプルラリズムとスケールダウン。そこ

と反応の鈍さを除けば死角はあまりないです。


・スカイディグニティ

過去に有馬3勝しているブライアンズタイム産駒。その産駒は近年芝では不振で

したが、この馬とエリザベス女王杯を勝ったレインボーダリアと芝で活躍馬を出

しているので注意が必要かも。


その他路線組

・トゥザグローリー

母トゥザヴィクトリーは01年の有馬記念で3着に粘った馬で、この馬も2年連続

3着。冬場に強く、あとは過去2年の出来にあるかどうか。


・ルルーシュ

父は04年の優勝馬ゼンノロブロイ。サンデー系×ハイエストオナーはレーヴディソー

ルと同配合。さらに母系にダンシングブレーヴが入っていて欧州色が強い。アルゼンチ

ン共和国杯勝ちからスタミナもあるでしょう。


・ダイワファルコン

このレースで2年連続3着のダイワメジャーが叔父、08年優勝のダイワスカーレット

が叔母という一族出身。この馬自身もオールカマー2着など中山は得意。血統はいいの

で後は強い相手でどこまで。


・トレイルブレイザー

ゼンノロブロイ産駒で母父がフォーティナイナーでミスプロのクロスが発生する。母系に

入っているニジンスキーがスタミナを補っている模様。鼻出血のこともあり状態に関して

が1番のポイント。


・ネヴァブション

父のマーベラスサンデーはこのレース2年連続2着。母系は欧州スタミナ血統も近走不振

と年齢が高齢過ぎて・・・。


・オウケンブルースリ

父ジャングルポケットは京都長距離GⅠでも好走馬を出していてこの馬も菊花賞勝ち。こ

の馬も3走前以外は惨敗続きで・・・。

関連記事

有馬記念出走予定馬の血統診断 前半戦

ジャパンカップ組

・ルーラーシップ

母エアグルーヴは有馬記念に2回出走して3着、5着。血統的には広いコース
 
がベストも小回りでもそれなりにやれそう。 実際に宝塚で2着。この馬に関

しては出遅れが鍵を握りそうです。


・ダークシャドウ 

母の仔はダート短距離での活躍が目立つがこの馬は例外。ダンスインザダーク

産駒は有馬、冬の中山芝は不振傾向。前走で距離はこなせそうなので、あとは

中山への適性が問題でしょう。


・ビートブラック

母父はこのレースに相性の良かったロベルト系のブライアンスタイム。母系は

スタミナ十分。父ミスキャストは地味もマイルGⅠ2勝のノースフライトの仔。

積極的な競馬でどこまで。


・エイシンフラッシュ

昨年2着のように有馬適性はありそう。去年は超スローからの瞬発力勝負で好走

も、母方はスタミナ血統なのでハイペースになっても対応はできそう。ドイツ血

統なので引き続き注意が必要でしょう。


・ローズキングダム

薔薇一族の血統でキンカメ×サンデーもニックス配合。この馬に関しては血統という

よりどこまで復調しているかでしょう。


その他の路線組

・ナカヤマナイト

ステイゴールド産駒は中山芝2500メートルは得意。母系は地味なのが気掛かりも

この馬自身は中山は得意。頭はなくても2,3着に突っ込む可能性も。


・オーシャンブルー

これもステイゴールド産駒。母父はミルリーフの血統で母系にさらにダンシングブレ

ーヴが入っているので距離自体は問題なし。有馬記念向きの血統も。前走のメンバー

レベルは正直低いでしょう。


・アーネストリー

父はこのレース連覇したことのあるグラスワンダー。母父はトニービンで非サンデーな

がら有馬の適性自体はある血統。しかし去年このレースで惨敗してからまったくの不振

で・・・・。

関連記事

サンデー系が8連勝中の有馬記念


有馬記念はかつてはロベルト系が強かったレースでした。ナリタブライアン、マヤノ

トップガン、シルクジャスティスのブライアンズタイム産駒からグラスワンダーとシ

ンボリクリスエスの連覇と結果を出してきました。


しかし、最近では父がサンデーサイレンスの系統が強いです。サンデー産駒が有馬記念

を最初に勝ったのが01年のマンハッタンカフェと少し勝つのに時間がかかりました。


そして04年のゼンノロブロイから07年のマツリダゴッホまで4年連続でサンデー産

駒が有馬を制してきました。そしてサンデーの直仔がいなくなってきてもサンデー第2

