スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016ドバイシーマクラシック、ドバイターフ有力馬紹介


今回は今週の土曜日に行われるドバイワールドカップデーから、ドバイシーマクラシックとドバイターフの有力馬について少し書きたいと思います。


ドバイシーマクラシック 芝2410メートル 日本時間03/26 25時20分発走


1 ラストインパクト     日本 牡6 モレイラ
2 シェイクザイードロード 英国 セ7 ハーレー
3 ザブルーアイ       カタール 牡4 ベントレー
4 ドゥラメンテ        日本 牡4 M.デムーロ
5 ワンアンドオンリー    日本 牡5 武豊
6 ゲーロショップ       仏国 セ5 ジャルネ
7 ポストポンド       英国 牡5 アッゼニ
8 ハイランドリール     愛国 牡4 ムーア
9 ダリヤン          仏国 牡4 スミヨン


ブックメーカー・ウィリアムヒルの1番人気に現時点で支持されているのがポストポンド(父Dubawi)です。昨年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬で、前哨戦のドバイシティオブゴールド(GⅡ)に勝利しました。現在3連勝中の馬です。


2番人気は昨年の日本の2冠馬のドゥラメンテです。叔父のルーラーシップは2011年のこのレースに出走して6着でした。血統的にもメイダンのコースは問題ないと思いますし、ここでも有力だと思います。


3番人気は愛国のハイランドリール(父Galileo)です。昨年度は香港ヴァーズに出走して勝利した他、アメリカのセクレタリアトステークス勝ちや、フランスダービー2着の実績があります。


4番人気は昨年の香港ヴァーズ3着の実績があるダリヤン、5番人気昨年のジャパンカップ2着馬のラストインパクトですが、このレースはポストポンド、ドゥラメンテ、ハイランドリールの3頭の争いではないかと思います。



ドバイターフ 芝1800メートル 日本時間03/26 24時45分発走


現在ウィリアヒルの単勝オッズ1番人気に支持されておるのがUAEのトリスター(父Shamardal)です。前哨戦のジュベルハッタ(GⅠ)に勝利しました。2番人気に支持されているのは英国のインティラーク(父Dynaformer)で、昨年8月にGⅢを勝った馬です。


3番人気が日本のリアルスティールで、中山記念3着からの参戦。個人的には昨年のダービーでも本命にした馬ですが、ディープ×ストームキャットの配合は左回りの広いコースに強い印象があります。今回のメンバーでは十分チャンスがあるのではないかと思います。


他のはペールギュント産駒のフランボワイヤンなどがいますが、情報が少ないと言うことはこれと言った実績馬が他にはいないということでしょう。前哨戦を勝ったトリスターとリアルスティールが本命級の扱いも、抜けた馬がいないので他の馬にもチャンスがあるのではないかと思います。

スポンサーサイト

ドバイワールドカップ2016出走予定有力馬


今週土曜日にドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーが行われます。その当日に行われる注目レースの有力馬について書きたいと思います。


ドバイワールドカップ ダート2000メートル 日本時間26時発走 1着賞金600万ドル


・カルフォルニアクローム 米国 牡5 父Lucky Pulpit

2014年のケンタッキーダービー、プリークネスステークスなどの勝ち馬。昨年のドバイワールドカップ2着馬。02/25の前哨戦に勝利。


・フロステッド 米国 牡4 父Tapit

2015年のウッドメモリアルステークスの勝ち馬。ベルモントステークスでは2着。02/04にメイダンで行われたマクトゥームチャレンジラウンド2に勝利。


・ムシャウィッシュ 米国 牡6 父Medagia d`Oro

2015年に芝GⅠのガルフストリームパークターフHに勝利。秋からダートを使い、2月に行われた米GⅠドンHに優勝。


・スペシャルファイター UAE 牡5 父Teofilo

03/05に行われたGⅠマクトゥームチャレンジラウンド3を逃げきり、これが重賞初制覇。


・ホッパチュニティ 米国 牡5 父Given saturay

2014年のGⅠクラークHの勝ち馬。前走は02/06米GⅡサンアントニオを勝利


・ホッコータルマエ 日本 牡7 父キングカメハメハ

中央、地方のGⅠを合計10勝。昨年のドバイワールドカップは5着。


その他では昨年のUAEダービーの勝ち馬のムブタヒージ、米国3冠馬のアメリカンファラオを破ったことのあるキーンアイスなども出走予定。合計11頭立てとなりそうです。


ブックメーカー・ウイリアムヒルの23日現在で単勝1番人気に支持されているカルフォルニアクロームは昨年の2着馬でもありますし、前哨戦を勝利。同じくドバイでの前哨戦に勝利したフロステッドが単勝オッズ2番人気に支持されていて、この2頭がこのレースの中心となりそうです。


