スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホープフルステークス2015の血統傾向と現時点注目馬


中山競馬場では日曜日に2歳重賞のホープフルステークスが行われます。昨年度から重賞に格上げされたレースで、オープン時代の成績は参考程度に見たらよいと思います。


無題hs


・3年連続でディープインパクト×フレンチデピュティ系の馬が馬券になっている

・フレンチデピュティやアフリートなどダートの要素を持っている血統は良い


オープン時代からロージズインメイやキングカメハメハ、母父フレンチデピュティなどダートの血を持つ馬が馬券になっていましたが、重賞に格上げされた昨年も母父フレンチデピュティとアフリートのワンツーでした。


ここ4年ではキャリア1戦の馬が4連勝中、また1番人気はほとんど馬券に絡まないレースと波乱傾向にあるようで、ここ4年は8番人気以下の馬が毎年馬券になっています。


人気なりそうなロードクエストは新潟2歳ステークスは驚愕の勝ち方だったと思います。2着のウインファビラスは阪神ジュべナイルフィリーズで2着しました。マツリダゴッホ産駒だけに中山コースへの適性もあるかもしれませんが、どういう位置で競馬をするかだと思います。


バティスティーニは兄にデウスウルトなどがいる血統です。京都2000メートルで連勝中ですから小回り適性は問題なく、後は初輸送と急坂が問題でしょう。


ハートレーはキャリア1戦の馬ですが、母がアメリカGⅠ勝ち。母系はエーピーインディ系にストームキャットのダートでは高質な血統だと思います。なのでこのレースの傾向には合っているのではないかと思います。


その他では父サンデー系×フレンチデピュティ系では札幌2歳ステークスを勝利したアドマイヤエイカン、メジャーエンブレム、プロディガルサンと好勝負してきたプランスシャルマンにも注目です。

スポンサーサイト

ユニコーンステークスと函館SSの傾向や有力馬の血統


・ユニコーンステークス

開催時期に若干のズレがありますが、過去5年ではノーザンダンサー系が強いです。フレンチデピュティ系などの母父ノーザンダンサー系は毎年馬券になっています。サンデー系×ノーザンダンサー系の配合も毎年馬券に絡んでいます。


アジアエクスプレスは父がストームキャット系で血統的にもダートは向いていると思います。距離もマイル前後がよさそうで、2歳時にダートで連勝したように普通に走れば勝ち負けでしょう。


メイショウパワーズはフェブラリーステークスを勝ったメイショウボーラー産駒です。母系もダート種牡馬が内包されているので東京ダート1600は合っていると思います。コーリンベリーはサウスヴィグラス産駒でミスプロの4×3のクロスが入っています。距離はマイルぐらいまででしょう。


アナザーバージョンはフサイチコンコルドやアンライバルドを出した牝系の出身です。父はフレンチデピュティ系のクロフネですからレース相性は良いと思います。ぺアンはダート血統には思えないのですが東京ダートで2勝しています。ハイアーゲームですから東京コースは合うのでしょう。



・函館スプリントステークス


父サンデー系は過去5年で勝ち鞍がなく、2着と3着が一回ずつあるだけです。洋芝での競馬ですから、ダート血統や欧州ノーザンダンサー系などの馬力のある配合がよさそうです。


ストレイトガールは洋芝で実績を出しています。ヘイローの3×4のクロスが入っていて、父はサンデー系のフジキセキですからそこが微妙です。フォーエバーマークはスティンガーやスプリント重賞を勝ったアーバニティがいます。キーンランドCの勝ち馬ですから勝ち負けの可能性は高いです。


スマートオリオンは函館で2勝しています。父グラスワンダーは洋芝得意のダンチヒを内包しています。母父もトニービン系のウイニングチケットですから洋芝に対応できる配合です。クリスマスは函館2歳ステークスの勝ち馬で、バゴは短距離でも勝ち馬を出しています。


セイコーライコウの父クロフネ産駒ではカレンチャンがこのレースを勝っています。ローブティサージュは1200メートルに対応できるかは微妙ですが、洋芝はこなしてもおかしくないと思います。

中山牝馬Sと中日新聞杯の有力馬血統分析


・中山牝馬S

オールザットジャズ・・・父タニノギムレット 母父サンデーサイレンス

母は現役時代に1勝した馬で、近親に特に目立った活躍をした馬はいません。しかしタニノギムレット×サンデーサイレンスの配合はスマイルジャックと同配合で母父サンデーが能力を底上げしている感じです。ギムレット産駒は東京コースがベターですが、この馬は小回りでも走ります。


フミノイマージン・・・父マンハッタンカフェ 母父Dixieland Band

母は現役時代未勝利で近親にもなかなか活躍した馬はいません。サンデー系×Dixieland Band の配合はデルタブルースと同じです。今回は休み明けなのですが、小回り適性は札幌記念勝ちなどを見るとありそうです。


スマートシルエット・・・父ファルブラヴ 母父Deputy Minister

ファルブラヴ産駒は1400メートルが得意ですが、1800メートルでも走ります。半兄は米国GⅠマンノウォーS勝ちなどがあるマジストレッティがいます。コーナー2つのコースで好走しているので、中山1800メートルの対応がポイントでしょう。


・中日新聞杯


ジョワドヴィーヴル・・・父ディープインパクト 母父Caerleon

知っている方も多いでしょうが、母がビワハイジですからブエナビスタなどの妹になります。現代では日本最高級の血統です。仕上がりが早くても、古馬になっても成績を残せる血統です。叩き2走目でどこまで状態が上向いているか。


ジャスタウェイ・・・父ハーツクライ 母父Wild Again

母父はワイルドアゲインですから母系はダート色が強い感じがします。叔父に障害に転向したシグナリオがいます。コーナー2つのコースで結果を残していますから、今回もコーナー4つのコースなのがポイント。直線が広いコースは良いと思います。


アドマイヤタイシ・・・父シングスピール 母父Dubai Millennium

祖母がアメリカでGⅠ勝ちがある馬で、有馬記念を連覇したグラスワンダーもこの牝系出身です。牝系はスピード寄りの血統ではないかと思います。重賞で2着3回ですから今回も確実に走る可能性はあります。

競馬ブログ始めました。

はじめましてトップガンと言います。


学生時代にマヤノトップガンを応援して以来、15年以上競馬見ています。

毎週テレビで競馬を見ていて、たまに馬券も買っています。


数年前から血統に興味を持っていて、予想もからデータや成績重視から、

血統を中心に予想を組み立てています。


血統にはロマンがあると言われていますが、やはり現役時代に活躍した馬の

仔が実際にレースで活躍するところに魅力があると思いますし、現在の競馬

はその傾向が非常に出ています。


実際に現役時代に国内で走った馬が種牡馬になるので、その産駒もイメージ

しやすくなっています。特に最近の馬はコースや適性にパフォーマンスが大きく

左右されると感じられます。


このブログでは血統を中心にレースの予想や、レース分析、有力馬の血統解説

や競馬の話題などをブログで話していきたいと思います。


重賞ならば血統の傾向、あるいは競馬場のコース別の種牡馬傾向などを書いて

いきたいと思います。個人的な主観で書いていくかと思いますけど今後とも

よろしくお願いします。

プロフィール

トップガン

Author:トップガン
学生時代から競馬を見ていて、血統に興味があります。
血統によるレースの予想を中心にブログを書いていきたいと思います。

平日は重賞の展望や傾向、週末にはレースの予想を書いています。相互リンクも募集中です。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

スポンサードリンク

血統予想家の本

カウンター

フリーエリア

格安レンタルサーバー >
格安レンタルサーバー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。