スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニエル賞と重賞の展望を簡単に


こんにちは。久々の更新となりますが、これからは気まぐれに更新していくことになると思います。まずは今週行われる両重賞の簡単な展望を書きたいと思います。


セントライト記念ですが、中山開催ではミュゼエイリアン、ユールシンギング、スカイディグニティなどが馬券になっているように、ロベルト系を父か母父に持っている馬が良く馬券になっているレースです。後はステイゴールド産駒が強いレースですね。


母父ブライアンズタイムですと、皐月賞馬のディーマジェスティ、ラジオNIKKEI賞を勝ったセーヴィントの2頭になります。また京成杯を勝ったプロフェットや連勝中のネイチャーレットもタニノギムレットの血が入っているので注目してもよいと思います。それからメートルダールとノーブルマーズも母父はロベルト系です。


状態が良ければディーマジェスティはかなり有力だと思います。後は他のロベルト系をどう評価するかでしょう。ロベルト系は6頭ですか、絞るのは簡単ではないですが、まずはロベルト系に注目です。



ローズステークスはここ近年では春のクラシック好走馬が毎年勝っているレースです。特に勝ち馬や連対した馬は信頼性が高いと思います。種牡馬ではディープインパクトが強いレースだと思います。


桜花賞馬のジュエラーとオークス馬のシンハライトが出走してきますが、ジュエラーは骨折明けですから、ここはシンハライトを個人的には高く評価したいと思います。春のクラシックに縁がなかった馬は2着、3着には来るレースなので、それらの馬も抑えたいですね。


最後にニエル賞のことについて書きたいと思いますが、マカヒキはゴール前できっちり交わしての1着でした。派手な勝ち方ではないですが、日本にいるときでも引き離して勝つ馬ではないと思うので、無事に勝てたことは良かったと思います。


凱旋門賞ですが、他の出走馬との兼ね合いがあると思いますが、有力候補と言ってよいと思いますよ。欧州の芝で母父フレンチデピュティなのは気になりますが、母系は南米血統で、平坦の広いコースは得意と言われている血統です。


なので広いコースで急坂ではないダービーを勝ったと思うので、シャンティのコースも問題ないと思います。実際にニエル賞を勝ちましたから。後は他頭数競馬でうまくレースを運べるかとなると思います。


こんな感じで適当に更新できればと思います。


スポンサーサイト

洋芝に強い血統の一例


先週から函館競馬が開幕しました。函館、札幌は洋芝で行われる事が予想する上では重要なポイントになってきそうです。なので洋芝は特に血統が重要になってくると思います。


血統で予想する人は洋芝に強い血統などは知っていると思いますが、血統に興味が無い人にも参考になるように今回は洋芝で狙いたい血統などを書きたいと思います。


欧州血統が強い


洋芝で行われるので馬力が必要になってきます。もちろん洋芝ですから欧州血統の馬は相性の良い血統と言えます。例えばサドラーズウェルズ系やリファール系、ニジンスキー系やトニービン系の馬が好走しやすい馬場だと思います。


実際に函館記念を3連覇したエリモハリアーは父がニジンスキー系のジェネラスです。ジェネラスは現役時代にイギリスとアイルランドのダービーを制した馬です。


またスプリント戦では函館スプリントステークス、キーンランドカップと連勝したワンカラットはファルブラヴ産駒です。ファルブラヴはサドラーズウェルズと兄弟のフェアリーキングの系統です。ファルブラヴは他に函館記念を制したトランスワープ、母父では札幌記念を勝ったハープスターを輩出しました。


ですので父か母父の系統が欧州血統の馬は注目と言うことになります。


ダンチヒ系も強い


その他ではダンチヒ系が洋芝では好走しやすいと思います。京都でも相性の良いように平坦コースに元々は強い血統です。デインヒルやチーフベアハート、ロックオブジブラルタルなどの馬が代表でしょう。


少し前ですが、函館記念、札幌記念を勝利したファインモーションはデインヒル産駒。また同じく札幌記念と函館記念を制したエアエミネムのデインヒル産駒です。


人気薄で函館記念を2度2着したマヤノライジンは母父ダンチヒです。高齢で走るマヤノトップガン産駒らしく長く活躍しました。またヴィクトリアマイルを制したストレイトガールは下級条件ですが函館で5勝しています。母母父にデインヒルを持っている馬です。


