スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステイヤーズSの予想 ◎メイショウウズシオ


◎ メイショウウズシオ

〇 ファタモルガーナ

▲ トウカイトリック

△ デスペラード

△ フォゲッタブル

△ マイネルキッツ

△ ケイアイドウソジン


前走オープンで馬券に絡んだ馬がメイショウウズシオしかいない低調なメンバー

で一筋縄ではいかなそうなレース。


オペラハウスにブライアンズタイムという長距離向きな配合で、開幕週の馬場で

前に行けて、2000メートルでも好走できるスピードを持っているメイショウ

ウズシオを本命にします。

関連記事
スポンサーサイト

金鯱賞の予想 ◎オーシャンブルー

◎ オーシャンブルー

〇 ダノンバラード

▲ エアソミュール

△ アーネストリー

△ サトノギャラント

△ アドマイヤラクティ

△ トウカイパラダイス


コース替えに時期も変わってレースの傾向というのはないです。参考として改装後の

中京芝2000メートルではディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライあ

たりが成績がいいです。


オーシャンブルーは前走は勝ち馬と対照的な競馬で5着でした。位置取りが後ろ過ぎた

と思います。GⅡとはいえGⅠ勝ちのアーネストリーが不振ですから多少メンバーが揃っ

ていない今回でもやれそうです。

関連記事

有馬記念翌日の競馬開催はどうなのか?


