スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪杯2016の血統分析


今週の注目レースとして、日曜日に阪神競馬場で行われる大阪杯について書きたいと思います。


まずは過去の傾向ですが、血統では母父ストームキャットが4年連続で馬券になっています。キズナやショウナンマイティが連続して好走している影響がありますが、その他ではゴールドアリュール産駒やエンパイアメーカー産駒が馬券になっているように馬力がある血統が良さそうです。


昨年の宝塚記念と天皇賞秋を制したラブリーデイはキングカメハメハにダンスインザダークの血統ですが、前走の有馬記念はローテーションの問題と距離が若干長かったと思います。昨年は鳴尾記念と宝塚記念を勝っているように阪神内回りへの適性はバッチリです。休み明けでも有力


アンビシャスは中山記念で一緒に走ったドゥラメンテとリアルスティールがドバイでも走りました。ディープインパクト産駒はこのレースを連勝中ですし、母父エルコンドルパサーで馬力をも備えていると思います。この馬も有力候補


ショウナンパンドラはジャパンカップ以来のレースとなりますが、これも連勝中のディープ産駒。叔父にステイゴールドがいる血統です。昨年の大阪杯は9着でしたが、小回りコースに実績のある馬です。やはりこの馬もいいですね。


キタサンブラックは菊花賞を勝ちましたが、血統的には2000メートルは良い馬だと思います。小回りでうまく立ち回って好走する馬だと思います。ヌーヴォレコルトも有力候補。勝ちきれないレースが続いていますが、休み明けは走る馬です。

スポンサーサイト

高松宮記念2016の有力馬血統分析②


・スノードラゴン


父のアドマイアコジーンは旧コースのこのレースで2着したことがあります。スノードラゴン自身も一昨年の高松宮記念で2着しています。 この時は不良馬場で行われてのもので、元々はダートで走っていた馬なのでパワーが必要とされる馬場が良いと思います。


長期休養明けの前走でいきなり3着と好走しました。2走ボケの心配は少なからずありますが、パワーがいる馬場なら台頭する可能性は十分にありそうです。



・ハクサンムーン

昨年の2着馬ですから、コース適性は問題ないと思います。昨年と同じくオーシャンステークス2着からのステップ。ムラな面もあり、今年は7歳。重視するのは厳しそうですが、抑えには必要かもしれません。



・アルビアーノ


父はストームキャット系のハーランズホリデイで、母父はミスプロ系。アメリカのダート血統で馬力があります。前走は後方からの競馬で5着。1200メートルのレースを経験したことが今回には生きると思いますし、この馬もパワーが必要とされる馬場なら面白いと思います。


・ウリウリ


全弟に弥生賞を制したマカヒキがいて、ディープにフレンチデピュティ系の配合は成功例が多いです。中京芝1200メートルでは昨夏にCBC賞を制しています。6歳という年齢がどうかですが、コース適性は問題ないですし、チャンスはあるような気がします。

高松宮記念2016の血統分析


2015-tkk2015.png



今週は中京競馬場で高松宮記念が行われます。コース改修後過去4回行われてきましたが、一昨年は不良、昨年はやや重で行われました。天気予報では週中は雨のマークは無いようですが、開催は6日目に行われるので馬力が必要な馬場も想定すると良いかもしれません。


近2年は良馬場で行われていないので、傾向を掴むのは難しいですが、基本的には馬力がありそうな血統は少し注目すると良いかもしれません。今回はステップレースで結果を出した馬についてコメントを


・ダンスディレクター

シルクロードステークスの勝ち馬です。父のアルデバランⅡはミスタープロスペクターの直仔です。3代母にパワフルレディがいるので、ダービー馬のウイニングチケットやロイヤルタッチは近親になります。

中京芝1200メートルでは昨夏のCBC賞で2着するなどコース適性は問題ないでしょうし、阪神コースでも結果を出しているように坂のあるコースも問題ないと思います。なので有力候補の1頭と言えると思います。


