スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーステークス2016の血統傾向


今週の日曜日には東京競馬場で今年最初のGⅠのフェブラリーステークスが行われます。まずは過去5年の成績を載せます。


無題fs


かつてはエスポワールシチーに代表されるように父か母父がロベルト系の馬が良く馬券になっていました。ただここ2年は該当する出走馬がいない状態だったと思います。


今年は母父ブライアンズタイムのサノイチ、スクリーンヒーロー産駒のプロトコルが登録されています。ただサノイチはホッコータルマエが出走すれば除外になるようです。


その他では昨年は母父ミスプロ系のワンツー。ゴールドアリュール産駒は4年連続馬券になっているなどの傾向もあります。


血統以外では、過去5年だと馬券になっているのが馬体重が470キロ以上の馬で、小柄な馬は馬券になっていません。逆に大型馬が馬券になっているようです。

スポンサーサイト

京都記念2016の血統傾向など


日曜日に京都競馬場で京都記念が行われます。まずは過去5年の傾向から見てみます。


無題kyok


・父か母父がミスプロ系の馬が毎年馬券になっている

・母系が欧州血統の馬もよく馬券になっている

・母父ノーザンダンサー系の馬は3着が多い


母父欧州系は昨年こそ馬券にはならなかったのですが、欧州血統には今年も注意が必要かと思います。それとミスプロ系もマークが必要。サンデー系×ミスプロ系の馬が毎年馬券になっています。


レーヴミストラルはレーヴディソールなどがいるおなじみの血統ですが、母系は欧州系です。そしてキンカメ産駒ですから血統的には問題ないと思います。中山金杯を勝ったヤマカツエースもキンカメ産駒です。


タッチングスピーチはディープに欧州系のサドラーズウェルズですから血統的にはこのレースに適性はあると思います。あとは騎手の休み明けがどうか。サトノクラウンも欧州血統ですが、こちらはスピードが多少強いのではないかと思います。

共同通信杯2016の血統傾向と分析

日曜日に東京競馬場では3歳の重賞の共同通信杯が行われます。まずは過去5年の傾向から。14年は雪の影響で順延となっていました。


無題kth


過去5年ではサンデーサイレンスの血を持つ馬しか馬券になっていません。父サンデーサイレンスがほとんど上位を占めています。特にディープインパクト産駒は毎年馬券になっています。


母父ですと昨年のリアルスティールのストームキャットなど、ここ3年では母父はダート血統なのが良いのではないかと思います。13年の勝ち馬のメイケイぺガスターは母父ブライアンズタイムですし。


今年人気になりそうなハートレーはディープインパクト産駒ですし、母父はダート血統のエーピーインディ系で、過去の傾向に合っている馬だと思います。


対するもう一頭の重賞ウイナーのスマートオーディンはダノンシャンティ産駒で、母父はリファール系です。父はこの共同通信杯ではハンソデバンドの2着でした。同コースの東京スポーツ杯を勝った馬ですからコース適性は問題ないでしょう。


その他ではメートルダールは東京芝1800メートルで未勝利戦を勝った実績があります。このゼンノロブロイ産駒は広いコースになればという感じもします。イモータルは兄弟同様に難しいところがある馬のようです。爆発力を生かせばここでも上位に来る力はあると思います。


基本的には人気通りに決まる傾向にあるレースですから、他馬より1キロ斤量の重いハートレーやスマートオーディンはここでも当然有力だと思います。後はこのレースに相性の良いディープ産駒、キングオブアームズやディーマジェスティと言った馬も抑えが必要かと思います。

東京新聞杯2016の血統傾向


日曜日に東京競馬場で東京新聞杯が行われます。まずは過去5年の成績から

無題tsh


2014年は雪で順延したので参考程度に見てもらいたいのですが、サンデーの血を持っている馬が多く馬券になっています。あとはサンデー系×ノーザンダンサー系の馬が毎年馬券になっています。


ダノンプラチナはディープインパクトにミスプロ系のアンブライドルズソングの配合です。ミスプロ系の馬は過去3年馬券にはなってはいませんが、2走前に富士ステークスを勝っているので同コースへ適性、また配合的にもマイルは良いと思います。


ダッシングブレイズは父はサドラーズウェルズ系で、母系はインリアリティ系で日本ではマイナーな血統になります。この馬も2走前に紅葉ステークスで東京マイルの勝ち鞍があります。ただサンデーの血は入ってないです。


トーセンスターダムは前走の京都金杯は出遅れが大きく影響しましたし、外枠も厳しかったと思います。今回は巻き返してもおかしくは無いと思います。


グランシルクはブレイクランアウトが叔父にいる血統で、東京コースでは勝ち鞍がないですが、注意は必要かと思います。あとはサンデー系×ノーザンダンサー系の配合のスマートレイアーにも注目でしょう。

シルクロードステークス2016の傾向


日曜日に京都競馬場で行われるシルクロードステークスの過去5年の成績をまず載せます。

無題srs


過去5年の血統傾向ですが、父か母父がミスプロ系の馬が4年連続で連対しているのですが、ダート血統が来ている印象です。


ミスプロ系以外でも、ロージズインメイの産駒が勝ったり、母父ストームキャットやタイキシャトルなどの血統も来ています。父サンデー系は2勝していますが、そこまで来ているレースではないです。母父サンデー系は連対はありません。


ノーザンダンサー系は13年を除いては馬券になっています。父か母父がミスプロ系かノーザンダンサー系の馬で、なおかつダート血統の馬を重視するのがポイントではないかと思います。


プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。