今年は有馬記念開催日の翌日にも競馬が開催されます。来年の日程でも有馬

記念の翌日に競馬が開催されるようです。


某競馬ライターの方が有馬記念翌日の開催を大否定されてますが、個人的に

もこの開催には反対したいです。


今年、来年と月曜日が祝日というのもあって、開催を増やして収益を得よう

という考え?なのかわかりませんが、長い間有馬記念が年度末最後の大一番

であって、有馬記念が1年の締めくくりなのです。


有馬記念が日本で1番馬券が売れるレースでその日に売り上げが集中するこ

とになるので、翌日の開催の売り上げは非常に高くなるということは期待で

きないです。


たとえ売り上げの見込みがあるとしても、有馬記念があって、尾張ステークス

があってファイナルSが中央競馬の最後という流れを定着させるべきで、有馬

記念の日を中央競馬の最後の開催にすべきです。


JRAはファンにとって理解できないことばかりする企業です。グラマラスカップ

とかガチ馬とか余計なことばかりします。今後もレース予想の他にもこういうこ

となど思ったことを書いていきたいと思います。

関連記事

JCダートの出走予定馬の血統分析の続き


トランセンドは父がダートに強いワイルドラッシュですが、母父は芝血統のトニー

ビンです。そのトニービンから底力を受け継いでいるのか。この馬に関しては去年

の状態にあるかどうかでしょう。


イジゲンの父はフェデラリストの重賞勝ちで話題になったエンパイアメーカーです。

この種牡馬はアメリカの一流種牡馬ですからダートで走るのは当然だと言えます。ま

た母父はスタミナを持っているので距離も心配なさそうです。


ハタノヴァンクールはキングカメハメハ×ブライアンズタイムで、母系にサンデーや

ノーザンテーストが入り、叔父にジャガーメイルがいる優秀な血統です。芝血統がい

いレースなのでこの馬の血統も傾向に合っています。


ニホンピロアワーズはホワイトマズルにアドマイヤベガですから、よくダートで走っ

ているという血統です。結構異例な馬だと思いますが、馬力はありそうです。


ソリタリーキングはヴァーミリアンなどが兄弟にいる超良血です。大舞台で走っても

おかしくない血統です。

関連記事

ジャパンカップダート出走予定馬の血統診断


ローマンレジェンドは父がG14勝のスペシャルウィークですが、ダートでの

活躍馬が去年までほとんどいませんでしたが、ゴルトブリッツが帝王賞を勝

ち、ローマンレジェンドも重賞を2勝しました。


母父のオーサムアゲインはブリーダーズカップを勝った名馬でしたが、母系

はさらにストームバードの血が入っているので母系の影響が強くダートで走

っているのだと思います。ここも当然注目。


エスポワールシチーは父がフェブラリーSなどを勝ったゴールドアリュールで

す。母父がブライアンズタイムですから芝、ダートでも両方走れそうな血統で

このレースを勝っているので、レース傾向は合っています。


ワンダーアキュートは父がストームバード系で、この馬の半兄は重賞を勝った

ワンダースピードです。母父はタップダンスシチーの父でもあり、リボー系で

すから大舞台には強そうです。


トゥザグローリーは父がキングカメハメハ、母がドバイワールドカップ2着の

トゥザヴィクトリーですからダート適性はあると思いますが、初ダートがG1で

馬券に絡んだのはトゥザヴィクトリーの3着だけです。

関連記事

芝で実績のある血統がよさよう。JCダートの血統傾向


ジャパンカップダートは今年も外国馬の出走はありません。やはり右回りだと来ない

というのをJRAもいい加減分かって欲しいですが、阪神に変わってからの過去4年の

傾向を見てみたいと思います。


正直、どの系統が強いというのはありません。しかし、父系、母系のどちらもダート

血統というよりは、どちらかが芝で走れる血統、芝で実績のある血統が入っていると

良いと思います。


2連覇しているトランセンドなんかは父はダートで走るワイルドラッシュですが、母父

は芝に強いトニービンですからね。元々阪神ダート1800メートルは芝血統がよく走

ると言われていました。


過去1年の阪神ダート1800メートルではスペシャルウイークが勝率24.1%で複

勝率も37.9%あります。キングカメハメハも複勝率が34.8%あるので芝で走る

種牡馬はよさようです。ディープインパクトもまずまずの成績ですからね。


ダートで走っているけど、芝で走る血統を持っている馬には注意して予想を組み立てて

いきたいですね。


関連記事

エスポに武豊 ローマンにデムーロ

土曜日の10レースで落馬した佐藤哲三騎手は負傷によりジャ

パンカップダートに出走予定のエスポワールシチーは武豊騎手

に乗り変わることになりそうです。


またジャパンカップにおいて岩田康成騎手は進路の取り方が強引