他にも洋芝に強い血統はあると思うのですが、一応有名な所を今回は上げてみました。

15日の東京競馬は中止


明日土曜日の東京競馬が降雪の影響で中止となりました。代替開催は出馬登録をやり直さずに火曜日に行われることになりました。


私はクイーンカップの予想を書いてブログに挙げようとしたのですが、その直後に中止の発表があったようです・・・。引き続き重賞レースの予想を書いていきたいと思います。

血統で儲かることもありました


土曜日に重賞がないので今日は手前味噌みたいな感じになりますが、血統を使ったおかげで的中させることが出来たレースを少し取り上げたいと思います。血統予想家の人が的中を公開することがありますが、私が血統のおかげで当てたことのあるレースを取り上げたいと思います。

2010年の5月のNHKマイルカップとヴィクトリアマイルで運よくというか血統のおかげで当てることができました。NHKマイルカップはあまり配当は高くないのですが、結構会心のレースでした。

このレースは過去の血統傾向を調べてダート血統が強いレースだと思い、ダートG1馬を出したフジキセキの仔で、叔父にダートで行われていたころのドバイワールドカップを勝ったシングスピールがいるダノンシャンティを本命にしました。

また対抗には母父がダートに強いサンダーガルチのリルダヴァルにして、相手には母父がこのレースを勝ったキングカメハメハの父であるキングマンボのダイワバーバリアンなどを挙げました。

結果ダノンシャンティは1番人気になりましたが、ダノンが差しきり勝ち、2着はダイワバーバリアンが入り、3着はリルダヴァルでした。人気サイドの決着でも馬連2040円と3連複3860円を的中させることが出来ました。おかげで回収率は400%ぐらいになったと思います。

翌週のヴィクトリアマイルではこれまでの自身の最高配当を得ることが出来ました。このレースはブエナビスタが出走していて、1600メートルでも東京コースでは負けないと思ったので本命にしました。

このレースは2、3着候補に当時東京マイルで走るアグネスタキオン産駒のヒカルアマランサスと東京コースに強いタニノギムレット産駒のニシノブルームーンなどにしました。

ヒカルアマランサスは前走の阪神牝馬Sを大敗して人気を落としていて、ニシノブルームーンは前走で中山牝馬Sを勝っても11番人気でした。結果ブエナビスタが優勝し、ヒカルアマランサスが2着、ニシノブルームーンが3着に突っ込んできました。

当時はブエナビスタの1着固定の3連単を買っていて、2,3着にヒカルアマランサスとニシノブルームーンを買っていたので3連単85770円の高配当を2000円で的中することが出来ました。その配当でブルーレイレコーダーの資金にしたのを思い出しました(笑)。

血統で予想すると普通の予想では拾えない人気薄の馬を買えることができ、高配当を手にすることが出来ます。血統で買っている人も高配当を手にした人はいると思います。今後もこのサイトを見てくれる方々の助けになればいいと思いますし、皆さんも血統で高配当をゲットしましょう。

アメリカジョッキークラブCでの斜行について


アメリカジョッキークラブCでダノンバラードが内に切れ込んでトランスワープ、ゲシュタルトの進路を妨害したことで審議、降着が無かったことについての出来事にはやはり批判の声が多く出ています。

そのことについては個人的にもあれだけの不利を受けたのだから降着になっても不思議ではない走りだと思っています。しかし、すぐに審議になるだろうと思っていたのですが、審議すらなりませんでした。あの場面は確認するために審議にすべきではないかと思います。

トランスワープは不利が無くてもダノンバラードに先着することができなかったかもしれませんが、今年から導入された制度では勝ては何をしてもいい、という極端なことを言うとそういうことになります。

昨年のファイナルフォームの事件でもそうですが、加害馬に先着しなくとも、不利が無ければもっとよい着順を拾えたという場合はどうなのかと思います。着順によって賞金も変わるのですから陣営とすれば納得いかないと思うでしょう。

現場からも不満の声も聞こえますし、JRAに対しても抗議の電話があったみたいです。あれだけの不利を受けながら審議にならなければ、相当危険な出来事ではない限り審議にならないということになります。専門職の審判員の導入を提案する人もいますしこのことから学ばなくてはいけないでしょう。

そして中央競馬がこの先消滅する可能性は低いと思いますが、この出来事でさらに馬券を買う人の足が遠のくことも認識しなくてはいけません。トランスワープは2着(頭で買っていた人は悔しいでしょうが)まで挽回しましたが、この事件から馬券を買うのを控えるのも当然です。

JRAは新しいファンを導入するために行動をしていますが(A〇Bに頼りすぎたり、ウマドンナなどのやり方には批判的ですが)、すでにいるファンに馬券を多く買ってもらうことも重要なのではないでしょうか。とにかくファンが納得いく運営をしなくてはいけないでしょう。

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。