世代とよばれる種牡馬たちが有馬記念を勝っています。


サンデーの他に注目したい血統は欧州のスタミナ血統でしょう。母父トニービンだと05

年を勝ったハーツクライや08年で穴を開けたドリームウェルがいます。昨年2着のエイ

シンフラッシュも母方はドイツのスタミナ血統です。


昨年は超スローで流れましたが、ある程度ペースが流れることもあるレースなので、スタ

ミナがある馬が有利なのでしょう。


年齢のことを言うと4歳馬が有利なレースです。09年は確か出走がなかったと思うので

すが、近年は必ず4歳馬が馬券に絡んでいます。次の3歳馬の好走が目立ち、高齢馬にな

るほど苦しい傾向にあります。


いずれにせよ、血統からはやはり父サンデー系でスタミナも兼ね備えている馬を高く評価

した方がいいかもしれません。

関連記事

朝日杯FSの回顧


前半は結構速かったですね。半マイルが45秒4というペースですからね。2歳

戦としては速いペースでしょう。昨年と同じレースタイレコードの決着となりま

した。


勝ったロゴタイプは不利な外枠の14番でしたが、うまく2コーナーで好位につ

けて流れに乗ったのが良かったのでしょう。血統的にも中山で重賞を勝ったロー

エングリーンの仔ですからコース適性も十分あったのでしょう。適性距離はマイ

ルから2000メートルあたりでしょう。


コディーノは思ったよりも最後は伸びずに2着でした。道中で多少引っかかった

ような場面がありましたが案外。今日は勝ち馬も走りました。この馬も血統的に

マイル路線で走るような馬になりそうです。


ゴットフリートは勝ち馬と同じローエングリーン×サンデーサイレンスの配合で

同じ配合の馬が馬券に絡んだので今回の条件が合ってたのでしょう。3着馬まで

はすべて母父サンデーの馬。朝日杯は来年も母父サンデーでしょう。


エーシントップはスタート直後に他馬にぶつけれられたとのこと、道中も掛かり

気味でしたからスムーズな競馬が出来ませんでした。次走でも巻き返しはありそ

うです。

関連記事

朝日杯FSの本命 ◎エーシントップ


◎ エーシントップ

〇 ラブリーデイ

▲ コディーノ

△ クラウンレガーロ

△ ゴットフリート

△ フラムドグロワール

△ ロゴタイプ


◎エーシントップは京王杯が近年で最も速いタイムでの勝利。父はストームキャット

系で母系も仕上がりの早い血統。非サンデーやダート血統がこのレースで強いので血

統からも適性は高いです。マイルでの好走がない馬も来ているレースでもあり、距離

自体も問題ないはず。


ラブリーデイは京王杯2着。前走は距離短縮でも頑張った。母父サンデー系と父キン

カメでレース適性もありそうです。コディーノは血統はこのレースに文句なしですが

初のマイル戦がどうか。


クラウンレガーロはこのレースを勝ったグラスワンダーの仔で注意。フラムドグロワー

ルは父サンデー系で割引。中山で活躍したローエングリーン産駒で母父サンデーの2頭

が抑え。

関連記事

愛知杯の予想 ◎ピクシープリンセス

◎ ピクシープリンセス

〇 ミッドサマーフェア

▲ オールザットジャズ

△ マイネオーチャード

△ アイスフォーリス

△ アカンサス


コース改修でこれまでの傾向が通用しないレース。本命は素直にピクシー

プリンセス。格上挑戦の前走であわやの3着。斤量54キロは恵まれた。

ディープインパクト産駒は中京芝2000メートルで好成績。相手も楽に

なりここでは信頼できそうです。


フローラSでいい勝ち方をしたミッドサマーフェアが対抗。タニノギムレ

ット産駒だけに広いコースの左回りでパフォーマンスを上げそう。同じギ

ムレット産駒のオールザットジャズが3番手。

関連記事

朝日杯FS出走予定馬の血統分析


東スポ杯を勝って3戦3勝としたコディーノは京都牝馬Sを勝ったハッピーパス

が母で、叔母にシンコウラブリイがいる血統です。


個人的にはダービーというよりはマイルから2000メートル当たりがよさそうな

血統です。このレースは母父サンデーが4連勝中ですし、札幌で勝っているだけに

小回りもこなせそう、初のマイルなのが課題でしょう。