であったため、開催2日間の騎乗停止となりました。これにより

ローマンレジェンドはミルコ・デムーロ騎手が騎乗騎乗する模様

となったようです。


よくこの2人の騎手が空いていたなと思います。武豊騎手はフェブ

ラリーSの騎乗を悔やんでおり、今回はどんな騎乗をするかに期待

が集まりそうです。

関連記事

斤量差などが影響したジャパンカップ


今年のジャパンカップはビートブラックがレースを引っ張りました。ペース

はそれほど速くはなかったですが、残り800ぐらいから徐々にペースが上

がっていきました。


8枠の3頭が最後の直線では内目を通っていたのですが、今週の馬場は非常

に内が有利だったと思います。それに時計も速かったですね。ディープイン

パクト産駒が高速馬場にも強いですし、スピードも結構要求される展開だっ

たと思います。


ジェンティルドンナは好走する条件は揃っていたと思います。ローテーショ

ンもよかったと思いますし、53キロで出れる斤量も大きかったです。ファ

ビラスラフィンやレッドディザイアも好走しましたから、秋華賞好走馬は来

年以降も注意が必要でしょう。


オルフェーヴルも直線の入り口では好意に取り付いていましたが、ローテー

ションや状態、斤量差が影響したのでしょう。高速馬場適性でも苦しかった

と思います。


ルーラーシップはゲート内で暴れてまたも出遅れました。ジョッキーがリカ

バリーして3着には着ましたが、最後は前走と同じような展開になってしま

いました。


ダークシャドウはよく走っていると思いますし、フェノーメノも現状では力

通りの結果だったと思います。さすがに大きな上積みはなかったですね。


有馬記念に向けては、ジェンティルドンナは出走するかどうかは現時点では

わかりませんが、さすがに3歳牝馬には厳しいローテーションでしょう。今

回にピークを持ってきたと思いますし、秋華賞を見る限りでは内回りでは苦

戦するでしょう。


オルフェーヴルも出てくれば秋はG13戦を含む4戦目になります。海外遠征

もしてますから、この馬も有馬は磐石とはいかないでしょう。


有馬記念は秋天やジャパンカップとG1を2戦消化している馬だけではなく、

秋はあまり消耗していないフレッシュな馬を注意してみることも必要だと思

います。

関連記事

ジャパンカップの予想 ◎フェノーメノ

◎ フェノーメノ

〇 オルフェーヴル

▲ エイシンフラッシュ

△ ジャガーメイル

△ ルーラーシップ

△ トーセンジョーダン

△ ジェンティルドンナ


オルフェーヴルの取捨をどうするか。ディープインパクトが凱旋門賞以来で勝ちました

が、あの時は現地でステップレースを使わずに実質秋2戦目で、凱旋門賞から中7週の

ローテーションでした。


オルフェーヴルの場合はステップレースとしてフォア賞を使って、重馬場の凱旋門賞を

走って、間隔は中6週というのが気掛かり。体調さえ整っていればもちろん1番強そう

ですが、今回はローテーションが気掛かりで対抗までとします。


◎フェノーメノは東京コースは本当に走ります。天皇賞は目標とされる展開もあって

負けましたがいい競馬だったと思います。ダービー好走馬が走るレースで、叔父が99

年2着馬のインディジェナス。東京2400メートルの適性もあります。


▲のエイシンフラッシュはダービー勝ち馬ですが去年は惨敗。内側有利の馬場で外枠を

引いた影響もあったと思います。前走勝った勢いにルメール騎手騎乗で今回も高い評価

をしたいと思います。


面白いのはジャガーメイル。昨年穴を開け、久々の天皇賞も頑張っていたと思います。

今年も穴候補。ルーラーシップは母がエアグルーヴがこのレース2年連続の2着で適性

は悪くなさそう。


叩き2戦目のトーセンジョーダンも抑え。ジェンティルドンナは3歳牝馬ということで

評価を下げます。

関連記事

京阪杯の予想 ◎サドンストーム

◎ サドンストーム

〇 テイエムオオタカ

▲ ジュエルオブナイル

△ エーシンヴァーゴウ

△ パドトロワ

△ アドマイヤセプター

△ オリービン


◎サドンストームは香港スプリント勝ち馬のラッキーナインの弟でスプリント適性は高

そう。母系は平坦コース得意のダンチヒ系で、母父はグリーンデザートなので明日道悪

が残っても馬場はこなせそうです。


重たい馬場もこなせそうなテイエムオオタカと前走でサドンストームの2着だったジュエル

オブナイルが相手。

関連記事

血統予想のよさ

競走馬の血統などは今の時代ではネットで調べることが出来ますね。ネットが使える

環境ならば自宅などでいつでも調べることが出来ます。そこがまず血統で予想するに

はいいところだと思います。


ネットではいろいろなことが調べることが出来ますが、過去のレース結果なども調べ