その2頭に続くのがドンHを勝ったムシャウィッシュでしょう。展開次第では前哨戦を逃げ切ったスペシャルファイターにも注目。ホッコータルマエは7歳になったこともあり、厳しい戦いになりそうです。

凱旋門賞についてもう少し


・キングストンヒル(イギリス 3歳牡)


今年の英国ダービーでオーストラリアの2着でした。前走は3冠最後の英セントレジャーで勝利してGⅠ2勝目を挙げました。ただセントレジャー勝ち馬と凱旋門賞は相性が悪いようです。


父はダンチヒ系のマスタークラフツマンで母父はレインボウクエストです。レインボウクエストは自身が繰り上がりで凱旋門賞を勝ち、産駒のソーマレズも同レースを勝ちました。初めてのロンシャンもこなせると思います。


・アイヴァンホウ(ドイツ 4歳牡)


昨年のドイツダービーで1番人気に支持された馬で、前走のバーデン大賞では凱旋門賞でも有力視(のちに怪我で引退)されたシーザムーンを負かして勝利しました。


父のSoldier Hollowはサドラーズウェルズの系統で、母父はゼダーン系です。父はドイツの年度代表馬だったそうです。ドイツ馬ですから高速馬場の設定でも走りそうです。


日本調教馬のロンシャンの馬場適性ですが、ゴールドシップは距離の不安はなさそうで、やはりナカヤマフェスタ、オルフェーヴルで実績を出したステイゴールドの血が大きいでしょう。自身が海外で勝利したように遠征競馬に強いです。


ハープスターもロンシャンの芝に適応できそうです。父ディープインパクトは昨年のニエル賞を勝ったキズナを出していて、母父は現役時代欧州でも活躍したファルブラヴです。ただ欧州で走ると2400メートルは若干長いかもしれません。


ジャスタウェイの父ハーツクライはドバイシーマクラシックを勝ち、キングジョージは接戦の3着でした。ハーツ自体は問題ないですが、母系はアメリカのダート血統です。そこが個人的にはかなり不安に感じます。


日本調教馬はどれも決定力に欠けそうです。能力ではジャスタウェイでしょうが、安田記念以来のレースで休み明けの馬には相性の悪いレースで、母系の影響で適性も微妙です。能力が抜けていると言えば何とでもなりますが。


札幌記念でハープスターが先着したように斤量面ではハープスターは凱旋門賞でも有利になるでしょう。ハープには距離はやってみないとわからない面もあると思うので、コース適性でゴールドシップが逆転するかもしれません。


今年の有力馬に決定力が欠けるという意味では「10頭ほどチャンスがある」という評判につながっていると思います。


欧州調教馬、レースでの最有力は個人的にタグルーダではないかと思います。3歳牝馬でキングジョージを勝ったポテンシャルは相当なものがあると思います。またこのレースを勝つに相応しい血統をしています。斤量も有利ですし。


相手候補には地元の3歳牡馬のエクト、ドイツバーデン大賞を勝ったアイヴァンホウが有力だと思います。その他の候補にルーラーオブザワールドや日本勢、アヴニールセルタンは距離経験が無く、一流の牡馬との対戦経験がないので評価を少し下げました。


凱旋門賞についても少しだけ


今週には凱旋門賞が行われるのですが、まずは有力な欧州調教馬ついて血統面を含めて少しだけ書いていきたいと思います。


・アヴニールセルタン(フランス 3歳牝)


今年のフランス1000ギニーとフランスオークスを勝った馬で現在6戦6勝です。前走はグループ2のノネット賞を勝ったのですが、2400メートルの距離は未経験です。

父はブラッシングブルーム系でフランスダービーを勝ったルアーヴルで、母父はマイルG1を勝ったマークオブエスティームです。血統面からは距離はこなせるかは未知数でしょう。一流の牡馬との経験はないですが、斤量も軽いですから勝ち馬候補の1頭でしょう。



・タグルーダ(イギリス 3歳牝)

今年のイギリスオークス馬で、さらにキングジョージを制した馬です。3歳牝馬はキングジョージを勝ったのは38年ぶりのようです。前走のヨークシャーオークスで2着と敗れましたが、ヨークのコースは合わないと評価されています。

父は09年の勝ち馬であるシーザスターズです。母父はサドラーズウェルズですから欧州の良血血統と言ってよいです。凱旋門賞向きの配合と言って良いです。3歳牝馬で斤量も軽いですし、十分にチャンスがありそうです。


・エクト(フランス 3歳牡)

2歳時にはG1クリテリウムインターナショナルを勝つなどしましたが、クラシックを前に故障で戦線を離脱。前走の3歳限定のG2のニエル賞を勝ちました。

父は05年の勝ち馬であるハリケーンランで、母父のリナミックスも凱旋門賞を勝ったサガミックスを輩出しました。この血統もロンシャンの2400メートルには合いそうです。3歳牡馬でニエル賞勝ちですから優勝候補の1頭です。