京王杯を勝ったエーシントップは外国産馬で父がストームキャット系で母父がミス

プロ系で2歳戦から走れる仕上がりの早い血統だと思います。ダート血統、非サン

デーなのも今回のレースで相性のいい血統です。


フラムドグロワールは母がオークスを勝ったシルクプリマドンナです。母の子はな

かなか出世しなかったのですが、ようやく重賞クラスの馬が出てきました。父は中

山得意のダイワメジャー産駒、サンデー系不振のレースを覆せるか。


デイリー杯優勝のテイエムイナズマはディープインパクトの全兄のブラックタイドの

産駒で前走は1400が合わなかったと思います。2着だったクラウンレガーロはこ

のレースを勝ったグラスワンダー産駒なのは強調材料です。


ラブリーデイ、ロゴタイム、ゴッドフリートも母父はサンデー系ですからこのレースに

置ける適性は悪くないと思います。

関連記事

父サンデー系が不振の朝日杯FS


2歳戦ということで波乱も十分ありそうなレースですが、この朝日杯は父がサンデ

ー系が大不振というのは大きな傾向でしょう。


過去5年で連対した父サンデー系の馬というのは10年のリアルインパクトだけで、

勝ち馬は出ておらず、3着も2頭ですから馬券に絡んだのは近5年で3頭ですから

頭数が多いサンデー系を考えれば不振と言っていいでしょう。


ただし母父サンデーの馬が08年から4年連続で勝利しています。サンデーの血が入

っている馬では母父サンデーの馬を狙うのがいいでしょう。今年も勝って5年連続と

いう可能性はあるでしょう。


母父サンデーがここ最近は勝っているのですが、2,3着にはサンデーの血が入って

いない非サンデー系の馬もよく馬券に絡んでいます。非サンデーの馬も狙っても面白

いでしょう。


最後に近5年に馬券に絡んでいる馬ではダート血統が入っている馬がよく馬券に絡んで

います。母父サンデーか非サンデー系のダート血統の馬が今回の朝日杯の軸として選ん

だ方がいいのではないかと思います。

関連記事

阪神JFのレース回顧


ここ最近は大荒れというのはなかったのですが、旧コース時代のような大波乱と

なりました。ある程度流れたレースで結局1~3着馬は内を通った馬でした。


ローブティサージュは1番枠から内を終始回ってきて抜け出しました。ファンタ

ジーS組の勝利は久々ではないでしょうか。新馬戦は1800メートルを使って

前走は距離短縮でも好走しました。母系にサドラーズウェルズですから本来は距

離があったほうが良いと思います。


ウォーエンブレム産駒は受胎の問題で数は多くありませんが、ブラックエンブレム

などの重賞勝ち馬を出す能力を持っています。気性の問題が付きまとう血統ですが

、この馬は今日は内枠をこなしたことは収穫でしょう。クラシックに直結するレース

になってきたので来春も注目でしょう。


クロフネサプライズは名前の通り?波乱の立役者となりましたが、このレースに強い

デピュティミニスター系です。レッドセシリアはスタートは良くなかったのですが、

内を突いたのが上位に来た要因です。


コレクターアイテムは内が有利の馬場が厳しかったのでしょう。わずかに届きません

でした。サウンドリアーナはやはり1400が現状ではベストでしょう。

関連記事

阪神JFの予想 ◎コレクターアイテム


◎ コレクターアイテム

〇 サンブルエミューズ

▲ アユサン

△ ローブティサージュ

△ プリンセスジャック

△ サウンドリアーナ


このレースは馬場改修後ではクラシックに直結するレースとなっており、以前と比べ

てタフさが求められるレースのようです。


コレクターアイテムは前走で東京マイルで勝ったので阪神マイルでも合いそうです。

ハーツクライ産駒もこの阪神マイルは得意ですし、母系は仕上がりが早いので条件は

合っていると思います。


サンブルエミューズもこのレースと相性のいいヴァイスリージェント系が母系。アル

テミスSで2着のアユサンも高評価。ダービー馬の産駒が強いレースです。


ファンタジーSは近年では2着が最高なので評価を下げますが、血統的にはローブティ