ることが出来て、重賞ならば20年近くのデータを調べることが出来るので、そのレ

ースの好走馬の血統を調べて傾向を探ることも出来ます。


それとパドックなどを見て予想をする場合、ある程度事前に予想をしているかと思い

ますが、実際、レースの数十分前で予想を組み立てなくてはいけませんし、パドック

の様子で評価を変えなくてはいけない場合も出てきて、レースまでの数十分で予想を

組み立て直さなくてはいけないことにもなるかもしれません。


それに普段トレセンで毎日馬をみているトラックマンとかではないと馬体の変化などは

わからないところもあるでしょう。


調教で予想する人も新聞などでタイムなどは出ていますが、実際は調教の映像を見なく

てはいけないでしょう。調教の映像も条件戦などでは映像をみれないことも多いでしょ

う。調教も1週前、2週前の追い切りを見ることはなかなか出来ないですし。


そういう意味では血統での予想ならば事前に予想することもできますし、手軽に調べる

ことが出来ます。そこが血統予想のいいところだと思います。そしてこの血統予想でこ

れからもドンドンと当てていきたいですね。

関連記事

ジャパンカップ出走予定馬の血統分析2

 
メイショウカンパク・・・父グラスワンダーに母父サンデー系というのは08年
            
              の勝ち馬スクリーンヒーローと同じ。

              後はこのメンバーでどこまで戦えるか


ルーラーシップ・・・・・母は97年、98年このレース2着のエアグルーヴ。
        
              母はオークス勝ちしているので血統的にも2400メートル

              はこなせそう。父がキングマンボ系なのも注意。


ローズキングダム・・・・母はエリザベス女王杯2着などの実績があるローズバドで薔薇

               一族。キングマンボ系で10年の勝ち馬でコース適性は

               あるが、あとはどこまで復調しているのか。


ジャッカルベリー・・・・父はマキャヴェリアン系のストーミングホームで母父はサドラー

              ズウェルズ系で日本の馬場はまったくダメということはないと思

              いますが魅力的でもないです。


スリプトラ・・・・・・・・ 父はグリーンデザート系で母父はシングスピールを出したIn the

              Wingで祖母にフランスオークス馬がいる模様。母系はスタミナ

              がありそうで、外国馬のなかでは一番日本に向いてそう。                                                             


ソレミア・・・・・・・・・・・父はサドラーズウェルズの直仔で、母系はミルリーフの系統で

              いかにも重い血統だからこそ重馬場の凱旋門賞を勝ったのでしょ
 
              う。日本では重過ぎるでしょう。


マウントアトス・・・・・・・父は99年4着した凱旋門賞馬モンジューで母系はこちらもミル

               リーフの血統。これも日本では重たい感じがします。


レッドカドー・・・・・・・・・父は日本ではあまり見かけないOwen Tudor系で母父が凱旋門

               賞馬のパントルセレブル。やはり日本に縁がある系統ではなけ

               ればジャパンカップは厳しいと思います。

関連記事

ジャパンカップ出走予定馬の血統分析1

エイシンフラッシュ・・・言わずと知れたドイツ血統です。母系はスタミナが豊富。
            
              スローペースの馬と思われちもハイペース対応できそう。

              本来は東京2400は合っているはず。


オウケンブルースリ・・・09年の2着馬だけにこのコースはベストでしょう。ジャン

               グルポケット産駒は3頭がこのレースで馬券対象。

               ただ全盛期は過ぎたようで・・・。


オルフェーヴル・・・・・G13勝のドリームジャーニーの全弟で黄金配合。母方にノーザ

              ンテーストが入っていて母系の質も高い。どこのコースも走れる

              が直線の長いコースがベストかも。


ジェンティルドンナ・・・全姉が先週のマイルCS3着のドナウブルーで本来は短距離向き

              の配合。同世代対決で距離はこなした感があります。

              あとは古馬牡馬相手にどうか。


ジャガーメイル・・・・・ジャングルポケット×サンデーサイレンスのニックス配合。