・トレヴ(フランス 4歳牝)


言わずと知れた昨年の勝ち馬ですが、今年はガネー賞は2着、プリンスオブウェールズステークスは3着に敗れ、前走のヴェルメイユ賞は4着。前走の前には背中の筋肉を傷めていたようです。

父はイギリスダービーを勝ったモティヴェーターで、母父はダンチヒ系です。昨年の勝ち馬ですからコース適性は問題ないので本当に状態面次第でしょう。


・ルーラーオブザワールド(イギリス 4歳牡)


昨年のイギリスダービー馬です。昨年はニエル賞2着のあと、凱旋門賞では7着と敗れ、今年緒戦のドバイワールドカップで惨敗しましたが、それ以来のレースとなったステップレースのフォワ賞で勝利しました。

父ガリレオの産駒は欧州のビッグレースを勝ちまくっていますが、凱旋門賞はまだ勝ってないはずです。母父はキングマンボ。ロンシャンの2400メートルに適性があってもおかしくない血統です。実際にフォワ賞を勝っているので、能力を含めてもチャンスのある1頭でしょう。


今年は他にもチャンスのありそうな馬がいて、大混戦のレースだと思います。レースまでにもう1回何か書ければと思います。他の有力馬や日本調教馬についても書ければと思います。

凱旋門賞2013の展望

10月6日に第92回凱旋門賞が行われます。そこで有力馬の紹介をしたいと思います。


・オルフェーヴル

日本競馬史上7頭目の三冠馬になった。その他では有馬記念と宝塚記念に優勝。昨年の凱旋門賞では2着。約半年振りだったフォワ賞では他馬を寄せ付けず連覇を達成。ロンシャンの適性は証明積み。肺出血の影響がなければ実力上位。

・キズナ

第80代日本ダービー馬。父ディープインパクトは06年の凱旋門賞に出走し3位入選失格。遠征初戦のニエユ賞では英ダービー馬ルーラーオブザワールドを退けて勝利。古馬と斤量差が出る本番でも有力候補。

・ノヴェリスト

サンクルー大賞、ジョッキークラブ大賞、キングジョージ、バーデン大賞などのレースに勝利。特にキングジョージでは従来のレコードを2秒以上更新するレコードで勝利。父はドイツの大種牡馬モンズン。

・トレヴ

ここまで4戦4勝、フランスオークスとヴェルメイユ賞優勝。ヴェルメイユ賞は完勝のレース内容。3歳牝馬で斤量はかなり有利だが、一線級の古馬の牡馬との対戦が課題。父は英ダービー馬モティヴェーター

・ルーラーオブザワールド

今年の英国ダービー馬。愛ダービーでは5着と敗退したが、前走のニエユ賞ではキズナと接戦の競馬でステップレースを叩いた効果が大きくでそう。父はガリレオで、ノーザンダンサーやレイズアネイティヴなどの多くのクロスを持つ。

・アンテロ

今年のフランスダービー馬。夏にはマイルのジャックルマロワ賞に出走したことも。前走はロンシャンのG3戦に勝利して参戦。初の2400メートルと中1週の競馬が課題になりそう。父ガリレオ、母父デインヒル

その他では昨年の英国ダービー馬のキャメロットも登録も馬場状態によっては回避も。アイルランドチャンピオンSを勝ったザフーガやパリ大賞典勝ちのフリントシャー、英セントレジャー勝ちのリーディングライトなども上位を狙える存在です。


今年は20頭前後の頭数となり枠順も重要になってくるかもしれません。軸としては昨年2着の実績があるオルフェーヴルが信頼できそうです。肺出血の影響がなくベストコンディションなら好勝負。道悪はむしろパフォーマンスを上げる可能性があります。

本命級の候補としてはドイツ馬のノヴェリストで、道悪になっても重馬場だったサンクルー大賞で勝利。日本でもそうですがドイツ血統はどんなコンディションでも力を出すイメージがあります。3歳馬ではキズナがまず有力。斤量に恵まれるだけではなく、ニエユ賞からの上積みを大きくありそうです。

ルーラーオブザワールドは展開しだいではキズナを逆転することも可能。前哨戦のような競馬をしていたら本番でも勝つ可能性はありそうです。凱旋門賞と同コースのパリ大賞典を勝ったフリントシャーも巻き返す可能性がありそうです。

一番斤量が軽いトレヴはキャリアがまだ4戦であることが不安材料でもあります。また異例のローテーションとも言えるアンテロもどうか。枠順や道中うまくレースを運べるか、多頭数で激しい競馬になりそうですが、運も持っている馬が勝利に近づくかもしれません。

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。