サージュがいいのではないかと思います。勝ち馬サウンドリアーナは前走で勝ったこと

で評価を下げます。

関連記事

カペラSの予想 ◎ティアップワイルド


◎ ティアップワイルド

〇 エーシンウェズン

▲ セイクリムズン

△ スリーボストン

△ シルクフォーチュン

△ タイセイシュバリエ

△ タンジブルアセット


昨年2着でこのコースで良績のあるティアップワイルドが本命。斤量も昨年と同じ

56キロでこのレースに強いミスプロの血を持っているのでこの馬から。父がミス

プロ系で距離短縮でもやれそうなエーシンウェズンが対抗。

関連記事

朝日CCの予想 ◎フレールジャック


◎ フレールジャック

〇 デルフォイ

▲ リルダヴァル

△ ヒストリカル

△ シルクアーネスト

△ ショウリュウムーン

△ アドマイヤタイシ


フレールジャックは1800メートルで5戦4勝と得意。ディープインパクト産駒も

阪神芝1800メートルは得意。負けた去年の鳴尾記念よりもメンバーは楽なので軸

として信頼。


かなり混戦模様も、デルフォイ、リルダヴァルあたりが相手候補。

関連記事

東京、中山競馬場のおススメグルメ

torisen.jpg



最近競馬場には行っていないのですが、生で観戦するのがスポーツの醍醐味だと

思います。今日はあまり競馬場に行ったことのない人のためにおすすめのグルメ

について書きたいと思います。


1番行っているのが中山競馬場なのですが、中山でおススメするグルメは「鳥千」

のフライドチキンです。競馬ファンの間では良く知られているグルメで、個人的に

も競馬場に行くと必ずというほど食べます。


310円で買えるのですが、マスタードや塩コショウをかけて食べるとおいしいで

す。肉はジューシーで衣はサクサクしていてアツアツなのがすごくおいしいです。


東京競馬場は広いのでより多くの食べ物が売られているのですが、よく食べるのが

「馬そば」の鳥そばです。450円で売られているのですが、鶏肉としょうゆ味の

汁がマッチして美味いです。


東京競馬場はファーストキッチンなどのお店もあるのですが、混みそうな日は早めに

食事を取ったほうがいいです。馬そばも午前のレースが終わると混むみたいですから

ね。余裕を持って食事をしたほうがいいです。


野球観戦でもサッカー観戦でもスタジアムの有名グルメがあるので、競馬場でもグルメ

を楽しみながら観戦するといいですね。


関連記事

阪神JFの出走予定馬の血統分析


ファンタジーS組


サウンドリアーナはケイムホームの産駒でゴーンウェストの系統です。母父は

ダンシングブレーヴなのでノーザンダンサー系なのはこのレースにおいてよい

ですが、ケイムホーム産駒がGⅠでどこまでやれるか未知数。それにファンタジ

ーS勝ち馬は本番不振なのがどうなのかです。


ローブティサージュはあまり産駒の多くないウォーエンブレム産駒です。ミスプ

ロ系×ノーザンダンサー系はサウンドリアーナと同じ配合ですが、本番ではこちら

の方がスケールが大きい感じがします。


プリンセスジャックは重賞勝ち馬のゴールデンジャックの子供で、半兄に京都巧者

だったサイドワインダーがいます。血統的にマイルでも走れそうです。


アルテミスS組


コレクターアイテムはウインバリアシオンと同じハーツクライ×ストームバードで

す。母父がストームバードですから早熟血統、仕上がりが早い母系だと思います。

2歳GⅠを勝てる血統だと思います。


アユサンはディープインパクト産駒で母父がストームキャットです。ストームキャ

ットの父はストームバードですからコレクターアイテムと似た配合です。2頭が揃

って来る可能性も高いです。


その他の組


サンブルエミューズは芙蓉Sの勝ち馬でダイワメジャー×フレンチデピュティの配合

でヴァイスリージェント系はこのレースのも来ているので適性はあるでしょう。ディ

アマイベイビーは朝日杯勝ち馬のゴスホークケンの妹ですから2歳GⅠでも走れる可

能性はあります。

関連記事

阪神JFのレース傾向を読み取る

G20111212002224480_view.jpg


血統から阪神ジュべナイルフィリーズの傾向を見てみると、父か母父が