              さらに母系にノーザンテーストが入っていて血統の質は高

              いです。東京2400も合っていそうです。


ダークシャドウ・・・・・・父は長距離砲のダンスインザダークも母方はスピード色が強く

              兄弟は短い距離に偏っています。距離が伸びていいという馬で

              はない感じがします。


トーセンジョーダン・・・・昨年の2着馬なのでコース相性は証明積み。カンパニーを出した

               牝系で高速馬場の決着には強い。ジャンポケ産駒なのも

               プラス。あとはどこまで復調しているか。


ビートブラック・・・・・・・天皇賞春で大穴をあけた馬。母系にブライアンズタイムとレイン

              ボウクエストが入っていてスタミナはかなり持っていそう。

              父ミスキャストは名牝ノースフライトの仔。


フェノーメノ・・・・・・・・・今勢いがあるステイゴールドにダンチヒの系統。叔父に99年

               2着馬のインディジェナスがいる血統でリボーのクロスを持って

               いる。ダービーも僅差2着でコースは合いそう。

関連記事

ジャパンカップは東京2400メートルの実績


ジャパンカップは血統よりもまず東京2400メートルの実績がある馬がよく来ていま

す。ダービー好走馬がよく来ていますし、ブエナビスタやレッドディザイアはオークス

で連対しています。


血統では顕著な傾向はないように見えますが、やはり距離が2400メートルということ

で、スタミナがある血統の方がいいでしょう。


東京2400メートルということではキングマンボ系が少し前まではよく来ていたので今回

も少し注意した方がいいでしょう。ジャパンカップではエルコンドルパサー、アルカセット

、ローズキングダムが来ています。


東京2400メートルは各馬が力を発揮しやすいコースと言えるので実力通りに決まること

が多いレースです。ダービー好走馬に注目して予想を立てていきたいですね。

関連記事

枠を最大限に生かしたサダムパテック マイルCSの回顧

マイルCSはサダムパテックが勝利し、鞍上の武豊騎手は2年ぶりのG1制覇で、マイルCS

は初制覇。朝日杯を勝てばJRA全G1制覇ということになります。


やや重の馬場でレースの流れとしてはあまり速くはならなかったです。直線で複数の馬

の動きによって不利を受ける馬が出た展開でしたが、内で脚を貯めて抜け出したサダム

パテックがグランプリボスとドナウブルーの追い込みを抑えて優勝しました。


1番枠から内の先行集団の後ろで待機して脚を貯め、前が空くと一気に抜け出す武豊騎

手の乗り方が大きく、枠を生かした競馬といっていいでしょう。混戦だっただけに枠の

アドバンテージなどの少しの差がレース結果に結びつくことになったと思います。


グランプリボスは直線で伸びようかというところで不利を受けました。そこから最後は差

を詰めてきたのでやはり地力があります。バクシンオー産駒ということでこのレースの適

性がどうかと思いましたがさすがです。


ドナウブルーは牡馬相手でよく走っています。外枠だったので、枠が内だったらまた展開

が違ったと思いますが、やはり京都は走るようです。


シルポートもいいペースに持ち込んで逃げ粘りました。馬場も味方したかと思いますが

よく粘っています。5着のリアルインパクトは輸送などの調整方法を変えたのこと。そ

の効果が出たのでは。


ストロングリターンは前半は掛かっているようなリアクションでしたが坂の下りで上が

っていけず。京都コースへの適性なのか惨敗でした。


天皇賞秋からの参戦組はこのレースで来ることがよくあるのですが、来年以降も天皇賞

組には注意した方がいいですね。福島記念も天皇賞秋で負けたダイワファルコンが勝った

ので今年の天皇賞組はレベルが高いとも言えますね。

関連記事

マイルCSの予想 ◎ストロングリターン


◎ ストロングリターン

〇 レオアクティブ

▲ ファイナルフォーム

△ フィフスぺトル

△ シルポート

△ グランプリボス

△ エイシンアポロン

△ ダノンシャーク


土曜の雨でどういう馬場状態になるか。やはり多少は悪い馬場にはなりそうです。

このレースに強いダート血統と道悪の巧拙などを加えて予想したいです。


◎は安田記念の勝ち馬ストロングリターン。父はシンボリクリスエスに母父はアメ

リカの名種牡馬のスマートストライクでダートの血が入っていて、馬力もありそう

なので道悪もこなせそう。あとは京都適性だけ。


レオアクティブの前走はまったく勝負にならない位置取りで敗戦。父はミスプロ系

のアドマイヤムーンで母父は道悪巧者のオペラハウスでもう1度見直してみたいで