・ミッキーアイル

一昨年のNHKマイルカップの勝ち馬で、阪急杯を今年勝ちました。昨年の3着馬です。エアロヴェロシティの回避は残念ですが、この馬がいなければさらに有力となると思います。レース面では気分良く走れるかというのはありそうです。

血統は牝系にダイヤモンドビコーがいて、海外で走ってGⅠを勝った馬もいる良血です。時計の早い決着が良さそうですが、道悪でも結果を出しているので問題なし。やはり展開面が重要かと思います。


・エイシンブルズアイ

オーシャンステークスの勝ち馬です。父のBegraviaはミスプロ系の種牡馬で、母父は日本ではマイナーな血統で、ストームバードの系統が母系に入っているので馬力はあると思います。今季4走目になりますが、状態面さえ良ければ侮れないでしょう。

フィリーズレビュー2016の血統分析


今週の注目レースとして、桜花賞トライアルのフィリーズレビューについての記事を書こうと思っています。過去の血統傾向や現時点有力馬について書きたいと思っています。


このレースですが、過去の傾向としては、芝1400メートルのレースだけにダート血統が良く来ている気がします。一昨年は母父ボストンハーバー、母父デヒア、父ストームバード系の上位独占でしたし、昨年は2着のペルフィカは母父ボールドルーラ系です。


他には父か母父がミスプロ系の馬は4年連続で馬券になっています。このレースは6番人気以下の馬が4年連続で馬券になっているのですが、人気薄で馬券になった馬はほとんどはダート血統です。


現時点で注目しているのはアットザシーサイドで、芝1400メートルで連勝した馬ですが、阪神ジュべナイルフィリーズでも5着と健闘しました。父はミスプロ系のキングカメハメハですし、桜花賞出走のためには3着以内が必須でしょうし、ここはチャンスがあると思っています。


人気薄が結構馬券に絡むレースですが、妙味がありそうなのはパイロ産駒のメイショウスイヅキ、アドマイヤムーン産駒のワンスインナムーンなども面白いのではないかと思います。後は春のリファールのダイアナヘイローもエルフィンステークスで2着しているので面白いと思います。

弥生賞2016の血統分析


今週は日曜日に中山競馬場で皐月賞トライアルの弥生賞が行われます。過去の傾向ですが特に血統の偏りはないと思います。ネオユニヴァース産駒が出てくれば黙って買いの部分もあるレースですが、今回はエントリーがなく、アンライバルド産駒のモウカッテルが出ているくらいです。


朝日杯FSを勝ったリオンディーズは母が日米オークスを勝ったシーザリオで、半兄にエピファネイアがいる血統。そのエピファネイアは弥生賞で4着でした。朝日杯は強烈な勝ち方でしたが、本番はクラシックですから仕上がり具合なども注目です。


朝日杯で2着だったエアスピネルは母が秋華賞馬のエアメサイアです。近親にエアシェイディやエアシャカールなど中山で実績を出した馬がいます。この馬も中山はうまい可能性があります。今回はどう乗るかなどの興味もあります。


若駒ステークスを勝ったマカヒキは姉にウリウリがいる血統です。ディープインパクトにフレンチデピュティの配合は13年の勝ち馬のカミノタサハラと同配合となります。若駒ステークスも内容は良かったと思います。


その他ではタイセイサミットは重賞では東スポ杯で6着の成績がありますが、これは直線で不利がありました。前走は順当勝ちで、3強に対抗する馬ならこの馬。他はちょっと厳しいと思います。


リオンディーズとエアスピネルは賞金的にクラシックの出走は大丈夫。マカヒキは逆に賞金を加算したいでしょう。その点を考えるのと、今年の牡馬クラシック世代はまだ重賞を2勝以上している馬がいなかったはず。勝ち馬が入れ替わるレースが続いています。


これらの要素から3強の中ではマカヒキが今回では高評価になると思います。他の馬ではタイセイサミットにもチャンスはあるのではないかと思います。

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。