ヴァイスリージェント系などのノーザンダンサー系が良く来ています。


近5年では毎年父か母父がノーザンダンサー系が来ていて、毎年で言うと

父か母父がミスプロ系も毎年馬券に絡んでいます。


そして06年ウォッカ、07年トールポピー、08年ブエナビスタ、09

年アパパネと東京2400メートルのクラシックレースを勝っているのも

以前の特徴でした。


10年のレーヴディソールと11年のジョワドヴィーヴルは怪我で出ていな

かったのですが、ホエールキャプチャが3着、アイムユアーズが4着とオー

クスで好走しています。


阪神マイルはコースが変わって以前よりタフなコースになっていると思うので

、マイル以上の距離をこなせような馬を狙うのもいいかもしれません。


それとローテションは今年からアルテミスSが新設されたのですが、以前の赤松

賞が格上げされたようなものに近いと思いますが、東京コースを考えたらファン

タジーSよりも関連が強くなるかもしれません。


このレースの狙い馬は個人的にマイル以上の距離もこなせそうで、クラシックで

も期待できそうな馬を狙っていきたいと思います。

関連記事

ジャパンカップダートの雑感


レースはエスポワールシチーが前半1000メートルを59.8という速い

流れでした。楽な手ごたえから抜け出したニホンピロアワーズが後続を離し

ての勝利でした。


こんなに強かったんだというニホンピロの競馬でした。長い距離で結果を出し

ている馬でホワイトマズル産駒ということでスタミナを持っているのではない

かと思い、タフな流れにも対応できたと思います。


ワンダーアキュートもGⅠでは堅実に走ります。今日は相手が強すぎました。馬

体重は増減が激しい馬で、今日は前走で減っていた馬体が戻ったという感じ。東

京大賞典に出走してもいい競馬をするでしょう。


ホッコータルマエは2,3番手からの競馬でよく粘りました。レパードSでイジゲ

ンに先着した馬ですから今回は人気がなさ過ぎました。相手なりに走る競馬をこれ

からもしそうです。


ローマンレジェンドはペースの速い競馬に対応仕切れなかったかもしれません。初

めてのGⅠの競馬で経験差が出た印象です。


エスポワールシチーはペースが速すぎたというのもありますが、これだけメンバーが

集まると現状厳しいかもしれません。トランセンドはもう厳しいでしょう。イジゲン

は出遅れを修正しないとダメでしょう。


スマートファルコンが引退し、トランセンドとエスポワールシチーが惨敗でダート路

線の構図も変わってくることでしょう。東京大賞典からフェブラリーSまでのビッグ

レースでどういう馬が台頭してきますか。




関連記事

ジャパンカップダートの本命 ◎ローマンレジェンド


◎ ローマンレジェンド

〇 ワンダーアキュート

▲ エスポワールシチー

△ ニホンピロアワーズ

△ ハタノヴァンクール

△ ホッコータルマエ

△ イジゲン

△ トランセンド


ローマンレジェンドはここでもいいパフォーマンスを見せることが出来そうなので

本命。乗り変わりと大舞台での経験値が少ないのは気になる材料ですが、コース相

性もよくスペシャルウィーク産駒も非常に率が高く、芝で実績のある種牡馬が相性

のいいコースです。


逆転候補なのはワンダーアキュートで、昨年は出遅れが響きました。ここ1年では

GⅠで安定した成績を残していて、母系は大舞台に強いリボー系なので前回に引き続

きにいいパフォーマンスを見せる可能性は高いです。


エスポワールシチーも昨年よりも状態は落ちてはいないでしょう。南部杯は相手に

恵まれた点はあるのでそこは減点しての評価です。


ニホンピロは昨年よりも力をつけているかもしれません。ホッコーは相手なりに走

ります。ローマンが本命なのでみやこSを評価。


イジゲンは前走の大出遅れなどで競馬が少し不安定な印象。トランセンドも昨年の

状態に戻っているか?


馬券はローマンレジェンドとワンダーアキュートとの3連複を中心で行きたいと

思います。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。