す。


ファイナルフォームは母がニュージーランドのマイルG1勝ち馬で底を見せていない

馬。フィフスぺトルは去年のレースは内枠が大きかったものの、道悪になれば今年

も抑えたい馬。


逃げ残りと道悪になりそうなのでシルポートを追加。エイシンは不振も去年勝って

いるので抑え。グランプリボスは血統的にこのレースの傾向には合わないので評価

を下げます。馬券は馬連で流します。

関連記事

福島記念の予想 ◎ヒットザターゲット


◎ ヒットザターゲット

〇 ダイワファルコン

▲ サトノタイガー

△ ダコール

△ アスカクリチャン

△ サンテミリオン

△ ドリームバスケット


土曜日の雨がどこまで影響がでるかですが、馬場が悪くなってもヒットザターゲットは

キングカメハメハ産駒なので問題なさそう。福島民放杯と新潟大賞典を勝つなどローカ

ル競馬場も良さそう。


ムラがあるがオールカマー2着のダイワファルコンとキンカメ産駒のサトノタイガーな

どを抑えにします。

関連記事

東京スポーツ杯2歳Sの予想 ◎ダービーフィズ

◎ ダービーフィズ

〇 コディーノ

▲ レッドレイヴン

△ ザラストロ

△ サトノノブレス

△ インプロヴァイス


重賞を勝っているコディーノやザラストロは間隔がいてのレースで、レッドレイヴンが

中1週ということでダービーフィズにもチャンスがあるとみての本命。


アプリコットフィズやクレスコグランドの兄弟で血統のよさもあるし、前走は決して有利で

はない外から伸びての勝利で能力は高そうと思います。相手はオープンで走ってきている

馬達中心で。

関連記事

マイルCS出走予定馬の血統分析


グランプリボスは昨年亡くなったサクラバクシンオーの最高傑作と言っていいで

しょう。バクシンオーが勝てなかったマイルG1を2勝して安田記念も2着。ここ

までの結果を出したのは母父サンデーサイレンスのアシストが大きいでしょう。


安田記念を勝ったストロングリターンの父シンボリクリスエスはアルフレードとこ

の馬とマイルG1の勝ち馬を出しています。母父スマートストライクはアメリカの名

種牡馬でこのレースで必要なダート要素が入っているのがいいですね。


ドナウブルーはなんといってもジェンティルドンナの全姉です。母が英国スプリント

G1の勝ち馬ですから本来は短距離向きの血統です。ディープインパクト産駒は京都

マイルでまずまずの率です。


ディープインパクト産駒で母父がラストタイクーンの系統とこのレースに出走予定の

マルセリーナと同じ配合なのがファイナルフォームです。母はニュージーランド10

00ギニーの勝ち馬ですからマイルあたりの距離がいいでしょう。


クラレントはダンスインザダーク産駒で直線の長いコースは合っているでしょう。レオ

アクティブは母父がオペラハウスですから道悪は得意でしょう。


去年の勝ち馬のエイシンアポロンは父がストームキャット系のジャイアンツコーズウェイ

なのでダート血統が入っていて、2着のフィフスぺトルも父がミスプロ系のキングカメハ

メハでこれもダートにゆかりがある血統です。

関連記事

マイルCSの血統傾向 ダート血統が有効的

マイルCSの傾向としてダート血統がよく来ていて、個人的にもこの傾向を重視して予想

を組み立てて生きたいと思っています。


08年優勝のブルーメンブラットの母父はトップサイダーで、09年2着のマイネル

ファルケは母父がヴァイスリージェント系のパークリージェントですし、サプレザは

父がミスプロ系。


10年は1着のエーシンフォワードは父がストームバード系で、2着のダノンヨーヨーは

母父がフォーティナイナー。3着のゴールスキーはゴールドアリュールの弟でした。


昨年はエイシンアポロンが父がジャイアンツコーズウェイで、2着のフィフスぺトル

は父がキングカメハメハで3着はサプレザでした。なのでまずはダート血統を探して

いきたいです。


その他では、父か母父がノーザンダンサー系というのが近5年で必ず馬券に絡んでいま

す。ノーザンダンサーの血を持っている馬も有力です。それからリピーターも結構多いと

思います。


ダート血統を中心にさらに父か母父がノーザンダンサー系の馬を絡めて予想をしていき

たいと思います。

関連記事

エリザベス女王杯の回顧


エリザベス女王杯は古馬解放後初めて道悪での競馬となりました。前半1000メートル

は62秒4の流れで3コーナーでエリンコートが上がっていったあたりからペースが上が

りました。


坂の下りあたりで徐々に上がっていったレインボーダリアがヴィルシーナとの競り合いを

制して重賞初勝利がG1制覇となりました。


北海道の洋芝で実績がある馬でしたから、今日のような馬場が味方したとも言えます。

ブライアンズタイム産駒の芝の重賞勝ちは久々だったと思うのですが、ブライアンズタイム

の偉大さを示すレースでもあったと思います。


ヴィルシーナはシルバーコレクターホースの地位になりつつあります。G1を勝つには決め

手にかけるとのことでしょう。堅実に走れる強みはありますが。


ピクシープリンセスは最後方からの競馬でよく最後まで差を詰めてきました。母系が欧州の

スタミナ血統ですからこういう馬場もこなしたと思います。


フミノイマージンは後方からの競馬でしたが、さらに後方にいたピクシープリンセスが来て

いるのですから馬場が影響したと思われます。


ホエールキャプチャは現状ではマイルがベストということでしょう。

関連記事

エリザベス女王杯の予想 ◎フミノイマージン

◎ フミノイマージン

〇 ヴィルシーナ

▲ レインボーダリア

△ オールザットジャズ

△ ホエールキャプチャ

△ ピクシープリンセス

△ ラシンティランテ


例年と比べると多少寂しいメンバーなら牝馬重賞勝ちと牡馬相手の札幌記念勝ちがある

フミノイマージンを本命に推す。


母父ディキシーランドバンドはスタミナ豊富でスタミナのある欧州の血統を持っている馬

がこのレースでよく来ている。これまでの実績も含めてこの馬を本命にします。


相手はヴィルシーナ。牝馬3冠すべて2着と詰めの甘さの懸念はあるものの、古馬の層が

今年は薄そうなので堅実に走ってきそう。血統的にも距離はこのあたりがよさそう。


レインボーダリアは父がブライアンズタイム。最近芝では振るわなかったが、スカイディ

グニティが菊花賞2着とまだやれることを証明。昨年の5着馬。ここ2戦重賞でもそこそこ

の競馬をしているだけに警戒。


ホエールキャプチャはG1ではマイル以下の良績が目立つのクロフネ産駒なのが心配。

オールザットジャズは春当時の走りに戻れば。エリ女の血統によさそうなピクシープ

リンセスとラシンティランテを抑えに回します。

関連記事

武蔵野Sの予想 ◎イジゲン


◎ イジゲン

〇 ナムラタイタン

▲ ダノンカモン

△ シルクフォーチュン

△ アドマイヤロイヤル

△ ナムラビクター

△ トリップ


◎イジゲンはエンパイアメーカーの産駒なのですが、東京ダート1600メートルは

過去1年で10戦8勝ですから驚異的な勝率です。それが魅力で本命。


〇ナムラタイタンも東京マイルは得意です。昨年も勝っているのでこれが対抗。ダノン

やシルクにアドマイヤ、それから3歳勢も抑えます。

関連記事

ファンタジーSの予想 ◎プリンセスジャック


◎ プリンセスジャック

〇 メイショウガンツ

▲ ローガンサファイア

△ ストークアンドレイ

△ タガノミューチャン

△ サウンドリアーナ

△ マイネチャーム


京王杯と同じ1400メートルのレース。1400メートル適性とダート血統を

ポイントにプリンセスジャックを本命。


ダイワメジャー産駒は1400メートルが得意で、母は報知杯4歳牝馬特別(現

フィリーズレビュー)を勝ったアフリート産駒で、兄は京都で走ったサイドワイ

ンダーですから条件は揃っていると思います。


相手候補もダイワメジャー産駒から。メイショウガンツは母父がデピュティミニス

ターなのでダート色が強く1400メートルは合いそう。ローガンもプリンセスジャ

ックとタイム差なしの競馬で注意。


とにかく1400メートルがよさそうな馬をピックアップしました。

関連記事

京王杯2歳Sの予想 ◎ノウレッジ


◎ ノウレッジ

〇 アットウィル

▲ マイネルエテルネル

△ ヴァンフレーシュ

△ テイエムイナズマ

△ エーシントップ

△ ラブリーデイ


2歳戦は血統を中心に予想するので、新馬のレース内容とかあまりわからず

に予想するのでそれほど自信はないですが。


ノウレッジはダート血統ですが、前走の新潟2歳Sで芝でもやれることを証明。

アメリカ血統という感じで、淀みない流れになれば力を発揮できるはず。対抗

のアットウィルはアドマイヤムーンの産駒で去年の勝ち馬を輩出。


マイネルエテルネル父はミスプロ系で本命と対抗と同じ父ミスプロ系で上位を固めて

見ました。マイネルは距離は1400メートルでも対応できそう。


関連記事

エリザベス女王杯登録馬の血統分析

牝馬3冠すべて2着のヴィルシーナはディープインパクト×マキャヴェリアンです。

秋華賞の時も書いたと思いますが、サンデー系×マキャヴェリアンはヴィクトワール

ピサと同配合です。


さらに母系にヌレイエフ、ヘイローの3×4×5のクロスは生じるのも特徴です。母系か

らは2200メートルぐらいの距離はいいと思いますし、ディープインパクトは京都芝

2200メートルは走りますから特にケチをつけるところはなさそうです。


フミノイマージンはレッドディザイアやヒルノダムールを出したマンハッタンカフェ

産駒で、母父はデルタブルースの母父でもあるディキシーランドバンドですから、母

方はスタミナが豊富です。


ヴィクトリアマイルを勝ったホエールキャプチャはクロフネ産駒ですが、カレンチャン

やスリープレスナイトなどG1レースではマイル以下のレースしか勝っていないのをどう

評価するかでしょう。


府中牝馬Sを勝ったマイネイサベルはマイル戦線で活躍したテレグノシスの産駒で、叔父

に02年のクラシックを走ったメガスターダムがいます。距離は微妙な所がありますが、

走っている時は直線の長いコースです。


その府中牝馬S2着のスマートシルエットはファルブラヴ産駒ですから2200メートルの

ような非根幹距離はいいでしょうが、G1になると信頼度は落ちます。

関連記事

エリザベス女王杯の血統の傾向


エリザベス女王杯は明らかな顕著な傾向というのはありませんが、母系がノーザン

ダンサー系の系統がよく馬券に絡んでいます。



特にリトルアマポーラは母父コマンダーインチーフ、メイショウベルーガはサドラーズ

ウェルズなど欧州血統が何頭か来ています。欧州系で言うとジャングルポケット産駒も

クィーンスプマンテやアヴェンチュラが来ています。


それから最近はサンデー系が強いというわけではないです。去年、一昨年と父サンデ

ー系は馬券に絡んでいないですし、連対はリトルアマポーラ以来ありません。


母父サンデーもアヴェンチュラしか馬券に絡んでいないのはどう見るか。ただ日本では

頭数が多いわけですから今年あたりまた馬券に絡むかもしれません。


ちなみに過去1年の京都芝2200メートルで好成績を挙げているのがディープインパ

クト産駒で、連対率は36パーセントもあります。


今年のエリザベス女王杯では個人的には欧州血統が入っている馬たちに注目しています。


関連記事

アルゼンチン共和国杯の回顧


アルゼンチン共和国杯は前半の1000メートルが59秒5とやや速いペースでし

たがミッキーぺトラが1頭だけ抜けての逃げで後続はそれほど速くなかったと思い

ます。


残り800メートルぐらいからペースが上がり、そこから早めに抜け出して後続を振り

切ったルルーシュはいい競馬をしたと思います。勝ちタイムもまずまずです。


JCか有馬どちらを使うかわかりませんが今日のような競馬をすればこれからもそれなり

にやれると思いますが。ただG1でいきなり勝ち負けとまではちょっと早いと思います。


ムスカテールも理想的な競馬のように見えましたが、今日は勝ち馬が強かったですね。

この馬の力は出していると思います。ギュスターヴクライはちょっと敗因がわからない

ですね。こんなものではないと思いますが・・・。


みやこSも少し振り返ってみると、ローマンレジェンドは前が詰まらなかったらもっと

楽に勝てていた競馬でした。当然本番でも有力級。ハタノヴァンクールは今日の敗戦を

どう見るか。


休み明けの影響もあったと思いますが、広いコースの方が競馬の仕方を見ると合ってい

るかもしれません。

関連記事

みやこSの予想 ◎ローマンレジェンド

◎ ローマンレジェンド

〇 ニホンピロアワーズ

▲ ヒラボクキング

△ ホッコータルマエ

△ ハタノヴァンクール

△ グレープブランデー


ローマンレジェンドは血統を抜きにして強いです。あまり血統では予想してません

(笑)3歳勢が休み明けということを考えればみやこSで言えば順調度があるこの馬

の本命が確実です。


血統のことを言うとスペシャルウイーク産駒はダートで大物がいませんでしたが、この

馬とゴルトブリッツが出てきました。ローマンの母方にはデピュティミニスターやスト

ームバードが入っていてダートで走っているのは母系の影響でしょう。


順調に使われているニホンピロと平安S勝ちのあるヒラボクが相手。3歳馬はここで少し

様子を見てみたいと思います。


関連記事

アルゼンチン共和国杯の予想 ◎ムスカテール

◎ ムスカテール

〇 ギュスターヴクライ

▲ オウケンブルースリ

△ ビートブラック

△ フォゲッタブル

△ ルルーシュ

△ トウカイパラダイス


◎ムスカテールの父のマヤノトップガンはこのレースに相性がいいロベルト系。

新潟記念組もその後好走する馬もいて、ハンデも手ごろな55キロでこの馬を本

命にします。


〇ギュスターヴクライはスタミナを兼ね備えていて、このレースはトニービンの

血も重要。一応父はハーツクライですからね。


ジャンポケ産駒が4年連続で馬券対象ということだけでオウケンブルースリが3番手

で、トニービンとノーザンテーストの血を持っているフォゲッタブルがどこまでやれ

るか。


◎からの馬連と、◎〇の3連複2頭軸が買い目。

関連記事

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。